DMM FXはスキャルピング禁止?口座凍結されないためのポイントを解説!

DMM FXといえば、国内でも有数の人気を誇るFX業者です。

そしてFXのトレード手法といえば、積極的な利益を追求する「スキャルピング」も人気がありますね。

ネットで口コミを探すと、「DMM FXはスキャルピングできる」「スキャルピングで口座凍結された」と相反するどちらの声も見受けられます。
そのため、一体どちらが真実なのか、不安に思う方も少なくありません。

ですが実際のところ、DMM FXでスキャルピングを行うことは可能です。

そこで、DMM FXによる公式情報をまとめながら、DMM FXがスキャルピング向きである理由と、口座凍結されないためのポイントをご紹介します。

DMM FXはスキャルピングを禁止していない

FXではスキャルピングを禁止とする業者もありますが、DMM FXはトレード手法としてのスキャルピングを禁止していません。

その理由について見ていきましょう。

カスタマーサポートへのお問い合わせ結果

DMM FXではフリーダイヤルやメールでお問い合わせもできますが、もっとも手軽にお問い合わせできるのがLINE公式アカウントです。

実際にお問い合わせしたときのトークをご覧ください。

DMM FXはスキャルピング可能①
DMM FXはスキャルピング可能②

見てのとおり、『【DMM FX】では、スキャルピングの投資手法自体を禁止しておりませんので可能です。』と返信がありました。

つまり一般的なスキャルピングによって取引に制限がかかるなど、何らかの悪影響は考えにくいといえます。

秒スキャはできるのか?

しかしながら取引内容によっては「短期間での注文を繰り返し行う行為」に該当する可能がある、という部分が正直気になるポイントです。

スキャルピング自体は短期間で注文を繰り返す行為ですから、なにか矛盾しているように受け取れてしまいますよね。

そこで再度、LINE公式アカウントに『秒スキャしたら口座凍結されますか?』と質問した結果がこちらです。

DMM FXは秒スキャが可能

ご覧のとおり、約款の「短時間での注文を繰り返し行う行為」はシステムを使用した取引(自動売買)等を想定したもの、とのことでした。

DMM FXでは自動売買サービスを提供していませんので、何らかの不正な外部ソフト等を使った取引をすれば、確実にNGということです。

また「手動で行われるお取引においては、原則として問題ございません」と返信があるように、秒スキャで短時間の注文を繰り返しても問題ないことが確認できます。

DMM FXでスキャルピングできない声がある理由

TwitterなどのSNS、企業が運営する金融情報サイト、個人ブログなど、ネットで調べると「DMM FXはスキャルピングできない」と書かれているケースもあります。

これについて、FXクイックナビ運営者の見解は以下です。

  1. 過去に業界全体で締め付けが厳しい時期もあった
  2. DMM FXでスキャルピングできることを知らない
  3. 発信者が口座凍結を繰り返している可能性がある

過去に業界全体で締め付けが厳しい時期もあった

2010年〜2015年頃は、業界全体でスキャルピングを淘汰する流れがありました。

調べたところ、DMM FXの約款に「短時間での注文を繰り返し行う行為」が追加されたのは、2013年7月でした。
つまり、このタイミングで凍結となってしまったユーザーも多かったのかも知れません。

国内では2006年頃にFXの人気が出始め、2007年〜2013年頃に最初の大きなブームとなりました。
この頃は詐欺業者も多く、今と比べて業界のサービスがまだ整っていなかったことも事実です。

