リピート系注文(トラリピ、iサイクル2取引、トライオートFXなど)を機能やコストで徹底比較!

FXの自動売買を「リピート系注文」で始めてみたいと興味を持っている方は、多いのではないでしょうか。

いわゆるリピート系注文とは「リピート系連続発注機能」のことで、複数注文のリピート機能(繰り返し発注)がある自動売買のことです。

複数の発注を一度に行い、何度も繰り返す仕組みにより、シンプル・分かりやすい・手間がかからないことで、今多くのトレーダーに人気を得ています。

リピート系注文を使えば、売買における注文の手間を減らしつつ、継続的な利益に期待ができます。
そのため主婦やサラリーマンなど取引時間が限られている方、また中級者以上の分散投資目的として、多くの層から支持を集めています。

それでは各社のリピート系注文の仕組み、手数料体系の違いを詳しく比較していきます。

リピート系注文は現在10社以上で採用!

リピート系注文は、2007年12月にマネースクエアからトラップリピートイフダン(トラリピ)がリリースされました。

その後もさまざまなFX業者が追従してサービスを提供し、今日では10社以上から提供されていることからも、安定した人気の高さが見てとれます。

まずは、リピート系注文を提供しているFX業者とサービス名をまとめました。

FX業者サービス名
マネースクエアトラリピ
インヴァスト証券トライオートFX
外為オンラインサイクル2取引
iサイクル2取引
iサイクル2取引(くりっく365)
FXブロードネットトラッキングトレード
マネックス証券オートレール注文
マネーパートナーズ連続予約注文
アイネット証券ループイフダン
ジャパンネット銀行連続IFDOCO注文
ひまわり証券ループ・イフダン
トレイダーズ証券(みんなのシストレ)みんなのリピート注文

まずは、リピート系注文のかんたんなイメージをご覧ください。

リピート注文のイメージ
リピート注文のイメージ

設定した間隔で複数の注文を発注し、それを何度も自動で繰り返してくれる仕組みにより、中長期にかけて手間をかけずに利益を狙えるシステムです。

親注文が稼働するうちは子注文が注文を繰り返し、子注文は単独で決済することも可能です。

マネースクエアが特許を取得後、各社が特許を取得したリピート系注文も多く、それぞれ少しずつサービス内容は異なります。

こちらのページでは以下9社のサービスに的を絞って比較しています。
リピート系注文の選び方、各社の判断基準にご活用ください。

 

そもそもリピート系FXとは何かを詳しく知りたい方は、こちらのページで解説しています。

関連記事

近年FX業界で話題をかっさらっているのが、「リピート系FX」「リピート系注文」と呼ばれる注文方式を採用した自動売買システムです。ネットや口コミで、リピート系FXに[…]

今話題のリピート系FXとは?

リピート系注文を基本スペックで比較

まずは基本スペックから見ていきましょう。

FX会社名米ドル/円
米ドル/円スプレッド
取引単位通貨ペア数デモ口座スマホアプリの
リピート系対応
外為オンラインFX1.0銭1,000
通貨単位
26
通貨ペア
トラッキングトレード0.2銭1,000
通貨単位
24
通貨ペア
トライオートFX*11,000
通貨単位
17
通貨ペア
ループイフダン2.0銭1,000
通貨単位
24
通貨ペア
ループ・イフダン2.0銭1,000
通貨単位
6
通貨ペア
*2
トラリピ変動1,000
通貨単位
16
通貨ペア

*3
みんなのシストレ1.9銭1,000
通貨単位
29
通貨ペア
FX PLUS0.2〜0.9銭1,000
通貨単位
16
通貨ペア
パートナーズFX/nano0.3銭100
通貨単位
18
通貨ペア
スプレッド取得日・記載日:2023年2月1日
※掲載スプレッドは原則固定(例外あり)ですが、市場急変時や流動性低下時は拡大する場合があります。
*1 原則固定スプレッドの適用対象外。
*2 ループ・イフダン口座は全24通貨ペアのうち、6通貨ペアがループ・イフダンに対応。
*3 デモ口座は用意されていませんが、シミュレーション機能が用意されています。

