iPhone/iPadアプリ版・OANDAオープンオーダーの使い方をご紹介!

オアンダ・ジャパンが誇るオーダーブックは、顧客の未執行注文(オープンオーダー)、保有ポジション(オープンポジション)を閲覧できることで人気のツールです。

FX各社ではスマートフォンでも閲覧できますが、スマホ取引アプリのチャート上で閲覧できるタイプはほとんどありません。
しかしながらオアンダ・ジャパンでは、アプリ上に表示できるので、ほかのテクニカル指標と同時にチェックできる点が優れています。

なおこちらのページではiOS版(iPhoneアプリ/iPadアプリ)で解説を進めていますが、オーダーブックはAndroidアプリ版も同様に対応しています。

それではスマホアプリ版オープンオーダーの使い方をご紹介します。

口座開設後、「fx Trade」をインストールしよう!

オアンダ・ジャパンのスマホアプリは、口座開設せずにインストールしても、取引画面を開くことができません。
またデモトレードも用意されていますが、デモ用のID・パスワードでログインしてもオープンオーダーを使うことはできません。
まずは本番口座を開設しましょう。

↓オアンダ・ジャパンの口座開設はこちらから!

FXの隠れコストってなんダ?|OANDA

口座開設したら、App Storeで「オアンダ」「oanda」等で検索すると、FX取引用のアプリが見つかります。

オープンオーダーを表示させる方法

それではiOS版オープンオーダーの表示方法をご紹介します。
まずはアプリにログインしましょう。

ログイン後、表示させたい通貨ペアをタップします。下の画像ではUSD/JPYですが、選択すると少し大きくなります。画面下(指値注文の上)にあるローソク足のようなアイコンをタップします。

iPhoneアプリ(fxTrade)のレート画面
iPhoneアプリ(fxTrade)のレート画面

 

右下にある「四角いアイコン」をタップしてチャートを全画面で表示します。

右下の四角いアイコンをタップしてチャートを大画面表示できる

 

チャートが大画面で表示されたら、画面下のメニューにある「オーバーレイ」をタップします。

画面下のオーバーレイをタップする。

 

「OB」をタップし、「Order Book」のスイッチをオンにします。

OBを選択し、Order Bookをオンにする。

 

そうするとオープンオーダーが表示されます。

チャート上でオープンオーダーが見れる!
チャート上でオープンオーダーが見れる!

上の画像は1時間足ですが、スライダーを左右に動かすと表示させる期間をかんたんに変更ができます。

オープンオーダーはiPadアプリにも対応!

こちらはiPadアプリでの表示例です。

オアンダ・ジャパン iPadアプリのオープンオーダー

表示させる通貨ペア、期間をいろいろ試してみて、オープンオーダーを売買タイミングの参考として活用してみてください。

そもそも「オープンオーダーって何?」と気になった方は、以下記事をご覧ください。

関連記事

数多くのFX業界における著名人も利用している、OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)のオープンオーダーとオープンポジションの使い方をご紹介します。キリ番を巡る攻防は、OANDAで相場の壁に注目!FXでは、相場の壁を見ることで勝[…]

オアンダ・ジャパンのオープンオーダー・オープンポジションの使い方をご紹介!
OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)

全71通貨ペア スプレッドは業界最狭水準

オープンオーダー・オープンポジションでお馴染みのOANDA Japan!

1,000通貨対応のMT4口座は、チャートの日足は5本表示なので高精度の分析ができます。
もう一方の裁量口座「fxTrade」は1通貨対応により、米ドル/円は約4円から取引可能。本番環境をお試し感覚で体験できます。

高い約定力・約定スピードにより、約定拒否・再クオートがないので短期売買向き。国内業者ではあまり見られない「5秒足」が用意されていてデイトレーダーに好評です。

世界中で定番のチャート分析ツール「オートチャーティスト」をMT4で利用できるのはOANDA Japanだけ!売買シグナルが発生すれば通知されるので、売買判断にも役立つことでしょう。

こちらから無料でオアンダ・ジャパンの口座開設ができます!

iPhone/iPadアプリ版・OANDAオープンオーダーの使い方をご紹介!
最新情報をチェックしよう!