CCIはオシレーター系だが、トレンド系手法にも対応!

テクニカル指標・オシレーター系

こちらのページでは、CCIの見方・使い方について解説していきます。

 

CCI

CCI(Commodity Channel Index、コモディティ・チャネル・インデックス)は、1980年にアメリカの投資家「ドナルド・M・ランバート」が開発した、オシレーター系のテクニカル指標です。

日本語に訳すと「商品チャネル指数」ということからも、もともとは商品市場(先物取引)向けに作られた指標です。

 

商品市場では、季節要因によって一定の周期で値動きが見られるため、その周期性を見極めるために考案された経緯があります。

この周期性は、価格推移には上昇・下降にともなう一定サイクルがあるとする考え方がベースとなっています。そこでCCIで「売られすぎ・買われすぎ」を判断して、相場の方向性を探っていく使い方となります。

 

今日ではFXや株式、債券などさまざまな金融市場で使われているCCIですが、アメリカではデイトレーダーが好んで利用しています。

CCIは価格の乖離に注目したテクニカル指標

CCIは、かんたんに言うと「現在価格がその日の高値・安値・終値の平均値の移動平均から、どれくらい離れているのか」を表す指標です。

 

計算式はちょっと複雑なのでここでは割愛しますが、計算には平均僅差や乖離の概念が含まれています。

そのため、トレンド系の要素を併せ持つボリンジャーバンド、移動平均乖離率と似たような傾向のある指標ということになります。

 

トレンド系とオシレーター系、どちらでもCCIを使うことができます。

画像を交えて解説していきますので、しっかり使い方を身につけていきましょう。

CCIを "逆張り" で使うオシレーター系の見方

オシレーター系のRSIやストキャスティクスと異なり、天井・底がないのがCCIの特徴です。

0〜100%の間を推移するのではなく、「±200%以上」「±300%以上」と大きな数値になったりします。

 

参考チャート:FXTF MT4 [米ドル/円、日足、2015年11月〜2016年5月頃のデータ]

CCIでトレンド判定

まず、CCIは0(ゼロライン)の交差でトレンドの転換とします。

0より上で上昇トレンド、0より下で下降トレンドと判断ができます。

 

CCIは100%を上抜けたら「売りサイン」、-100%を下抜けたら「買いサイン」とするのが逆張りの基本的な考え方となります。

この場合、「200%に達して反転したら天井圏」「-200%に達して反転したら大底圏」とすると、よりシグナルの精度が高まります。

CCI逆張りは±200%の反転が目安

±200%に達しなかったとしても、逆張りは「反転」に注目していきましょう。

 

また、オシレーター指標として見るなら「100%以上で買われすぎ」「-100%以下で売られすぎ」と判断することもできます。

このやり方だとダマシが多くなりますので、角度がより鋭角に反転するときをシグナルとすれば精度も高まります。

 

また、以下ダイバージェンスを見つけると、より信頼性が高くなります。

CCIのダイバージェンスに注目!

ダイバージェンスはオシレーター系指標に見られる、レートと指標の逆行現象のことです。

CCIでも有効的で、ダイバージェンスが発生したら強い売買シグナルを示唆します。

CCIのダイバージェンス

ダイバージェンスを探すには、「レートとCCIそれぞれの上値と上値」、または「レートとCCIそれぞれの下値と下値」にトレンドラインを描画することです。

レートは高値を更新しているものの、CCIが100%以上の水準で切り下がっていれば弱気のダイバージェンス、すなわち売りサインとなります。

反対に、レートは安値を更新しているものの、CCIが-100%以上の水準で切り上がっていれば強気のダイバージェンス、つまり買いサインとなります。

このときエントリーポイントは、「買い」ならローソク足がレジスタンスラインを上抜けしたときの「ブレイクアウト」が目安となります。

CCIを "順張り" で使うトレンド系の見方

CCIは、順張りとして使うことを好むトレーダーも多くいます。

 

順張りの考え方は先ほど解説した、0より上で上昇トレンド、0より下で下降トレンドをベースにすると分かりやすいです。

順張りのシグナルは100%を上抜いて買いサイン、-100%を下抜いて売りサインとなります。これは一方方向に大きく変動し、強いトレンドが発生していることを表します。

CCIを順張りで使う

その後CCIが反転したら、決済のポイントとなります。

ただ、この順張りにもダマシがありますので、あまり単体での使用はおすすめしません。

ボリンジャーバンドの+2σの上抜け、-2σの下抜け(ボラティリティ・ブレイクアウトという手法)や移動平均線などと合わせて使っていくようにしましょう。

CCIの注意点は?

順張り・逆張りともに、CCIの弱点として非常に反応が速いことによる「ダマシの多さ」が挙げられます。

反応が早いことで知られるEMAよりも早いので、CCI単体でもより精度の高い分析を心がけることが大切です。

異なった傾向のテクニカル指標と組み合わせで弱点を補なったり、ボリンジャーバンドなど同じ傾向の指標と併用して補助的な役割として使っていき、分析力を高めていくようにしましょう。

 

設定期間のパラメーターは14日が標準的ですが、CCIはスキャル、デイトレ、スイングどの手法にも対応しますので、自分の好みに合った使いやすい期間を探すのもよいと思います。

【まとめ】CCIの売買サインなど

基本的な使い方をまとめました。

CCIの基本

0より上で上昇トレンド、0より下で下降トレンド

CCIの買いサイン

-200%に達して反転したら買いサイン(逆張り)

-100%以下で鋭角に反転したら買いサイン(逆張り)

レートは安値を更新していて、CCIの安値は-100%以上の水準で切り上がっているダイバージェンスは買いサイン

100%を上抜いたら買いサイン(順張り)

CCIの売りサイン

200%に達して反転したら売りサイン(逆張り)

100%以下で鋭角に反転したら売りサイン(逆張り)

レートは高値を更新していて、CCIの高値は100%以上の水準で切り上がっているダイバージェンスは売りサイン

-100%を下抜いたら売りサイン(順張り)

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

無料の分析ツール

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!