全社1,000通貨に対応しているため、少額からスタート可能です。

なお掲載している全ての業者では、リピート系注文がスマホアプリに完全最適化されており、アプリ単体で発注を行うことができます。

リピート系注文を詳細情報で比較

続いてリピート系注文の詳細情報もご覧ください。

FX会社名取引手数料
1万通貨未満
取引手数料
1万通貨以上
損切り
設定
発注本数トレール
機能
外為オンラインFX片道/20円
最初の90日間は
手数料無料
片道/20円
最初の90日間は
手数料無料
自動自動
トラッキングトレード片道/20円
最初の90日間は
手数料無料
片道/20円
最初の90日間は
手数料無料
自動自動
トライオートFX片道/20円1万通貨〜:片道/10円
10万通貨〜:片道/5円
50万通貨〜:無料
自動
手動
自動
手動
ループイフダン無料無料自動手動
ループ・イフダン無料無料自動手動
トラリピ無料
*1
無料
*1
自動
手動
自動
手動
みんなのシストレ無料無料手動自動
*2
FX PLUS無料無料手動手動
パートナーズFX/nano無料無料手動手動
*1 トラリピの場合。通常注文、狭割対応注文は手数料が発生。
*2 原則トレール機能はなし。ストラテジーのロジックによってはトレール機能が利用できる場合もあり。

それでは上記表の補足を解説していきます。

損切りの設定

リピート系注文は中長期にかけて保有して、コツコツと利益を狙っていく自動売買です。

急な暴落や暴騰によっては含み損が膨らんで強制ロスカットになる可能性があるため、どのような損切り設定になっているかが、ひとつの注目ポイントとなります。

損切りが自動設定の業者

外為オンラインiサイクル2取引FXブロードネットトラッキングトレードは自動売買プログラムが算出したpipsで損切りが行われるタイプです。
任意の損切り幅(例. 30pipsなど)では設定不可ですが、注文時の想定変動幅で損切り幅の調整ができます。(発注後は手動で決済可能です。)

アイネット証券のループイフダンひまわり証券のループ・イフダンは、新規で注文を入れる際に「損切りあり」または「損切りなし」どちらか一方を選択して発注を行います。

iサイクル2取引と同じく、2社のループイフダンは一定値幅での損切りはできません。

「損切りあり」の場合、損失方向に相場が動いたとき、最大ポジション数・設定値幅に応じて、含み損の多いポジションを損切りしながら新規ポジションを建てて、最大ポジション数を維持します。

基本的に「損切りあり」での発注がおすすめで、「損切りなし」で発注する場合は、戦略を持ってトレードを行いましょう。

損切りが手動設定の業者

マネーパートナーズの連続予約注文はIF-DONE注文(新規注文+利益確定か損切り)またはIFD-OCO注文(新規注文+利益確定+損切り)がベースです。
そのため発注時に任意の損切り幅(例. 30pipsなど)を指定して注文を行うことができます。

マネックス証券のオートレールは、注文ごとに最大損失額(例. 10,000円)の制限をかけることが可能です。

自動設定、手動設定両方に対応

マネースクエアトラリピ、インヴァスト証券のトライオートFXは、コンピューターが自動で損切り幅を算出しますが、任意の損切り幅(例. 30pipsなど)で手動設定も可能です。

難しいことはすべてコンピューターにお任せしたいなら自動設定の業者を、細かくカスタマイズできる中上級者は手動設定にも対応している業者を選びましょう。

発注本数の設定

リピート系注文は「点」ではなく「面」で相場から利益を狙っていくイメージのトレード手法です。

ですから複数発注において、どのくらいの注文本数を仕掛けるのか、また注文本数が自動計算されるのかがポイントとなります。

発注本数が自動設定の業者

外為オンラインiサイクル2取引FXブロードネットトラッキングトレードは、発注時の本数は自動売買プログラムが自動で算出しますが、注文設定により発注本数の調整が可能です。

発注本数が手動設定の業者

アイネット証券のループイフダンひまわり証券のループ・イフダンでは、新規注文時に最大ポジション数を任意で決めます。
この「最大ポジション数」と「利益を狙うpips幅」によって証拠金が変動するため、どのくらいの金額を運用したいのかコントロールしやすい設計です。

マネーパートナーズの連続予約注文は、任意の値で最大20件まで、手動設定で発注を行う仕組みです。

マネックス証券のオートレールは、オートレール1注文(親)につき、子注文は最大50本まで設置可能です。

自動設定、手動設定両方に対応

マネースクエアトラリピ、インヴァスト証券のトライオートFXは、コンピューターが自動で発注本数を算出しますが、任意の本数で発注も可能です。

損切り設定と同じく、発注本数をコンピューターにお任せしたいなら自動設定任意でカスタマイズしたいなら手動設定がおすすめです。

一般的なリピート系注文の基本は、ナンピン買い(ナンピン売り)で、損失方向に推移しているときに新規注文が約定していく仕組みです。

つまり、はじめに含み損にならなければ利益にはならない仕組みであることは理解しておきましょう。

どのリピート系注文も「運用資金」と「レンジの上下範囲」を設定すれば、何本の注文を仕掛けるのか自動計算されますが、トラリピ、トライオートFX、オートレールは任意の本数で発注が可能です。

