バイナリーオプションを取引方法(ラダー、レンジ、タッチ)で比較

バイナリーオプションには3種類の取引タイプがあり、どの取引タイプを利用できるかはFX会社ごとに異なります。

そのときの相場状況によって使い分けることもできます。
実際の売買をする前に、しっかりと取引タイプの違いを理解しておくようにしてください。

まずは各社がどの取引タイプを採用しているか見ていきましょう。

PC、スマホごとに取引方法を比較

FX会社名PC版の
取引タイプ
スマホ版の
取引タイプ
外為オプションラダーオプション(シングル、オール)ラダーオプション(シングル)
バイトレラダーオプション(オール)
レンジオプション
タッチオプション
ラダーオプション(シングル、トリプル、オール)
選べる外為オプションラダーオプション(シングル、オール)ラダーオプション(シングル)
みんなのオプションラダーオプション(シングル、オール)
レンジオプション
ラダーオプション(シングル)
レンジオプション
オプトレ!ラダーオプション(オール)
レンジオプション(シングル、ワイド)
ラダーオプション(シングル)
レンジオプション(シングル、ワイド)

それでは各取引タイプの仕組みを解説します。

ラダーオプション

バイナリーオプションで最もメジャーな取引方法が、このラダーオプションです。

ラダーオプションは、目標とするレートよりも高いか、安いかを予測することから、HIGH & LOW(ハイ・アンド・ロー)とも呼ばれます。
どちらか一方方向動くことを予測するため、トレンドが発生している状況に相性が良いと言われています。
ラダーオプションは目標レートより上か下かを予測!

もともとラダー(ladder)には梯子(はしご)という意味があり、オプションがはしご状に配置されていることから、ラダーオプションと呼ばれています。

ラダーオプションにはシングルとオールがあります。

シングル

シングルは6〜7つある目標レートから「円高」か「円安」のうち、2つのどちらかを選択するタイプです。

まずはGMOクリック証券「外為オプション」の取引画面をご覧ください。

ラダーオプションのシングル

目標レート(権利行使価格)は、画像の赤い枠内にある7つの中から選択して選ぶことができます。
このようにシンプルな分かりやすさが特徴です。

オール(マルチ)

オールのほかに「マルチ」とも呼ばれています。

シングルは1つの目標レートを表示し、オールは全ての目標レートを表示することです。
つまり表示方法の違いだけなので、オールがないからといって対象オプションが少ないことではありません。

取引画面でそれぞれのオプションにマウスカーソルを乗せると、目標レート部分が色分けされるので、購入にあたり悩むことはないでしょう。
たとえば以下を例にすると、目標レートは112.700です。

ラダーオプションのオール

112.700より円高(下がる)と予測するなら1枚「880円」で購入でき、円安(上がる)と予測するなら200円で購入ができます。

予測が当たると1,000円のペイアウトとなります。

レンジオプション

レンジオプションは、一定の範囲内(レンジイン)か範囲外(レンジアウト)かを予測する取引です。

レンジオプションは2つの目標レートに収まるか、収まらないか予測!

レンジイン

レンジインオプションは、一定の範囲内に収まることを予測するため、あまり値動きがない状況に相性が良いと言われています。

ゴールデンウェイ・ジャパンのバイトレでは、対象のオプションにカーソルを重ねると予測する範囲内に色が付くので分かりやすいです。

レンジインオプション

レンジアウト

レンジアウトオプションは、一定の範囲外に動くことを予測するため、相場が大きく動いている状況に相性が良いと言われています。

レンジアウトオプション

タッチオプション

タッチオプションは、判定時刻までに目標レートに到達するか(タッチ)、しないか(ノータッチ)を予測する取引です。

タッチオプションは目標レートにタッチするか、タッチしないか予測!

