セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」で口座開設!
《スペック詳細》

セントラル短資FXは1,000通貨単位に対応、米ドル/円スプレッドは0.3銭(例外あり)!
かんたん設定で自動売買できる取引システムですので、中級以上の方も満足の取引環境です。

セントラル短資FXのFX口座「FXダイレクトプラス」はストラテジーの作成がかんたんなので、シストレ入門にもぴったりです。

口座開設すれば、未来の値動きを予測してくれる無料のチャート分析ツールみらいチャートの利用が可能。初めてのFX取引をサポートしてくれる優れもので、パソコン、スマートフォンどちらでもお使い頂けます。

創業100年以上の歴史があるセントラル短資グループの「安心と信頼のFX」で選ぶなら、セントラル短資FX!


攻めのFXならセン短で!スプレッド大幅縮小0.3銭(例外あり) セントラル短資FX
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.3銭 0.5銭 1.2銭 0.8銭 2.0銭 4.0銭 4.0銭 0.4pips
通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
* 1,000
通貨単位
なし 26
通貨ペア
24
種類
Win
iPhoneiPad
Android

* オフショア中国人民元/円とトルコリラ/円は、10,000通貨単位となります。

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」の口座開設キャンペーン情報

2018年9月28日(金)取引終了時までのキャンペーン期間中に新規口座開設し、取引条件を達成すれば最大20,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料でセントラル短資FX「FXダイレクトプラス」の口座開設ができます!

セントラル短資FXってどんな会社?

セントラル短資FXは、創業100年以上の歴史あるセントラル短資グループの老舗FX会社です。

独自の安定した取引システム、自己資本規制比率の高さにより、安心して取引できる環境を提供しています。

「長期発行体格付」は11年連続でFX会社の最上位となるほど、信用度が高い会社として知られています。
そもそもセントラル短資の社長は日銀出身という背景があることも、安心・信頼に繋がっている要因といえるでしょう。

長期に渡って培ってきたネットワークを生かした、業界トップクラスの情報量も強みであり、リアルタイム情報サイト「FXライブ!」では24時間生きた情報を取得可能。

各種指標データを取得できる「マーケットファインダー」は他のFX会社にも提供されているほど、とにかく情報量がすごいFX会社なのです。

セントラル短資FXのメリット・デメリット

まずはじめに、セントラル短資FXの評判、口座開設して利用する上での優劣点を見てみましょう。

メリット

  • 1,000通貨単位に対応していて手数料は完全無料。
  • 情報量の豊富さは業界トップクラス。
  • サーバーが安定していて約定力が高い。
  • MT4よりもかんたんに自動売買することができる。

デメリット

  • スプレッドはかなり狭くなったが、最狭まではいかない。
  • スワップポイントは高くない。
  • メキシコペソ/円が未提供である。

正直に申し上げると、創業100年以上とはいえ、有名FX会社に比べると知名度はそれほど高くありません。そのかわり、FX口座自体のスペックはかなり魅力的です。

過去には広いスプレッドによるデメリットがありましたが、近年低スプレッドになってからは、極端に見劣りする点はそれほど感じられません。
とはいえスプレッドは最狭には一歩及ばず、スワップポイントは正直高くありません。

そのためスワップポイントを狙ったトレードには不向きですが、スワップポイントはオマケだと割り切れば、会社自体の信頼力は極めて高く分析に役立つ情報が多いので、長く付き合っていけるFX会社だと言えます。

ウルトラFX廃止で低スプレッド恒久化!

インターバンク直結のNDD口座としてウルトラFXが提供されていましたが、2018年4月をもってサービス終了となりました。この口座は、ときにはマイナススプレッドが発生するほど特徴的なサービスでした。

しかしウルトラFXの廃止・サービスの見直しによって、FX口座「FXダイレクトプラス」のスプレッドが大幅に縮小し、より競争力のあるFX口座へと変化を遂げました。

メジャー通貨ペアのスプレッド
全通貨ペアのスプレッド

米ドル/円は、他社と揃った0.3銭(例外あり)と最狭水準となります。
他の通貨ペアは最狭とまではいきませんが、業界の平均的な水準からみても、低スプレッドであることは間違いないと言えるでしょう。

FXダイレクトプラスはスキャルピングOK!

