【OANDA】オープンオーダー/オープンポジションで相場の壁を見る方法

数多くのFX業界における著名人も利用している、OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)のオープンオーダーとオープンポジションの使い方をご紹介します。

キリ番を巡る攻防は、OANDAで相場の壁に注目!

FXでは、相場の壁を見ることで勝率を上げられる可能性が高まります。

相場の壁というのは、
「このラインで価格が反転するかも知れない。」
「このラインを抜けたらさらに上昇(下降)しそうだ。」

といった、転換となる節目のラインのことです。

これから紹介する情報は、とくにキリ番といって110.00円、111.00円など切りのいいレートのせめぎあいのときに重宝したりします。このような相場の転換を判断するにあたって、FX業者が無料で公開している顧客の売買情報ツールが、非常にトレードに役立ちます。

こちらのページでは、OANDA Japanのオーダーブック(オープンオーダー、オープンポジション)という開示情報を元にして、売買判断に活用する方法を紹介していきます。
このやり方は、誰でもかんたんに無料で導入できる分析手法ですので、ぜひ取り入れてみてください。

オープンオーダー、オープンポジションとは?

まず、オープンオーダーとオープンポジションについて解説します。

オープンオーダーとオープンポジション
オープンオーダーとオープンポジションの例

オープンオーダーとは、未執行注文のことです。
顧客は、どのあたりのレートで買い注文・売り注文をしているか、売買の比率を知ることができます。

オープンポジションとは、未決済ポジションのことです。
顧客の保有ポジションは、どのくらいの価格帯にあるか、ポジションの比率を知ることができます。

これらの情報を元にして、分析をしていきます。

最新のオーダーブック(30分毎更新)

※OANDA Japanのウィジェット提供により、公式サイトと同じデータが表示されています。

OANDAのオープンオーダー・ポジションが使いやすい理由

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)は、世界中でサービスを提供しているFX業者の日本法人です。
このオープンオーダー・ポジションは、オアンダ・ジャパンのほか、親会社とグループ会社が保有するデータが合算されているため、日本の顧客に加えて、海外のトレーダーの売買情報も含まれているのが特徴です。

またスマートフォンの取引アプリなど、チャート上にオーバーレイ表示(チャート上にオープンオーダーが表示されること)されるので、視認性の良さも魅力となっています。

 

– 2019年3月19日 追記 –
OANDAのPCWeb版のオーダーブック(オープンオーダー/オープンポジション)は、取引量ごとに異なる更新ルールが適用されます。

タイプオーダーブックの
更新頻度
更新時刻
未口座開設の方30分毎
(更新時点で30分前のデータ)
00分/30分
口座開設済みの方
(前月の取引が50万USD以下)
20分毎
(更新時点のデータ)
00分/20分/40分
口座開設済みの方
(前月の取引が50万USD以上)
5分毎
(更新時点のデータ)
00分/5分/10分/15分/20分/25分/30分/35分/40分/45分/50分/55分

更新のルールが変わり、口座開設していない方が閲覧できるのは30分前のデータとなりました。
さらに30分毎の更新ですので、例えば22:58に閲覧した場合は22:00のデータとなりますので、約1時間前のデータとなります。

オアンダ・ジャパンのオーダーブックを使う場合、ログインして使わなければ最大で約1時間のタイムラグが発生します。
つまり利用するには、口座開設してログインし、20毎の更新データを閲覧することが必須となります。

そのため口座数が多くて更新頻度が短く、なおかつ取引条件がないツールなら、ヒロセ通商のさきよみLIONチャートかみんなのFXの売買比率がおすすめです。

関連記事

一部のFX業者で公開されているのが、顧客が発注している注文情報や保有しているポジション情報、またそれぞれの割合を示す売買比率やポジション比率です。他トレーダーの動向を読み解くことで、相場の反発や勢いづく価格帯を知ることができ、よりトレー[…]

注文情報・売買比率・ポジション比率が見れるFXアプリ8選+αをご紹介!