ワンタッチ

ワンタッチオプションは、レンジアウトオプションと同様、相場が大きく動いている状況に相性が良いと言われています。

他の取引タイプは取引終了となる満期まで待つ必要があります。しかしワンタッチの場合は、購入締め切りまでに1度でも目標レートに達すれば、判定時刻前にペイアウトを受け取れるのが大きな違いです。

ワンタッチオプション

どの業者のバイナリーオプションも同様ですが、価格の安いものほど予想外となりやすいため、「重要な経済ニュース発表前に、低価格オプションを購入して高利益率を狙う。」という戦略も、ワンタッチなら可能です。

ノータッチ

ノータッチオプションは、レンジインオプションと同様、あまり値動きがない状況に相性が良いと言われています。

ノータッチオプション

現状ワンタッチオプションはゴールデンウェイ・ジャパンのバイトレのみで導入されています。

このようにバイナリーオプションでは、3つの取引タイプが利用できます。
特にラダーオプションがもっともメジャーで、利用者も多いです。PCだけではなくスマートフォンでの操作性も大切ですので、各社の取引ツールを試してからメイン口座を決めてもいいでしょう。
YJFX!「オプトレ!」

将来の目標レンジ・レートを選んで予測 YJFX!が提供するバイナリーオプション オプトレ

オプトレ!はヤフーグループのFX会社、YJFX!のバイナリーオプションです。
1,000円未満で取引でき、通貨ペアごとに11回、開催されています。

特徴としては、業界最多の8通貨ペアを提供していることで、1日の取引チャンスが多い点です。
また他社の判定期間は2分に対し、オプトレ!の判定期間は60秒なので、購入・途中売却をギリギリまで検討できます。
もうひとつ、レンジオプションは独自のワイドレンジによって、予測範囲を調整できるのも強み。

柔軟なシステムで取引するなら、オプトレ!がイチオシです。

こちらから無料でYJFX!「オプトレ!」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券のバイナリーオプション

バイナリーオプションでもっとも有名なのが、GMOクリック証券の外為オプションです。
もちろん安心の国内企業で金融庁認可済みサービスなので、海外系と異なり入出金で心配する必要もありません。

FX通貨ペアのほか、日経225やNYダウなど株価指数銘柄をバイナリーオプションで取引できるのも、GMOクリック証券の特徴です。

取引システムはとにかくシンプルで分かりやすい、明快さが魅力。操作に戸惑うことなく、最小1,000未満で、円高か円安か予測する取引ができます。
それでいて高機能スマホツールなので、スマホで高度なチャート分析をするなら外為オプションがオススメです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外為オプション」

円高?円安?為替の動く方向を予測 選べる外為オプション

GMOクリック証券と同じGMOグループによる、もうひとつのバイナリーオプションサービス。
外為オプションは最長3時間の取引ですが、選べる外為オプションは「最長2時間」となっているのが大きな違いです。

もう一点、外為オプションの判定時刻は奇数時間(11:00、13:00など)に対し、選べる外為オプションは偶数時間(10:00、14:00など)です。
プラットフォームは共通なので、判定時刻の違いを利用して、2口座を組み合わせてより収益チャンスを狙うこともできます。

なおFXプライム byGMOでは値動き予測チャート「ぱっと見テクニカル」が提供されており、バイナリーオプションに使うこともできます。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外為オプション」の口座開設ができます!

トレイダーズ証券「みんなのオプション」

みんなのオプション|1,000未満でできる投資 取引金額は1Lotあたり50〜990円

みんなのオプションは、初心者にも使いやすい取引システムなので、迷うことなく売買できます。
1lotあたり50円〜990円で購入でき、購入自体はわずか3ステップで、スピーディーにかんたんに行えます。

定番のラダーオプションに加えて、一定範囲を予測するレンジオプションに対応するのもポイント。
取引ツールはスマホやタブレットに最適化されているので、場所を選ぶことなくバイナリーオプションができます。

こちらから無料でみんなのオプションの口座開設ができます!

ゴールデンウェイ・ジャパン「バイトレ」

上がるか下がるか予測しよう!!バイナリーオプションなら「バイトレ」

バイトレはラダーオプション、レンジオプションのほか、タッチオプションにも対応するバイナリーオプションです。
そのときに相場状況に合わせて、取引タイプを使い分けしてみるのもいいでしょう。

ペイアウトはデフォルトで1Lot=1万円固定の取引ですが、1Lot=1,000円に切り替えることができます。
なおPC版に比べると、スマホ版チャートはやや扱いにくいのが難点。他のチャートを併用するのがおすすめです。

こちらから無料でゴールデンウェイ・ジャパン「バイトレ」の口座開設ができます!

バイナリーオプションを取引方法で比較
最新情報をチェックしよう!