FXで大損しない!損失を抑えるために取り入れるべき10の考え方

FXに損失はつきものです。しかし大損を出してしまうには、何かしらの理由が存在します。

「これからFXにチャレンジしてみたいけど、大損しないか心配。」
「もうすでに大損を出してしまったけど、どの部分を改善すればいいのか分からない。」
「できるだけ損失を拡大させたくないので、そのルール決めのやり方を知りたい。」

このようにお考えのあなたに、損失を抑えるために取り入れてほしい考え方をご紹介します。

そもそも含み損は必ず発生する

投資のリスクとリターンは表裏一体の関係ですから、FXでレバレッジを高めたり大金でポジションを保有するように、積極的にリターン率を狙うほど、反対に動きたときの損失は大きくなります。

またスプレッドなどの手数料を加味しても、単純に注文時のレートから想定した方向にレートが動いて決済すれば収益はプラスとなり、逆方向に動くか、または新規注文時のレートで決済すれば、収益はマイナスとなります。

PROFIT LOSS RISK

いくらプロトレーダーといえど、未来の相場を100%的中させることはできません。
人災や天災、トランプ大統領の発言、中国の動向のように、マーケットに影響を及ぼす要因がいきなり現れたとき、コロナショックのような想定範囲を超える値動き見せることもあるからです。

ですが相場に長けたプロほど、損失を上手くコントロールしているのも事実です。

FXは初心者ほど感情に流されやすいトレードをしがちな人も多く、度を超えたトレードで大損してしまうと、人生の歯車が狂ってしまっては元も子もありません。

予想の逆に動けば、含み損(未決済の損失)となります。
この状態で決済すれば確定損=損失となりますから、いかに損を抑えて利益を積み重ねられるかが、FXでは重要となってきます。

FXで大損する人の特徴

FXの大損といえば、原則は強制ロスカット(以下ロスカット)のことを指します。
ロスカットとはFX業者のシステムによる強制決済のことで、レバレッジ取引による証拠金以上の損失を出さないための仕組みです。

自由度の高い取引ができるFXでは、ほんの一瞬の値動きでロスカットとなり、やり方によっては資産を大きく減らしてしまいます。
大損して退場となる方々には、やはり共通があることは否めません。

どのようなトレードをすると、ロスカットで大損しやすいのか見ていきましょう。

手中にない資金を高レバレッジでトレードしてしまう

退場者でもっとも多いのが、「使ってはいけない資金」「高レバレッジ」のコンボです。

使ってはいけない資金にレバレッジをかけて、一攫千金を狙うようなトレードで失敗する例は5chやNAVERまとめで多く見受けられます。

コントロール外の資金を使ってしまうと、負けを取り戻すギャンブル的な発想になりやすく、資金量の限界までポジションを保有して大損になるのが典型的な負けパターンです。

これは資産運用ではなくギャンブルそのもので、FXで運用するかバクチするかは本人次第ですから、自業自得といっても過言ではありません。

投資にはあくまで自己資金を回し、適切に運用することが絶対条件です。

高レバレッジなのに損切りできない

いくら自己資金であっても、レバレッジに応じたトレード戦略ができなければ大損してしまいます。

レバレッジ1倍なら実質外貨預金と同じで、現在国内の最大レバレッジは25倍です。
レバレッジは高くなるほど資金効率も高くなる一方で、わずかな値動きでロスカットになるリスクが高くなります。

最初に用意できる資金が少ないほど、高レバレッジで取引してしまいがちです。
長期運用ならある程度の値動きを許容しなければいけないため、レバレッジ1〜5倍のように低レバレッジで運用しなければいけません。
対して高レバレッジの取引は短期売買に限定されるため、一定の損失に達したらきっちり損切りすることが必須です。

つまり損切りを必ずできることが、高レバレッジで短期売買をする絶対条件なのです。

熱くなりすぎてトレンド方向が適切ではない

保有しているポジションの反対方向にトレンドが加速すると、損失はズルズルと拡大していきます。
根拠がないまま「為替レートはもうすぐ元の水準に必ず戻る。」と信じても、そのまま反発せず、さらに大きなトレンドとなればロスカットとなります。
これで負けてしまい、さらに熱くなって取引量を増やしたが損失となり、往復ビンタを食らってしまうケースすらあります。