短期売買を繰り返すスキャルピングはサーバーに負荷がかかる手法なので、禁止とするFX業者も多いです。その点セントラル短資FXは、サーバーが強く約定力に自信があるだけあって、スキャルピングを公式サポートしています。

2018年には、1クリックで即発注できる「スピード注文」を新たにリリースしました。

スピード注文が満を持して全デバイスに搭載

あらかじめ利食い・損切り幅をpips指定して同時発注できる機能も搭載されているため、短期売買との相性も抜群となっています。

セントラル短資FXのPC取引ツール

PC取引ツールは、ブラウザ版とインストール版が用意されています。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

WEB取引システム

WEB取引システムは、WEBブラウザ(Windows/Mac)から気軽に取引できるツールです。

とにかくシンプルにまとまった取引画面が特徴的で、初心者の方でも直感的に操作できるのが魅力。無駄のない画面構成なので、発注操作に悩むこともありません。

このWEB取引システムにはチャートが搭載されていませんが、FXダイレクトプラス専用チャート「プログレッシブチャート」、分析支援チャート「みらいチャート」を1クリックで起動することができます。

インストール版は自動売買に対応

インストール版「クイックチャート・トレードプラス」はWindows専用の高機能トレードツールです。

チャート上で発注ができ、スキャルピングに最適なスピード注文を搭載していますので、タイムリーに動く相場でスピーディーに取引することができます。

特筆すべきが「自動売買」に対応している点です。

MT4に代表されるような自動売買というと、プログラミングの知識を必要とするため、それなりの熟知した者でない限り導入も難しいのが現状です。

しかしセントラル短資FXなら「かんたんエディタQ」という売買プログラムを作成するツールが利用できるため、プログラム素人でもかんたんに自動売買を始められます。

例えば、米ドル/円の60分足で「5日と25日移動平均線のゴールデンクロス」「RSIが20%を上抜け」、この2つの条件に合致したらロングでエントリーし、「+60pipsで利食い・-30pipsで損切り」といったトレードを自動化することができます。

自動売買に挑戦したいけど難しそうだと敬遠していた方も、クイックチャート・トレードプラスを使えば、自分自身で決めた条件で取引を自動化させることができます。

分析サポートツールが多彩!

セントラル短資FXの要ともなる、分析をサポートするツールの数々をご紹介します。

なおプログレッシブチャート、みらいチャートはどちらもWindows/Macに対応しています。

プログレッシブチャート

プログレッシブチャートは分析だけではなく、「発注機能」「建玉照会」「口座情報」といった取引に必要な機能が搭載されて、1つにまとめられたオールインワン設計となっています。

とくにブラウザ版チャートにおいて発注できるタイプは珍しく、チャート上の注文ラインをドラッグするだけで発注が完結する、抜群の使い勝手を誇ります。

テクニカル指標は全31種類と豊富に揃っており、タブによる最大20画面の保存から、チャートは最大12分割まで可能。フィボナッチ、日柄計算、ペンタゴンチャートといった他社ではあまり見かけないライン描画分析ができるのもプログレッシブチャートの魅力です。

みらいチャート

『FXでテクニカル分析が重要なのはわかっているけど、最初の一歩がなかなか踏み出せない。』

そんな方に便利なのが、分析支援ツールとなるみらいチャートです。

みらいチャートには「みらいチャート」「売買シグナル」2つの機能が搭載されています。

みらいチャート

まずみらいチャートですが、こちらは直近チャートの形状に似た過去チャートを自動で検出し、未来の値動きを予測するというもの。

もっとも似ている第一近似〜第三近似まで、3パターンの近似チャートを閲覧することができ、プロの世界でも利用されているチャート形状分析をかんたんに行うことができます。