主要なリピート系注文の特徴を解説

それでは各社が提供するリピート系注文の特徴をご紹介します。

外為オンライン「iサイクル2取引」

現在大人気を誇るのが、外為オンラインのiサイクル2取引です。

トレンド追従型であり、かんたん設定で発注できる魅力を備えています。

外為オンラインのiサイクル2取引
外為オンラインのiサイクル2取引

外為オンラインにはもうひとつ、「サイクル2取引」もあり、大きな違いは下記です。

  • iサイクル2取引:設定した値幅外になっても、自動追従機能で利益の追求ができる。レンジ相場だけでなくトレンド相場にも対応。
  • サイクル2取引:設定した値幅内で利益の追求ができる。レンジ相場向き。

iサイクル2取引なら、狙った方向の想定値幅を抜けてきても、利食いをしつつ値動きを追いかけるので、大きな利益の獲得に期待ができます。
反対に予想外に推移した場合、もっとも不利なポジションを損切りしつつ、仕掛けるレンジを切り下げていく仕組みです。

外為オンラインの特徴としては、「ランキング方式」というかんたん発注機能が提供されていることです。

iサイクル2取引 ランキング方式の発注画面
iサイクル2取引 ランキング方式の発注画面

これは独自のシミュレーションによって、パフォーマンスのよい設定を選ぶだけでかんたん注文できる機能で、他社のように注文間隔や発注本数を設定する手間をかけることもありません。

ポジション方向の「トレンド」なら、売買区分を選択することなく、トレンドを自動判定して売買を繰り返してくれます。

おまかせのリピート系注文なら、外為オンラインをご検討ください。

  • 自動トレンド追従機能があるため、上昇トレンド・下降トレンドの両方に対応
  • 上下一定値幅のレンジを狙うなら「サイクル2取引」、相場変動に自動追従するなら「iサイクル2取引」、相場に合わせて2つの注文から選べる
  • 通貨ペア数が多く、スワップポイントが高水準
  • 新規口座開設者は、90日間取引手数料が完全無料
  • 既存ユーザーも片道分の手数料が無料キャンペーン中(90日以降の往復取引手数料は1,000通貨あたり20円、10,000通貨あたり200円)
  • ランキング方式なら、おまかせ設定でかんたんに発注できる!
得意な相場局面トレンド相場
レンジ相場
得意な取引期間中長期向き
最低証拠金の目安30万円〜
取引ツールPC
スマートフォン(アプリ)
スプレッド★★☆☆☆
スワップポイント★★★★☆

\ 新規口座開設者は、iサイクル2取引の手数料が90日間無料キャンペーンを実施中! /

外為オンライン「iサイクル2取引」新規口座開設者向け手数料無料キャンペーン

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

関連記事

FXの初心者やこれから始めたい方には、このような悩みを持っている方もいるかと思います。「FXに興味があるけど、なんだか難しそう。」「どのタイミングで売買す[…]

iサイクル2取引の仕組みから、月30万円の利益を生む通貨ペア、初期資金、設定まで分かりやすく解説!

FXブロードネット「トラッキングトレード」

トラッキングトレードは外為オンラインからライセンスが提供されているため、基本的な仕組みはiサイクル2取引と全く同じです。

トラッキングトレードは、相場の変動幅が変わってもリピート型注文を続ける
トラッキングトレードの例

外為オンライン同様、ランキングから選択するだけでの発注も可能です。

外為オンラインとの違いはスプレッド、スワップポイント、通貨ペア数です。
とくにスプレッドに関しては、外為オンラインよりも狭い水準なので有利です。

一方でスワップポイントは外為オンラインの方が高く、FXブロードネットで用意されている高金利通貨は南アフリカランド/円で、メキシコペソ/円とトルコリラ/円には対応していません。

メジャー通貨ペアでリピート系注文を考えているなら、低スプレッドで取引できるFXブロードネットがおすすめです。

  • iサイクル2取引と全く同じ仕組みで、ランキングから発注も可能
  • 異なる点はプラットフォーム、スプレッド、スワップポイントの3つ
  • インストール版チャートはテクニカル指標が多いので、分析派の方におすすめ
  • 新規ユーザーは90日間、取引手数料が無料となるキャンペーンを開催中
  • 既存ユーザーも、片道手数料が半額となる半額キャンペーン中
得意な相場局面トレンド相場
レンジ相場
得意な取引期間中長期向き
最低証拠金の目安30万円〜
取引ツールPC
スマートフォン(ブラウザ)
スプレッド★★★★★
スワップポイント★★★☆☆

こちらから無料でFXブロードネットの口座開設ができます!