明らかに反対方向にトレンドが生まれたなら、一旦ポジションは損切りして、すぐトレンド方向にエントリーした方が得策です。

熱くなりすぎると、落ち着いた判断ができなくなってしまいがちですので、相場の方向性をいかに冷静に判断できるかが大事になってきます。

ナンピンがクセになっている

使いようによってはナンピンは効果的なときもありますが、ナンピン自体は初心者向きではありません。

追加でポジションを保有し、エントリー時のレートを平均化させ、ロスカットリスクを遠ざける目的でナンピンする場合も見受けられます。

例えば100円で1Lotの買いポジションを保有したが、下落したため99円で再び1Lotの買いポジションを保有する形です。
そうするとナンピンにより、実質99.5円で2Lotの買いポジションとなります。

しかしナンピンしてさらに反対方向に値動きが加速すれば、ポジション量に比例してロスカットで多くの資金を失ってしまいます。

ナンピンはそれなりの資金がある人に限定される手法であり、プロトレーダーでも打診買い/打診売り(試しに少ないポジションで注文する)でナンピンするケースもありますが、初心者向けではありません。

ビギナーのナンピンほど早期での退場リスクを高めるので、最初はナンピンしないルールでトレードするのがおすすめです。

損小利大のトレードができていない

いくら大損しなくても、損切りルールが適切ではないと、損失が積み重なるほど最終的には大きな損失となります。

1Lotで1円分が反対に動くと、マイナス1万円です。
1円分(100pips)の損切りを9回繰り返すと、マイナス9万円です。しかし1Lotで0.1円(10pips)の損切りを9回繰り返せば、マイナス9,000円で済みます。
それでも1円分の値幅を獲得できたら、収益はトータルで1,000円プラスです。

かなり極端な例を出しましたが、たとえ1勝9敗でもFXは収益化ができるのです。

資金量のあるトレーダーならそれなりの金額を損切りできますが、ビギナーは大きな損失が何度も重なると退場になるため、最初は損失をコツコツと小さく抑えることが重要となってきます。
損失は小さく、利益は大きく狙うことが、少ない勝率でも収益化につなげるためのポイントです。

ポジションが気になり何度もチャートを見てしまう

ポジションを保有していないと落ち着かず、何度もチャートや保有状況を眺めてしまうことを、通称「ポジポジ病」と呼ばれています。

ほとんどのFXトレーダーはサラリーマンなどの兼業トレーダーですから、ポジポジ病となっては、本業に影響を及ぼしかねません。
これでは根拠のない直感に頼ったエントリーをしてしまい、失敗要因となってしまいます。

兼業トレーダーなら取引時間ひとつをとっても、デイトレードなら帰宅後に限定する、日中であっても事前にレートを決めてIFDone注文などを活用してエントリー、イグジットするように、本業に支障をきたさないルール化が、ポジポジ病にならないためにも大切です。

関連記事

FXにはさまざまな注文方法があります。場面に合わせて注文を使い分ければ、より戦略的なトレードに役立ちます。こちらのページでは、基本的な注文方法(成行注文、指値/逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFDO注文、トレール注文、スト[…]

FXの注文方法を解説!

情報商材に翻弄されてしまう

FXで負け続ける人の特徴として、高額な情報商材を買い続けて、自分のトレードを確立できずに翻弄される方もいます。
なかには優良な商材もあるかもしれませんが、情報商材は高額であり、また購入前はロジックなど中身が見えません。

また高勝率を謳う情報商材ほど危険です。
投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットですら、株式投資における1965年〜2018年の平均利回りは20.5%です。

実際にこういった情報商材は、販売額が高く設定されています。
そのため紹介するサイトも販売数に見合った報酬を受け取れるため、情報商材の中身に関わらず宣伝されているのです。

FX業者の公式サイトではコンプライアンス上「稼げる」「不労所得」「高勝率」などの文言が見受けられませんが、こういったワードで訴求される常用商材はほぼNGと考えていいでしょう。

売買タイミングの配信サービスなども、金融庁が認定した業者しかサービスを行うことはできません。
そのため仮に購入するとしても、金融庁認定の業者であるか、金融庁のブラックリストに入っていないか、代表者や連絡先が明確に記載されているかで判断するのが確実です。

