南アフリカランド(ZAR)の特徴と値動きの傾向

南アフリカ共和国(通称、南アフリカ)の通貨「南アフリカランド」の特徴を解説します。

南アフリカの基礎データ

高金利通貨の南アランドは、鉱物資源の価格との相関性に注目!

南アフリカランド
正式名称 南アフリカ共和国
首都 プレトリア
中央銀行 南アフリカ準備銀行
通貨単位 ランド(R)、セント(c)
* 主要輸出国 中国、アメリカ、日本、ドイツ、インド
* 主要輸入国 中国、ドイツ、サウジアラビア、アメリカ、ナイジェリア

* 貿易量の多い国順 2014年のデータ

値動きの
大きさ
情報量の
豊富さ
金利の
高さ

南アフリカランドの特徴を知ろう!

南アフリカの街

新興国通貨ならではの高金利が魅力の「南アフリカランド」。

プラチナや金に加えて、ダイヤモンド、鉄鉱石、石炭、銅などの鉱物資源が豊富であることから、FXでは資源国通貨の代表的な存在です。
南アフリカランドはメジャー通貨に比べると取引量が少なく、資源価格に左右されやすい性質も相まって、激しく値動きをする特徴があります。

まず南アフリカについてですが、プラチナの産出量が世界第1位の国です。
そのため、プラチナ価格の影響を受けやすいというのが、南アフリカランドのポイントです。

このように、産出地域が限定されているプラチナですが、世界の70%に及ぶほどのシェアを誇ります。
南アフリカランドの取引をする方は、プラチナの価格との相関性が注目すべきポイントです。

また南アフリカは金の産出でも有名な国です。

2007年以降から現在に至るまで中国が第1位であり、南アフリカは年々減少し続けていて、2016年時点(2015年のデータ)では南アフリカは第7位です。

金価格の動向にも注目するべきですが、金価格がダイレクトに南アフリカランドに影響を与える度合いは減少傾向にあります。
しかし、現状では豊富な埋蔵量が確認されており、もともと世界第1位の産出国であった背景もあることから、以前として金価格との連動性は見られています。

このように鉱物資源の豊富な南アフリカですが、近年は高い経済成長率を維持しているものの、高いインフレ率や人種問題、周辺国での絶えない紛争など、政治的・社会的リスクもあります。
取引量が少ないことと、信用力の低さに伴う影響によって、金融危機がひとたび起こると、外国の資本流出が活発になって通貨の価値が暴落するリスクを抱えているため、取引の際には注意しなければいけません。

通貨自体の価値を見極めていくという点では、やや難易度が高いと言えますので、ビギナーでスワップ狙いをするなら、まずは豪ドル/円かNZドル/円から始めてみることをおすすめします。

南アフリカランド/円の値動き傾向は?

高スワップポイントの代表的な存在であることから、「南アフリカランド/円」はほとんどのFX業者で取引ができます。

アフリカの南端に位置する南アフリカですが、マーケットとしてはヨーロッパ市場・ニューヨーク市場と同じような時間に変動する傾向があります。

世界の外国為替市場の流れ

南アフリカの経済指標は、日本時間でおおよそ17:00〜22:00頃に発表されていますので、この時間帯が取引量が多くなるコアタイムとなります。

そして金価格との相関性は、NY、ロンドンの金相場が注目すべきポイントとなります。
NY金相場は日本時間の深夜に大きく変動しやすく、この時間帯に価格が反転しやすい傾向があることも覚えておきましょう。

南アフリカランドの変動要因について

まず経済指標ですが、南アフリカ準備銀行(SARB)による政策金利発表はランドの変動要因となります。

奇数月(1月・3月・5月・7月・9月・11月)の下旬頃に公表されていますので、スケジュールは把握しておいてください。

南アフリカランドの取引に向いているFX会社は?

高金利通貨の雄として、長期間にわたり王座に君臨し続ける南アフリカランド。
近年はトルコリラやメキシコペソが台頭してきましたが、スワップ目的のトレードでは今なお絶大な人気を誇っています。

そんなランド円の取引でオススメのヒロセ通商は、狭いスプレッドと高いスワップポイント魅力です。
平均的にランド/円のスプレッドは狭い業者で1.3銭多いですが、ヒロセ通商は一歩抜きん出た* 1.0銭となっています。

買いポジションの保有で* 1日/150円になるランド/円だけじゃなく、メキシコペソ/円、トルコリラ/円のスワップポイントも業界トップクラスなので、金利差益を狙う取引に一押しの業者です。

* 2018年1月10日時点のスプレッドとなります。

またGMOクリック証券のチャートツールの「プラチナチャートプラス」は、1つのチャート画面で複数通貨ペアだけでなく、金価格とも比較できるため、こちらも合わせて活用するとランド/円の分析に生かすことができます。

 

スプレッドとスワップポイントの比較は、以下ページでご確認ください。

おすすめFX会社をご紹介!

南アランドが高スワップ!|ヒロセ通商

ヒロセ通商は、2015年度のオリコン顧客満足度ランキングにおいて、2年連続FX部門総合第1位の実力!
低スプレッドながらも成行約定率はなんと99.9%を誇り、通貨ペアの豊富さがLION FXの売り!

LION FXだからできる!業界最高水準スワップポイント!

ヒロセ通商は1,000通貨対応、米ドル/円は0.3銭原則固定なので、少額・低コストで始めたい方におすすめ!
業界トップクラスの低スプレッドに加えて、世界最速水準0.001秒の約定スピードなので、スキャルピングやデイトレードの短期売買に向いています。
トレール注文やストリーミング注文を始め、全25種類の多彩な注文方法が用意されていますので、狙ったタイミングを逃さずに発注できます。

さらにMacアプリに最適化されたインストール型アプリによって、Macユーザーも安心の取引環境を実現!
かんたん操作でメニューの切り替えが可能なスマートフォンアプリの操作性は、業界トップクラス!アプリ上で、小林芳彦氏のマーケットナビなど、さまざまな情報コンテンツを素早く閲覧ができます。

ネットバンクを利用したクイック入金サービスは、地方銀行など約380の金融機関に対応!PC、スマートフォンのほか、ネットバンクを持っていない方はATMからのクイック入金も可能です。
豊富な食品キャンペーンを随時開催していますので、エントリーして条件クリアすれば、豪華食品が毎月プレゼントのチャンスです!


LION FXは米ドル円0.3銭原則固定、約定率は99.9%。2018年オリコン顧客満足度3年連続第1位のヒロセ通商
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.0銭
原則固定
1.7銭
原則固定
3.0銭 0.4pips
原則固定
通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
1,000
通貨単位
1万円〜 50
通貨ペア
29
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
ヒロセ通商「LION FX」の口座開設キャンペーン情報

好条件のおすすめ口座開設キャンペーン!

2018年10月31日までのキャンペーン期間中に新規で口座開設し、キャンペーン専用フォームからお申し込み後、対象期間中にポンド/円の取引を片道15万通貨以上の取引で5,000円をキャッシュバック!(最大50,000円)

無料の口座開設をする

こちらから無料でヒロセ通商「LION FX」の口座開設ができます!

参考リンク(外部サイト)

南アフリカ基礎データ | 外務省

USGS | Gold Statistics and Information(米国地質研究所 | 金の統計情報) [英語サイト]

USGS | Mineral Commodity Summaries(米国地質研究所 | 鉱物商品の概要) [英語サイト]


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!