シグナルトレード搭載!SBI FXトレードのインストール版ツール「Rich Client NEXT」徹底解説!

SBI FXトレードといえば、少額から取引できる魅力を備えたFX業者です。

業者選びにあたり、取引ツールの機能も重要となってきますよね。

SBI FXトレードのRich Client NEXT(リッチ・クライアント・ネクスト)は、強力な分析機能を搭載しているインストール版取引ツールです。

それでは、Rich Client NEXTの特徴から使い方まで、詳しく解説していきます。

Rich Client NEXTの機能

リッチクライアント版取引ツール

特筆すべき機能を先にまとめると、以下の通りです。

  • 当日のローソク足を把握しやすいプライスボード。
  • スピーディーな発注ができる。
  • テクニカル指標、描画ツールが豊富。
  • 複数の画面を別々に表示できるマルチモニターに対応。
  • 売買シグナルを表示させ、すぐにトレードできる。

とくに、レートを一覧で見れる「プライスボード」、売買シグナル機能のある「シグナルトレード」が秀逸です。

当日のローソク足が大きく見れるプライスボード

まずは取引画面から見ていきましょう。

画面左側にあるプライスボードに注目してください。
簡易チャートとレートパネルによって、値動きと現在レートをかんたんにチェックしやすい構成です。

Rich Client NEXTの取引画面
Rich Client NEXTの取引画面

簡易チャートとレートパネルの間にあるのは「当日のローソク足」で、他社製ツールではまず見られない機能です。

当日のローソク足が大きく表示されていることで、必然的にローソク足のニュアンスを読み取る取引に役立ちますね。

酒田五法プライスアクションに注目したトレードにと相性が抜群な取引ツールとなっています。

2WAY注文でスピーディーに発注!

SBI FXトレードの注文種類ですが、まず基本となるのが成行注文、指値注文・逆指値注文、OCO注文、IFD注文、IFD-OCO注文です。

さらに決済時は、自動で利益を追求可能なトレール注文ができたり、全決済やワンクリックでの決済にも対応しています。

このほか注目すべき注文方法が、2WAY注文(ツーウェイ注文)です。

Rich Client NEXTに搭載された2WAY注文
2WAY注文

2WAY注文は、スリッページ設定付きで、発注時に両建ての有無を選べる成行注文といったイメージです。
また成行注文と違って、プライスボード(売りレート・買いレートの部分)から直接発注できる特徴を備えています。

この2WAY注文ですが、スリッページと両建てするかの設定さえしておけば、レート部分のタップだけで売買が完結します。
そのため、デイトレードのような短期売買とかなり相性がいい注文となっています。

発注もできる高性能チャート

機能的に全部使わないんじゃない?って思う程、チャートには多くの機能が搭載されています。

テクニカル指標は全部で29種類(トレンド系10種類、オシレーター系19種類)が用意されています。

トレンド系テクニカル指標で注目なのが、自動トレンドラインフィボナッチです。

チャートに表示させた自動トレンドラインとフィボナッチ
自動トレンドラインとフィボナッチ

これは他社ではあまり見かけないのですが、選ぶだけでトレンドライン、フィボナッチ・リトレースメントを自動描画してくれるテクニカル指標となっています。
どの範囲を算出の対象にするのか指定も可能です。

ちなみに自動トレンドライン、フィボナッチは両方とも、現在もリリースされている旧型のスマートフォンアプリに搭載されているので、こちらも合わせて試してみてください。

なおチャート上で右クリックすると、注文の種類が一覧表示されます。

以下はチャートの右端、現在レート付近で右クリックした例です。

チャート上の右クリックで発注が可能
チャート発注の例

この辺りで待ち構えて発注したいと考えているときでも、注文したいレートのあたりで右クリックすれば、指値注文・逆指値注文で直感的に発注することができますね。

新規注文後は、チャート上に表示されるアイコンを直感的に動かして発注レートを変更したり、決済することも可能です。

シグナルトレードでトレードチャンスを逃さない!

Rich Client NEXTでもっとも目玉機能と言えるのが、「シグナルトレード」です。

シグナルトレードとは、テクニカル指標ごとの売買シグナルをチャートに表示させることで、売買タイミングが把握しやすくなる機能です。

シグナルトレードでシグナルを表示させた例
シグナルトレードの例

シグナルトレードは以下の売買シグナルが対応しています。

  • CCIによる±100%ライン超えからの戻り(逆張り)
  • MACDのゼロライン上抜け/下抜け
  • MACDとシグナルのゴールデンクロス/デットクロス
  • ROCとゼロラインのゴールデンクロス/デットクロス
  • RSIラインの30%ライン上抜け/70%ライン下抜け
  • ストキャスティクスSLOWの20%ライン上抜け/80%ライン下抜け
  • パラボリックSARのトレンド反転(逆張り)
  • ボリンジャーバンドのσライン連続上抜け/連続下抜け(逆張り)
  • 移動平均のゴールデンクロス/デッドクロス(5, 20)
  • 一目均衡表_遅行スパンの25本前上抜け/下抜け
  • 一目均衡表_転換線の基準線上抜け/下抜け
  • 指数平滑移動平均のゴールデンクロス/デッドクロス(5, 20)

シグナル設定時に「表示する(シグナル点灯時にホップアップ)」で設定を行い、シグナルがチャート上に点灯したら、以下のように画面上で通知が行われます。

「シグナルの詳細情報」がホップアップで通知した例
ホップアップ例

このまま任意の注文で、新規注文か決済ができます。

シグナルトレードを使えば、シグナル発動のチャンスを逃がすことなくトレードに生かすことができますね。

多彩な情報へ瞬時にアクセス

上部タブの「投資情報」からニュース、経済指標、マーケット情報(SBI FXトレードによるレポート等)の投資情報にアクセスできます。

マーケット情報やシミュレーション機能へのアクセス方法
多彩な情報にアクセスできる!

