YJFX!「Exチャート」の機能から便利な使い方まで徹底解説!

YJFX!「Exチャート」の機能から便利な使い方まで徹底解説!

大手ヤフーグループのYJFX!は、初心者から上級者まで取引経験に関わらず、多くのトレーダーから人気のFX会社です。

そんなYJFX!が提供するWebブラウザ版チャート「EXチャート」は、高機能でありつつ軽快な動作が魅力。FXビギナーにも扱いやすいEXチャートについて詳しくご紹介します。

YJFX! Exチャートの特徴は?

多機能チャートツール Exチャート

Exチャートはブラウザ版なのでインストールする必要もなく、Windows/Macどちらでも使えるチャートシステムです。
一般的なインストール版チャートと異なり、パソコンの容量を気にすることなく手軽に使うことができます。

まずはじめに、Exチャートの特徴をまとめておきます。

  • 直感的に操作できるチャートシステム。
  • ローソク足以外にも、平均足やラインチャートなども利用可能。
  • 搭載テクニカル指標が多く、人気のテクニカル指標を利用できる。
  • 複数選択モードを使えば、一括で設定変更可能。
  • マグネットモードにより、ローソク足の狙った位置に正確にライン描画ができる。
  • 手動でフィボナッチを思い通りの位置に引ける。
  • オシレーター系にもライン描画が可能!
  • ブラウザ版にも関わらず、チャート設定が自動保存される。

テクニカル指標は、平均的なチャートシステムよりも豊富に搭載されています。
便利な機能(複数選択モード、マグネットモード)により、とても操作しやすいチャートへと仕上がっています。

EXチャートの起動方法

それではExチャートの起動方法から見ていきましょう。

YJFX!で口座開設済みの方は、FX口座の外貨exにログインしてください。

外貨exのログイン手順

外貨exのトップページが表示されたら、上部のメニューにある「Exチャート」をクリックしましょう。

Exチャートをクリックして起動!

そうすると、別画面でExチャートが表示されます。

インストール版取引ツール「Cymo NEXT」から起動させることも可能です。Cymo NEXTにログインしたら、上部の「チャート」をクリックすれば、EXチャートを表示できます。

Cymo NEXTからも起動できる!

これまでの手順でExチャートを表示できないときは、たいがいがOSかブラウザのバージョンに問題あると思ってください。
OSはWindows7以上、MacはOS X 10.11以上が動作推奨環境となっています。
ブラウザに関しては、ExチャートはHTML5というプログラムでできたチャートですので、基本的にはどのブラウザ(Internet Explorer, Microsoft Edge, Firefox, Google Chrome, Safari)からでも閲覧ができます。

上記の動作推奨環境を満たしていても表示されないときは、セキュリティソフトが干渉しているか、JavaScriptがブラウザの設定でONになっているか(OFFだと表示されない)を確認してみてください。

チャート画面の基本構成

操作を行うボタンは、大きく3つのブロックに分かれています。

Exチャートの見方

基本的なチャートの設定はツールバーから行い、チャートへの描画はトレンドラインバーから操作ができます。
操作対象とするチャートはタブバーから選択するのが、基本的な使い方となります。

テクニカル指標が豊富!

Exチャートはトレンド系、オシレーター系合わせて全32種類のテクニカル指標を搭載しています。

Pivotや、ヒストグラム(デフォルトで表示される黄色の棒グラフ)対応のMACDをはじめ、多彩な分析に役立つテクニカル指標が揃っています。

トレンド系(16種類)

  • 平均足
  • 単純移動平均線(SMA)
  • 指数平滑移動平均線(EMA)
  • 加重移動平均線(WMA)
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • スーパーボリンジャー
  • ジグザグ
  • HLバンド
  • パラボリックSAR
  • エンベロープ
  • 回帰トレンド
  • 線刑回帰分析
  • GMMA
  • スパンモデル
  • Pivot(ピボットポイント)

オシレーター系(16種類)

  • MACD(ヒストグラム対応)
  • RSI
  • RCI
  • ストキャスティクス
  • DMI
  • CCI
  • モメンタム
  • ATR
  • ROC
  • DPO
  • 移動平均乖離率
  • %価格オシレーター
  • アルーン・インジケーター
  • アルーン・オシレーター
  • ウィリアムズ%R
  • アルティメット・オシレーター

スパンモデル、スーパーボリンジャーを搭載!

Exチャートで注目すべきなのが、マーフィー(柾木利彦氏)が開発した人気のテクニカル指標、スパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載している点です。

Exチャートにスパンモデルとスーパーボリンジャーを表示

基本的に2つは組み合わせて使うのですが、相場の動きが読みやすいとテクニカル派トレーダーから好評です。もちろん短期・中長期どちらも利用可能ですので、分析重視の方はぜひ使ってみてください。

GMMAも利用可能!

