スイスフラン(CHF)の特徴と値動きの傾向

スイスの通貨「スイスフラン」の特徴を解説します。

スイスフランの基礎データ

有事に強い、永世中立国の安全通貨「スイスフラン」

スイスフラン
正式名称 スイス連邦
首都 ベルン
中央銀行 スイス国立銀行(SNB)
通貨単位 スイスフラン、ラッペン・サンチーム(補助単位)
* 主要輸出国 ドイツ、アメリカ、フランス、イタリア、イギリス
* 主要輸入国 ドイツ、イタリア、フランス、中国、アメリカ

* 貿易量の多い国順 2014年のデータ

値動きの
大きさ
情報量の
豊富さ
金利の
高さ

スイスフランの特徴を知ろう!

スイスの街

ドル、ユーロ、円、英ポンド、豪ドルに次いで6番目に取引量の多いのが、このスイスフランです。

金利は低く、相場の変動も比較的少なめの通貨である特徴があります。

スイスは永世中立国であるため、戦争など有事の際に買われるリスク回避通貨として知られています。
2001年の米国同時多発テロの際には、「有事のドル買い」の安全神話が崩れ、それ以降は「有事のスイスフラン」として買われるようになった背景があります。
つまり、スイスフランは安全資産という位置づけであり、有事が起こった際には、大きな金額が流入することでスイスフランが上昇する、という仕組みとなります。

また2015年には、スイスフランショックがあり、これはユーロを多く保有するスイス中銀が、ユーロ安によって自国が抱える資産価値が減少することを懸念して「1ユーロ=1.2スイスフラン」の上限撤廃により起こったものです。

スイスフランを相場の下限で買い、少しでも利益がでたら売るという売買をしていた欧米の投資家たちが、リスクへの警戒感にともない、ユーロ/スイスの買いポジションの損切りが大量に市場に放出したことで、ユーロスイス相場が大きく下落することになりました。

このとき破綻した欧米のFX業者もありましたが、スイスフランショックが起こったからといって、スイスフランの信頼性が低下したという訳ではありません。

スイスフラン/円の値動き傾向は?

スイスの貿易は、その多くがEU諸国と行われています。
EU未加盟の永世中立国スイスですが、隣国で使われている通貨はすべてユーロです。

スイスのチューリッヒ市場は、ドイツ・フランクフルト市場と同じ時間帯に動いています。
つまり基本的に、同じ欧州圏の通貨が動くのと同じタイミングで変動しやすい通貨となります。

世界の外国為替市場の流れ スイスフラン(ユーロ)の取引時間

隣接するドイツやフランスとは経済的な結び付きも深いことから、スイスフラン/円はユーロ/円の値動きに連動しやすい性質がある、ということも覚えておきましょう。

 

参考チャート:[スイスフラン/円 1時間足 2016年4月下旬頃のデータ]

スイスフラン円の価格変動率

スイスフランの変動要因となる、スイスの経済指標

注目すべき経済指標は以下となります。

スイスフランの情報量は米ドル・ユーロに劣りますので、ファンダメンタルズ的に関わりの深いドイツとユーロ圏の経済指標もしっかりチェックしていきたいところです。

特に最大貿易相手国であるドイツの経済動向は外せません。

 

各経済指標を詳しく知りたい方は、下記ページもご参考にしてみてください。

スイスフランの取引に向いているFX会社は?

スイスは現在マイナス金利を導入している国なので、先進国の通貨の中では、スイスフランは超も低金利の通貨です。
そのため、スイスフランのキャリートレードに注目が集まっています。
ただしスイスフラン/円は、どちらも低金利通貨なのでスワップポイントに期待できません。

キャリートレードするにあたり流動性のバランスも考えると、米ドル/スイスフランの組み合わせで買いポジションを持つと、スワップ金利狙いのトレードができます。
米ドル/スイスフランのスワップポイントが高いのはGMOクリック証券で、スプレッドも狭いのでおすすめです。

為替差益を狙うトレードとしては、米ドルやユーロが暴落したときに安全通貨として買われる局面に注目するのもいいでしょう。

米ドル/円やユーロ/米ドルに比べると、スイスフラン/円は取引量が少ないことから広いスプレッドが主流ですが、外為どっとコムも狭いスプレッドを提供しています。
口座開設すれば、外為どっとコムのFX取引アプリで各国の政策金利の推移を見れますので、各国の政策金利差に注目してトレードされる方は、ぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。

おすすめFX会社をご紹介!

低スプレッド&スワップを高機能ツールで取引!GMOクリック証券

FX取引高6年連続 世界第1位

GMOクリック証券はスプレッドが狭くスワップポイントは高いので、短期売買〜長期売買まで幅広く対応します。

操作性が抜群のスマートフォンアプリにより、外出先でも多彩な注文を柔軟に行えます。数少ないMac取引専用アプリを提供する会社なので、Macユーザーも安心ですね。
チャート上をクリックするだけで発注できる高機能取引システムにより、チャンスを逃がすことなく売買が行えます!

無料のチャート分析ツールであるプラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標が用意されていて、デモ取引でも利用が可能。
24時間電話サポートに対応し、FXのニュース配信も多いので、GMOクリック証券なら初心者の方も安心してお取引ができます!

原則固定スプレッド米ドル/円0.3銭 GMOクリック証券
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.2銭
原則固定
1.7銭
原則固定
1.8銭
原則固定
0.4pips
原則固定
通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
10,000
通貨単位
なし 19
通貨ペア
38
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設キャンペーン情報

2017年5月1日(月)~のキャンペーン期間中に新規でFX取引口座の口座開設をし、新規約定の取引数量に応じて、今なら最大30,000円をキャッシュバック!

▼ 新アプリリリース記念、アプリから1回の取引だけで3,000円プレゼントキャンペーンも開催中!

アプリで1回取引して3,000円プレゼント

※口座開設後、別途会員ページからこちらのキャンペーンにお申し込みください。

無料の口座開設をする

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

多彩な分析ツールが利用可能!|外為どっとコム

FXは外為どっとコム 米ドル/円0.3銭、トルコリラ/円1.9銭、メキシコペソ/円0.5銭

「豊富なツール」業界最大級のマーケット情報」が外為どっとコムの強み! 1,000通貨対応、デモ取引も可能です。

低スプレッド・約定スピードの早さを生かした短期売買から、業界最高水準のスワップポイントで中〜長期売買までオールマイティーに対応します。自己資本規制比率が高く、サポート体制も万全ですので初心者も安心の業者です。

オンラインセミナー「マネ育」のほか、本社のある東京汐留で会場セミナーを開催していますので、外為どっとコムなら学びながらステップができます!

スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.3銭
原則固定
(例外あり)
0.5銭
原則固定
(例外あり)
1.0銭
原則固定
(例外あり)
0.7銭
原則固定
(例外あり)
1.2銭
原則固定
(例外あり)
1.7銭
原則固定
(例外あり)
1.8銭
原則固定
(例外あり)
0.4pips
原則固定
(例外あり)
通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
1,000
通貨単位
なし 20
通貨ペア
17
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の口座開設キャンペーン情報

2019年2月1日(金)午前6時55分までのキャンペーン期間中に、新規で口座開設し、初回ログイン+マイナンバー登録で1,000円をキャッシュバック!さらに取引条件の達成で、最大101,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料で外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の口座開設ができます!

参考リンク(外部サイト)

スイス基礎データ | 外務省


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!