とはいえ情報商材に頼ることで、取引をせずとも購入額だけで数百万円を失うリスクがあります。
これではトレード以外で大損の要因となってしまいます。
自己トレードの確率ができず他人を頼るクセがついてしまうので、やはり自分自身の裁量でトレードするのが近道です。

こういった情報商材に頼らずとも、ザイFX!で連載もあるシティバンクの元チーフトレーダー、西原宏一氏のメルマガ(月額6,600円)を購読するほうが、コスパよく本格的にマーケットを学ぶことができます。

損失を抑えるための10の考え方

大きな損失を抑えるためには、正しい10の考え方をもって取り組むことが大切です。

正しい知識を基礎から学ぶ

知識を身に付けることなく、いきなりトレードするのはおすすめしません。

書籍、Webサイト、YouTubeから学ぶのが基本ですが、FX業者公式サイト以外のWebサイト、YouTubeの場合、信頼できる人物が発信しているかを見極めるようにしてください。

やはり、正しい知識を身に付けるのにおすすめなのは書籍です。

関連記事

2020年最新、FXの入門書情報です!これから始めるにあたり、最初に読むべきおすすめ入門書をご紹介します。FX入門書選びのポイントはじめての方は、どのようなFXの本を選べばいいのか悩ましいかも知れません。初心者のポイ[…]

FXの参考書 【2019年最新】FX初心者こそ読んでほしい、おすすめ本22選をご紹介!

ある程度知識が身についてきたら、本格的なパンローリング社のウィザードブックシリーズでは海外プロトレーダーのテクニックを学ぶことができます。

逆張りよりも順張りが基本

順張りはトレンドに従った中長期のトレードで、逆張りは短期的は反転を狙ったトレードです。
もちろん、どちらもメリット・デメリットは一長一短あります。

ですが初心者の場合、トレンドに逆らわない順張りで素直にエントリーするのが基本です。
ただし必ずしもトレンドは続くと限らず、順張りでもトレンドが終焉となり相場が反対に動けば損失になります。

逆張りは短期的といえど反転を狙ったトレードですから、エントリーと同時に損失方向に推移してしまうリスクもあります。
下落している相場の反転を狙い、落ちたナイフを掴むようなトレードは、典型的な逆張り手法といえます。

やはり最初は上昇トレンドのときは買い、下降トレンドのときは売りで仕掛けるように、マーケットの大きな流れに乗ることを意識してみてください。

関連記事

FXの売買手法には「順張り」と「逆張り」があります。しっかりと違いを知れば、今の相場にはどちらで狙う判断をした方がいいのかが自ずと分かってきます。それでは、2つの手法のやり方や特徴を分かりやすくご紹介します。順張りとは?[…]

順張り VS 逆張り

王道の通貨ペアを選ぶ

スワップポイントが高い新興国の通貨は「高金利通貨」とも呼ばれていますが、金利の高さにはそれなりの理由があります。
政治や経済の不透明さによるリスクがあり、マーケット全体に暴落が発生すると、メジャー通貨ペア以上に大きく下落しやすい性質があります。

また新興国は経済成長率が高く、インフレ傾向にあります。
物価が上昇することで紙幣自体の価値が下がりやすいことから、中央銀行は補填するように通貨の発行を行います。
財政の脆弱性により、金利を高くして外貨を呼び込もうとする背景もあり、金利の高さに反して下落リスクを抱えているのも事実です。

メジャー通貨ペアでは、ユーロ/円、ポンド/円は人気の通貨ペアですが、米ドルを介さない通貨ペアは変動が激しくなりがちです。

王道の通貨ペアは、やはり値動きが穏やかで情報収集しやすい「米ドル/円」です。
さらに世界一取引量の多い「ユーロ/米ドル」は、テクニカルに忠実に動きやすく、値動きが穏やかな性質があります。

関連記事

FXに興味を持ち始めたり、始めたばかりのタイミングで「ドルストレート」「クロス円」というフレーズを耳にする機会が増えてくるでしょう。ドルストレート、クロス円それぞれの違いと特徴について解説します。ドルストレートとクロス円まず[…]

「ドルストレート」と「クロス円」の仕組みを理解しよう!

