くりっく365とは?店頭FXとの違いから、各社スペック比較&おすすめ業者をご紹介!

安心で有利な税制の「くりっく365」仕組みからおすすめの業者まで徹底解説!

FXというと店頭FXに注目が集まりがちですが、実はくりっく365は取引所FXならではの魅力がある商品です。

くりっく365の高金利通貨(南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソ)は、低スプレッド・高スワップポイントなので、金利狙いのトレードとの相性も良いです。

たとえばスワップポイントに関しては、店頭FXと比べても有利な水準で提供されているケースもよくあります。

それでは、一般的なFXとの違いや特徴を解説しながら、各社が提供するくりっく365を徹底比較し、おすすめな業者をご紹介します。

目次

くりっく365は「取引所FX」のこと

通常のFX取引は「店頭FX」と呼ばれ、これは顧客とFX業者が直接取引を行なうことから店頭取引(相対取引)と呼ばれます。
対して、くりっく365は取引所で行なうFX取引のことです。

2005年7月、金融取引所(以下、金融取)は世界初となる公的な取引所FX「くりっく365」をスタートさせました。

2021年9月には台湾でくりっく365のサービスが開始となり、世界的にも注目が集まっています。

参考リンク:「くりっく365」台湾で始動 初の海外展開、認可から4年 – 日本経済新聞

くりっく365の取引の流れ

店頭FXとの大きな違いは、FX業者を介して金融取で取引を行う点です。

くりっく365が誕生した背景として、国内でFXサービスが始まった当初、法規制が定まっていなかったこともあって、一部悪質な業者が存在していました。
そこで顧客に安心・安全な取引環境の提供にあたり、金融取によりくりっく365のサービスが始まったという背景があります。

前述のとおり、くりっく365は金融取で取引を行いますので、参加業者間でスプレッド、スワップポイントなどの取引条件は同一となります。
そのため各業者の大きな違いは、「取引プラットフォーム」「手数料体系」「各社が取り扱う為替情報サービス」の3点となります。

店頭FXとの違いを比べてみよう

それではくりっく365と店頭FXの違いを見てみましょう。

サービス名くりっく365店頭FX
取引形態取引所取引相対取引
通貨ペア数25通貨ペア業者ごとによる
スプレッドマーケットメイク方式くりっく365より狭い
スワップポイント受取額 = 支払額
(一本値)
受取額 < 支払額
取引単位10,000通貨単位10,000通貨単位
以下も対応
売買手数料無料が主流無料が主流
信託保全金融取へ全額信託提携金融機関へ全額信託
レバレッジ最大25倍最大25倍

有利なサービスにマーカーを引いています。

平成23年6月の税制改正にともない、くりっく365を優遇する税率は消滅したため、税金面では店頭FXと同条件となります。

サービス名くりっく365店頭FX
課税方法申告分離課税
税率* 一律20%
損益通算損益通算が可能
損失繰越控除3年間可能
税制面は同条件

* 東日本大震災の復興財源で0.315%上乗せされるため、平成49年までの税率は20.315%。

くりっく365のスプレッド

くりっく365は外為オンライン、FXブロードネットなど16業者(2024年1月時点)が提供しています。

スプレッドはマーケットメイク方式により、全ての提供業者において共通で変動スプレッドです。

買い気配・売り気配の差から、スプレッドはどれくらいで提供されているのか見ていきましょう。

通貨ペア名スプレッド
USD/JPY 3銭
EUR/JPY 3.5銭
GBP/JPY 5銭
AUD/JPY 3銭
CHF/JPY 4銭
CAD/JPY 4銭
NZD/JPY 3銭
ZAR/JPY 0.5銭
TRY/JPY 2銭
NOK/JPY 0.5銭
HKD/JPY 0.5銭
SEK/JPY 1銭
MXN/JPY 0.5銭
PLN/JPY 4銭
EUR/USD 3pips
GBP/USD 3pips
GBP/CHF 5pips
USD/CHF 3pips
USD/CAD 3pips
AUD/USD 3pips
EUR/CHF 3pips
EUR/GBP 2pips
NZD/USD 3pips
EUR/AUD 5pips
GBP/AUD 5pips
通貨ペア名(ラージ)スプレッド
USL/JPY 1.4銭
EUL/JPY 2銭
GBL/JPY 3.4銭
AUL/JPY 2.8銭
EUL/USL 1pips