関連記事

FXの世界では、値動きの70%がレンジ相場といわれています。老若男女に人気のFX投資ですが、FXでもっとも難しいのは「売買のタイミング」といっても過言ではありませ[…]

自動で簡単!トラッキングトレード

インヴァスト証券「トライオートFX」

取引ツールの開発力で定評のあるインヴァスト証券だけに、後発ではあるもののトライオートFXは独自色の強いサービスです。

トライオートFXの優れている点は、操作しやすい取引画面、取引量が増えるほど低コストであることです。

トライオートFXの自動売買セレクト
トライオートFXの自動売買セレクト

トライオートFXでは「レンジ内での単純な売買」ではなく、「一部がリスクをヘッジしたり、大きな利益を狙う子注文」のロジックが複数用意されており、通貨ペア分散も組み込まれているため、他社よりも高度な組み合わせの設計となっているのがポイント。

パッケージ化されたシステムを選ぶだけで稼働できる明快さも、トライオートFXの魅力です。

  • トライオートFXはリピート系注文を「自動売買セレクト」でパッケージ化させたシステムを採用
  • 米ドル/円*1原則固定と、スプレッドが狭い
  • 通常の裁量取引(マニュアル注文)にも対応
  • スマートフォン専用アプリに対応し、使い勝手・操作性がよい
  • スマホアプリ上でも好成績ランキングの閲覧・設定が可能
  • 取引手数料は1,000通貨あたり、1万通貨未満は片道/20円、1万通貨以上は片道/10円、10万通貨以上は片道/5円、50万通貨以上は無料となっており、枚数が増えるほどお得
得意な相場局面トレンド相場
レンジ相場
得意な取引期間中長期向き
最低証拠金の目安30万円〜
取引ツールPC
スマートフォンアプリ
スプレッド★★★★★
スワップポイント★★★☆☆
関連記事

インヴァスト証券「トライオートFX」 インヴァスト証券の主軸サービスとなるトライオートFX! 数あるリピート系FXにおいて業界最狭水準のス[…]

インヴァスト証券 トライオートFX|選ぶだけの自動売買FX

こちらから無料でインヴァスト証券「トライオートFX」の口座開設ができます!

マネックス証券「オートレール」

マネックス証券のオートレールは、取引手数料が完全無料のリピート系注文です。
そのためスプレッド以外のコストが一切かからないのが、オートレールの魅力です。

またレンジ相場にも対応しますが、トレンド相場において最大効力を発揮する設計が、他社との大きな違いです。

オートレールはトレンド相場との相性がいい注文だが、レンジ相場にも対応する

他社の一般的なリピート系注文は、上昇と判断して発注した場合は下落局面で注文が約定するため、最初に含み損を抱える設計となっています。

対してオートレールの場合は、トレンド方向にトラップを仕掛けて注文が入っていくため、最初に含み損とならないリピート系注文です。

決済トレールによりトレンドが出るほど利益となるため、対ユーロや対ポンドといったトレンドが出やすい通貨ペアと相性と抜群な注文方法となっています。

  • 取引手数料は取引数量に関わらず、1,000通貨でも10,000通貨でも完全無料!
  • トレンド相場、レンジ相場どちらにも対応
  • ストップロス機能を搭載しているので、損失額に制限をかけられる
  • トレンド方向にトラップを仕掛け、トレール注文で決済する仕組み
得意な相場局面トレンド相場
レンジ相場
得意な取引期間中長期向き
最低証拠金の目安30万円〜
取引ツールPC
スマートフォンアプリ
スプレッド★★★★★
スワップポイント★★★☆☆

こちらから無料でマネックス証券の口座開設ができます!

関連記事

マネックス証券「FX PLUS」 「FX PLUS」はマネックス証券のFX口座! リピート系注文に対応し「オートレール」はトレンド相場と相[…]

カンタン・カシコイ自動発注 オートレール

アイネット証券「ループイフダン」

始めやすいリピート系注文で人気を得ているのが、アイネット証券のループイフダンです。

2021年度(4月1日~翌3月31日)のデータでは、1年間で1口座あたり平均で11万円増加した実績があり、ループイフダンは高いパフォーマンスを発揮していることが分かります。

アイネット証券のループイフダンランキング
アイネット証券のループイフダンランキング

自己資金の範囲で、過去期間からシミュレーションした好成績のランキングを閲覧でき、同じ設定で発注できるので、発注はかんたんです。

外為オンライン、FXブロードネットと同じISグループのFX業者で、取引プラットフォームの使いやすさにおいて定評を得ています。

  • 2021年度は、1口座あたり平均11万円増えた実績がある
  • 20通貨ペアがループイフダンに対応
  • 通貨ペア、損切り設定、取引数量、最大ポジション数を決めるだけで発注できる
  • ループイフダンランキングから同じ設定で可能
  • レンジ相場に強いが、上昇や下落の動きにも対応する
  • インストール版チャートはテクニカル指標が44種類とかなり豊富
  • 取引手数料は完全無料で、かかるコストはスプレッドのみ
得意な相場局面トレンド相場
レンジ相場
得意な取引期間中長期向き
最低証拠金の目安30万円〜
取引ツールPC
スマートフォン(ブラウザ)
スプレッド★★☆☆☆
スワップポイント★★★★★

こちらから無料でアイネット証券の口座開設ができます!