FXで大きな変動リスクを考慮するならば、最初はこの2通貨ペアを基準に考えていきましょう。

チャートの横軸に注目

チャートにラインを描くとすれば、高値同士や安値同士に斜めに描画するトレンドライン(サポートライン、レジスランスライン)を思い浮かべる方は多いと思います。
たしかにトレンドラインは長期になるほど多くのトレーダーが同じ地点に注目するため、転換点として重要です。

意外にビギナーほど水平線を軽視しがちですが、水平線はトレンドライン以上にチャート分析で重要なウエイトを占める存在です。
なぜなら「直近高値」「直近安値」「直近の重要な終値」といった、横軸の為替レートを抜けるか否かが重視されているからです。

また人によってライン分析は異なりますが、前日高値・前日安値・前日終値は業者の配信レートによって多少の差はあれど、基本的に同一水準ですから、世界中のトレーダーが同じポイントを見ているのが、トレンドラインと水平線の大きな違いです。

順張りにおいても、これらの重要な価格をブレイクすればトレンドが加速しやすいことから、トレンドライン分析とともに、重要な高値・安値・終値の横軸に注目してみてください。

定番のテクニカル指標を中心に考える

テクニカル指標はたくさん種類がありますが、定番のテクニカル指標ほど効きやすい傾向にあります。

前述したように、さまざまなプレイヤーが見ていて同じような思惑となるほど、その通りになりやすいからです。

定番のテクニカル指標といえば、トレンド系は移動平均線を筆頭に、一目均衡表ボリンジャーバンドが挙げられます。
オシレーター系ならMACD、RSI、ストキャスティクスです。

いろいろ試してみて、結局は最初の基本的なテクニカル指標に戻ってくる方も多いです。
ですから基本的なテクニカル指標の見方をきっちりマスターするつもりで、基礎から地盤を固めていくのがおすすめです。

そしてテクニカル指標を表示させすぎて、決してチャートをぐじゃぐじゃにしないでください。
あまりにも表示させると、何がなんだか分からなくなってしまいます。
最低限を表示させて、シンプルにマーケットを捉えていくようにしましょう。

複数の足種でトレンドを判断する

初心者のデイトレードでは中長期トレンドを軽視しがちな方もいますが、短期のトレードであっても、長期の足種でトレンドの方向性を把握しておくことが大切です。

長期足種から短期足種の順番でトレンド判断

トレンドは、現在における将来の期待によって発生しますが、過去の価格からも影響も受けるからです。

複数の足種でトレンドを判断し、より信頼性が高いと判断できる局面でトレードするようにしましょう。

最初はレバレッジをかけすぎない

これは基本中の基本ですね。

必要証拠金ギリギリの入金額でポジションを保有すると、上限レバレッジに近い水準で取引したことになり、わずかな値動きでロスカットになるリスクが高くなります。
さらにこの状態では他にポジションを保有することもできません。

少額から始めたいのであれば、最低5万円〜10万円の資金で0.1Lot(1,000通貨)のポジション保有であれば、レバレッジを抑えられます。

とにかくレバレッジをかけすぎないことが、マーケットで生き残っていくための必須条件です。

関連記事

効かせ方次第で資金効率を高めたり、安全な運用が可能となるレバレッジ。レバレッジの仕組みを理解していないと、わずかな変動でロスカットリスクにさらされてしまいます。レバレッジの基礎から具体的な使い方についてご紹介します。レバレッ[…]

FXのレバレッジとは?レバレッジの仕組み・使い方を解説!
関連記事

FXに興味を持ったけど、証拠金とレバレッジの概念はどんなものなのか、初心者にはちょっと分かりにくいですよね。この証拠金取引というルールによって、レバレッジを高くして資金効率を高めることも、低くしてローリスク・ローリターンな運用まで自由度[…]

【FX入門】証拠金とレバレッジの仕組みを解説!

