ローソク足の見方・使い方

FXのテクニカル分析において、もっとも基本となるのが、このローソク足チャートです。

ローソク足を使ってチャートを表示させることから、ローソク足チャートや、ローソクチャートとも言われます。

FXにはさまざまなテクニカル分析がありますが、ローソク足チャートはテクニカル分析の基本です。


余談になりますが、このローソク足、実は江戸時代に昔の日本人が考案されたという背景があるせいか、やはり国内でははもっともメジャーな存在です。


ローソク足は江戸時代に出羽国の本間宗久が発案し、大阪・堂島の米取引で使われたといわれている。現在は日本国内だけでなく、世界中のヘッジファンドや個人投資家の間でもローソク足チャートを中心軸において取引をしている。

Wikipediaより

海外ではラインチャートが使われることもありますが、基本的には世界共通でローソク足チャートが主流ですので、まずはローソク足の見方をしっかりと身につけましょう!

ローソク足の見方は "4つのレート" がポイント

ローソク足の見方ですが、ある一定期間の4つのレート(四本値)を、1本のローソク足として表されます。

  • 始値(はじめね) その期間内の、最初のレート
  • 終値(おわりね) その期間内の、最後のレート
  • 高値(たかね) その期間内の、もっとも高いレート
  • 安値(やすね) その期間内の、もっとも安いレート

そしてローソク足は、始値よりも終値のレートが高ければ「陽線」、
反対に、始値よりも終値のレートが低いければ「陰線」となります。

ローソク足【陽線の見方】

始値よりも終値のレートが高いとき、陽線で表されます。

つまり、陽線が続いているときは、上昇局面となります。

陽線

ローソク足【陰線の見方】

始値よりも終値のレートが低いとき、陰線で表されます。

つまり、陰線が続いているときは、下降局面となります。

陰線

ローソクは白黒で表示されることもありますが、通常は赤と青が一般的です。

室温計のように、上がってきたら「赤」、下がってきたら「青」と考えれば、分かりやすいでしょう。

ローソク足の種類を見てみよう

ローソク足には、ヒゲと実体の組み合わせごとに、陽線や陰線、十字線があり、これらは足型と呼ばれます。

全部の名前を覚える必要はありませんが、なぜ現在の相場がこのような足型になっているのか、感覚的に知ることが大切です。

形状 名称 俗称 性質
大陽線1 大陽線 陽の
丸坊主
始値が安値で、
終値が高値の長い型。
先高の可能性大。
転換点になる場合も。
大陽線2 陽の
大引坊主
大陽線で
下に短いヒゲがある型。
先高の可能性大。
連続下げ後は特に強気。
大陽線3   大陽線で
上下に短いヒゲがある型。
先高の可能性大。
大陽線4 陽の
寄付坊主
上に短いヒゲが出た
長い陽線。
高値圏で出た場合は
要注意。
中陽線 中陽線   上下に短いヒゲがある
中陽線。
保ち合い相場を示す。
小陽線 小陽線 コマ
陽の極線
上下に短いヒゲがあり、
実体も短い型。
方向性がはっきりしない。
下影陽線1 下影陽線   上ヒゲと実体が短く、
下ヒゲが長い型。
先高の可能性大。
下影陽線2 カラカサ
たぐり線
長い下ヒゲがある、
カラカサのような型。
下落トレンドで出ると、
上昇を暗示。
上影陽線1 上影陽線   上ヒゲが長く、
下ヒゲと実体が短い型。
先安の可能性大。
上影陽線2 トンカチ
塔婆
長い上ヒゲがある、
トンカチの様な型。
底値圏で出ると、
上昇を暗示。
形状 名称 俗称 性質
大陰線1 大陰線 陰の
丸坊主
始値が高値で、
終値が安値の長い型。
先安の可能性大。
高値圏での出現は
信頼度が高い。
大陰線2 陰の
大引坊主
大陰線で
上に短いヒゲがある型。
先安の可能性大。
大陰線3   大陰線で
上下に短いヒゲがある型。
先安の可能性大。
大陰線4 陰の
寄付坊主
下に短いヒゲが出た
長い陰線。
安値圏で出た場合は、
弱い買いサイン。
中陰線 中陰線   上下に短いヒゲがある
中陽線。
保ち合い相場を示す。
小陰線 小陰線 コマ
陰の極線
上下に短いヒゲがあり、
実体も短い型。
方向性がはっきりしない。
上影陰線1 上影陰線   上ヒゲが長く、
下ヒゲと実体が短い型。
高値圏で出現した場合は、
下降を強く暗示。
上影陰線2 トンカチ
塔婆
長い上ヒゲがある、
トンカチの様な型。
高値圏で出ると、
下降を暗示。
下影陰線1 下影陰線   上下ヒゲが長く、
上ヒゲと実体が短い型。
底値圏で出ると、
先高の可能性大。
下影陰線2 カラカサ
たぐり線
長い下ヒゲがある、
カラカサのような型。
底値圏で出ると上昇、
高値圏では下落を暗示。

