MT4でCFD取引できる!楽天証券「CFD口座」の特徴を徹底解説!

楽天証券CFD
はじめてのCFDを楽天証券で|日米欧の株価指数をMT4で取引可能に|楽天証券
  • 主要国の株価指数7銘柄を提供。
  • 商品CFD(金、銀、原油)の取引も可能!
  • MT4で少額からCFDができ、自動売買にも対応。
  • スマートフォンアプリに完全対応。
  • デモトレードでお試しスタートOK!
低スプレッド 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な銘柄数 手数料完全無料 株価指数CFD 株式CFD 商品CFD
基本情報
銘柄数レバレッジ取引手数料初回最低
入金額
取引ツール
*10
銘柄
株価指数:10倍
*商品:20倍
無料指定なしWindows Mac
iPhone iPad Android
楽天証券CFDの口座開設キャンペーン情報

現在開催中の口座開設キャンペーンはありません。

こちらから無料で楽天証券の口座開設ができます!

大手ネット証券で人気の楽天証券より、待望のCFD取引サービスが2021年1月からスタートしました。

後発ながらもMT4採用と少額取引対応により、これからCFDにチャレンジしたい初心者にも向いている商品設計となっています。

それでは、楽天証券CFD口座が評判の理由から、具体的な口座の特徴を詳しくご紹介します。

楽天証券CFDが評判のポイント

楽天証券のCFD口座では、世界中の株価指数にレバレッジを効かせて投資することができます。

株価指数というと日本なら日経225、アメリカならNYダウやS&P500、ナスダックが有名ですね。

このほか為替の世界でも注目を集めるEU圏の株価指数として、イギリス、ドイツ、ユーロの株価指数を取引できます。

楽天証券CFDの株価指数CFDと商品CFD

さらに金、銀、原油が対応し、現在は10銘柄の取引が可能です。

手数料無料で少額から取引できる!

楽天証券のCFDでは取引手数料が完全無料ですので、発生するコストは「スプレッドのみ」と分かりやすいシステムです。

楽天証券CFDは取引手数料完全無料0円

また最低取引数量が低く設定されているため、少額から取引が可能です。

各銘柄において、取引に最低限必要な証拠金の例をご覧ください。

株価指数CFD*必要証拠金
JP225(日本225)日本の国旗約25,000円
US30(米国30)アメリカの国旗約30,000円
US500(米国500)アメリカの国旗約30,000円
NAS100(米国NAS100)アメリカの国旗約100,000円
UK100(イギリス100)イギリスの国旗約8,400円
GER30(ドイツ40)ドイツの国旗約15,600円
EU50(ユーロ50)ユーロ圏の国旗約3,600円
商品CFD*必要証拠金
XAUUSD(金)金約9,500円
XAGUSD(銀)銀約1,250円
USOIL(原油)原油約2,000円

* 2021年1月7日時点

このなかでは、レート水準の高さからナスダック100の必要証拠金が高めです。(どの業者も共通です)
しかしそれ以外の銘柄なら、FXと同じ感覚で取引できることが分かりますね。

ちなみにCFDでは、少額から取引できるGMOクリック証券も人気ですが、上記10銘柄の取引単位は楽天証券CFDも共通です。
つまり楽天証券CFDは、少額からCFDができる国内屈指のサービスなのです。

MT4採用で自動売買も可能

MT4というと、チャートをカスタマイズしやすくて自動売買ができる取引システムで知っている方も多いと思います。

楽天証券CFDのPC版MT4とスマホアプリ版MT4

しかし日本国内で展開されているCFDサービスに関しては、ほぼ提供している業者がありません。
(楽天証券のほかに何社かありますが、少額取引に向いていないので割愛します)

実は国内の大手ネット証券でMT4を提供しているのは、楽天証券だけなのです。

楽天証券では少額で取引できるので初心者にも始めやすい一方で、MT4での自動売買も公認するため、プログラミングの知識がある方ならEAを稼働させて自動で利益を狙うことも可能です。

MT4はチャートの自由度が高いため、テクニカル分析を重視したいトレーダーにおすすめのツールです。

なお楽天証券では、FXサービスでもMT4が採用されています。

大手証券会社の安心感でMT4を使えるだけではなく、業界でも貴重な自動売買に対応しているのもCFD口座と共通です。

FX、CFD両方でMT4を使うなら、楽天証券を選びましょう。

関連記事

楽天証券FX 「FX口座」「MT4口座」2つのサービスを提供。 人気FX口座と比較しても低スプレッドで取引できる! MT4は大手ネッ[…]

大手証券会社唯一 自動売買対応取引ツール 楽天MT4

このほか現金を使わず、楽天ポイントだけでバイナリーオプションができる「らくオプ」も提供しています。

ポイント投資に興味がある方は、らくオプにも注目です。

関連記事

楽天証券「らくオプ」 らくオプは楽天証券のバイナリーオプション! 楽天ポイントを1ポイントから利用でき、現金を使わずに取引できる! […]