少ないポジションから始める

トレードが上手く続くと、「俺ってけっこうイケるんじゃないか!」と過信になりやすいです。

FXを始めて間もないビギナーズラックならば、偶然の産物である可能性が高く、経験者であっても、連勝が続くと気が大きくなってリスクコントロールがおろそかになる懸念すらあります。

こんな場面でいきなり取引量を大きくしてしまうと、まぐれでも積み上げた利益が一瞬で吹き飛ぶ可能性は否めません。

FXの取引単位は0.1ロット、0.2ロット...1ロットとステップアップしていこう。

ビギナーズラックや連勝しても過信することなく、取引量は証拠金に見合った数量でちょっとずつ上げていくのが賢明です。

決済ルールを徹底する

決済ルールは「デイトレードなら必ず当日中に決済する」「マイナス○○pipsで損切り」のように出口を明確にすることです。

そもそもデイトレード(Day Trade)は1日で取引を完結する取引で、深夜〜明け方の値動きによる影響を受けないための短期トレード手法です。

「デイトレードすると決めたなら、就寝前には必ず決済する。」
「相場が想定した方向に強く推移していて持ち越すと決めたなら、逆指値を必ず入れてから就寝する。」

このように決済ルールを設定しておきましょう。
さもなくば深夜の睡眠中や早朝に大きな変動があったとき、意図せず含み損を抱えてしまうリスクがあります。

損失をコントロールする有名な考え方に「2%ルール」と「バルサラの破産確率」があります。

2%ルール

2%ルールは、ラリー・ウィリアムズやアレキサンダー・エルダーの書籍で有名になった損切りルールで、最大損失額を証拠金の2%以内にするという単純なものです。

証拠金10万円なら、2%となる2,000円以内(20pips)で損失を収めるとする考え方です。
もし2つの通貨ペアを保有するなら、1通貨ペアあたり10pipsが損失上限額の2%となります。

バルサラの破産確率表

バルサラの破産確率表では、勝率と損益率からトレードの資金管理、つまり安全性を判断することができます。

ネット上ではバルサラの破産確率表で使う資金比率が2%のものが多く、実際に資金比率は低いに越したことはありません。
しかしFXでは、レバレッジや取引回数も加味すれば、資金比率を10%(つまり100万円の資金で10万円の損失)をベースとした方が現実的です。

また以下の数値は「バルサラの破産確率表」オリジナルのデータに基づいています。

資金比率が10%の場合
ペイオフレシオ(損益比率)
0.50.7512345678910
勝率
5%100%100%100%100%100%100%100%100%100%100%100%100%
10%100%100%100%100%100%100%100%100%100%100%99%82.2%
15%100%100%100%100%100%100%100%84.9%57.9%44.9%37.1%32.5%
20%100%100%100%100%100%99%46.7%29.7%22%17.8%15.9%14.4%
25%100%100%100%100%99%30.3%16.2%11.3%9%7.8%6.9%6.7%
30%100%100%100%100%27.7%10.2%6%4.5%3.9%3.4%3.3%3.1%
35%100%100%100%60.8%8.2%3.6%2.3%1.8%1.6%1.5%1.4%1.4%
40%100%100%100%14.3%2.5%1.3%0.8%0.8%0.7%0.7%0.6%0.6%
45%100%100%100%3.3%0.8%0.4%0.3%0.3%0.2%0.2%0.2%0.2%
50%100%100%99%0.8%0.2%0.1%0.1%0.1%0.1%0.1%0.1%0.1%
55%100%100%13.2%0.2%0.1%0.1%0%0%0%0%0%0%
60%100%24.8%1.7%0%0%0%0%0%0%0%0%0%
65%100%2.1%0.2%0%0%0%0%0%0%0%0%0%
70%12.8%0.1%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%
75%4%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%
80%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%
85%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%
90%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%0%

破産確率は100%なら確実に破産する、0%なら破産しないと判断します。

例えば、勝率が50%であっても損益比率が2なら、トレードで収益化が可能であることが判断できます。
逆に勝率が60%でも損益比率が0.75以下なら、24.8%(つまり4人中/1人)がトレードで失敗することが分かります。

