約定力が強みのマネーパートナーズ!nano口座との違いから長所/短所まで解説!

マネーパートナーズ
スプレッド業界最狭水準米ドル/円0.3銭|マネーパートナーズ
  • マネパは2つのFXサービスを提供!
  • 「パートナーズFX」は低スプレッドでスリッページ、約定拒否なし!
  • 「パートナーズFX nano」は100通貨対応!約100円から取引できる初心者向け口座!
  • 口座解説すれば、値動き予測ツール「かんたんトレナビ」を無料で利用可能。
  • リピート系「連続予約注文」は入力に手間がかかるが、低コストが魅力。

低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ

*1 スプレッドと基本情報
米ドル/円米ドル/円ユーロ/円ユーロ/円ポンド/円英ポンド/円豪ドル/円豪ドル/円ユーロ/米ドルユーロ/米ドル
0.3銭原則固定0.4銭原則固定0.9銭原則固定0.6銭原則固定0.3pips原則固定
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座取引ツール
100
通貨単位
指定なし20
通貨ペア
Windows Mac
iPhone iPad Android
マネーパートナーズの口座開設キャンペーン情報

2020年2月29日(土)までのキャンペーン期間中に新規口座開設し、キャンペーンに申し込みし、期間中に10万円以上の入金で書籍「投資のメソッド」をプレゼント!

こちらから無料でマネーパートナーズの口座開設ができます!

*1 パートナーズFXのスプレッドを記載。

マネーパートナーズのFX口座「パートナーズFXnano」は100通貨対応により、「100円」から取引ができます。
重要指標発表時などの相場急変時でも、狙ったタイミングでスベらずに約定する「約定力」もマネパの特徴です。

インストール不要のPC・タブレット取引システムは、初心者でも操作に迷うことなく、かんたん操作で使えるのもポイント。FXに不慣れな方でもワンクリックでかんたん発注できます。
売買シグナルを確認したり、将来のレート予測をチェックできる、分析補助ツールのかんたんトレナビの利用も可能。

スプレッドの狭さに加えて、スワップポイントも通貨ペアによっては高水準なので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
超少額から、お試し感覚でFXを始めたいならマネパをご検討ください。

マネーパートナーズの特徴

安心と信頼のマネーパートナーズ

今でこそ株取引、CFD取引もできるマネーパートナーズですが、もともとはFX専業としてスタートした会社です。
2013年には、FX専業として親会社が初めて東証一部上場を果たす快挙となりました。

今日では当たり前となった手数料無料ですが、実は業界で初めて手数料を完全無料化した会社がマネーパートナーズなのです。
『外為を誠実に。FIRST』のキャッチコピーを掲げることからも、新しいことへのチャレンジ精神が企業理念として伝わってきます。

こういった背景もあり、近年では人気のサービスとなるリピート系注文機能「連続予約注文」をリリースするなど、新しいサービスにも積極的であることがマネーパートナーズの特徴なのです。

高評価の実績

日々お客様目線で取り組む姿勢が評価され、各種調査では好ましい結果を得ています。

3年連続!オリコン顧客満足度ランキング「FX取引」総合1位

2019年 オリコン顧客満足度調査 FX取引 総合1位

オリコン顧客満足度ランキングのFX取引部門では、41社を対象に調査を行い、2,191名の回答を得ています。これは、よりよいサービス提供に繋げるために、実際の利用者の声が反映されてランキング化される、という取り組みが行われています。

「取引手数料」「通貨ペア・発注方法」「分析ツール」「提供情報」「問い合わせ」「取引のしやすさ」「システムの安定性」7項目において高評価となったマネーパートナーズは、3年連続で第1位を獲得しました。

約定力は10年連続でNo.1!

約定力10年連続No.1の実績!各種取引手数料も無料!