業界初!楽天ポイントで取引可能なバイナリーオプション!らくオプ

大手ネット証券だけあって情報量が多い

大手の総合ネット証券である楽天証券では、FXやCFDのほかにも株式、投資信託、ロボアドバイザー、NISA、金など多彩な金融商品を取り揃えています。

そのため、多彩なニーズに答えるためにもマーケット情報が豊富なので、多くの投資情報が手に入りやすい環境が整っています。

総合ネット証券ならではの豊富なマーケット情報

トムソン・ロイター、フィスコ、グローバルインフォと3社の情報ベンダー(ニュースの配信会社)により、幅広いジャンルのマーケット情報がリアルタイムに配信されています。

情報収集のしやすさにおいて、楽天証券はファンダメンタルズ要因を探るのに重宝する業者なのです。

楽天証券CFDのスプレッド

取引手数料が無料の楽天証券CFDでは、スプレッドが実質の取引コストとなります。

株価指数CFDのスプレッドは国内最狭水準の狭さで提供されており、短期売買でも利益を上げやすいのが魅力です。

原則固定スプレッドではなく変動制を採用していますが、おおよその目安は以下です。

銘柄通常スプレッド
JP225(日本225)日本の国旗5.0pips
US30(米国30)アメリカの国旗4.0pips
US500(米国500)アメリカの国旗0.5pips
NAS100(米国NAS100)アメリカの国旗2.0pips
UK100(イギリス100)イギリスの国旗2.4pips
GER30(ドイツ40)ドイツの国旗6.7pips
EU50(ユーロ50)ユーロ圏の国旗1.7pips
原油 原油0.014pips
金 0.01〜0.24pips

銀
0.007〜0.024pips

他社とのスプレッドはこちらのページで比較していますが、とくに日米株価指数のスプレッドは競争力がある水準であることが確認できますね。

関連記事

CFDでは取引手数料無料の業者が過半数を占めますが、取引量の増加とともに実際の取引コストとして発生するのが「スプレッド」です。CFDでは業者ごとに銘柄数が大きく異[…]

CFD業者のスプレッドを徹底比較!

MT4の取引画面

楽天証券ではCFDだけではなくFXも提供しており、MT4の各取引ツールではFX26通貨ペアの取引も可能です。

それでは、各取引プラットフォームごとに特徴をご紹介していきます。

PC版MT4

MT4最大の強みは、やはり自分が使いやすいようにチャートを自由に設定できる点です。

インジケーター(テクニカル指標)はデフォルトで30種類以上用意されていますが、PC版なら配布サイトからインジケーターをダウンロードし、自分自身のMT4にインストールして使うことも可能です。

楽天証券CFD口座のPC版MT4
楽天証券CFDのMT4

ですからどんなチャートにするかはその人次第であり、個人の裁量でカスタムできますので、トレーダーごとに十人十色で好きなように設定できるのがMT4ならではの魅力です。

トレンドラインやギャンなどの描画ツールも充実していて、フィボナッチは定番のフィボナッチの・リトレースメントのほかフィボナッチ・ファン、フィボナッチ・エクスパンションからエリオット波動まで種類も豊富です。

MT4は自動売買しなくとも、分析ツールとして強力に力を発揮してくれる取引ツールですので、ぜひ試してみてください。

日経225やNYダウをMT4のチャートに表示させたら、さざざまな観点からテクニカル分析をするのに役立ちます。

スマートフォンアプリ(iPhone/Android)

PCだけではなく、スマートフォンアプリ(iPhone/Android)を使って取引することも可能です。

楽天証券CFD iPhoneアプリ版MT4のレート一覧
レート一覧
楽天証券CFD iPhoneアプリ版MT4のチャート
チャート
楽天証券CFD iPhoneアプリ版MT4の注文画面
注文画面

アプリは自動売買は非対応であるものの、PC版と同等のインジケーターと描画オブジェクトを備えているため、アプリだけで高度な分析を行うことができます。

とくにチャートはカスタマイズ性が高いので、テクニカル分析を重視するトレーダーには相性が抜群です。

タブレットアプリ(iPad/Androidタブレット)

スマートフォンよりも大画面のタブレット版なら、より快適にチャート分析を行うことができます。

チャートを見ながらレートを一覧で見たり、チャートでタイミングを捉えながら発注することが可能です。

楽天証券CFD iPadアプリ版MT4のレート一覧とチャート
レート一覧+チャート
楽天証券CFD iPadアプリ版MT4の注文画面とチャート
注文画面+チャート
楽天証券CFD iPadアプリ版MT4の大画面チャートとサークルメニュー
サークルメニューが使いやすい!
楽天証券CFD iPadアプリ版MT4の4分割チャート
4分割チャート