勝率

勝率 = 勝ちトレード ÷ 総トレード × 100

例. 17トレード中/6勝11敗なら、6 ÷ 17 × 100 = 勝率は35.3%

損益率

損益率 = トレードの平均利益額 ÷ トレードの平均損益額

例. 平均利益が10,000円、平均損益が2,500円なら、10,000円 ÷ 2,500円 = 損益率は4倍

この条件であれば、破産確率は3.6%となります。

バルサラの破産確率では、勝率は65%以上、損益比率は2以上、破産確率は2%以内が望ましいです。

 

このほかにフィボナッチで損切りラインを決めるテクニックもあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

ディナポリ・チャートってご存知ですか?アメリカの有名な投資家、ジョー・ディナポリが考案したトレード手法であり、現代のトレーダーに多大な影響をもたらしたといっても過言ではないでしょう。ディナポリ・チャートは奥が深く、いきなり全[…]

ディナポリ・チャートを使ったトレード手法を徹底解説!

決済ルールを定められないのであれば、これらがルール決定に役立ててみてください。

新規注文時に必ず逆指値を入れて発注

決済ルールに役立つ注文機能が、決済同時発注機能です。

2%ルールのように、「-10pips(マイナス1,000円)で損切りする」といった逆指値注文を、新規発注時に決済注文も同時に発注することができます。

決済同時発注機能はみんなのFXYJFX!FXプライム byGMOGMOクリック証券DMM FX外為オンラインヒロセ通商など多くの業者が対応しているので、リスク管理のためにも積極的に使っていくのがおすすめです。

DMM FXで決済同時発注する例は、以下記事で解説しています。

関連記事

これからFXをスタートさせたいとお考えの方でしたら、このような悩みを考えていませんか?「取引ツールを使いこなせるか心配。」「シンプルでなおかつ機能が揃ったツールを使いたいけど、どれがいいのか分からない。」これに当ては[…]

DMM FXの高機能取引ツールDMMFX PLUSを徹底解説!
みんなのFX

トルコリラ/円、メキシコペソ/円など高金利通貨の最高水準スワップがみんなのFXの特徴!
長期的なスワップポイントの受け取りにイチオシの業者です。

スプレッドは業界最狭水準であり、約定率も高いので、デイトレードなど短期売買から中期売買にも向いています。1,000通貨単位から取引できますので、少額からスタートすることも可能です。

取引ツールには売買比率・価格分布(オープンオーダー)を搭載!どちらの方向でエントリーすればいいのか参考にするのもいいでしょう。
口座開設すれば、FX/シストレ/バイナリーオプション3つの取引ができるのも魅力。オンラインセミナー「みんなの金トレ」でFXを1から学べる環境が整っているのもポイントです。

みんなのFXの口座開設キャンペーン情報

2020年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大50,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でみんなのFXの口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外貨」

安定性の高いサーバーと約定力100%により、FXプライム byGMOはデイトレードとの相性が抜群です。
またFX業界トップクラスを誇るマーケット情報は、中〜長期売買にも役立ちます。

強靭な取引システムとともに、1クリックで発注できる高速注文により、狙ったレートで必ず約定します。
値動きが激しいときでも抜群の約定力なので、雇用統計など相場急変時のトレードにもおすすめ。

高機能チャート「プライムチャート」は売買シグナルをチャート上で見られます。音声通知もできるので、チャンスを見逃すこともありません。
未来のレート予測分析ツール、ぱっと見テクニカルが利用できるのも魅力!チャート分析が苦手な初心者にも使いやすく、口座開設さえすれば無料で使うことができます。

FXプライム byGMOの口座開設キャンペーン情報

2020年7月31日(金)取引終了時までに新規口座開設+取引条件達成で、最大505,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外貨」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券はスプレッドが狭くスワップポイントは高いので、短期売買〜長期売買まで幅広く対応します。

操作性が抜群のスマートフォンアプリにより、外出先でも多彩な注文を柔軟に行えます。数少ないMac取引専用アプリを提供する会社なので、Macユーザーも安心ですね。
チャート上をクリックするだけで発注できる高機能取引システムにより、チャンスを逃がすことなく売買が行えます!

高機能チャート分析ツールであるプラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標が用意されていて、デモ取引でも利用が可能。
24時間電話サポートに対応し、FXのニュース配信も多いので、GMOクリック証券なら初心者の方も安心してお取引ができます!

GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設 特典情報
特典期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大30,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

大損
最新情報をチェックしよう!