オープンオーダーとオープンポジションの見方

それでは、このツールの見方から覚えていきましょう。
グラフの4つの範囲は、以下となります。

オアンダ・ジャパン オープンオーダーの見方
オアンダ・ジャパン オープンポジションの見方

他のトレーダーがどのような注文を入れているのか、どのようなポジションを保有しているのかを、選択した通貨ペアごとに見ることができます。

オープンオーダーの使い方

新規で指値/逆指値を入れている顧客の注文も含まれていますが、保有ポジションがある顧客の損益別による決済オーダーで区分すると以下の通りです。

ショート/ロングポジションから見たオープンオーダー
左右の買いか売りかは上部にある「Sell」「Buy」で判断することができます。

  • 左側が売り注文
  • 右側が買い注文
  • オレンジが含み益の利食い
  • ブルーが含み損の損切り

オープンオーダーで「指値注文」を分析

まずは、オレンジ色の指値注文に注目していきましょう。
オープンオーダー 指値注文のポイント

  • 売り指値注文 → 109.50円に1%弱と売り指値がやや多い。
  • 買い指値注文 → 現在レートより下は注文が薄く、109円前後から買い指値が入っている。

2019年10月〜11月上旬にかけて、米ドル/円は上昇トレンドの相場でした。
この条件を元に、今後どのような値動きになるのか、ストーリーを組み立てていきます。

ロングポジションを、キリのいい109.50円で利食いしたいトレーダーが多くいるのが確認できます。
上昇トレンド中で現在レートからそれほど離れていませんので、この水準までは上昇する可能性は高そうです。つまりこの水準はもみ合い、上抜け、反転のタイミングになりやすいと予想できます。

なお上の画像ではもっともボリュームがありのは1%ですが、指値注文の場合だと2%で反転しやすく、1%程度の場合は抜けやすい傾向があります。

逆に下落した場合は、109.050円(109円のひとつ上のライン)まで指値/逆指値ともにオーダーが薄いので、109円まではあっさり下落する余地もありそうだと考えられます。

また「売り指値全体」ではオレンジの割合が大きいので、含み益となっており利食いしたいトレーダーが多いことがわかります。

後述しますが、オープンオーダーの指値は「2%で反転」がポイントです。
ボリュームのある価格に達したら、反転しやすいと予想ができます。

オープンオーダーで「逆指値注文」を分析

為替変動の損失リスクを抑えるため、あらかじめ損切りラインとして発注されるのが逆指値注文です。
オープンオーダーでは、指値注文よりもこの逆指値注文の方が極めて重要です。

FXでは、他のトレーダーの損失によって己の利益となるのは周知の事実ですが、大口の投資家や機関投資家にとって、この逆指値が多く重なっている部分が、他のトレーダーのポジションを刈りとる狙い目として、かっこうのターゲットとなります。
溜まったストップロスを巻き込んで相場変動の勢いが増すほど、プロの投資家が儲けるといったカラクリなのです。

このような背景を想定して相場を分析すると、オープンオーダーの逆指値が集まっているラインまでは、相場は動きやすいと予想ができます。

 

それでは再びグラフをみていきましょう。

オープンオーダー 逆指値注文のポイント

  • 売り逆指値注文 → 上昇トレンド中なのでロングポジションで損失があるトレーダーが少ない。
  • 買い逆指値注文 →109.50円に約1%ものオーダーが溜まっている。

逆指値のオーダーは「1%がひとつの目安」となります。
キリ番の109.50円まで上昇したら、ストップロスの巻き込みを狙うオーダーにより、ショーターが狙われやすいと考えられます。

多くの逆指値が集中しているラインまでは、相場は動きやすいのが特徴です。
そして、逆指値が集中しているラインを抜けた場合、多くの損切りが約定したことを意味しますので、勢いのある値動きになりやすいと予想ができます。

オープンオーダーの活用方法まとめ

オープンオーダーを上手く使うポイントは、現在レートから近い位置でボリュームのある部分を探すことです。
現在レートに近い位置であり、なおかつ注文数量が多いほど、直近の値動きに影響があるからです。

オープンオーダーの使い方

指値ポイントに達したら逆張り、逆指値ポイントを抜けたら順張りを意識するといいでしょう。

また、グラフの「%」にも注目してください。
ボリュームのある部分の上下に、どのくらい注文数量があるかによっても異なってきますが、「指値は2%前後」 「逆指値は1%前後」を目安にすると使いやすいです。

オープンポジションの使い方

オアンダ・ジャパンではオープンオーダーの方がより注目されていますが、オープンポジションの使い方も理解しておくと便利です。

基本的な見方をもう一度おさらいしましょう。

オープンポジションでは買い・売りごとの含み益・含み損を表す

オープンポジションは、含み益と含み損の差を確認

相場は、売りの圧力が強ければ下降し、買いの圧力が強ければ上昇するように、売り手と買い手、どちらかの優勢であるかによって、相場は動いていきます。
オープンポジションでは、トレーダーのポジションを見ることで、相場のトレンド(勢い)はどちらが優勢であるかを知ることができます。

