ヘッドアンドショルダー(三尊天井・逆三尊底)の見方・使い方

ヘッドアンドショルダーとは、天井圏に現れるチャートパターンのひとつです。

 

チャートパターンの形状が人間の上半身(頭、左肩、右肩)に見えることから、ヘッドアンドショルダーと呼ばれています。なお日本国内では、仏像が三体並ぶように見えることから、三尊(さんぞん)天井とも呼ばれています。

大底圏に現れるチャートパターンは、ヘッドアンドショルダーズ・ボトムと呼ばれ、それと区別して天井圏の場合は、ヘッドアンドショルダーズ・トップとも呼ばれたりします。

このヘッドアンドショルダーですが、
「3度上値(下値)更新をチャレンジをしたが、上値(下値)を更新できなかった。」
というチャートパターンであることから、天井圏(大底圏)であることを示す力は、WトップやWボトムよりも強いとされ、高い信頼度であると判断されています。

ヘッドアンドショルダーズ・トップの見方

ヘッドアンドショルダーズ・トップは、天井圏での「3つの山」の形が目印となります。

3つの山のうち、頭が左右の肩よりも高いことが、このヘッドアンドショルダーズ・トップの特徴となります。

このとき、すべての山の高さが同じであった場合は、トリプルトップとなります。

売りサイン
ヘッドアンドショルダーズ・トップ
  • ① ネックラインを下に抜けるタイミングに買いサインとする見方(戻り売り)もありますが、ネックラインを少し下抜けた後に反転して上昇することも考えられます。
  • ② ネックラインがレジスタンスラインとなり、上値を支えるラインとなってから売りサインと見た方が、より信頼性が高くなります。

ここで上図のネックラインに注目してみてください。

ネックラインは頭と肩の形成をするサポートラインとなって①のブレイクアウトとなり、②のレジスタンスラインの反転ポイントとなります。

天井圏からのトレンド転換を示唆する重要なラインとなりますので、しっかりと覚えておいてください。

ヘッドアンドショルダーズ・ボトムの見方

通称「逆ヘッドアンドショルダー」とも呼ばれています。また「逆三尊底」ともいいます。

 

ヘッドアンドショルダーズ・ボトムは、大底圏での「3つの谷」の形が目印となります。

3つの谷のうち、真ん中の谷が深いことが、このヘッドアンドショルダーズ・ボトムの特徴となります。

このとき、すべての谷の深さが同じであった場合は、トリプルボトムとなります。

買いサイン
ヘッドアンドショルダーズ・ボトム
  • ① ネックラインを上に抜けるタイミングに買いサインとする見方(押し目買い)もありますが、ネックラインを少し上抜けた後に反転して下降することも考えられます。
  • ② ネックラインがサポートラインとなり、下値を支えるラインとなってから買いサインと見た方が、より信頼性が高くなります。

ヘッドアンドショルダーのポイント

ヘッドアンドショルダーは、相場が反転する天井と大底で出現するチャートパターンですので、頻繁に発生はしません。

また、戻り売りや押し目買いのタイミングで、レートが反転して再びネックラインを抜けるような状況もありますが、このような場合は天井や大底ではなかった可能性が高いと言えます。

レンジなど、一定幅で推移する保ち合いのチャートパターン(ペナント、フラッグなど)の多くは、反転を狙った手法となりますが、このヘッドアンドショルダーやダブルトップ・ダブルボトムは戻り売り、押し目買いを狙う手法ですので、こちらのほうが取引における信頼性が高いとされています。

ですのでFX初心者の方は、戻り売りや押し目買いのタイミングを積極的に探すことをおすすめします。

注意点ですが、ヘッドアンドショルダーで天井・大底を見極める場合、短い期間だとダマシも多くなりがちですので、チャート分析の際には、日足など、長めの時間足で分析するといいでしょう。

また、戻りや押しのポイントを探る手法にフィボナッチもありますので、こちらも参考にしてみてください。

各社のチャートを比較するなら、こちらのページもご覧ください。

各FX会社のチャートをさまざまな角度から徹底比較!

おすすめチャートのFX会社

GMOクリック証券のチャートはインストール不要のブラウザ版で、軽快ながらも高機能なのが魅力です!

GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券はFX取引高5年連続世界第1位!
低スプレッドに加えてスワップも高いので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。

洗練されていて操作性が抜群のスマートフォンアプリにより、外出先でもさまざまな注文を柔軟に行えます。また、Mac取引専用アプリを提供する数少ない会社なので、Macユーザーも安心です。

取引システムは、チャート上をクリックするだけで発注ができるので、チャンスを逃がすことなく売買が行えます!

無料のチャート分析ツールであるプラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標が用意されていて、デモ取引でも利用が可能。

24時間電話サポートに対応し、FXのニュース配信も多いので、GMOクリック証券なら初心者の方も安心してお取引ができます!


GMOクリック証券はFX取引高5年連続世界第1位。米ドル円のスプレッドは原則固定0.3銭。キャンペーン実施中。
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.2銭
原則固定
1.7銭
原則固定
1.8銭
原則固定
0.4pips
原則固定
通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
10,000
通貨単位
なし 19
通貨ペア
38
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設キャンペーン情報

2017年5月1日(月)~のキャンペーン期間中に新規でFX取引口座の口座開設をし、新規約定の取引数量に応じて、今なら最大30,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

無料の分析ツール

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!