※スプレッド取得日・記載日:2024年4月11日

こうしてみると、スプレッドは決して狭くはないのですが、取引次第では店頭FXよりも有利な条件で売買を行うことができるのです。

くりっく365のメリット

スペックだけで比べると、店頭FXよりも不利な面が多いですが、くりっく365は『取引所ならではのメリット』を持ち合わせています。

一定の基準を満たす業者が取り扱える

くりっく365を取り扱うには、一般的な金融商品取引業の基準を満たしているのはもちろんのこと、さらに金融取の厳しい基準をクリアした業者のみが取り扱えるようになります。

くりっく365の取り扱い要件

くりっく365取り扱いの可否は業者ごとの判断によりますので、取り扱っていないからといって信頼性が低いということではありません。
ただし取り扱いがある点に関しては、信頼性が高い業者であることを表すひとつの指標となります。

価格の透明性が高く、流動性が豊富

くりっく365のスプレッドは、店頭FX業者にありがちな「原則固定スプレッド」ではありません。
複数インターバンクによるマーケットメイク方式で決まるため、「変動スプレッド」となります。

マーケットメイカー買い気配売り気配スプレッド
A社108.455108.4802.5銭
B社108.455108.4853.0銭
C社108.460108.4963.5銭
MMがレートを提示
買い気配売り気配スプレッド
108.460(C社)108.480(A社)2.0銭
有利なレートが合成されて配信

マーケットメイカーの6社(コメルツ銀行・ゴールドマン・サックス証券株式会社・ドイツ証券株式会社・野村證券株式会社・バークレイズ銀行・株式会社三菱UFJ銀行)がそれぞれ提示したレートの中で、最良なレートを合成・提示する仕組みです。

取引数量が見れるため透明性が高い!

有利なレートが合成されるといっても、スプレッド自体は店頭FXの方が有利です。
以下レート確認時のUSD/JPYを例にすると、スプレッドは3.0銭となるため、店頭FXよりも割高です。

くりっく365のスプレッド例と取引数量

そのかわり、USD/JPYの買い気配にある「1,925」のように、リアルタイムに気配数量が表示されるため、透明性は非常に高いといえます。
これは「利用者がどのレートでどのくらいの取引数量を売買可能であるか」という流動性を表しています。

この公平性がくりっく365の魅力なのです。

スリッページ、約定拒否がない

スリッページとは?

注文価格からスリップして(滑って)注文が約定されることです。
相場急変時にスリッページが発生しやすく、どのくらいのスリップまで許容できるかは注文時に設定できるようになっています。
少数派となるNDD方式の業者は、有利・不利な方向どちらにもスリッページしますが、ほとんどの店頭FXでは自分の不利な方向にスリッページしやすい特徴があります。

約定拒否とは?

注文の約定が拒否されることで、リジェクトとも呼ばれます。
約定力が低いと、相場急変時に損切りしたくてもできない、なんて場面に出くわすこととなります。

各FX業者では基本的にスリッページは発生します。
約定拒否に関しては、どの業者も公表データ自体が少ないため、やや不透明な部分も多いです。

例えば店頭FXでは、約定力に自信のあるみんなのFXマネーパートナーズは自社サイトで約定データを公表しています。

「NO Slippage!NO Reject!」(スリッページなし・約定拒否なし)と店頭FX業者に求めたいところですが、現状主流のDD方式の仕組みではなにかと難しいようです。

くりっく365はFX業者を介してオーダーするため、市場とダイレクトに取引をするNDD方式ではありません。
しかし、それに近いほどの環境(マーケットメイク方式)で取引できることから、スリッページなし・約定拒否なしが実現されています。

「相場急変時に確実に使える口座」として、くりっく365で口座を保有しておくと、ここぞいうときに力を発揮してくれます。

一本値で高水準のスワップポイント

買いスワップと売りスワップが同額であることを一本値といいます。
店頭FXのほとんどの業者では、スワップは受け取りよりも支払いの方が多いです。

くりっく365では、買い・売りそれぞれ同じ数量で両建てをしても、一本値なので、スワップ分でマイナスにならないのがメリットとなります。

そして、くりっく365のスワップポイントは高水準であることも強みです。

通貨ペア名買いスワップ
USD/JPY237円
EUR/JPY190円
GBP/JPY298円
AUD/JPY114円
CHF/JPY107円
CAD/JPY151円
NZD/JPY146円
ZAR/JPY169円
TRY/JPY22円
NOK/JPY180円
HKD/JPY328円
SEK/JPY140円
MXN/JPY253円
PLN/JPY39円