使い方ですが、買いポジションと売りポジション同士で、どちらのボリュームが多いかを確認します。

含み損は売りポジションの方が多く、含み益は買いポジションの方が多い

ブルー同士を見ると売りポジションで含み損となっているトレーダーが多く、オレンジ同士では買いポジションで含み益となっているトレーダーが多いのが分かりますね。
つまり、上昇トレンドが優勢という状況です。
売りポジションで損失が出ている人がポジションの解消をすれば、さらに下降しやすい可能性があると予想することができます。

オープンポジションで上昇トレンドと予想するとき

買いポジションの含み益が多ければ、買いが優勢なので上昇トレンドとなる可能性がある。
売りポジションの含み損が多ければ、損切りにつながりやすいため、上昇トレンドとなる可能性がある。

オープンポジションで下降トレンドと予想するとき

売りポジションの含み益が多ければ、売りが優勢なので下降トレンドとなる可能性がある。
買いポジションの含み損が多ければ、損切りにつながりやすいため、下降トレンドとなる可能性がある。

分かりやすくいうと、現在レートを中心として、上側のボリュームが多ければ下降トレンドの傾向、下側にボリュームが多ければ上昇トレンドの傾向とする見方もできます。

なお今回はデフォルトの「非累積」(買い・売り全てを表示)で解説していますが、「純額」にすれば買いと売りを相殺したグラフに切り替えることが可能です。

2つのグラフを併用して、総合的に判断することが大切

最後にもう一度、両方のグラフに目を通してみましょう。
オープンオーダーとオープンポジションの使い方まとめ
オープンポジションでは買い手優勢なので上昇が続くと予想します。
また現在、売りポジションで損失となっている人が多く、オープンオーダーでは100.50円にオーダーが集中しています。
なお109.50円では、買い逆指値は1%とそこそこの数量があるのでストップロス狙いの動きがありそうな反面、売り指値は1%なので反転するほどのパワーはなさそうだとも考えられます。

今回の例では、
「ロングポジションを保有するとしたときストップロスは109円、109.50円の動向に注目しつつ、上昇したら110円で手仕舞いにする。」
といった戦略を立てることもできます。

このように、オープンオーダー・オープンポジションを使うことで、さまざまな戦略で今後の値動きの分析に使うことができます。

OANDAへのアクセス方法

こちらから、オアンダ・ジャパンのオープンオーダー・オープンポジションのページにアクセスができます。

普段スキャルピングやデイトレードを行なっていて、マメに利用したい方は、上記URLか、ウィジェットを搭載する当サイトをブックマークしておくと便利です。

最後になりましたが、あくまでもオープンオーダー・オープンポジションを過信してはいけません。
このツールを使う方は、テクニカル指標を主体とした分析の補助ツールとして、戦略に取り入れていくことが大切です。

オープンオーダーはアプリで使うのがおすすめ

iPhoneアプリ、iPadアプリで表示させたオープンオーダー

オアンダ・ジャパンのアプリはID、パスワードを入力しないと起動できませんので、事前に口座開設しておきましょう。
オープンオーダーはiPhone、iPad、Androidどの端末でも、アプリで閲覧するのがおすすめです。
MT4版のように、チャートに重ねてオーダー状況をチェックできるからです。

移動平均線やボリンジャーバンドなど、お好みのテクニカル指標とチャート上で併用すれば、より高度な分析に役立つでしょう。

iOS版オープンオーダーの使い方は、こちらの記事でご紹介しています。

関連記事

オアンダ・ジャパンが誇るオーダーブックは、顧客の未執行注文(オープンオーダー)、保有ポジション(オープンポジション)を閲覧できることで人気のツールです。FX各社ではスマートフォンでも閲覧できますが、スマホ取引アプリのチャート上で閲覧[…]

iPhone/iPadアプリ版・OANDAオープンオーダーの使い方をご紹介!
OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)

全71通貨ペア スプレッドは業界最狭水準

オープンオーダー・オープンポジションでお馴染みのOANDA Japan!

1,000通貨対応のMT4口座は、チャートの日足は5本表示なので高精度の分析ができます。
もう一方の裁量口座「fxTrade」は1通貨対応により、米ドル/円は約4円から取引可能。本番環境をお試し感覚で体験できます。

高い約定力・約定スピードにより、約定拒否・再クオートがないので短期売買向き。国内業者ではあまり見られない「5秒足」が用意されていてデイトレーダーに好評です。

世界中で定番のチャート分析ツール「オートチャーティスト」をMT4で利用できるのはOANDA Japanだけ!売買シグナルが発生すれば通知されるので、売買判断にも役立つことでしょう。

こちらから無料でオアンダ・ジャパンの口座開設ができます!

オアンダ・ジャパンのオープンオーダー・オープンポジションの使い方をご紹介!
最新情報をチェックしよう!