矢野経済研究所の調査では、主要FX会社7社を対象に約定力の調査が行われ、調査結果では、マネーパートナーズの「パートナーズFX」はスリッページ発生率0%、約定拒否0件ともっとも高いパフォーマンスを見せる運びとなりました。

約定力は10年連続でNo.1の獲得となり、すべらずに注文がしっかり通る環境であることが実証されています。

FXは2つのコースが用意されている

選べる2つのFX

マネーパートナーズでは最小取引単位の異なるコースが用意されています。それぞれざっくり分けると、このような違いがあります。

パートナーズFXnano違いパートナーズFX
100通貨取引単位10,000通貨
約400円最低必要額
(米ドル/円)
約4万円
10万通貨最大発注
(1取引)
200万/300万通貨
(通貨ペア毎)
18通貨ペア通貨ペア20通貨ペア

FXの練習用に!「パートナーズFXnano」

100円からできる本格的な外貨投資がパートナーズnano

パートナーズFXnano[100nano]の特徴

  • 少額取引ができる。
  • パートナーズFXよりもスワップポイントが高い。

パートナーズFXnanoは、最小が100通貨単位としてはFX業界で唯一の口座です。

パートナーズFXnanoは100円から始められる

通常の10,000通貨の1/100の金額で始められるので、デモ取引感覚でFXを始めてみたい方向きなサービスとなっています。

nanoのスワップポイントは最高水準の高さ

スワップポイントの高さは、2つのコースごとに異なります。各コースのスワップポイントをご覧ください。

パートナーズFXのスワップポイント
パートナーズFXのスワップポイント(データ取得日:2019年1月25日)
パートナーズFXnanoのスワップポイント
パートナーズFXnanoのスワップポイント(データ取得日:2019年1月25日)

パートナーズFXnanoは100通貨あたりのスワップポイントですので、100倍にすればパートナーズFXと同Lot数の値に換算できます。

正直、パートナーズFXのスワップポイントは平均的ですが、パートナーズFXnanoの方は業界最高水準となっています。
パートナーズFXnanoはパートナーズFXよりもスプレッドは不利ですが、1,000通貨、10,000通貨といった取引も可能なので、スワップ狙いならパートナーズFXnano口座を使いましょう。

初心者〜上級者まで対応!「パートナーズFX」

パートナーズFXのポイント

パートナーズFX[1000PFX]の特徴

  • パートナーズFXnanoより低スプレッド。
  • スリッページ、約定拒否なし。
  • 高機能ツールが利用可。

低スプレッド・高約定力が魅力

パートナーズFX口座の特徴が低スプレッドであり、約定力が高い点です。
米ドル/円のスプレッドは0.3銭原則固定と業界最狭水準であり、スリップせずにしっかり約定するのが魅力です。

他の通貨ペアにおいても、パートナーズFXnanoよりパートナーズFXの方が、有利なスプレッドで提供されています。

パートナーズFXnanoスプレッドパートナーズFX
0.4銭米ドル/円0.3銭
0.7銭ユーロ/円0.4銭
0.9銭豪ドル/円0.6銭
0.8pipsユーロ/米ドル0.3pips
1.2銭ポンド/円0.9銭
1.8銭NZドル/円2.0銭

※上記はコアタイム(8:00~28:00)原則固定スプレッド

また高機能取引ツール「HyperSpeed NEXT」を利用できることも、パートナーズFX口座の特徴です。

リピート系!「連続予約注文」

マネパのリピート系注文は、取引手数料において他社より優位な条件が魅力です。

  • 取引手数料が一切かからない。
  • PCだけではなく、スマートフォンアプリからも発注できる。

手数料無料の連続予約注文

基本的にどの業者でもリピート系は手数料がかかるため、「取引手数料無料」は大きな差別化ポイントとなります。
そのかわりグラフでシミュレーションする機能などがありませんので、やや玄人向けかも知れません。

リピート系注文にある程度慣れ親しんだ方でしたら、マネパを使えば手数料を大幅にカットすることができるでしょう。
なおパートナーズFXnano、パートナーズFXどちらも連続予約注文に対応しています。