関連記事

アイネット証券 裁量FX、ループイフダンと選べる2つの口座を用意。 アイネット証券のループイフダンは大人気のリピート系注文! ループ[…]

アイネット証券|放っておくだけでFX運用!? FX初心者向け自動売買ツール ループイフダン

ひまわり証券「ループ・イフダン」

アイネット証券と同じくISグループのFX業者だけあって、取引システムはアイネット証券のループイフダンと基本的に同一設計です。

ひまわり証券のループイフダンランキング
ひまわり証券のループイフダンランキング

アイネット証券のループイフダンとの大きなの違いは、通貨ペア数とスワップポイントです。

ひまわり証券のループ・イフダン口座では、アイネット証券の20通貨ペアよりも多い24通貨ペアが対応しています。

2社のスプレッドは同一水準ですが、スワップポイントはアイネット証券の方が高いので、対円通貨ペアを買いで保有するならアイネット証券の方が優れています。

しかし、ひまわり証券ならではの魅力が、会員限定の未来予想ツール「さきどりテクニカル」を使うことができる点です。

さらにひまわり証券は情報力が抜群に多いので、情報収集したり学びやすい環境が整っています。

基本スペック・通貨ペア数重視ならアイネット証券、情報力など総合力重視ならひまわり証券がおすすめです。

  • 基本はアイネット証券のループイフダンと同じシステムが採用されている
  • ループイフダン口座に対応しているのは米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドル
  • ループイフダンランキングから同じ設定で可能
  • 会員限定の未来予想チャート「さきどりテクニカル」を利用可能
  • 抜群に情報力が多く、ループ・イフダンに関する分析テクニックやレポートが充実している
得意な相場局面トレンド相場
レンジ相場
得意な取引期間中長期向き
最低証拠金の目安30万円〜
取引ツールPC
スマートフォン(ブラウザ)
スプレッド★★☆☆☆
スワップポイント★★★★★

こちらから無料でひまわり証券の口座開設ができます!

関連記事

ひまわり証券 日本で初めてFXサービスを開始した会社! 通常の裁量取引と、リピート系FX口座の2つを提供。 リピート系提供業者におい[…]

ひまわり証券 ループ・イフダン|手放しだけど手放せないFX

マネースクエア「トラリピ」

リピート系注文において国内初サービスとなるトラリピは、リピート系注文の元祖であり代表的な存在です。

トラリピでは買い、売りが自動でくり返される仕組み
トラリピの仕組み

「トラップリピートイフダン」の取引手数料は完全無料ですので、この機会に始めてみてはいかがでしょうか。

  • 狙った値幅のなかで、複数の注文を仕掛ける仕組み
  • 一定の値幅から相場が外れると注文が出なくなるので、レンジ相場に強い
  • 「IFD注文」の連続が基本形で、手動でストップロスとトレール機能を付加可能
  • 高金利通貨、トルコリラ/円の取引ができる
  • スマートフォン専用アプリに完全対応
  • スプレッドは変動制で、米ドル/円でおおよそ2銭〜4銭が目安
  • 取引ツールや注文が充実していて、情報量も圧倒的に多いのでメリットが多い

こちらから無料でマネースクエアの口座開設ができます!

関連記事

マネースクエア「トラリピ」 「トラリピ」は国内初リリースとなった、元祖リピート系注文! かんたん設定で、注文を自動で繰り返し利益を追求する[…]

FXの面倒を特許取得数No.1 トラリピで解決します!|マネースクエア

マネーパートナーズ「連続予約注文」

マネーパートナーズの連続予約注文は、最低2回〜20回の連続した注文を手入力で発注するリピート系注文です。

裁量取引ベースなのでマニュアル発注する手間がかかるものの、例えば20回の連続予約注文であっても必要証拠金は1注文分です。
さらに100通貨からリピート系注文が行えるため、2〜3万円程度の少額からでも始めやすい設計となっています。

