ローソク足の見方・使い方|陽線・陰線と4つの価格、形状の特徴を解説

FXのテクニカル分析において、もっとも基本となるのがこの「ローソク足」です。
ラインチャートやバーチャートもありますが、過去の値動きを知るには、ローソク足チャートがもっとも優れています。

ローソク足の見方について解説します。

ローソク足はテクニカル分析のキホン

英語圏ではローソク足をそのまま直訳して、キャンドルチャートと呼ばれています。
FXにはさまざまなテクニカル分析がありますが、ローソク足チャートはテクニカル分析の基本です。

このローソク足チャートは、実は江戸時代の日本人によって考案されました。ラインチャートにはない繊細な値動きを判断できるため、今や世界の標準的なチャートとして使われています。

ローソク足は江戸時代に出羽国の本間宗久が発案し、大阪・堂島の米取引で使われたといわれている。現在は日本国内だけでなく、世界中のヘッジファンドや個人投資家の間でもローソク足チャートを中心軸において取引をしている。

引用元:Wikipedia

海外ではラインチャートが使われることもありますが、チャート分析としては優れていません。まずは主流となるローソク足の見方をしっかりと身につけましょう!

ローソク足の見方は “4つのレート” がポイント

ローソク足の見方ですが、ある一定期間の4つのレート(四本値)を、1本のローソク足として表されます。

  • 始値(はじめね):その期間内の「最初のレート」
  • 終値(おわりね):その期間内の「最後のレート」
  • 高値(たかね):その期間内の「もっとも高いレート」
  • 安値(やすね):その期間内の「もっとも安いレート」

そしてローソク足は、始値よりも終値のレートが高ければ「陽線」、始値よりも終値のレートが低いければ「陰線」となります。

陽線の見方

始値よりも終値のレートが高いとき、陽線で表されます。
つまり、陽線が続いているときは、上昇局面となります。

陽線の見方

陰線の見方

始値よりも終値のレートが低いとき、陰線で表されます。
つまり、陰線が続いているときは、下降局面となります。

陰線の見方

ローソクは白黒で表示されることもありますが、国内では赤と青が一般的です。

※海外では道路の信号と同じく、上昇は緑、下落は赤で統一されていますが、逆に日本では上昇が赤、下落が青が多く、また統一されておりません。

ローソク足が陽線・陰線になるメカニズム

それでは、実際にチャートがどんな動きをして陽線・陰線になるのでしょうか。

日足でいうと下記となります。

米国が標準時間のとき
(11月第1日曜日~3月第2日曜日)
日本時間AM7:00〜翌AM7:00
米国がサマータイムのとき
(3月第2日曜日~11月第1日曜日)
月曜日:日本時間AM7:00〜翌AM6:00
火〜金曜日:日本時間AM6:00〜翌AM6:00

こちらはメンテナンス時間を考慮していませんが、その日の営業日終了時刻前(標準時間ならAM7:00)に5分〜30分ほどにメンテナンスが行われることから、当日の取引時間は24時間よりも若干短くなります。メンテナンス時間は業者ごとに異なり、通常メンテナンス中は取引ができません。

標準時間なら日本時間7:00、サマータイム時は日本時間6:00が、NYクローズ(当日営業日の終了&翌営業日のスタート)となります。

ただし月曜日に関しては、標準時間・サマータイム関わらず7:00からマーケットオープンとなります。

 

実際のチャートで見ると、このようになります。

2020年3月13日(金)は、マーケットオープンからマーケットクローズにかけて大きく上昇しました。そのため日足では、実体の長い大陽線となりました。

ローソク足で日足になるメカニズム

 

この日足を15分で表示したときのチャートが以下です。

日足を構成するマーケットオープンからマーケットクローズまでの値動き

サマータイム時の月曜日以外はAM6:00〜翌AM6:00が1営業日です。ですのでAM6:00のレートが始値、翌AM6:00レートが終値となります。

そしてこの期間内の安値、高値が、日足を構成する安値と高値となります。

最終的には、この日のローソク足は、始値と終値で実体が、安値と高値でヒゲが形成された形となりました。

 

マーケットでは、とくに金曜日の終値(土曜日AM6:00またはAM7:00)が重要視されています。なぜなら金曜日の終値がどのレートになるかが、その週の週足を作り、翌週のマーケットへ影響を与えるからです。

さらに当月の最終営業日はどのレートであるかが、月足の陰陽や形状を決定付けます。

週足や月足ができあがったとき、終値によっては直近の転換点を抜いたり、移動平均線がクロスしたりトレンド継続を示唆することから、市場関係者はNY終値を重視しているのです。

ローソク足の種類を見てみよう

ローソク足には、ヒゲと実体の組み合わせごとに、陽線や陰線、十字線があり、これらは足型と呼ばれます。
全部の名前を覚える必要はありませんが、なぜ現在の相場がこのような足型になっているのか、感覚的に知ることが大切です。

陽線の種類

形状名称俗称性質
陽線1大陽線陽の丸坊主始値が安値で、終値が高値の長い型。
先高の可能性大。
転換点になる場合も。
陽線2陽の大引坊主大陽線で下に短いヒゲがある型。
先高の可能性大。
連続下げ後は特に強気。
陽線3大陽線で上下に短いヒゲがある型。
先高の可能性大。
陽線4陽の寄付坊主上に短いヒゲが出た長い陽線。
高値圏で出た場合は要注意。
中陽線中陽線上下に短いヒゲがある中陽線。
保ち合い相場を示す。
小陽線小陽線コマ
陽の極線
上下に短いヒゲがあり、実体も短い型。
方向性がはっきりしない。
下影陽線1下影陽線上ヒゲと実体が短く、下ヒゲが長い型。
先高の可能性大。
下影陽線2カラカサ
たくり線
長い下ヒゲがある、カラカサのような型。
下落トレンドで出ると、上昇を暗示。
上影陽線1上影陽線上ヒゲが長く、下ヒゲと実体が短い型。
先安の可能性大。
上影陽線1トンカチ
塔婆(トウバ)
長い上ヒゲがある、トンカチの様な型。
底値圏で出ると、上昇を暗示。