スワップポイント取得日・記載日:2023年9月22日
※1万通貨単位のスワップポイントを記載。(南アフリカランド/円、ノルウェークローネ/円、香港ドル/円、スウェーデンクローナ/円、メキシコペソ/円は10万通貨単位。)

下記の店頭FXのスワップポイントと比べてみてください。

そうすると、くりっく365の方が全体的に高めとなっていることが確認できるかと思います。

くりっく365は高金利通貨に強い!

くりっく365での取り扱われているのは、全25通貨ペアです。
(※くりっく365ラージは5通貨ペア)

香港ドルや、珍しい北欧通貨が用意されている点もポイントです。
注目すべき高金利通貨では、人気の南アフリカランド/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円の3通貨ペア全て用意されています。

2022年2月のスプレッド、スワップポイントの実績値がこちらです。

くりっく365 2022年2月のスプレッド実績

高金利通貨に関してはややスプレッドが狭く設定されており、店頭FXと比べても遜色ない水準であることが分かりますね。

くりっく365 2022年2月のスワップポイント実績

前述のとおりスワップポイントは高水準ですので、店頭FXに比べてもかなり魅力的な設計であると言えます。

くりっく365のデメリット

くりっく365を始めるにあたり、店頭FXと比べたときのデメリットも知っておきましょう。

店頭FXでは各社でサービス競争が繰り広がれているため、「スプレッドが狭い」「売買手数料が無料」「少額から取引できる」といったメリットがあります。
これらのメリットをひっくり返すと、そのままくりっく365のデメリットとなります。

メジャー通貨ペアのスプレッドが広い

さきほど高金利通貨のスプレッドは狭いと伝えましたが、やはりメジャー通貨ペアのスプレッドは店頭FXよりも広いです。

相場急変時で必ず注文を執行させたいときに、約定力のあるくりっく365を選ぶように使い分けることもできますね。

そのため、ある程度の取引量をこなす方でしたら、「くりっく365ラージ」の方がおすすめです。

くりっく365ラージの取引単位は10万通貨となりますが、通常のくりっく365よりも狭いスプレッドで取引が可能です。

最小取引単位は1万通貨から

くりっく365の最小取引単位は1万通貨単位で、一部の通貨ペアは最小10万通貨となります。

1万通貨米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、ポーランドズロチ/円、トルコリラ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、ユーロ/スイスフラン、ポンド/スイスフラン、米ドル/スイスフラン、米ドル/カナダドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンド、NZドル/米ドル、ポンド/豪ドル
10万通貨南アフリカランド/円、メキシコペソ/円、ノルウェークローネ/円、香港ドル/円、スウェーデンクローナ/円

なお取引に必要な証拠金基準額は、毎週月曜日に公表されておりますが、一部の通貨ペアを例にすると以下が目安になります。

通貨ペア証拠金基準額
USD/JPY(米ドル/円)47,450円
EUR/JPY(ユーロ/円)52,250円
GBP/JPY(英ポンド/円)62,170円
AUD/JPY(豪ドル/円)34,600円
CHF/JPY(スイスフラン/円)50,580円
CAD/JPY(加ドル/円)37,370円
NZD/JPY(NZドル/円)32,410円
ZAR/JPY(南アフリカランド/円)31,630円
TRY/JPY(トルコリラ/円)3,220円
NOK/JPY(ノルウェークローネ/円)53,320円
HKD/JPY(香港ドル/円)60,640円
SEK/JPY(スウェーデンクローナ/円)49,980円
MXN/JPY(メキシコペソ/円)22,980円
PLN/JPY(ポーランドズロチ/円)11,120円
EUR/USD(ユーロ/米ドル)52,250円
GBP/USD(英ポンド/米ドル)62,170円
GBP/CHF(英ポンド/スイスフラン)62,170円
USD/CHF(米ドル/スイスフラン)47,450円
USD/CAD(米ドル/加ドル)47,450円
AUD/USD(豪ドル/米ドル)34,600円
EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)52,250円
EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)52,250円
NZD/USD(NZドル/米ドル)32,410円
EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)52,250円
GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)62,170円
USL/JPY(ラージ 米ドル/円)474,390円
EUL/JPY(ラージ ユーロ/円)522,460円
GBL/JPY(ラージ 英ポンド/円)621,640円
AUL/JPY(ラージ 豪ドル/円)345,970円
EUL/USL(ラージ ユーロ/米ドル)522,460円