GMMA(複合型移動平均線)は、相場のトレンドが視覚的に分かりやすいと、近年ファンも多いテクニカル指標です。

ExチャートにGMMAを表示

利用できる業者はそう多くはありませんので、ご利用される際にはお試ししてみてはいかがでしょうか。

画面は最大6分割まで対応

それでは分割チャートの設定方法を見ていきましょう。

ツールバーにある「+」ボタンをクリックすれば、チャートの追加ができます。

チャートの新規追加

分割ボタンできれいにまとめることができます。
水平分割では横に長い表示となります。

水平分割

垂直分割では縦に長い表示となります。

垂直分割

マグネットモードの使い方

マグネットモードを使うと、狙った位置に正確にトレンドラインを引くことができます。

【基本】トレンドラインの描画方法

マグネットモードをONにした状態で、トレンドラインボタンをクリックしてください。
ラインを引きたいローソク足にカーソルを動かすと、赤い丸が吸いつくように追従します。

始点と終点をそれぞれクリックすれば、ローソク足のヒゲにもきれいに描くことができます。

マグネットモードを選択すると、ヒゲに吸い付くように引ける

なおExチャートはオシレーター部分にライン描画できることも魅力となっています。

Exチャートはオシレーター系にも描画できる!

上図はMACDでの描画例ですが、ラインが分かりやすいようにテーマカラーを変更してみました。
オシレーター系はマグネットモードに非対応ですが、Exチャートはオシレーター部分にも描画できるので多彩な分析にも役立ちます。

【応用】フィボナッチ・リトレースメントの描画方法

単にフィボナッチというとフィボナッチ・リトレースメントのことを指しますが、押しや戻りの判断に便利な分析手法として広く使われています。
こちらもマグネットモードで引くと、正確に描画することができます。

Exチャートでフィボナッチの描画方法

例えば上昇トレンドのとき、一時的に下がったときの売買ポイントはどのあたりかを探りたいときも、Exチャートならかんたんです。

上昇しているときは安値から高値へ、下落しているときは高値から安値に向かって引きましょう。
必ず左から右に向かって描くようにするのもポイントです。

なお他社のフィボナッチツールには自動描画されるチャートも多く、自分で考える位置に描画できないタイプも多いです。しかしExチャートは手動描画ですので、思い通りの位置に描画できる利点があります。

複数選択モードの使い方

複数選択モードを使うと、複数チャートをかんたんに設定できます。

変更可能な項目は以下です。

  • 通貨ペア
  • 足種(ローソク足の時間)
  • チャートタイプ(平均足、ローソク足など)
  • Bid/Ask
  • チャートの表示本数
  • テクニカル指標

これらをまとめて表示させたり、変更することができます。
それでは使い方を見ていきましょう。

まず画面右下にある「複数選択モード」をクリックします。

複数選択モードをクリック!

一括選択をクリックすると、全てにチェックが入ります。変更したいタブにチェックを入れましょう。

一括選択をクリックしチェックを確認

たとえばテクニカル指標を表示させるなら、この状態で表示せたい指標名を選ぶだけです。

複数チャートが一括で変更となる

複数選択モードを使えば、6つのチャート全ての通貨ペアを変更させるにも、パパっと行うことができますね。

一般的なブラウザ版チャートは、チャート画面を閉じて再度起動すると、表示設定がリセットされます。しかしExチャートは、通貨ペア・テクニカル指標・トレンドライン描画の設定がそのままなのも他社にはない魅力です。

高機能なブラウザ版チャートを使いたい方は、ぜひYJFX!のExチャートをご検討ください。

Exチャートのスペック

足種

11種類

 

  • ティック
  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 2時間足
  • 4時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
通貨ペア数

22通貨ペア

 

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/米ドル
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • ポンド/円
  • スイスフラン/円
  • カナダドル/円
  • ポンド/米ドル
  • 南アフリカランド/円
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • 人民元/円
  • 香港ドル/円
  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • ユーロ/スイスフラン
  • ポンド/スイスフラン
  • 豪ドル/スイスフラン
  • カナダドル/スイスフラン
  • 米ドル/香港ドル
チャートタイプ ローソク足 / 平均足 / ラインチャート / バーチャート / ドットチャート
テクニカル指標

32種類

 

【トレンド系】

  • 平均足
  • 単純移動平均線(SMA)
  • 指数平滑移動平均線(EMA)
  • 加重移動平均線(WMA)
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • スーパーボリンジャー
  • ジグザグ
  • HLバンド
  • パラボリックSAR
  • エンベロープ
  • 回帰トレンド
  • 線刑回帰分析
  • GMMA
  • スパンモデル
  • Pivot(ピボットポイント)

【オシレーター系】

  • MACD(ヒストグラム対応)
  • RSI
  • RCI
  • ストキャスティクス
  • DMI
  • CCI
  • モメンタム
  • ATR
  • ROC
  • DPO
  • 移動平均乖離率
  • %価格オシレーター
  • アルーン・インジケーター
  • アルーン・オシレーター
  • ウィリアムズ%R
  • アルティメット・オシレーター
描画オブジェクト

種類

 

  • ホリゾンタルライン(水平線)
  • バーティカルライン(垂直線)
  • トレンドライン
  • レクタングル(四角)
  • フィボナッチアーク
  • フィボナッチリトレースメント
  • フィボナッチターゲット
  • フィボナッチファン
画面分割 最大6画面
注文機能
比較チャート機能

ニュース連動チャート
指定レート通知
デモトレード
売買シグナル

YJFX!「外貨ex」

はじめよう!FX投資するなら ヤフーグループのFX YJFX!

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらTポイントを貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年2月1日(木) からのキャンペーン期間中に、新規で口座開設し、取引をして条件を達成すれば、最大27,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料でYJFX!の口座開設ができます!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!