FXのレバレッジとは?レバレッジの仕組み・使い方を解説!

効かせ方次第で資金効率を高めたり、安全な運用が可能となるレバレッジ。
レバレッジの仕組みを理解していないと、わずかな変動でロスカットリスクにさらされてしまいます。

レバレッジの基礎から具体的な使い方についてご紹介します。

レバレッジとは?

レバレッジ(leverage)には「テコの作用」の意味があり、FXでは証拠金を担保として、少ない資金で大きな金額の取引ができる仕組みのことです。
FXは日本語だと「外国為替証拠金取引」といいますが、そもそもレバレッジ効果が根底にある金融商品という訳です。

FXを始めるにあたり、最初に口座に入金をしますが、ここに預け入れたお金のことを「証拠金」と呼びます。
1万ドルの取引をするには1lot(ロット)注文することになりますが、FX口座に入金した証拠金と取引数量の割合によってレバレッジは変化するのです。

 

1米ドル100円のとき、1万ドルの取引をする場合を例に見てみましょう。

まずはレバレッジ1倍です。

レバレッジ1倍なら、100万円の元手で1円の変動で1万円の利益になる

 

続いてレバレッジ25倍のケースも見てみましょう。

レバレッジ25倍なら、4万円の元手で1円の変動で1万円の利益になる

少ない資金でも元手以上の金額の取引ができるレバレッジの仕組みこそが、FXが自由度の高い金融商品である理由のひとつなのです。

レバレッジ効果による資金効率の良さがFXの魅力

例えば1ドル100円とすると、1lotの購入に最低限必要な金額は4万円となり、このときのレバレッジは25倍となります。

このとき入金額を10万円にすると、証拠金4万円に対して、口座内に6万円の余剰資金がありますので、レバレッジは10倍となります。

1ドル100円のときの証拠金とレバレッジの関係
入金額レバレッジ取引可能数量1円変動時の利益
4万円25倍1lot1万円
10万円10倍1lot1万円
20倍2lot2万円
20万円5倍1lot1万円
10倍2lot2万円
25倍5lot5万円
50万円2倍1lot1万円
10倍5lot5万円
20倍10lot10万円
100万円1倍1lot1万円
2倍2lot2万円
5倍5lot5万円
10倍10lot10万円
20倍20lot20万円
25倍25lot25万円

レバレッジの効果を生かせば、少額から始めたいに方にとっては非常に強力な武器となります。

レバレッジのリスクとリターンの関係

低レバレッジ・・・ローリスク・ローリターン
高レバレッジ・・・ハイリスク・ハイリターン

例えば、高レバレッジでポジションを保有しているときに、為替レートが予想した逆方向に動くとします。

FX業者が定める証拠金の維持率を下回ると、追加で証拠金の入金(追証)をしなければいけません。
強制ロスカットがかかると、口座内の資金が大きく減ってしまいますので、FX初心者の方は、取引に慣れるまでは低レバレッジから始めるのがおすすめです。

言うならば、レバレッジは諸刃の剣であるということです。
レバレッジを上げるほど損失リスクが高まりますので、どのくらいの価格変動まで耐えられるか、自分の気持ちが許容できる範囲のレバレッジで取引すると、日々の値動きに悩まされずに取引することができます。