マネパの連続予約注文は証拠金は1回分のみ

少ない証拠金で始められて低コストですが、注文に手間がかかるので中級以上のリピート系トレーダー向き設計となっています。

  • 自分自身ですべて設定するタイプのリピート系注文
  • トラリピのように想定レンジで一方向の収益を狙うやり方から、レンジの天底でドテン狙いまで対応
  • IF-DONE注文、IFD-OCO注文の連続なので、1注文ごとにストップ注文の設定が可能
  • 20回の連続注文でも証拠金の拘束は1回分で済む
  • 100通貨の取引でも取引手数料は無料
  • 取引ツールはPCブラウザ版、スマートフォンアプリ(iPhone/Android)、スマートフォンブラウザ版に対応
  • 低コストである反面、手動で注文設定するため他社よりも注文に手間がかかるのがデメリット
関連記事

マネーパートナーズ マネパは2つのFXサービスを提供! 「パートナーズFX」は約定力が強み! 「パートナーズFX nano」は100[…]

マネーパートナーズ|米ドル/円など人気4通貨ペア 業界最狭のスプレッド0.0銭!

みんなのシストレ「みんなのリピート注文」

みんなのシストレはトレイダーズ証券の自動売買サービスです。
みんなのシストレ内ではひとつのサービスとして、リピート系注文「みんなのリピート注文」が提供されています。

上昇予想なら「買い」のストラテジー、下落予想なら「売り」のストラテジーがあり、20pipsごとに発注され、30pipsの利益で決済となるロジックです。
損切りは自分自身で手動で行う必要があるものの、高スワップポイントであるトルコリラ/円を為替差益、金利差益の両方を自動で狙うことができます。

スワップ収益もコツコツ貯まる!トルコリラ/円の買いリピート注文

【TRYJPY】みんなのリピート注文_買 概要

  • リピート系注文対応のシストレで、多くの通貨ペアが対応
  • 「買い」「売り」どちらもOK
  • 買いで相場が上昇すれば為替差益、スワップポイントどちらの受け取りもできる
  • 3クリックだけで、選ぶだけでかんたんに取引できる
  • 1,000通貨対応、最小3万円程度で始められる
  • 損切り注文は出さないため、損切りは手動で決済する必要がある
  • 取引手数料は完全無料

こちらから無料でみんなのシストレの口座開設ができます!

関連記事

トレイダーズ証券「みんなのシストレ」 優秀なストラテジーを選ぶだけ!手間をかけずにシストレでお任せ。 ランキングから高収益・高勝率ストラテ[…]

みんなのシストレ|優秀なトレーダーをフォローして始める SNS感覚の画面で本格システムトレード

主要なリピート系FXを総コストで比較

結局のところ、リピート系注文ってどのくらい手数料がかかるのか、気になる方は多いと思います。

そこで、各社のスプレッドと取引手数料の合計を計算してみました。

取引数量が1,000通貨(0.1Lot)の場合

スプレッドコストは各社の米ドル/円スプレッド(銭)× 1,000(通貨)で計算しています。

FX会社名スプレッド
コスト
新規注文
手数料
決済注文
手数料
総コスト低コスト
ランキング
外為オンラインFX10円20円*無料30円5位
トラッキングトレード3円20円*無料23円4位
トライオートFX3円20円20円43円7位
FX PLUS2円無料無料2円1位
ループイフダン20円無料無料20円3位
ループ・イフダン20円無料無料20円3位
トラリピ40円無料無料40円6位
みんなのシストレ19円無料無料19円2位

※インヴァスト証券のトライオートFXは原則固定(例外あり)スプレッドを配信していないため、記事更新日時点の参考スプレッドを記載しています。

外為オンラインとFXブロードネットは、キャンペーンにより決済手数料が無料となっていますが、キャンペーンは長期間延長が続いているため、実質的には片道分のコストしか発生していません。

取引数量が10,000通貨(1Lot)の場合

こちらもスプレッドコストは米ドル/円で計算しています。

※インヴァスト証券のみ、10,000通貨未満、10,000通貨以上で新規・決済手数料が異なります。

FX会社名スプレッド
コスト
新規注文
手数料
決済注文
手数料
総コスト低コスト
ランキング
外為オンラインFX100円200円*無料300円5位
トラッキングトレード30円200円*無料230円4位
トライオートFX30円100円100円230円4位
FX PLUS20円無料無料20円1位
ループイフダン200円無料無料200円3位
ループ・イフダン200円無料無料200円3位
トラリピ400円無料無料400円6位
みんなのシストレ190円無料無料190円2位

※インヴァスト証券のトライオートFXは原則固定(例外あり)スプレッドを配信していないため、記事更新日時点の参考スプレッドを記載しています。

こうして1万通貨でみると、1本の注文で10pips(1,000円)の利益を狙うとしたとき、トータルでコストが4割ほどかかるケースもあり、コストが利益を圧迫してしまうことが分かりますね。

手数料で選ぶならココがおすすめ!

