パラボリックの見方・使い方【テクニカル指標・トレンド系】

テクニカル指標・トレンド系

こちらのページでは、パラボリックの見方・使い方について解説していきます。

パラボリック

「放物線上の〜」という意味のあるパラボリックは、RSIDMIと同じくJ・W・ワイルダーが考案したトレンド系のテクニカル指標です。

正確にはParabolic SARといい、SAR(ストップ&リバース)には「止まって逆に」という意味があるように、相場の世界ではドテンのことを指します。

つまり、パラボリックは最初からドテンを想定して開発された、大きなトレンドを形成する相場のときに威力を発揮するテクニカル指標なのです。

ドテンをせずとも、大相場のときに、トレンド転換の判断用に使うといったやり方もいいでしょう。

 

ドテン(途転)とは?

買いポジションを決済すると同時に売りポジションを持つこと、また売りポジションを決済すると同時に買いポジションを持つことです。

ドテン注文は、ほとんどのFX会社で利用することができ、1クリックで決済と新規注文を同時に行なうことができます。

パラボリックの見方と使い方を知ろう!

パラボリックは、1つ1つの点であるSARがラインとなって表示されます。

パラボリックでのトレンド判断と売買シグナル

ローソク足がSARの上にあるときは上昇トレンド、ローソク足がSARの下にあるときは下降トレンドと判定するのが基本となります。

 

シグナルの見方もいたって単純で、クロスした地点でドテンを仕掛けていくやり方となります。

上昇トレンドでローソク足がSARを下抜けたら売りサイン、下降トレンドでローソク足がSARを上抜けたら買いサインとなります。

 

激しく上下一定の変動幅で動く相場のときは、きれいに売買サインが出現することから、シンプルで見やすいのもパラボリックの魅力です。

初期パラメーターの多くは、加速因数(AF)という値が0.02(最大は0.2)となっています。

調整は可能ではあるものの、値を小さくするとダマシは少なくなりますが、シグナルのタイミングが遅れてしまい、大きくしすぎるとダマシが多くなってしまいます。

まずは適切な初期値で使ってみましょう。

パラボリックのエントリー・エグジットのコツ

パラボリックのシグナルは、他のテクニカル指標に比べて比較的遅めに出現する特徴があります。

例えば日足でサインが現れたら、それよりも短い時間足でエントリーするのがおすすめです。

 

一例として、以下8時間足の白枠部分にご注目ください。

参考チャート:外為どっとコム [2016年6月 米ドル/円 8時間足]

パラボリックは長期でトレンドの方向性を確認

買いサイン点灯中の期間を、短期間の足で見てみましょう。

 

こちらが先ほどの該当期間の1時間足になります。

60分足のパラボリック

こうしてみると、短期のほうがシグナルが多く発生しています。

画像中央あたりで、もみ合っているのが見てわかると思います。

 

さらに拡大して見てみましょう。

短期だとSARのダマシが多くなりやすい

最初から短期の時間足だけで分析した場合、こういったダマシが多くなってしまいます。

 

決済時は、再び長期の足で探ることで、短期の足のダマシを極力排除することが、パラボリックのコツとなります。

 

日足でトレンドとシグナル確認 → 1時間足でエントリー → 日足でエグジット

SARが現れたからといってすぐにエントリーしても、相場が小休止であったりと、すぐに転換しないこともよくあります。

ここでおすすめなのが、「SARが2〜3個出現」し、トレンドの方向性がしっかり現れてからエントリー・エグジットするやり方です。

SARが2〜3個出現すれば、陽線や陰線も連続して現れている場合が多いことから、トレンドがが判断しやすくなります。

 

いわゆる、トレンドの中心部分を狙った手法となるため、天底での売買に比べると利幅は小さくなるものの、はっきりトレンドが出てからエントリーすることから、リスクを抑えられる可能性が高まるという訳です。

パラボリックの注意点は?

パラボリックは値動きが大きい相場のとき以外は、ダマシが多く上手く機能しません。

トレンドのない相場が苦手なのです。

レンジ相場や相場がもみ合っているときはサインが遅れたり、頻繁にシグナルが出現してしまいます。このような局面であれば、RSIなどオシレーター系が有効的となってきます。

なお、考案者であるJ・W・ワイルダーはDMIのADXを併用して、トレンドが現れている相場でパラボリックを使うことを推奨しています。

【まとめ】パラボリックの売買サインなど

基本的な使い方をまとめました。

パラボリックの基本

ローソク足がSARの上なら上昇トレンド。

ローソク足がSARの下なら下降トレンド。

パラボリックの買いサイン

下降トレンドのとき、ローソク足がSARを上抜けたら買いサイン。

パラボリックの売りサイン

上昇トレンドのとき、ローソク足がSARを下抜けたら売りサイン。

各社のチャートを比較するなら、こちらのページもご覧ください。

各FX会社のチャートをさまざまな角度から徹底比較!

おすすめチャートのFX会社

外為どっとコムならブラウザ版、インストール版どちらにも対応!さらに相場予測に役立つ、顧客の注文ボリュームや通貨の変動率をチェックすることができます。

外為どっとコム「外貨NEXTネオ」

* FX4部門において2年連続No.1の外為どっとコムは、業界最多11種類の注文方法を用意!
最狭水準のスプレッド、1,000通貨対応、デモ取引OKとバランスの良さで選ぶならココ!

外貨NEXT NEOは約定スピードが早く、チャートから発注・取消ができるため、短期売買に向いています。

FX口座数は40万口座以上と業界トップクラスを誇り、自己資本規制比率が高く、24時間電話サポート(23時から翌朝7時まではお電話でのご注文の受付のみ)もあるので初心者も安心して取引ができます!

また、一般的に両建ては推奨されるものではありませんが、実は外為どっとコムでは、全ての通貨ペアにおいてスワップポイントは買いと売りが同額の一本値で提供されています。つまり、両建て時のスワップ差分が発生しないのが、外為どっとコムの特徴です。

スワップポイントは高く、トルコリラ/円は最高水準のスワップが付与しますので、長期トレーダーも嬉しいですね。

取引システムはリッチアプリ版とブラウザ版がありますが、どちらも軽快に動作しますので、両方共試してみて、自分に合った方を選ぶといいでしょう。

オンラインセミナーのほか、外為どっとコム本社で毎月トレーダーのレベルに合わせた会場セミナーも参加費無料で開催していますので、外為どっとコムなら学びながらステップができます!


外為どっとコム

* FX「取引ツールの使いやすさ」「お客様サポート体制」「情報量」「システムの安定性」の4部門。
『FX取引者におけるFX会社イメージ調査(2015年6月時点)』
(企画:株式会社外為どっとコム 調査機関:株式会社クロス・マーケティング)

スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.3銭
*原則固定
0.6銭
*原則固定
1.1銭
*原則固定
0.7銭
*原則固定
1.4銭
*原則固定
1.7銭
*原則固定
1.8銭
*原則固定
0.5pips
*原則固定

* 例外あり

通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
1,000
通貨単位
なし 20
通貨ペア
17
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
外為どっとコム「外貨NEXT NEO」の口座開設キャンペーン情報

2017年9月30日(土)取引終了時までのキャンペーン期間中に、新規で口座開設し、取引条件を達成すれば最大30,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料で外為どっとコム「外貨NEXT NEO」の口座開設ができます!

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

無料の分析ツール

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!