エンベロープの見方・使い方【テクニカル指標・トレンド系】

テクニカル指標・トレンド系

こちらのページでは、エンベロープの見方・使い方について解説していきます。

エンベロープ

エンベロープ(Envelope)は封筒のことで、「封をする」「袋」「ウイルスの膜」など、おおまかに外側を包む意味合いで使われています。テクニカル分析では、価格が上下する値動きを覆って描画することが、この名前の由来です。

エンベロープは単純移動平均線(SMA)の上下に、一定幅で乖離させた複数の線を表示させたもので、株式投資でもよく使われています。

 

マーケットでは「移動平均線から何%乖離しているか?」を目安として、さかんに分析が行われています。

これは「離れすぎた価格はいずれ元の水準に戻るだろう。」という移動平均線の考え方がベースです。

株取引でエンベロープを使い日足で分析をするとき、25日移動平均線の上下に5%や10%が使われていますが、FXでは25日の日足で10%乖離することはほとんどありません。

FXでは通常、25SMAから2〜3%乖離したら適正値に戻るだろうと判断されています。

 

▼GMOクリック証券のチャートに25MA、2%乖離、3%乖離を表示

移動平均線は2〜3%の乖離に注目

このように、見た目としてはボリンジャーバンドと似た形状が特徴ですが、分析方法もとてもよく似ているのです。

そのため、エンベロープも順張り・逆張りどちらの手法にも対応しています。

ただエンベロープの場合は移動平均線をそのままズラして表示させていますので、ボリンジャーバンドのように拡大したり、縮小することはありません。

 

移動平均線はスタンダードな分析手法であるものの、値動きが不規則で乱高下する不安定な相場(チョッピー)は苦手となることあります。こういった場面でも、エンベロープと価格の位置関係を見ることで、方向性がより掴みやすくなったりします。

エンベロープを逆張りで使う

価格がエンベロープの下ラインに達したら、相場は売られすぎであり、反転して上昇するだろうと判断して、買いサインとなります。

反対に、価格がエンベロープの上ラインに達したら、相場は買われすぎであり、反転して下降するだろうと判断して、売りサインとなります。

参考チャート:GMOクリック証券 [ユーロ/米ドル 日足 2015年4月〜2016年4月頃]

エンベロープの逆張り

こういったシグナルを、サポートラインやレジスタンスラインに置き換えることで、逆張りの売買判断の目安に活用できます。

 

エンベロープはあくまでも移動平均線がベースですから、この逆張りで方向性を探るやり方が一般的です。

このとき、期間を短くしすぎたり、乖離率を小さくしすぎると、頻繁に上下のラインにタッチしてしまいますので、最適な数値に調整するようにしましょう。

 

一方方向に強いトレンドがあるときは、ボリンジャーバンドのバンドウォークのように、価格が上下の乖離ラインに沿って推移することから、タッチしただけで逆張りの判断をするのも注意が必要です。

トレンド相場のときは、順張りの考え方をしていかなければいけません。

エンベロープを順張りで使う

順張り手法は、一般的な移動平均線でのトレンド判断の見方となります。 

25日移動平均線であれば、中心のSMAを上抜けしたら買い、下抜けしたら売りのシグナルとなります。

 

以下チャートは、内側のラインを2%ではなく「1.5%」で表示しています。こうすることで、順張りの売買サインを早く掴みやすくなります。

 

参考チャート:GMOクリック証券 [米ドル/円 日足 2014年7月〜12月末頃]

エンベロープの順張り

このように、価格が25SMAを下回らずに上昇が続いていれば、上昇トレンドであると移動平均線で判断することができます。

 

また、長期間にわたるトレンド相場において、価格が急騰・急落してエンベロープに大きく達したときは、トレンド転換を示唆することもあるので念頭に入れておきましょう。

エンベロープの注意点は?

エンベロープは分析する時間足に合わせて、期間や乖離率のパラメーターを調整して自分の手法で使いやすいように調整するようにしてください。

FXの場合だと、乖離率は1%、1.5%、2%、3%程度の範囲で設定すると使いやすいでしょう。

 

一般的には、乖離率は順張りの場合は小さめに、逆張りの場合は大きめが有効的とされています。

逆張りで使うとき、強いトレンドが発生すると悪い結果となってしまいますので、RSIとの併用や、ストップロスを入れるなどの戦略で取り組むことが大事です。

トレンド相場のときは順張り、一定のレンジ幅で推移するときは逆張りを意識してチャートを見ていきましょう。

【まとめ】エンベロープの売買サインなど

基本的な使い方をまとめました。

エンベロープの基本

(日足などの)短期的なトレンドの転換点を探すのに使われている。

移動平均線から何%乖離しているかをすぐに確認ができる。

エンベロープの買いサイン

価格がエンベロープの下ラインに達したら、反転すると判断して買いサイン(逆張り)

25日移動平均線を上抜けたら上昇トレンドと判断して買いサイン(順張り)

エンベロープの売りサイン

エンベロープの上ラインに達したら、反転すると判断して売りサイン(逆張り)

25日移動平均線を下抜けたら下降トレンドと判断して売りサイン(順張り)


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!