総コストでおすすめなFX業者はこちらです。

取引手数料が有利|マネックス証券「FX PLUS・オートレール」

カンタン・カシコイ自動発注 オートレール

レンジ相場もトレンド相場もかんたん設定で、自動で利益の追求をしたい方にオススメ!

オートレールは取引数量に関わらず、取引手数料は完全無料+低スプレッドによる「売買手数料の安さ」が最大の特徴です。

的確に損切りをしつつ、トレンド方向にトラップを仕掛けてエントリーしていき、決済トレールでトレンドを追いかける「異色のトレンド型リピート系注文」です。
トレンド方向にエントリーしていくので、最初に含み損を抱えないリピート系注文であることも大きな違いです。

そのため、ユーロやポンドといったトレンドが出やすい通貨と相性が良いので、オートレールはレンジ相場よりも「トレンド相場を探すこと」がポイントです。

低コストでトレンド系のリピート系注文をするなら、マネックス証券のオートレールがおすすめ!

こちらから無料でマネックス証券の口座開設ができます!

低コストでかんたん!トレイダーズ証券「みんなのシストレ」

優秀なトレーダーをフォローして始める SNS感覚の画面で本格システムトレード

みんなのシストレの取引手数料は完全無料で、スプレッド以外の費用は発生しません。

ランキングから優秀なトレーダーを選ぶだけで取引を始められる「わかりやすさ」も特徴です。

リピート系注文のシステムには全13通貨ペアが対応しており、米ドル/円、ユーロ/円といったメジャー通貨ペアだけではなく、トルコリラ/円、メキシコペソ/円なども用意されており、高金利通貨でも1,000通貨からスタートできる魅力を備えています。

低コスト&かんたんシステムでリピート系注文に挑戦するなら、みんなのシストレをご検討ください。

こちらから無料でみんなのシストレの口座開設ができます!

手数料込みのスプレッド!アイネット証券「ループイフダン」

アイネット証券|放っておくだけでFX運用!? FX初心者向け自動売買ツール ループイフダン

アイネット証券のループイフダンは、取引量に関わらず取引手数料は完全無料です。

通常口座よりもループイフダン口座の方がスプレッドは広いケースもありますが、これは手数料として上乗せされている仕組みです。
つまり「手数料込みのスプレッド」というシステムを採用しています。

なおループイフダンはひまわり証券でも提供されていますが、アイネット証券の方が「通貨ペアが多い」「スワップポイントが高い」「損切り設定を選べる」のが大きな違いです。

リピート系注文の代名詞ともいえるループイフダンを始めるなら、アイネット証券がおすすめです。

こちらから無料でアイネット証券の口座開設ができます!

 

優秀な戦略で選ぶならココがおすすめ!

総コストでおすすめなFX業者はこちらです。

自動で利益を狙える!外為オンライン「iサイクル2取引」

外為オンライン|新規取引口座開設でキャッシュバック最大150,000円

iサイクル2取引は、通常のFXとシストレの間に位置する、ハイブリッドな自動注文です。
レンジ相場、トレンド相場どちらにも対応し、さらに上昇トレンド・下降トレンドを自動判別して注文を行ってくれるため、手間をかけずに利益を狙っていくことができます。

初心者のみならず、毎日コツコツと利益の追求目指すなら利用価値は大いにあるでしょう。

新規口座開設者は、取引数量の制限なく、最初の90日間は取引手数料が無料となるキャンペーンを開催しているため、継続的に収益化できるか最初の3ヶ月で検討してみてはいかがでしょうか。

すでに口座開設済みの方も、片道分が無料となるキャンペーンが開催中ですので、リピート系注文を始めるなら、取引手数料がキャンペーンで有利な外為オンラインがおすすめです。

\ 新規口座開設者は、iサイクル2取引の手数料が90日間無料キャンペーンを実施中! /

外為オンライン「iサイクル2取引」新規口座開設者向け手数料無料キャンペーン

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

高成績のプログラムを選ぶだけ!トライオートFX

インヴァスト証券 トライオートFX|選ぶだけの自動売買FX

トライオートFXでは優秀なプログラムが豊富に揃っており、好成績のプログラムを選ぶだけで、かんたんに自動売買を行うことができます。

カスタマイズ性も高く、かんたん操作でオリジナルのプログラムを作成することも可能です。

スマートフォンアプリの完成度も高く、アプリだけで自動売買をすべて完結できる、操作性に優れたユーザーインターフェイスも魅力です。

通貨ペアごとの異なる動きに着目して分散投資ができるハイブリッド、レンジの中心で細かく利益を狙いつつレンジ外で大きな利益を狙うコアレンジャーなど、リピート系注文の売買条件が豊富に用意されているため、相場や戦略に合わせたプログラムを選ぶことができます。

手間をかけずに優秀なプログラムでリピート系注文を行うなら、インヴァスト証券をご検討ください。

こちらから無料でインヴァスト証券「トライオートFX」の口座開設ができます!