例えば「サーバーへの負担が大きかった」「カバー取引への影響が極めて大きかった」ことで凍結された可能性が考えられます。

DMM FXでスキャルピングできることを知らない

Twitterなどで「DMM FXはスキャルピング禁止」と誤った情報を発信する人もいます。

こういったツイートを鵜呑みにして、そもそも「DMM FXはスキャルピングできないんだな」と認識してしまっているケースも見受けられます。

発信者が口座凍結を繰り返している可能性がある

5chやTwitterで口座凍結となったユーザーを探すと出てきますが、こういったタイプの人は、複数業者で凍結となっている傾向にあります。

つまり口座凍結となった人は、色々な業者で「限度を超えたスキャルピング」を繰り返している可能性が高いといえます。

口座凍結されないための「3つ」のポイント

まずは、DMM FXの約款にある第7条の禁止事項をご覧ください。

第7条 (禁止事項)
1 お客様は、お客様が次の各号に定める行為を行ってはならないことに予め承諾することとします。なお、お客様の行為が当該禁止行為に該当するかどうかの判断は当社が行い、お客様は当社の判断に従うこととします。
(1) その方法を問わず、当社がサーバー上で提供する取引システム(ソフトウェアを含み、以下、「本取引システム」といいます。)を改変する行為
(2) FX取引を自動で行うソフトウェア又はシステム等(以下、「自動売買ソフト等」といいます。)、本取引システム以外のツール等を使用した取引、その疑いのある行為、若しくは本取引システムを改変したシステムまたは自動売買ソフト等の利用を他の顧客に勧誘する行為
(3) 過度な投機的取引を行う行為
(4) 本取引システムで通常実行できないような取引を行う行為
(5) 取引の如何に関わらず本取引システム又は本取引システムの運用に対して過大に負荷を強いる行為
(6) お客様と当社の間で交わされた電子メール、電話、書簡等の内容を当社の書面の同意を得ずに公開、複製、転載、再配布、販売する行為
(7) 当社の役職員(当社の関連会社並びに業務を委託している相手方の役職員を含む。)に対する暴言、恫喝、脅迫、虚言、誹謗中傷、名誉を毀損する言動、業務を妨害する行為
(8) 本取引システムの脆弱性、当社又はお客様の通信機器、通信回線、システム機器等若しくはインターネットの脆弱性、インターバンク市場等の混乱等を利用して不当に利益を得ようとする行為
(9) 短時間での注文を繰り返し行う行為
(10) 取引とは関係がないと思われる入出金を繰り返し行う行為
(11) 他人名義(家族名義を含む)で口座開設の申し込みを行うことまたは他人名義の口座を利用して取引を行うこと
(12) 前各号のほか、当社とお客様または他のお客様との円滑な取引に支障をきたす行為

引用元:店頭外国為替証拠金取引(DMM FX)約款

DMM FXに限らず、どの業者の約款も同じような内容の傾向となっていますが、より注意したい部分にマーカーを引いています。

上記を踏まえて、口座凍結とならないために気をつけたい、3つのポイントをご紹介します。

不正ツールは絶対に使わない

言うまでもなく不正なツールを使った取引は禁止行為ですので、絶対にやってはいけません。

DMM FXは自動売買を提供していませんので、もしもDMM FXで自動売買できると謳うツールがあれば、確実に不正なツールです。
同様に、改造したようなツールを使う行為もアウトです。

もしそういった声がかかったら、カスタマーサポートに通報しましょう。

過度な投機的取引はしない

DMM FXでは、過度な投機的取引が禁止事項となっています。

「投機的取引」とは、短期的な値動きの変動に期待して取引することです。
対して「投資」とは、長期的に資金を投じる違いがあります。

こうしてみると、FXでのスキャルピング、デイトレードは投機といえるでしょう。

ではいったい何が「過度」かというと、「取引回数の多さ」「取引量の多さ」がポイントです。

とても人の手では行えないような機械的な売買を繰り返したら、自動売買ソフトを使っていると判断されてしまう可能性があります。
またあまりにも取引量が多いと、DMM FXが顧客の反対ポジションを保有するカバー取引に影響することも考えられます。

つまり、スキャルピングによる機械的な売買を取引量上限のようなボリュームで行うと、過度な投機的取引とジャッジされる可能性があります。
あくまで資金力のある上級トレーダーに限定されますが、多くの取引量で過度なスキャルピングには注意するようにしてください。

極端に流動性が低いときのスキャルピングは避ける

戦争、天変地変、金融危機などのショック相場となるファンダメンタルズ要因が起こったとき、注文が殺到すると業者のサーバーに大きな負担がかかります。

また「売りたい」「買いたい」トレーダーが少なくなって流動性が低い場面では、カバー先自身がリスクを負いやすくなるため、レート配信ができなかったり、スプレッドの拡大要因ともなります。

たとえば各国の祝祭日が重なったときや、流動性が低い早朝の時間帯がこれに当てはまります。

こういった場面でのスキャルピングはDMM FX側のリスク要因となりやすいことから、口座凍結を避けるなら、できるだけ流動性が低い場面のスキャルピングは控えるのがベストです。

以下の方はスキャルピングで口座凍結されたとツイートしていますが、おそらくコロナクラッシュで過度なスキャルピングをしたのが要因かと考えられます。

取引したいタイミングのときに、流動性が低いと考えられる場合のポイントは「3つ」です。

  • できるかぎり平常時の流動性が高い「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」などのメジャー通貨ペアを選ぶこと
  • スプレッドが広がっていないか確認してから取引すること
  • 取引回数、取引量に注意すること