マネパの取引ツール

それではマネーパートナーズの取引ツールをご紹介します。
FX業界ではどんなデバイスからでも取引できるのが主流ですが、マネパも同様です。

あいにくタブレットアプリには対応していませんが、クイック発注ボードならiPadなどでも取引可能となっています。

ブラウザ版「クイック発注ボード」

ブラウザ版のクイック発注ボードは、1画面で完結するシンプルな取引画面となっています。

マネーパートナーズの取引画面
ブラウザ版取引ツールの「クイック発注ボード」

無駄を省いた画面構成となっていることからも、初心者にも操作しやすいツールとなっています。

高機能インストール版

インストール版の取引ツール「HyperSpeed NEXT」は、自動売買もできる高機能取引ツールです。

自動売買に対応するHyperSpeed NEXT
インストール版「HyperSpeed NEXT」

主要テクニカル指標の売買シグナルをチャートに表示させたり、それを実際にチャートでバックテストを行い、自動売買として動かすことも可能となっています。
自動売買する予定がない方であっても、チャートはブラウザ版よりも揃っているので分析主体で使うのもおすすめです。

かんたんトレナビ

かんたんトレナビは、未来の値動きを自動予測するチャートと、テクニカル指標の売買タイミングをチャート上で確認できる、無料のチャート分析補助ツールです。

値動き予測ツールの「かんたんトレナビ」
値動き予測ツールの「かんたんトレナビ」

他社にも類似ツールがありますが、かんたんトレナビは金・銀に対応し、なおかつトレンド継続中のローソク本数が表されることが特徴です。
口座開設すれば無料で利用でき、PC、スマートフォンどちらからでも閲覧ができます。

⇒かんたんトレナビ

スマートフォンアプリ「HyperSpeed Touch」

マネパのスマートフォンアプリHyperSpeed Touchは、iPhone/Androidどちらも対応しています。

HyperSpeed Touchからでもスプレッドはそのままに、リピート系「連続予約注文」を手数料無料で発注が可能です。

iPhoneアプリのマーケット画面
マーケット画面
iPhoneアプリのストリーミング注文
ストリーミング注文

新規発注時に指定pips幅で決済注文(利食い・損切り)をあらかじめ発注できますので、損失リスクを抑えながら利益の追求もできます。

またアプリ経由のブラウザでかんたんトレナビを起動させて、売買シグナルを確認することも可能です。

さまざまなサービスを展開している

マネーパートナーズは顧客が便利なサービスを受けられるように多くのサービスを展開しています。

Amazon Echoならハンズフリーでレートチェック

Amazon Alexa対応SKILLで、マネパの配信レートをチェックすることができます。

Amazon Alexa対応SKILL

使い方はかんたんで、AmazonのAlexaスキルストアから「マネパレート」を有効化するだけ。
「アレクサ、マネパレートを開いて。」「ドル/円は?」と呼びかけるだけで、手を使わずにレートを知ることができます。

CFD(金・銀)取引ができる

FX口座を開設後、CFD口座も開設することで金、銀の取引もできます。

マネパの「金」取引

クイック発注ボードの分かりやすい取引画面で売買できることも特徴となっています。

⇒マネーパートナーズ「CFD-Metals」

代用有価証券サービス

代用有価証券サービスを利用することで、株券のみでFX取引が可能です。

株よ、FXの世界へ旅立とう!

マネパで株を保有すれば、それをFXの証拠金として代用することができます。

株を売却せずに保有するため配当金の受け取りができつつ、FX取引で資金効率よく運用できるサービスとなっています。

マネパカード

マネパカードは外貨を事前にチャージしておけば、クレジットカード感覚で使える、年会費無料のプリペイドカードです。

クレジットカードに比べると、海外で使ったときの手数料は圧倒的に有利です。

マネパカードとクレジットカードを比較
マネパカードとクレジットカードを比較

さらに海外で使えるプリペイドカードの中では、手数料が日本最安となっています。

マネパカードと他社海外プリペイドカードを比較
マネパカードと他社海外プリペイドカードを比較

FX口座から米ドル以外もチャージできるマルチカレンシー対応となっており、マスターカードが使えるお店なカードを出すだけでかんたんに使えます。

外貨両替・受け取りサービス

日本最安 空港外貨受け取りサービス

10万円を米ドルに両替した場合の両替手数料(相当) 1米ドル/120円の場合
銀行
外貨ショップ
マネパの場合
約2,500円

約670円

(両替手数料相当額170円+
空港受取事務手数料500円)

