100通貨なら「100円」「500円」から取引可!ワンコインで始めるFX!

気軽な昼食といえば、ワンコインランチは非常に魅力的ですよね。

FXで最初に挑戦する通貨ペアといえば、米ドル/円をイメージする方も多いでしょう。
実は米ドル/円なら、「100通貨単位」ならワンコインランチと同じ「500円」で始めることができるのです。
他の通貨ペアなら、たったの「100円」で取引することも可能です。

100通貨単位で取引できる仕組みを解説するとともに、「100円」「500円」から取引できるFX業者をご紹介します。

100通貨なら米ドル/円が500円から取引できる

FXで基本となる取引単位は10,000通貨です。

1米ドル=100円のとき、上限のレバレッジ25倍で取引するならば、4万円で米ドル/円の取引ができます。
レートが120円と円安になれば、最低限で4万8千円で取引できることとなります。
逆に取引するときが円高のときは、必要証拠金は3万円台になる、という仕組みです。

米ドル/円レート10,000通貨の必要証拠金
(最低限必要な金額)
90円36,000円
100円40,000円
110円44,000円
120円48,000円

必要証拠金は、取引するときにFX口座に必ず預け入れる必要のある、担保となるお金のことです。
かんたんにいうと、レバレッジ上限で取引するときに最低限必要な金額となります。

そのときのレートにもよりますが、10,000通貨で米ドル円を取引するとしましょう。
レバレッジを考慮すると、最低限5万円を用意して入金しなければいけません。

これが100通貨となると、必要証拠金も1/100の金額となります。
つまり100通貨に対応するFX業者の口座に500円入っていれば、米ドル/円の取引が可能となるのです。

FX業者では、1,000通貨か10,000通貨が最小単位となっているケースが主流です。
そんななか、最小100通貨で取引できる貴重なサービスが、マネーパートナーズの「パートナーズFXnano」です。

100円からできる本格的な外貨投資がパートナーズnano

マネパでは2つのFXを展開しており、こちらのパートナーズFXnanoは初心者向けですが、れっきとしたFXサービスです。
最初に少ない予算から始めてみたいと考えている方も、パートナーズFXnanoなら少額で学びながら取引ができます。

南アランド/円なら100円から取引可能

FXの必要証拠金は、通貨ペアごとに異なります。

必要証拠金はそのときのレートによっても変わってきますが、大まかな目安としてこちらを参考にしてみてください。

パートナーズFXnanoは100円から始められる

ZAR/JPY(南アフリカランド/円)は必要証拠金が少なく済むため、およよそ100円から取引が可能です。

南アフリカランドは高金利通貨ですので、高スワップポイントが魅力ですよね。

「新興国通貨は変動の大きさが心配だけど、金利狙いのトレードをしてみたい!」
「スワップポイントはポジションを持つと、実際にはどのくらいつくの?」

こういったケースであっても「100円」でトレードできるのは、デモトレードに比べても断然魅力的であると言えます。
本番なのでデモよりも実践感覚を養いやすく、デモのような気軽さを併せ持った環境でトレードできるのが、その理由です。

「いきなり10,000通貨は怖いけど、とにかく実際に取引やってみたい!」

このように考えている方は、マネパのパートナーズFXnanoでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
取引数量が小さいため、大きな利益にはなりにくい半面、大きな損失にもなりにくいのが、100通貨から始めるFX取引のメリットです。

マネーパートナーズのさまざまな魅力

マネパ2つのFXサービス、初心者向きのパートナーズFXnano、10,000通貨のパートナーズFXはそれぞれ取引条件が異なります。
それぞれの違いを見てみましょう。

マネパ2つのFXサービス

注目すべきスプレッドですが、100通貨のnanoよりも、パートナーズFXの方がより有利なスプレッドで提供されています。

※コアタイム(8:00~28:00)原則固定スプレッド
パートナーズFXnanoスプレッドパートナーズFX
0.4銭米ドル/円0.3銭
0.7銭ユーロ/円0.4銭
0.9銭豪ドル/円0.6銭
0.8pipsユーロ/米ドル0.3pips
1.2銭ポンド/円0.9銭
1.8銭NZドル/円2.0銭

100通貨取引に程度慣れ親しんでから、パートナーズFXに切り替えれば、取引コストを抑えたトレードができますね。

さらにパートナーズFXならではの魅力が、より高機能なPC取引ツールを利用できる点です。
注目すべきインストール版ツール「HyperSpeed NEXT」は、売買シグナルをチャート上に表示でき、自動売買もできる自由度の高いプラットフォームです。

100円〜500円の取引でFXの仕組みが分かったら、ぜひパートナーズFXにもチャレンジしてみましょう。

100通貨よりも少額!1通貨から取引できる業者がある!

100通貨よりももっと小さい取引単位でFXを始めるなら、OANDA Japanを選びましょう。

ベーシックコースでは1通貨単位から取引可能

業界最小単位となる、1通貨でFXを始められます。

1通貨というと、米ドル/円ならおおよそ4円で取引を始められますので、100通貨よりも少額で始められるサービスとなります。

このようにマネーパートナーズかOANDA Japanなら、500円で取引を始められます。少額からFXをしたい方は、2社どちらかからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

500円以下で取引できるFX業者はココ!

マネーパートナーズ
マネーパートナーズ|オリコン顧客満足度調査5年連続第1位

スベらずに注文が通るマネーパートナーズは、約定力が高く安定度のある取引システムが高評価を得ています。

FXは2つの取引コースがあり、100通貨単位のパートナーズFXnanoなら最小100円からトレードも可能。金・銀もFXと同じプラットフォームを採用していますので、FX口座と同じ操作性でCFD取引できることもマネーパートナーズの魅力です。

マネーパートナーズの口座開設キャンペーン情報

2020年4月11日(土)までのキャンペーン期間中に新規口座開設し、キャンペーンフォームよりお申し込みすれば、期間中に10万円以上の入金で書籍「投資のメソッド」をプレゼント!

こちらから無料でマネーパートナーズの口座開設ができます!

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)

全71通貨ペア スプレッドは業界最狭水準

オープンオーダー・オープンポジションでお馴染みのOANDA Japan!

1,000通貨対応のMT4口座は、チャートの日足は5本表示なので高精度の分析ができます。
もう一方の裁量口座「fxTrade」は1通貨対応により、米ドル/円は約4円から取引可能。本番環境をお試し感覚で体験できます。

高い約定力・約定スピードにより、約定拒否・再クオートがないので短期売買向き。国内業者ではあまり見られない「5秒足」が用意されていてデイトレーダーに好評です。

世界中で定番のチャート分析ツール「オートチャーティスト」をMT4で利用できるのはOANDA Japanだけ!売買シグナルが発生すれば通知されるので、売買判断にも役立つことでしょう。

こちらから無料でオアンダ・ジャパンの口座開設ができます!

たったの1コイン 500円で始めるFX
最新情報をチェックしよう!