【LIGHT FX VS みんなのFX】トレイダーズ証券2つのFX、違いを徹底解説!

LIGHT FX VS みんなのFX|トレイダーズ証券2つのFX、違いを徹底解説!

トレイダーズ証券にはLIGHT FXみんなのFX、2つのFXサービスがあります。

実は2つのFXサービスですが、共通部分が多いことから、どちらを使えばいいのか悩みがちな方も多いのではないでしょうか。

「LIGTH FXとみんなのFX、一体なにが違うの?」と疑問の声も多いので、それぞれの口座スペックやサービスの違いを徹底的にまとめました。

また、どんなトレードにはどちらの口座が向いているのか、分かりやすくご紹介していきます。

目次

【基本スペック対決】LIGHT FX VS みんなのFX

まずは「基本的な口座概要のスペック」で比較します。

LIGHT FXみんなのFX
取引単位0.1Lot単位(1Lot=10,000通貨、0.1Lot=1,000通貨)
※RUB/JPY、HUF/JPYは1Lot=100,000通貨、0.1Lot=10,000通貨
取り扱い通貨ペア通常:35通貨ペア
LIGHT:10通貨ペア
ラージ:1通貨ペア
通常:33通貨ペア
ラージ:1通貨ペア
【スプレッド】
米ドル/円
通常:0.2銭 原則固定(例外あり)
LIGHT:0.18銭 原則固定対象外
ラージ:0.6銭 原則固定対象外
通常:0.2銭 原則固定(例外あり)
ラージ:0.6銭 原則固定対象外
【スワップ】
米ドル/円
通常:買い/210円、売り/−210円
LIGHT:買い/230円、売り/−230円
通常:買い/210円、売り/−210円
【スワップ】
南アランド/円
通常:買い/17.1円、売り/−17.1円
LIGHT:買い/19.1円、売り/−19.1円
通常:買い/17.1円、売り/−17.1円
【スワップ】
トルコリラ/円
通常:買い/28円、売り/−28円
LIGHT:買い/30円、売り/−30円
通常:買い/28円、売り/−28円
【スワップ】
メキシコペソ/円
通常:買い/25.1円、売り/−25.1円
LIGHT:買い/27.1円、売り/−27.1円
通常:買い/25.1円、売り/−25.1円
1取引の最大発注数量ZAR/JPY、MXN/JPY以外:100Lot
ZAR/JPY、MXN/JPY:200Lot
LIGHTペア:20Lot
USD/JPYラージ:300Lot
ZAR/JPY、MXN/JPY以外:100Lot
ZAR/JPY、MXN/JPY:200Lot
USD/JPYラージ:300Lot
初回入金指定なし
取引手数料
口座維持費
無料
注文方法共通
取引ツール共通仕様

※スプレッド実測値、スワップポイントは2023年12月15日のデータを記載。(スワップポイントは1Lot(1万通貨単位)における1日分のデータを記載。

これまではスワップポイントに違いがあるケースもありましたが、基本的には、FXに関するスペックはほぼ共通のスペックでした。

しかし2023年6月26日より、最大Lotの制限があるものの、スプレッドとスワップポイントが優遇された「LIGHT通貨ペア」がLIGHT FXからリリースされたことで、明確な違いが出てきた経緯があります。

もともとみんなのFXでは、業界最狭水準のスプレッド、業界最高水準のスワップポイントが魅力ですが、LIGHT FXはそれを上回るスペックとなっています。

とはいえ、みんなのFXでは「スワップ取引応援キャンペーン」が開催されていますので、実質スワップポイントにはそれほど大きな差はないといえます。

※スワップポイントに関しては、「LIGHTペアのスワップ」「みんなのFXのキャンペーン込みのスワップ」で同日のデータが公式サイトで更新され次第、こちらの記事で詳しくまとめますので更新までお待ちください。

LIGHT FXのLIGHTペアは、「上限20Lot」「原則固定対象外」の条件があるものの、通常のスプレッドよりも狭く提供されているのが魅力です。

ここまでをまとめると、自動売買やバイナリーオプションの予定がなく、まずは少額からFXをお考えでしたら、少額取引のスプレッド、スワップポイントが優遇されたLIGHT FXで取引するのがおすすめです。

【サービス対決】LIGHT FX VS みんなのFX

続いて「サービス内容」の違いも見ていきましょう。

LIGHT FXみんなのFX
取り扱いサービス裁量FX
暗号資産CFD
裁量FX
FX自動売買
バイナリーオプション
暗号資産CFD
無料セミナー非対応対応
デモトレード非対応対応
キャンペーンFXのみシストレの
キャンペーンもあり
お友達紹介
プログラム
非対応対応

LIGHT FXは名称が示すように、お気軽にスタートできるFXサービスということで、裁量トレードのみの提供となります。

対してみんなのFXでは、自動売買サービスのみんなのシストレと、バイナリーオプションサービスのみんなのオプションも展開しているのが、大きな違いとなります。

また、みんなのFXで提供している無料セミナー、デモトレードはLIGHT FXでは未提供です。
※デモトレードができる端末はパソコンかタブレットで、スマホアプリは非対応となります。

キャンペーンに関しては、2口座で違うキャンペーンが開催されているケースもよくあります。
新規口座開設キャンペーンや、取引高に応じたキャッシュバックキャンペーンの条件は共通の場合が多いですが、みんなのFXではときにシストレ口座のキャンペーンが開催されることもあります。

またお友達紹介プログラムといい、紹介したお友達が口座開設と取引を行うと、お友達と自分それぞれに3,000円ずつプレゼントされるキャンペーンがありますが、LIGHT FXでは開催されていません。

無料セミナーでステップアップしよう!