またテクニカルランキングでは、通貨ペアごとの売買シグナル発生数順にランキングでチェックすることが可能です。

売買シグナル

売買シグナルでは、各テクニカル指標の売買シグナルに基づいた売買傾向を判断することができます。

まずシグナルパネルには上昇傾向、下落傾向、買いシグナル、売りシグナルが表示されます。
テクニカルチャートには売買シグナルが矢印で表示されますので、直感的にも分かりやすいです。
売買シュミレーションは、その売買シグナルに沿ってトレードしたときの損益イメージを見ることができます。

みらいチャートはスマホでも閲覧できる

みらいチャートはスマートフォンのアプリを経由し、Webブラウザで見ることができます。

パーソナルレコード

パーソナルレコードは自分の取引傾向やクセを把握して、今後のトレード改善に役立てられる機能です。

パーソナルレコード

指定期間の損益推移から取引回数、勝率、平均保有期間などさまざまな項目の取引データを見られます。

その結果をもとに失敗トレードとなった要因を洗い出し、取引改善に活用できるサービスとなっています。

FXライブ!

セントラル短資FXの目玉機能ともなるのが、会員限定のマーケット情報サービス「FXライブ!」です。

マーケット情報の配信数は、なんと1日に200〜300本程度と圧倒するボリュームを誇ります。このほか動画コンテンツ、経済指標カレンダー、当日のスワップポイントといった情報も配信されています。

FXライブ!はリアルタイムなマーケット情報が豊富!

注目すべきが「スワップポイントシュミレーター」で、一定期間ポジションを保有したときに受け取れるスワップポイントを自動で計算してくれます。

スワップポイントシュミレーター

ポートフォリオ機能もあり、5通貨ペアまでの合算したスワップポイントをチェックすることも可能です。

マーケットファインダー

マーケットファインダーは、20種類以上の各種経済指標データをグラフィカルに閲覧できるサービスで、これほどの情報量を提供しているFX会社はまずありません。

どのようなデータなのか、一例を見てみましょう。

* アノマリーとは、「8月は相場が下がりやすい」のように根拠があるわけではないが、当たりやすいとされる経験則のこと。

見ての通り、上級者にも役立つ情報が多く配信されています。市場動向を把握するのにマーケットファインダーはかなり重宝します。

スマホ・タブレットアプリ

クイックトレードプラスは各アプリ(iPhone/iPad/Android)に対応しています。

どのデバイスも、13種類のテクニカル指標を搭載し、経済指標通知やレートアラートの設定が可能です。

 

iPadアプリ版には限定機能として「トレード☆スコープ」を搭載。

トレード☆スコープをオンにすると、チャート上にトレードスコープが表示され、直感的にダイナミックなトレードをすることができます。

シストレ口座・セントラルミラートレーダー

もう一つのFXサービスが、シストレ口座となる「セントラルミラートレーダー」です。

そもそもミラートレーダーとは、ストラテジー(自動売買プログラム)を選択して稼働させるだけで自動売買できるサービスのことで、国内ではセントラル短資FXとインヴァスト証券の2社だけで取り扱われているサービスです。

セントラルミラートレーダーは、最低でも30万円以上の証拠金が望ましいので、初心者にはハードルは高いかも知れません。
しかし最小5,000通貨と少額から始めることができ、デモ口座にも対応していますので、お試しでチャレンジもできます。「手間をかけないシストレ」ならセントラルミラートレーダーもご検討ください。

LINE公式アカウントがもはやFXアプリ?

セントラル短資FXのLINE公式アカウント「@ctfx」友達登録すると、LINE上でさまざまな情報を取得できます。

FX会社のLINE公式アカウント対応はまだ浸透していない中で、セントラル短資FXだけが突出して機能が充実しています。

付加サービスが充実している

口座開設した会員の方は、豊富な付加サービスのご利用ができます。

外貨両替が手数料無料

セントラル短資FXの外貨両替サービス

FXダイレクトプラスを使って、そのときのレートで円→外貨(外貨→円)に替えることができます。0.01通貨から手数料無料で両替でき、8通貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン)が対応。

