FXファンダメンタルズ分析と値動きへの影響要因について

チャート分析によって将来の値動きを予測するテクニカル分析と違い、それぞれの国が置かれた状況を総合的に判断して、先行きを予測する、というのがファンダメンタルズ分析です。

中長期の動向を形成するファンダメンタルズ要因は難しいことから、FXではテクニカルを重視するトレーダーが多いです。
しかしファンダメンタルズを知れば、より大きな流れを掴みやすくなることから、決して無視できない存在です。

こちらのページでは、主なファンダメンタルズ要因についてご紹介します。

ファンダメンタルズ的要因の種類

ファンダメンタルズ的要因は、例えば他国の置かれた状況によって、日本円の値動きに影響を与えますので、何が一概に影響を与えていると判断するのかが難しいとされています。

近年、為替相場のファンダメンタルズ要因としてもっとも大きな影響となっているのが、アメリカのトランプ大統領の発言です。
最近ではトランプ大統領のツイッター(@realDonaldTrump)が為替変動に影響することも多く、中国との覇権争いに注目が集まっています。

このように、さまざまな要因が値動きに影響を与えるファンダメンタルズですが、最初は何を判断材料にすればいいのか、分かりにくいところもありますよね。

そこで、ファンダメンタルズ分析で参考にしたい対象例をまとめました。

    • 金融政策(とくに政策金利の変更)
  • 経済指標による、景気の動向
  • 有事(戦争や紛争、内戦、災害など)
  • 要人発言(各国政府など重要人物の発言)
  • 経済に関わるさまざまなニュース
  • 石油価格、金価格の変動
  • 各国の総選挙
  • 株式市場の動向
  • 大企業のM&A

経済指標発表時は、大きく為替が変動

上のリストの中で、最も身近に為替が変動するタイミングに、経済指標が挙げられます。
経済指標とは、経済状況を構成する要因(物価、金利、景気、貿易など)を数値化にしたもので、各国の公的な機関により、定期的に発表されています。

各FX会社の公式サイトでは、その指標の前回の結果や予測をもとに、発表前にどのくらいの見通しであるか予想値も発表されますので、参考にするといいでしょう。

全て当てはまるわけではありませんが、例えば、失業率の前回値が5%、今回の予想が4.5%で、予想通り4.5%となったとします。
失業率は低いほうが、その国の経済状況にとってはプラスとなりますので、この場合その通貨は買われやすくなります。

以下に、主要な米国の経済指標をまとめましたので、ファンダメンタルズ分析の要因として参考にしてみてください。

米国の主要経済指標発表時期発表時間
(日本時間)
重要度
ISM製造業景況指数毎月/第1営業日23:00★★
ISM非製造業景況指数毎月/第3営業日23:00★★
雇用統計毎月/第1金曜日21:30★★★★★
貿易収支毎月/上旬~中旬21:30★★★
小売売上高毎月/中旬21:30★★
生産者物価指数(PPI)毎月/中旬21:30★★
消費者物価指数(CPI)毎月/中旬21:30★★★
住宅着工件数
建設許可件数
毎月/中旬21:30★★
対米証券投資毎月/中旬22:00★★
中古住宅販売保留指数毎月/下旬23:00★★
GDP(国内総生産)4半期/毎月21:30★★★★
FOMC6週毎/火、水曜日25:30★★★★★
【その他】FRB議長議会証言2月、7月★★★★★

各国の経済指標はこちらのページで解説しています。

有事で買われやすい通貨

「有事の〇〇買い」で知られる通貨は以下です。

  • 有事のドル買い
  • 有事の円買い
  • 有事のスイスフラン買い

なにか有事が起こったときは、安全通貨の代表的な通貨が買われやすくなります。

日本円は長きに渡って安全資産の側面があり、永世中立国のスイスフランも同様に判断されています。

そして米ドルですが、基軸通貨の安定により、有事が発生したら流動性の高い米ドルを買おうとする動きで買われやすくなります。

そのときのパワーバランスで変わってきますが、有事でパニック相場が起これば米ドル、円、スイスフランのいずれかが買われやすくなるのは、過去を見ても明快です。

有事はないに越したことはないでしょうが、こういった局面のときは、対象となる通貨に対しこの3通貨ではどれが強いかに注目してみると、トレンドとなりうる通貨ペア探しに役立ちます。

政策金利は為替レートに大きな影響を与える

各国の金融政策は為替レートに影響を与えますが、そのなかでも大きな影響要因となるのが「政策金利」です。

景気が過熱してきたら、政策金利の引き上げ(利上げ)をして景気を冷まそうとします。
逆に景気が後退してきたら、政策金利の引き下げ(利下げ)を景気の失速を防ごうとします。

コロナショックとともに、各国が一斉に利下げを行ったことも記憶に新しいかも知れません。

とくに対円通貨ペアは基軸通貨国であるアメリカの動向に大きく影響されることから、アメリカの政策金利には注目していくのが得策です。

各国における政策金利の推移は、外為どっとコムのデータが分かりやすいです。

政策金利の金利発表日は事前にわかりますので、政策金利の動向に注目していくなら発表スケジュールをしっかり押さえておきましょう。

みんなのFXFXプライム byGMOGMOクリック証券DMM FXなどのスマートフォンアプリなら「米FOMC政策金利発表」「英BOE政策金利発表」のように、重要度の高い経済指標の発表前に通知させることもできます。

FXでファンダメンタルズ要因に着目するなら、経済指標がプッシュ通知に対応する業者で口座開設し、アプリが使える環境を整えておきましょう。

おすすめのFX業者

みんなのFX

トルコリラ/円、メキシコペソ/円など高金利通貨の最高水準スワップがみんなのFXの特徴!
長期的なスワップポイントの受け取りにイチオシの業者です。

スプレッドは業界最狭水準であり、約定率も高いので、デイトレードなど短期売買から中期売買にも向いています。1,000通貨単位から取引できますので、少額からスタートすることも可能です。

取引ツールには売買比率・価格分布(オープンオーダー)を搭載!どちらの方向でエントリーすればいいのか参考にするのもいいでしょう。
口座開設すれば、FX/シストレ/バイナリーオプション3つの取引ができるのも魅力。オンラインセミナー「みんなの金トレ」でFXを1から学べる環境が整っているのもポイントです。

みんなのFXの口座開設キャンペーン情報

2020年12月31日(木)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大50,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でみんなのFXの口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外貨」

安定性の高いサーバーと約定力100%により、FXプライム byGMOはデイトレードとの相性が抜群です。
またFX業界トップクラスを誇るマーケット情報は、中〜長期売買にも役立ちます。

強靭な取引システムとともに、1クリックで発注できる高速注文により、狙ったレートで必ず約定します。
値動きが激しいときでも抜群の約定力なので、雇用統計など相場急変時のトレードにもおすすめ。

高機能チャート「プライムチャート」は売買シグナルをチャート上で見られます。音声通知もできるので、チャンスを見逃すこともありません。
未来のレート予測分析ツール、ぱっと見テクニカルが利用できるのも魅力!チャート分析が苦手な初心者にも使いやすく、口座開設さえすれば無料で使うことができます。

FXプライム byGMOの口座開設キャンペーン情報

2020年10月1日(木)~2020年11月30日(月)取引終了時までに新規口座開設+取引条件達成で、最大505,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外貨」の口座開設ができます!

FXファンダメンタルズ分析と値動きへの影響要因について
最新情報をチェックしよう!