上記のうち、南アフリカランド/円、ノルウェークローネ/円、香港ドル/円、スウェーデンクローナ/円、メキシコペソ/円は10万通貨あたりの金額です。
人気の南アフリカランド/円、メキシコペソ/円に関しては、米ドル/円よりも少ない金額で始めることも可能であることが分かりますね。

もっと少額から始めたいのでしたら、1,000通貨対応の店頭FX業者を選びましょう。

サービスによっては取引手数料が発生する

くりっく365に限らず店頭FXも同様ですが、外為オンラインやFXブロードネットの連続自動注文機能は、取引手数料が発生します。

なお、くりっく365の裁量取引(通常の取引)は手数料無料ですが、スプレッドが有利なくりっく365ラージは、原則として往復(新規注文→決済注文)どちらも手数料がかかります。

大口注文を高速約定させるための手数料、といった位置付けでしょうか。

短期売買は取引を重ねるほど売買コストの差は歴然となりますので、手数料の低さも業者選びで重要なポイントとなります。

くりっく365を一覧で比較!

FX会社名取引単位通貨ペアスプレッド
/ スワップ
取引手数料ラージ
取引手数料
キャッシュ
バック
くりっく36510,000
通貨単位
25
通貨ペア
全社
共通
通常:無料片道
1,018円
最大
50,000円
くりっく36510,000
通貨単位
25
通貨ペア
全社
共通
通常:無料
自動注文:片道200円
片道
1,100円
くりっく36510,000
通貨単位
25
通貨ペア
全社
共通
通常:無料
自動注文:利益の20%
※2
片道
1,100円
最大
20,000円
FX会社名取引単位通貨ペアスプレッド
/ スワップ
取引手数料ラージ
取引手数料
キャッシュ
バック
※全社共通:南アフリカランド/円、メキシコペソ/円、ノルウェークローネ/円、香港ドル/円、スウェーデンクローナ/円は10万通貨から。くりっく365ラージは米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドルの5通貨ペア。
※1 決済時に利益が出たら、決済利益の20%が投資助言料として発生。(決済利益が0もしくはマイナスの場合は発生なし。)

くりっく365各社の特徴を見てみよう

岡三オンライン・くりっく365

業界最低水準の取引コスト!岡三オンラインFXなら取引手数料0円

くりっく365を高機能ツールで選ぶなら、岡三オンラインがイチオシの業者!取引を有利に進めるのに役立つ、豊富な注文機能が人気です。

取引手数料無料+くりっく365ラージもデイトレなら片道無料なので、取引コスト面においてもお得です!

\ こちらから無料で「岡三オンライン」の口座開設ができます! /

お申し込みは最短5分、口座維持費等の費用は一切かかりません。

外為オンライン・くりっく365

外為オンラインのくりっく365はじまる。

忙しい方とも相性抜群、自動で注文を繰り返すiサイクル2取引を搭載!かんたん設定だけで、ルール通りにコツコツ利益を積み重ねることが可能。

損切りできず感情に左右されがちなら、外為オンラインの連続自動発注機能を使って、取引の効率化を目指そう!

\ こちらから無料で「外為オンライン」の口座開設ができます! /

お申し込みは最短5分、口座維持費等の費用は一切かかりません。

FXブロードネット・くりっく365

新感覚トレード シストレ365

くりっく365業界初となる自動売買(シストレ)が、FXブロードネット365!裁量取引なら手数料はかかりません!

利益なら投資助言料として20%発生するも、損失なら0コスト。過去データから、かんたんにシミュレーション・検証できるのも特徴。

\ こちらから無料で「FXブロードネット」の口座開設ができます! /

お申し込みは最短3分、口座維持費等の費用は一切かかりません。

安心で有利な税制の「くりっく365」仕組みからおすすめの業者まで徹底解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次