「通貨両替」で実質のコストは、取引レートに10銭を加算したレートとなりますので、銀行で両替するよりもはるかに安い手数料で外貨両替が可能です。

このほか為替レートの変動リスクを避けるために、将来必要になる外貨を現在レートで調達したり、将来必要になる外貨を現在レートで円転し、「受渡し」を使って現物で受け取ることも可能です。

なおセントラル短資FXの会員限定でかんたんな利用条件を満たす必要がありますが、外貨両替専門店「トラベレックスジャパン」で優遇レートで両替することができます。例えば米ドルなら、そのときの実税レートから1.5円が優遇幅となります。(2018年8月26日時点)

ランクに応じた現金還元プログラムがある

現在「ご縁があるよ!プログラム」が開催中です。ランクに応じて、取引するごとに「ご縁」を受け取ることができます。

ご縁があるよ!プログラムの還元条件

ご縁は1縁=1円として「FXダイレクトプラス」の口座にキャッシュバックとなります。

1縁=1円でFX口座にキャッシュバック

現時点で無期限であり、キャッシュバック金額に上限はありませんので、事前にマイページからエントリーしておきましょう。

会員優待!セントラル短資FXクラブオフ

セントラル短資FXクラブオフは、口座開設した会員は無料で利用できる会員限定の優待特典サービスです。ホテルに格安で宿泊したり、飲食店の食事が割引になったりと、数多くの優待を割引サービスを受けることができます。

セントラル短資FXクラブオフのVIP会員なら1泊500円で宿泊可能

VIP会員(月/540円)になればさらにハイグレードな優待を受けることができ、例えば1泊500円で有名ホテルに泊まることも可能。
無料のスタンダード会員⇔VIP会員は月ごとに切り替え可能なので、利用が多いときだけVIP会員になる使い方もできます。

このようにFX取引をしながら優待特典を受けられるのも、セントラル短資FXならではの魅力です。

セントラル短資FXの詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類 FX、シストレ(ミラートレード)、シストレ(独自系)
口座開設手数料 無料
口座維持手数料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 即時入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料 無料
お取引開始までの期間 お申込み後、最短翌日
本人確認書類の提出方法 メール、FAX、郵送
セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」の取引条件
最大レバレッジ 個人口座:1〜25倍
法人口座:通貨ペアごとに毎週変動
ロスカット 証拠金維持率が100%以下となった場合
取引時間 米国標準時間:月曜AM7:00~土曜AM6:40
米国夏時間:月曜AM7:00~土曜AM5:40
最大注文数量 1取引 / 300万通貨
外貨入出金
外貨調達(受け渡し)
注文タイプ ストリーミング成行 / 指値 / 逆指値 / トレール / IFD / OCO / IFO
チャートから発注
メールサービス 約定通知 / 指定レート通知 / 入金確認 / 売買シグナル通知
取引ツール詳細 WindowsブラウザWindows専用アプリ
Androidアプリ
iPhoneアプリiPadアプリ
docomoauSoftbank
デモトレード
売買シグナル
FX無料セミナー
会社情報
会社名 セントラル短資FX株式会社 (Central Tanshi FX Co.,Ltd.)
登録番号 関東財務局長 (金商) 第278号
所在地 〒108-6314
東京都港区三田三丁目5番27号 三田ツインビル西館14階
設立 平成17年10月28日
資本金 13億1965万円
口座数 156,747口座(2015年9月末)
自己資本規制比率 600.7%(2015年9月末)
信託保全 三井住友銀行

セントラル短資FX【FXダイレクトプラス】
の特徴まとめ

  • FX口座(裁量、自動売買)、ミラートレーダー口座2つのサービスが提供されている。
  • 高スワップポイントのトルコリラ/円が取引できる業者。
  • チャートは売買シグナル機能を搭載するので、分析が苦手な方も使いやすい。
  • 未来の価格を予測する「みらいチャート」を無料で利用可能。
無料の口座開設をする

こちらから無料でセントラル短資FX「FXダイレクトプラス」の口座開設ができます!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!