陰線の種類

形状名称俗称性質
大陰線1大陰線陰の丸坊主始値が高値で、終値が安値の長い型。
先安の可能性大。高値圏での出現は信頼度が高い。
大陰線2陰の大引坊主大陰線で
上に短いヒゲがある型。
先安の可能性大。
大陰線3大陰線で上下に短いヒゲがある型。先安の可能性大。
大陰線4陰の付坊主下に短いヒゲが出た
長い陰線。
安値圏で出た場合は、
弱い買いサイン。
中陰線中陰線上下に短いヒゲがある
中陽線。
保ち合い相場を示す。
小陰線小陰線コマ
陰の極線
上下に短いヒゲがあり、
実体も短い型。
方向性がはっきりしない。
上影陰線1上影陰線上ヒゲが長く、
下ヒゲと実体が短い型。
高値圏で出現した場合は、
下降を強く暗示。
上影陰線2トンカチ
塔婆
長い上ヒゲがある、
トンカチの様な型。
高値圏で出ると、
下降を暗示。
下影陰線1下影陰線上下ヒゲが長く、
上ヒゲと実体が短い型。
底値圏で出ると、
先高の可能性大。
下影陰線2カラカサ
たくり線
長い下ヒゲがある、
カラカサのような型。
底値圏で出ると上昇、
高値圏では下落を暗示。

十字線の種類

十字線は、寄引同時線とも呼ばれます。

形状名称性質
十字線《基本形》
十字線
上ヒゲ、下ヒゲともに比較的短く、十字に見える線。
相場がどちらにも動かず、様子見のときに現れやすい。
また、その後相場の流れが変わる可能性がある。
足長同時線、寄せ線足長同時線
足長クロス
寄せ線
上ヒゲ・下ヒゲともに長く、売りと買いが等しい状態。
どちらか傾いたほうに大きく動く可能性大。
酒田五法では天底の暗示とされ、安値圏の出現は買いサイン、
高値圏の出現は売りサインを暗示。
トンボトンボ下ヒゲが長く、上ヒゲはないか短い同時線。
高値圏の出現は売り、安値圏の出現は買いと転換のサインを暗示。
塔婆(トウバ)塔婆上ヒゲが長く、下ヒゲは無いか短い同時線。
高値圏の出現は売り、安値圏での出現は買いと転換のサインを暗示。
一本線、4値同時一本線
4値同時足
4値(始値・高値・安値・終値)が全て同じ状態。
勢いがなく、停滞している相場。

ローソク足の期間について

先ほどもお話しましたが、ローソク足は、ある一定の期間を表します。
例えば、「30分足であれば、その30分の間の値動きが表される。」という仕組みです。
日足であれば、ローソク足1本は1日を表す、ということになります。

FXでは、このローソク足の期間を1分足、5分足、10分足、30分足、60分足、4時間足、8時間足、日足、月足などと変更して、チャート分析を行います。

ローソク足の期間ですが、各トレーダーごとの手法によって、個人ごとに異なります。
しかし共通して言えるのは、長期的な値動きの傾向は、日足や月足でトレンドを見つつ、短期的な値動きの傾向は5分、30分、60分などの短期間のローソク足でチェックします。

FXは個人によって売買のタイミングが異なるため、実はチャート分析は、プロのやり方をすれば必ず上手くいく、というものではありません。
最初のうちは、ローソク足の期間を何度も変えてみて、自分にはどのような見方が合っているのか、追求してみてください。
そうして繰り返しチャートを眺めていると、自分に合ったローソク足の期間がきっとみつかるはずです!

ローソク足の使い方は?

ローソク足の使い方としてもっとも知られているのが、酒田五法です。
酒田五法とは、江戸時代の天才相場師、本間宗久によって考案された、ローソク足の並びを基本としたテクニカル分析のひとつです。
値動きの傾向は「5つの法則」からなるとして、酒田五法が編み出されました。
今日では、この酒田五法が、売買タイミングを計るテクニカル分析の基礎として定着しています。

またローソク足チャートでは、テクニカル分析の基本である、移動平均線(SMA)とも組み合わせて頻繁に利用されます。
当サイト内で、どちらも詳しく解説していますので、焦らずに、少しづつ学んでステップアップしていきましょう!

各社のチャート機能は、こちらのページで詳しくご紹介しています。

関連記事

スプレッドの狭さや1,000通貨対応、通貨ペア数など、FX会社選びには実に多くの要素があります。FXは取引をするほど、取引画面に接する時間は長くなりますよね。ですから取引ツールやチャートの使いやすさというのは、FX取引において重[…]

チャート・取引ツール比較

おすすめチャートのFX会社

YJFX!のチャートはインストール不要のブラウザ版ながらも、インストール版のような保存機能を搭載!軽快ながらも、正確にトレンドライン描画できる高機能さが魅力です!

YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年12月12日(木) 〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

足種のキホン「ローソク足」について解説!
最新情報をチェックしよう!