レバレッジの計算方法

たとえばレバレッジ10倍で取引したいとしましょう。

レバレッジは「取引量ベース」「入金額ベース」、2つの計算方法で算出することができます。

入金額でレバレッジを計算

「1万通貨で取引を始めたい。」

このように、すでに取引数量が決まっているなら、証拠金(入金額)を調整すればレバレッジをコントロールできます。

現在レート × 取引数量 ÷ 証拠金 = レバレッジ

例. 110円 × 10,000通貨単位 ÷ 11万円 = レバレッジは10倍

為替レート、取引数量、証拠金はそれぞれ、取引するときの任意の値で計算してみてください。

入金額でレバレッジの取引量を計算

「レバレッジ○○倍からFXを始めたい。」

このようにFXをはじめるときのレバレッジ目安が決まっているなら、入金額を調整すれば、レバレッジに合わせた取引数量をコントロールできます。

証拠金(入金額) × レバレッジの倍率 ÷現在レート =取引数量

例. 10万円 × 10倍 ÷ 110円 = レバレッジ10倍の取引数量は「9,090(9,000通貨)」

計算機を使えばかんたんに求められますので、取引開始前にシュミレーションしてみましょう。

なお当サイト内では、入金額と取引量を入力すれば、レバレッジと証拠金維持率を割り出せる計算機を用意しています。
こちらも合わせてご活用してみてください。

関連記事

FXに興味を持ったけど、証拠金とレバレッジの概念はどんなものなのか、初心者にはちょっと分かりにくいですよね。この証拠金取引というルールによって、レバレッジを高くして資金効率を高めることも、低くしてローリスク・ローリターンな運用まで自由度[…]

【FX入門】証拠金とレバレッジの仕組みを解説!

金融庁の規制により最大レバレッジは25倍

以前は日本国内でも高レバレッジでの取引が可能な時期もありましたが、現在は金融庁の規制により、最大レバレッジは25倍となっています。

今でこそサービスが定着したFXですが、他の金融商品に比べると歴史は浅く、1998年頃から少しずつ広まってきました。

法整備がままならない状態で業界全体が急拡大し、レバレッジの知識がないままリスキーな取引をする顧客の資産を守るために、レバレッジ規制の導入が行われました。

国内業者のレバレッジの歴史
〜2010年までレバレッジの規制なし
2010年レバレッジは50倍まで
2011年〜現在レバレッジは25倍まで

現在においても法人口座であればレバレッジ100倍、200倍で取引できますが、過去は個人口座でもハイレバで取引が可能だったのです。

しかしながらレバレッジ25倍と言えども、じゅうぶん資金効率がいいので、損失リスクに注意しながら運用していきましょう。

証拠金維持率に注目して、ロスカットリスクを回避しよう

注文したポジションの逆方向に大きく動くと、ロスカットリスクが高まります。

あとどのくらいでロスカットされるかを見るには、取引画面上では実効レバレッジと証拠金維持率(有効比率)に注目してください。

ロスカット水準はFX業者ごとに異なり、20%、50%、80%、100%などと異なります。
口座開設したら一番最初にロスカット水準をチェックして、頭の中に入れておくようにしてください。

なお、追証とロスカットは事前にメール通知を設定しておけば、あらかじめメールで受け取ることで対処できるようになります。

リスクを極力抑えるためにも重要な部分ですので、証拠金維持率が下がったらちゃんとメールで通知されるのか、事前に設定を見直しておくようにしてください。

関連記事

FXはあまりにも少ない金額から始めてしまうと、ロスカットにさらされるリスクが高くなりがちです。保有ポジションの反対方向に想定外に動いたら、いつロスカットされるのかとソワソワしてしまいますが、証拠金維持率に目をかけておけば、ロスカット[…]

証拠金維持率の目安|ロスカットリスクを抑える適正な水準を解説!

レバレッジが心配なら、固定レバレッジから選べるFX業者で

あまりレバレッジの心配をしたくない方は、固定レバレッジのサービスを提供するFX業者を選ぶのもいいでしょう。

固定レバレッジから選べるのは、FXブロードネット、YJFX!の2社です。

FX会社名レバレッジコース
ブロードライトコース(1,000通貨):20倍、25倍
ブロードコース(10,000通貨):1倍、20倍、25倍
1倍、10倍、25倍

固定レバレッジでおすすめのFX業者

YJFX!は1倍、10倍、25倍からレバレッジの選択が可能です。スマホアプリからでも、すぐに上限レバレッジの変更ができます。
厳格なリスク管理でFX取引をしたい方は、YJFX!をご検討ください。

YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」
JUMP with you! YJFX!

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年12月12日(木) 〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

FXのレバレッジとは?レバレッジの仕組み・使い方を解説!
最新情報をチェックしよう!