みんなのFXの無料セミナーは初心者にもわかりやすいと好評なので、タイミングが合う方はぜひ参加してみてください。

トレイダーズ証券FX口座の違い【まとめ】

ここまでの違いをまとめておきます。

LIGHT FXみんなのFX
スプレッド、スワップポイントが好条件
(※20LotまでのLIGHTペア)
シストレ対応
バイナリーオプション対応
セミナー、デモ口座がある
キャンペーンが多い

LIGHT FXではキャンペーンの有無に関わらず「業界最高水準のスワップポイント」が提供されています。

現在みんなのFXでは、3通貨ペア(南アフリカランド/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円)を対象としたスワップ取引応援キャンペーンが開催中です。

キャンペーン期間中は実質「みんなのFX」のスワップがNo.1!

現在、みんなのFXでは3通貨ペアを対象に、「スワップ取引応援キャンペーン」を開催しています。

メキシコペソ/円 スワップ取引応援時ャンペーン

メキシコペソ/円のスワップポイントが他社より1円でも安い場合は、差額が上乗せされます。

メキシコペソ/円のスワップポイントが他社より1円でも安ければ差額を上乗せ

さらにスプレッド分の最大50%(10Lotあたり150円)がキャッシュバックとなります。

スプレッド分の最大50%(10Lotあたり150円)をキャッシュバック

つまりキャンペーン期間中のスワップポイントは、みんなのFXが実質No.1となります。

さらにスプレッドの半額が戻ってきますので、取引コストとしても非常に優遇された内容となっています。

こちらがスワップポイント付与のイメージです。

みんなのFX スワップ取引応援キャンペーンの上乗せ金額例

各FX業者のスワップポイントは日々変動しますが、その日にもっとも高い業者と同じ金額となるため、スワップポイントを目的とした取引なら必見です。

対象となるメキシコペソ/円、トルコリラ/円、南アフリカランド/円でスワップポイント狙いなら、ぜひ「みんなのFX」でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

とくに3通貨ペア(南アフリカランド/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円)に関しては、他社のスワップポイントが高ければ、みんなのFXで優遇措置が取られる形となります。

現状LIGHT FXの「LIGHTペア」のほうがスプレッドが有利で、スワップポイントもほぼ「LIGHTペア」が高いので、取引をFXに限定するなら、まずはLIGHT FXを選んでみてはいかがでしょうか。

裁量トレード以外にも興味があったり、セミナーに参加したい、デモトレードから練習したい、などとお考えでしたら、みんなのFXを選びましょう。

2つの口座を併用して使おう!

どちらもトレイダーズ証券のFXですが、「口座開設はひとつの口座のみ」といった制限はありません。

また高金利通貨のスワップポイントを狙ったトレードは今かなり人気がありますが、長期保有する口座はレバレッジを下げること(=証拠金維持率を高くすること)が重要です。

そのため口座を分散して、みんなのFXで「メキシコペソ/円」、LIGHT FXで「南アフリカランド/円」といった例のように併用も可能です。

両口座ともに、スプレッドは業界最狭水準でスキャルピングに対応しています。
ですが若干LIGHTペアが狭くなっていますので、LIGHT FXを短期売買用、みんなのFXを中長期用として使い分けることもできますね。

このように口座を分けると、資金管理しやすかったり、口座内で他通貨ペアの含み損による影響を受けてしまうロスカットリスクをコントロールしやすいメリットがあります。

PC取引ツール、スマートフォンアプリの取引画面は同じ仕様ですから、一方で使い方さえ覚えれば、操作に迷わないのもポイントです。

トレイダーズ証券では業界最多水準を誇る、通貨強弱、ヒートマップ、TMサイン、ポジション比率などの豊富なマーケット分析ツールを提供しています。

2社のいずれかで口座開設すれば、これらのツールを無料で利用できますので、興味を持ったらお早めに口座を準備しておきましょう。

みんなのFX

みんなのFX|スプレッド業界最狭水準 スワップ業界最高水準

みんなのFXは、スワップポイント狙いでおすすめの業者です。
メジャー通貨からトルコリラ/円などの高金利通貨まで、全通貨ペアにおいて「業界最高水準」「ほぼ固定スワップ」を提供しています。
これにより長期にかけて、安定的にスワップポイントを受け取ることができます。

スプレッドは業界最狭水準であり、約定率も高いので、デイトレードなど短期売買から中期売買にも向いています。
ほとんどの通貨ペアが1,000通貨に対応しているため、少額からスタートが可能です。

取引ツールには人気チャートのTradingViewを搭載!
さらに売買比率・価格分布(オープンオーダー)も備わっており、エントリーすべき方向性の判断に役立ちます。

口座開設すれば、FX、シストレ、バイナリーオプションと3つの取引ができることも魅力です。

\ こちらから無料で「みんなのFX」の口座開設ができます! /

お申し込みは最短5分、口座維持費等の費用は一切かかりません。

LIGHT FX

LIGHT FX|業界最高水準のスワップ!業界最狭水準のスプレッド!最大100万円キャッシュバックキャンペーン!

業界最狭水準のスプレッド、業界最高水準のスワップポイントがLIGHT FXの魅力!

1,000通貨対応なので、最小0.1ロットと少額からFXを始めることができます。

今話題を集めているのが、売買シグナル配信サービスの「TMサイン」です。
これは、AIが検出した売買シグナルを閲覧できるもので、会員の方はスマホアプリでプッシュ通知で通知させることも可能です。

さまざまな取引スタイルに挑戦したいなら、スキャルピングから中長期売買までオールマイティーに対応するトレイダーズ証券をご検討ください。

\ こちらから無料で「LIGHT FX」の口座開設ができます! /

お申し込みは最短5分、口座維持費等の費用は一切かかりません。

LIGHT FX VS みんなのFX|トレイダーズ証券2つのFX、違いを徹底解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次