サークルメニューで直感的にインジケーターや時間足の変更ができ、4分割チャートで複数チャートの同時表示にも対応しています。

iPad専用アプリでCFD取引できる業者はかなり少なく、iPadで分析・売買をしたい方とって必須のアプリといえます。

楽天証券CFDの取引時間

CFDでは値動き参照元の原資産ごとに取引時間が異なります。

各銘柄の取引時間は以下となります。

取引口座CFD銘柄日本時間
証券CFDJP225
(日本225)
8:30~翌6:55
(夏:7:30~翌5:55)
US30
(米国30)
8:30~翌6:10
(夏:7:30~翌5:10)
US500
(米国500)
NAS100
(米国NAS100)
UK100
(イギリス100)
17:30~翌5:55
(夏:16:30~翌4:55)
GER30
(ドイツ40)
16:30~翌5:55
(夏:15:30~翌4:55)
EU50
(ユーロ50)
16:30~翌5:55
(夏:15:30~翌4:55)
商品CFDXAUUSD
(金)
8:30~翌6:55
(夏:7:30~翌5:55)
XAGUSD
(銀)
USOIL
(原油)

欧州系の株価指数は夕方以降からの取引となりますが、それ以外はFXと同じように、平日は朝方〜翌日の早朝まで取引を行えます。

デモトレードにも対応

楽天証券のCFDはデモトレードに対応しています。

CFDデモ取引で脱・未経験|デモ口座でCFD取引を対面してみよう!

CFDとはどんな取引なのか、MT4の使い勝手はどんな感じか手っ取り早く知るなら、デモトレードをするのが1番です。

楽天証券のFX口座にログインすれば、デモ口座の開設とデモ用MT4のダウンロードが可能です。

仮想資金500万円でデモトレードができ、1ヶ月以上長期間にかけて利用することもできます。
PCだけではなく、iPhoneアプリやAndroidアプリ、iPadアプリでもデモトレードに対応しています。

本番口座がないとデモトレードができないので、デモ環境で練習したい方は、まずはCFD口座を事前に開設しておきましょう。

CFD取引キャンペーンを開催中

現在、期間限定で「米国株価指数CFD取引高キャッシュバック」を開催中です。

米国株価指数CFD取引高キャッシュバック

NYダウ、ナスダック100、S&P500の取引量に応じて、上限なしキャッシュバックとなっています。

最小10Lotで1,000円と、受け取れりやすい内容が魅力的ですね。

エントリーは2021年11月30日までですので、ぜひこの機会に楽天証券でCFD取引にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

こちらから無料で楽天証券の口座開設ができます!

楽天証券CFDの詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類FX、CFD、バイナリーオプション
FX専用口座の口座開設で全てのお取引が可能!
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
取引手数料無料
入金手数料クイック入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料無料
お取引開始までの期間お申込み後、最短2営業日
本人確認書類の提出方法Webアップロード
スマホで本人確認
楽天証券CFDの取引条件
最大レバレッジ株価指数CFD:10倍
商品CFD:20倍
法人口座
※総合口座対応(FX専用口座未対応)
ロスカット余剰証拠金(有効証拠金-必要証拠金)が 0(ゼロ)以下になったとき
取引時間銘柄毎
最大注文数量【証券CFD口座(MT4 Equity)】
銘柄別の建玉上限:2億円相当額
総建玉の上限:2億円相当額


【商品CFD口座(MT4 Commodity)】
銘柄別の建玉上限:2億円相当額
総建玉の上限:5億円相当額

外貨入出金
外貨調達(受け渡し)
注文タイプ成行注文、指値注文、逆指値注文、 IFD注文、OCO注文、IFDO注文、ワンクリック注文、トレール注文
チャートから発注
メールサービス約定通知、ロスカット通知、ロスカットアラート通知、メルマガ
取引ツールWindows専用アプリ、Androidアプリ、Androidタブレットアプリ、iPhoneアプリ、iPadアプリ
デモトレード
売買シグナル
無料CFDセミナー
カバー取引先
23社
シティバンクN/A、バークレイズ銀行、ジェー・アロン・アンド・カンパニー(※ゴールドマン・サックスグループ)、モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナルPLC、コメルツバンクAG、ドイツ銀行、バンク・オブ・アメリカN/A、株式会社みずほ銀行、ノムラ・インターナショナルPLC、バーチュフィナンシャル、JPモルガン・チェース・バンクN/A、UBS AG、クレディ・スイス AG、BNPパリバ、スタンダードチャータード銀行、ステート・ストリート銀行、ナットウエスト・マーケッツPLC、オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド、シタデル セキュリティズLLC、株式会社三菱UFJ銀行、ソシエテ・ジェネラル、XTXマーケッツ リミテッド、LMAX リミテッド
会社情報
会社名楽天証券株式会社 (Rakuten Securities, Inc.)
登録番号関東財務局長(金商)第195号
所在地〒107-0062
東京都港区南青山2-6-21
設立1999年(平成11年)3月24日
資本金7,495百万円
自己資本規制比率275.9%(2021年6月末)
信託保全三井住友銀行
楽天信託株式会社

楽天証券CFDの特徴まとめ

  • 株価指数CFDは7銘柄、商品CFDは3銘柄を提供!
  • 高機能なチャートソフト&自動売買ツールのMT4を採用。
  • PC、スマートフォン(iPhone/Android)、タブレット(iPad/Androidタブレット)に対応。
  • 短期売買に有利、業界屈指の低スプレッドで低コスト。
  • デモトレードで気軽にお試しが可能。

こちらから無料で楽天証券の口座開設ができます!