これにより、流動性リスクによって口座凍結にさらされる可能性が低くなります。
(※流動性が低いときのスキャルピングは、DMM FXに限らずどの業者でも共通で、上記3点に注目して取り組むのがおすすめです。)

DMM FXがスキャルピングで人気な「2つ」の理由

それでは、DMM FXがスキャルパーに人気である2つの理由をご紹介します。

低スプレッドでスプレッド配信が安定している

DMM FXは相場変動時であっても、スプレッド配信が安定していることが人気の理由となっています。

実際に「スプレッド」「スプレッド提示率」双方を他社と比較しても、ともに競争力のあるスペックであることが確認できます。

関連記事

デイトレードなどの短期売買において、もっとも重要となるのがスプレッドです。2022年現在において、米ドル/円の標準スプレッドは0.2銭が最狭水準として各社揃っています[…]

【2022年最新】FXスプレッド徹底比較!

スキャルピングに限らず、デイトレードも含めて短期売買をお考えでしたら、有力候補の業者として検討してみてください。

スマホアプリが使いやすい

DMM FXのスマートフォンアプリは直感性に優れており、スムーズな操作で売買できることが魅力です。

下記のように、チャートを見ながらワンタップで売買を繰り返すことができる「スピード注文」も搭載しています。

チャートを見ながらスピード注文が可能
スピード注文
スピード注文チャート(横画面)
スピード注文チャート(横画面)

新規注文に利食い(利益確定)、損切り、2つの決済注文もセットで発注ができるため、損失リスクを考慮しながら利益を狙えます。

なおスピード注文画面では、テクニカル指標や描いた描画ツールを見ながらトレードもできるので、チャート分析しながらダイナミックなトレードができることも魅力です。

関連記事

DMM FXは、業界の中でも常にトップクラスに狭いスプレッドと、初心者〜上級者まで使いやすい取引ツールを提供する業者です。スマートフォンアプリ「DMM FX」は操[…]

DMM FXのiPhone/Androidアプリ「DMMFX」特集!

安心してスキャルピングするなら?

DMM FXではスキャルピングができ、秒単位でトレードを行う「秒スキャ」を行うことも可能です。

極端なトレードをしない限り、なんらかの措置が取られることはありませんので、それほど心配する必要はないでしょう。

もしも口座凍結となっても出金はできますので、規約違反したつもりがないようでしたら、運が悪かったと諦めて他の業者に切り替えるしかありません。

とはいえ、どうしても安心してスキャルピングするなら、完全公認のJFX、ヒロセ通商、FXプライム byGMO、外貨ex byGMOなどの業者も検討してみるのもひとつの手です。

関連記事

スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレード、スワップトレードとFXには色々な手法が存在します。このなかでも少額から始められ、大きな損失コン[…]

スキャルピングOK or 禁止の業者は?スキャル対応業者を徹底比較!

とくにJFXは代表の小林芳彦氏がスキャルパーということもあり、安心してスキャルピングに特化した業者です。

JFXはスプレッドが開きやすいのですが、たとえば通常のスキャルピングはDMM FX、経済指標発表時はJFXと併用する戦略もできます。
これにより、DMM FXの低スプレッドを活かしてスキャルピングしながら、相場が大きく動いているときはJFXを使ってスキャルピングをすることで、口座凍結リスクを抑えながら売買を進めていくことができますね。

ぜひ業者選びの参考にしてみてください。

DMM FX

DMM FX|最短1時間で取引スタート|条件達成で最大20万円キャッシュバック

ローラのCMでおなじみのDMM.com証券は、ついに *FX口座数国内第1位を獲得!

DMMFXの魅力はなんといっても、常に業界トップクラスの低スプレッドです。
デイトレードで取引コストを抑えるなら、DMMFXがおすすめです。

29種類のテクニカル指標を搭載するプレミアチャートは、FX以外の銘柄(株価指数や金など)と値動きを比較することが可能。連動しているタイミングを見つけられれば、先取りして予測できるかも知れませんね!
取引通信簿という無料のツールが用意されており、こちらは自分の過去の取引データをグラフで見て、自分のトレードの傾向を判断して次の売買戦略に活用することができます。

また平日早朝のメンテナンスを廃止したため、平日は完全24時間の取引が可能になりました!

こちらから無料でDMM FXの口座開設ができます!