FXのリピート系注文機能を徹底比較!【まとめ】

リピート系注文は裁量トレードよりも初期費用が必要ですが、裁量トレードよりも収益化しやすいことが、アイネット証券など各社の顧客取引データから明らかになっています。

何よりも自動でお任せできることは、普段忙しい会社員にとって大きなメリットといえるでしょう。

各FX業者ではサポート体制が整っていますので、不明点があればサポートセンターへ気軽にお問い合わせができます。
まずは外為オンラインやみんなのシストレなど、分かりやすい仕組みを採用する業者でお試ししてみてはいかがでしょうか。

取引ツール別にリピート系注文などの自動売買を比較するなら、こちらの記事も合わせてどうぞ。

関連記事

『トレードになかなか時間がとれない』『損切りが苦手』『トレードが下手だから、自動ですべてのトレードをお任せしたい』こんな方に適しているのが、自動売買です。[…]

FXの自動売買を比較
関連記事

スマホアプリで自動売買をするにあたり、失敗しないアプリの選び方を伝授します。まずFXには、2種類の売買手法があります。FX2つの売買手法 裁量取[…]

スマホアプリで自動売買

リピート系注文のよくあるご質問

リピート系注文で気になるコトをまとめました。

リピート系注文とはどんな注文ですか?

上下一定範囲に複数の注文を仕掛け、一定の利益で利食いする売買を何度も繰り返す仕組みの注文方法です。
注文をストップさせるまで稼働し続けることから自動売買の一種となります。

各社によって設計が異なり、約10社がリピート系注文のシステムを提供しています。

リピート系注文に向くのはどんなタイプですか?

リピート系注文は設定に従って利益を狙いながら自動で損切りしてくれるので、裁量取引でなかなか損切りできずに困っている方と相性がいいです。

発注の仕組みもかんたんなので、これからFXにチャレンジしたい初心者にもおすすめです。

中長期にかけてコツコツと利益を積み重ねる設計のため、安定的な収益を狙うトレーダーにも人気を得ています。

リピート系注文の注意点は何ですか?

相場をピンポイントではなく面で狙っていくスタンスですので、「どれくらいの変動幅で、1注文あたりどれくらいのpipsで利食いするか」が重要となってきます。

短期的な値動きに翻弄されないためには、中長期の視点で相場を見ていくことも重要です。

裁量取引に比べると注文本数が多くなるため、予想した反対方向に大きく動くと損失を抱えやすため、適切に損切りを入れておくようにしてください。

リピート系注文の必要資金を教えてください

各FX業者のリピート系注文向け口座では、全社が最小1,000通貨からの取引に対応しています。

1本あたりの注文が1,000通貨だとしても、注文本数が10本なら合計1万通貨、30本なら3万通貨となります。

ベースとなるIFD注文の設計上、注文約定後に含み損を抱えてから利益になる仕組みなので、ロスカットされない余裕のある証拠金で取引を始めるようにしてください。

最低でも30万円、余裕があるなら50万円から始めるのがおすすめです。

どの業者でリピート系注文をするのがいいですか?

各社によって良し悪しが異なるため一概にも言えません。

まずは外為オンライン系(外為オンラインFXブロードネット)、ループイフダン系(アイネット証券ひまわり証券)、マネースクエア、インヴァスト証券(トライオートFX)の4グループが王道です。

このほかマネックス証券のオートレールは低コストが魅力で、みんなのシストレはリピート系注文以外にも多彩なシストレを取り扱っています。

かんたんさなら、外為オンラインかインヴァスト証券がおすすめです。

リピート系注文のメリット・デメリットを教えてください

メリットは以下です。

  • 相場をピンポイントで狙うのではなく、一定範囲を予測するため、細かい値動きに一喜一憂しなくてよい。
  • 相場が上下どのくらい動くかを予測するので、チャート分析のハードルが低い。
  • トレードで時間に拘束されることがなく、精神的な負担が軽い。

デメリットは以下です。

  • 裁量取引よりもスプレッド(取引コスト)がかかりやすい傾向にある。
  • 注文本数が多いほど、初期費用が必要になりやすい。
  • 中長期目線になるほど、相場急変に対応しにくい。

長所、短所をしっかり理解して始めるようにしましょう。