各種シミュレーションでは「AI為替予想シミュレーション」「スワップポイントシミュレーション」「ロスカットシミュレーション」「積立FXシミュレーション」と、取引に役立つ多彩なシミュレーション機能が便利です。

取引ツールにログインしてからAI為替シミュレーションにアクセスすれば、機能制限なしでフル機能を使えるので、ぜひお試ししてみてください。

関連記事

近年FX業界では、AI(人工知能)の技術をFXに使ったサービスが注目を浴びています。たとえば、 AIが顧客の質問に答えるAIチャット AIが学習して自動売買を行ってくれる Aiが取引の改善を診断してくれる[…]

SBI FXトレードの「AI為替予想シミュレーション」を徹底解説!

プロ仕様のマルチモニターに対応

マルチモニター(複数のPCモニターに取引画面やチャートを表示させること)対応の取引ツールはあまり多くありませんが、Rich Client NEXTはマルチモニターに対応しています。

Rich Client NEXTはマルチモニター対応
マルチモニターに対応!

※複数のモニターを繋いでいる方は、上部の「ファイル」→「MDI <–> SDI」で画面の表示形式を変更できます。

  • MDI:各ウインドウが親ウインドウの中に表示される形式(標準)
  • SDI:個々のウインドウを独立表示する形式

マルチモニター化は少数派かもしれませんが、SBI FXトレードで本格的なトレード環境を構築したい方はお試しされてみてはいかがでしょうか。

SBI FXトレードのRich Client NEXT【まとめ】

SBI FXトレードではWebブラウザ版のツールも提供していますが、FXがはじめての方は、ぜひ最初からRich Client NEXTを使ってみてください。

やはりテクニカル派トレーダーには、当日のローソク足に注目してトレードできるプライスボードが秀逸ではないでしょうか。

またシグナルトレードで売買タイミングを探れること2WAY注文でチャンスを逃さず高速発注できることがRich Client NEXTのならではの魅力です。

参考リンク:SBI FXTRADE – Rich Client NEXT 操作マニュアル –

「Rich Client NEXT」のスペック

足種
13種類
  • TICK
  • 1分足
  • 5分足
  • 10分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 60分足
  • 2時間足
  • 4時間足
  • 8時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
通貨ペア数
30通貨ペア
  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • 南アランド円
  • トルコリラ/円
  • 人民元/円
  • 韓国ウォン/円
  • 香港ドル/円
  • 露ルーブル/円
  • ブラジルレアル/円
  • ポーランドズロチ/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • ノルウェークローネ/円
  • メキシコペソ/円
  • シンガポールドル/円
  • ユーロ/米ドル
  • ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • 米ドル/カナダドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • 米ドル/人民元
  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • ユーロ/NZドル
  • ユーロ/スイスフラン
  • ポンド/豪ドル
  • ポンド/スイスフラン
  • 豪ドル/NZドル
  • 豪ドル/スイスフラン
チャートタイプローソク足 / バーチャート / ラインチャート
テクニカル指標
29種類

【トレンド系】

  • 移動平均線(SMA)
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • パラボリックSAR
  • エンベロープ
  • ピポット・ポイント
  • フィボナッチ
  • 指数平滑移動平均(EMA)
  • 自動トレンドライン
  • HLバンド

【オシレーター系】

  • CCI
  • 乖離率
  • サイコロジカルライン
  • 強弱レシオ
  • ADX
  • CV
  • RSI
  • STDEV
  • ストキャスティクFAST
  • ストキャスティクSLOW
  • SONAR
  • ウィリアムズ%R
  • DEMARK
  • ROC
  • REVERSE
  • DMI
  • MACD
  • MADC
  • OSC
  • RCI
描画オブジェクト
21種類
  • トレンドライン
  • ライン
  • 水平線
  • 垂直線
  • フィボナッチ・アーク
  • フィボナッチ・ファン
  • フィボナッチ・リトレースメント
  • フィボナッチ・タイムゾーン
  • 一目均衡1
  • 一目均衡2
  • ギャン・ファン・アップ
  • ギャン・ファン・ダウン
  • スピードライン
  • アンドリュース・ピッチフォーク
  • アングル
  • 線形回帰線
  • Raff回帰チャネル
  • 標準偏差チャネル
  • 標準誤差チャネル
  • 三分割線
  • 四分割線
画面分割チャート:最大30画面
マルチモニターに対応!
注文機能
比較チャート機能
ニュース連動チャート
指定レート通知
デモトレード
売買シグナル
SBI FXトレード

少額からFXをはじめるなら、SBI FXトレードで決まり!

最小で約5円と、FX業界においてもっとも小さい金額から取引できる業者なので、まずはお試し感覚ながらも本番環境にチャレンジしたい方に向く業者です。

全34通貨ペアと豊富なマイナー通貨を用意しているため、高金利通貨を狙ったトレードにも向いています。

秀逸なのが「AI為替予想シミュレーション」で、会員の方ならAIが自動で予想する未来の値動きを知ることができるのもポイント!

SBI FXトレードの口座開設キャンペーン情報

2021年1月15日(金)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大30,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でSBI FXトレードの口座開設ができます!

SBI FXトレード|シグナルトレードチャート搭載!「Rich Client NEXT」徹底解説!
最新情報をチェックしよう!