海外旅行のときに銀行や外貨ショップで外貨両替するのではなく、マネパの外貨両替と空港受取サービスを使えば、10万円分を比較すれば約73%OFF、約1,800円もお得です!
マネパのFX口座を使って、有利なレートのときに外貨に替えておくことができ、国内主要4空港で受け取りが可能。マネパカードと併用すれば、快適に海外旅行を楽しむことができるサービスとなっています。

⇒銀行の外貨両替は高コスト!FXの現受け/コンバージョンは手数料が有利

マネーパートナーズのメリット・デメリット

ここまで特徴をご紹介しましたが、口座開設はメリットとデメリットをしっかり理解してから行いましょう。

マネーパートナーズのメリット
  • パートナーズFXnanoなら少ない元手で始められる。
  • スワップポイントは2口座で異なるため、用途に応じて使い分けが可能。
  • パートナーズFXは約定力があるので、必ず注文を執行させたいとき用に保有しておくと、いざという時にも便利。

ユーザーの評判では以下のような声も見られます。

マネーパートナーズのデメリット
  • 自負するだけあって約定力は確かに高い。しかしながら、相場急変時でもしっかり滑らずに約定するものの、変動が激しいときほどスプレッドが大きく拡大する。
  • 不満があるとすれば、(インストール版の)取引ツールが古臭くて使いにくい。

この点で言えば、スプレッドを気にするなら拡大しやすい相場急変時を外して取引する形が望ましいかも知れません。
取引ツールに関しては、ブラウザ版であればシンプルな操作性で取引できます。

この点で不備を感じないのであれば、超少額から取引できるメリットを大きく受け取れる業者だといえます。

マネーパートナーズの詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類FX
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
取引手数料無料
入金手数料クイック入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料無料
お取引開始までの期間お申込み後、最短1営業日
本人確認書類の提出方法Webアップロード、メール、FAX、郵送
マネーパートナーズの取引条件
最大レバレッジ個人口座:1〜25倍
法人口座:通貨ペアごとに毎週変動
ロスカット証拠金維持率が100%以下となった場合
取引時間米国標準時間:月曜日~土曜日AM7:00〜AM6:50
米国夏時間:月曜日~土曜日AM7:00〜AM5:50
最大注文数量1取引:10万通貨
1日:4,000万通貨
外貨入出金
外貨調達(受け渡し)
注文タイプASストリーミング / ストリーミング / 指値 / 逆指値 / IF-DONE / OCO / IF-OCO / 全決済 / 一括決済 / トレール / 成行(モバイルのみ) / 連続予約
チャートから発注
メールサービス経済指標アラート / 約定通知 / 注文不成立 / プレアラーム(証拠金維持率100%以下) / アラームコール(証拠金維持率70%以下) / ロスカット / 注文取消 / 全決済 / 追証発生 / 追証解消
取引ツール詳細Windowsブラウザ / Windows専用アプリ / Macブラウザ / Mac専用アプリ / Androidアプリ / Androidタブレットブラウザ / iPhoneアプリ / iPadブラウザ / docomo携帯 / au携帯 / Softbank携帯
デモトレード
売買シグナル
無料FXセミナー
会社情報
会社名株式会社マネーパートナーズ
登録番号関東財務局長(金商)第297号
所在地東京都港区六本木一丁目6番1号 泉ガーデンタワー16階
設立平成20年5月9日
資本金31億円(2019年3月31日現在)
口座数337,918(2019年10月)
自己資本規制比率394.3%(2019年10月末)
信託保全三井住友銀行
みずほ信託銀行

マネーパートナーズの特徴まとめ

  • 業界最小100通貨単位に対応!なんと「100円」からFXを始められる。
  • 約定力の高さは、FX業界トップクラス!
  • 高速「ストリーミング注文」により、狙ったタイミングを逃がすことなく発注ができる。
  • 任意のレートで外貨出金ができるので、海外旅行の際は銀行よりもお得。
  • 口座開設の審査が早く、最短で翌日から取引を始められる。

こちらから無料でマネーパートナーズの口座開設ができます!

2019年オリコン顧客満足度調査 FX取引3年連続総合第1位|マネーパートナーズ
最新情報をチェックしよう!