ヘッドアンドショルダーの見方・使い方

ヘッドアンドショルダーとは、天井圏に現れるチャートパターンのひとつです。

ローソク足の形状が人間の上半身(頭、左肩、右肩)に見えることから、ヘッドアンドショルダーと名付けられました。

大底圏に現れるチャートパターンは、ヘッドアンドショルダーズ・ボトムと呼ばれ、それと区別して天井圏の場合は、ヘッドアンドショルダーズ・トップとも呼ばれたりします。

このヘッドアンドショルダーですが、
「3度上値(下値)更新をチャレンジをしたが、上値(下値)を更新できなかった。」
というチャートパターンであることから、天井圏(大底圏)であることを示す力は、WトップやWボトムよりも強いと言われています。

ヘッドアンドショルダーズ・トップの見方

ヘッドアンドショルダーズ・トップは、天井圏での「3つの山」の形が目印となります。

3つの山のうち、頭が左右の肩よりも高いことが、このヘッドアンドショルダーズ・トップの特徴となります。

このとき、すべての山の高さが同じであった場合は、トリプルトップとなります。

売りサイン
ヘッドアンドショルダーズ・トップ

①ネックラインを下に抜けるタイミングに買いサインとする見方(戻り売り)もありますが、ネックラインを少し下抜けた後に反転して上昇することも考えられます。

②ネックラインがレジスタンスラインとなり、上値を支えるラインとなってから売りサインと見た方が、より信頼性が高くなります。

ヘッドアンドショルダーズ・ボトムの見方

通称、「逆ヘッドアンドショルダー」とも呼ばれています。

 

ヘッドアンドショルダーズ・ボトムは、大底圏での「3つの谷」の形が目印となります。

3つの谷のうち、真ん中の谷が深いことが、このヘッドアンドショルダーズ・ボトムの特徴となります。

このとき、すべての谷の深さが同じであった場合は、トリプルボトムとなります。

買いサイン
ヘッドアンドショルダーズ・ボトム

①ネックラインを上に抜けるタイミングに買いサインとする見方(押し目買い)もありますが、ネックラインを少し上抜けた後に反転して下降することも考えられます。

②ネックラインがサポートラインとなり、下値を支えるラインとなってから買いサインと見た方が、より信頼性が高くなります。

ヘッドアンドショルダーのポイント

ヘッドアンドショルダーは、相場が反転する天井と大底で出現するチャートパターンですので、頻繁に発生はしません。

また、戻り売りや押し目買いのタイミングで、レートが反転して再びネックラインを抜けるような状況もありますが、このような場合は天井や大底ではなかった可能性が高いと言えます。

レンジなど、一定幅で推移する保ち合いのチャートパターン(ペナント、フラッグなど)の多くは、ブレイクアウトを狙った手法となりますが、このヘッドアンドショルダーやダブルトップ・ダブルボトムは戻り売り、押し目買いを狙う手法ですので、こちらのほうが取引における信頼性が高いとされています。

ですので、FX初心者の方は、戻り売りや押し目買いのタイミングを積極的に探すことをおすすめします。

注意点ですが、ヘッドアンドショルダーで天井・大底を見極める場合、短い期間だとダマシも多くなりがちですので、チャート分析の際には、日足など、長めの時間足で分析するといいでしょう。

また、戻りや押しのポイントを探る手法にフィボナッチもありますので、こちらも参考にしてみてください。


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!