十字線は、同時線とも呼ばれます。

形状 名称 性質
十字線 十字線
[基本形]
上ヒゲ、下ヒゲともに比較的短く、
十字に見える線。
相場がどちらにも動かず、
様子見のときに現れやすい。
また、その後相場の流れが
変わる可能性がある。
足長同時線 足長クロス
[寄せ線]
上ヒゲ・下ヒゲともに長く、
売りと買いが等しい状態。
どちらか傾いたほうに
大きく動く可能性大。
酒田五法では天底の暗示とされ、
安値圏の出現は買いサイン、
高値圏の出現は売りサインを暗示。
トンボ トンボ 下ヒゲが長く、
上ヒゲはないか短い同時線。
高値圏の出現は売り、
安値圏の出現は買いと
転換のサインを暗示。
トウバ 塔婆
[トウバ]

上ヒゲが長く、
下ヒゲは無いか短い同時線。
高値圏の出現は売り、
安値圏での出現は買いと
転換のサインを暗示。
一本線 一本線
[4値同時足]
4値(始値・高値・安値・終値)
が全て同じ状態。
勢いがなく、停滞している相場。

ローソク足の期間について

先ほどもお話しましたが、ローソク足は、ある一定の期間を表します。

例えば、「30分足であれば、その30分の間の値動きが表される。」という仕組みです。

日足であれば、ローソク足1本は1日を表す、ということになります。

FXでは、このローソク足の期間を1分足、5分足、10分足、30分足、60分足、4時間足、8時間足、日足、月足などと変更して、チャート分析をおこないます。


このローソク足の期間ですが、各トレーダーごとの手法によって、個人ごとに異なります。

しかし共通して言えるのは、長期的な値動きの傾向は、日足や月足でトレンドを見つつ、短期的な値動きの傾向は5分、30分、60分などの短期間のローソク足でチェックします。

FXは個人によって売買のタイミングが異なるため、実はチャート分析は、プロのやり方をすれば必ず上手くいく、というものではありません。

最初のうちは、ローソク足の期間を何度も変えてみて、自分にはどのような見方が合っているのか、追求してみてください。

そうして繰り返しチャートを眺めていると、自分に合ったローソク足の期間がきっとみつかるはずです!

ローソク足の使い方は?

ローソク足の使い方としてもっとも知られているのが、酒田五法です。

酒田五法とは、江戸時代の天才相場師、本間宗久によって考案された、ローソク足の並びを基本としたテクニカル分析のひとつです。

値動きの傾向は「5つの法則」からなるとして、酒田五法が編み出されました。

今日では、この酒田五法が、売買タイミングを計るテクニカル分析の基礎として定着しています。

またローソク足チャートでは、テクニカル分析の基本である、移動平均線(SMA)とも組み合わせて頻繁に利用されます。

当サイト内で、どちらも詳しく解説していますので、焦らずに、少しづつ学んでステップアップしていきましょう!

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

無料の分析ツール

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!