香港の通貨「香港ドル(HKD)」の特徴と値動きの傾向

香港の通貨「香港ドル」の特徴を解説します。

香港ドルの基礎データ

香港ドルは米ドルと同じように動く通貨。中国の動向にも注目!

香港の国旗
正式名称香港特別行政区
首都
中央銀行
通貨単位香港ドル($)、セント(¢)
* 主要輸出国中国、アメリカ、インド、日本、台湾
* 主要輸入国中国、台湾、シンガポール、日本、アメリカ

* 貿易量の多い国順 2018年のデータ(世界貿易投資報告 | 香港 – ジェトロ

値動きの大きさ情報量の豊富さ金利の高さ

香港ドルの特徴を知ろう!

香港の街

長い間イギリスの植民地として統治され、1997年に中国に返還された歴史を持つ香港。

金融立国であるイギリスの影響を色濃く受け、アジア屈指の金融センターとして発展してきた香港では、本土・中国の通貨「人民元」ではなく、香港ドルが使われています。
香港ドルは、ポルトガルから中国に返還されたマカオでも広く使われている通貨です。

まず、香港ドル最大の特徴が、ドルペッグ制という仕組みが採用されていることです。
ペッグ制とは固定相場制のことで、ある特定の通貨の為替レートに連動させて、自国通貨との為替レートを一定に維持させるという制度で、基軸通貨の米ドルがペッグ制の対象となっています。

ドルペッグ制には多少の許容範囲(1米ドル = 7.75〜7.85香港ドル)が設けられていますが、1米ドル = 7.8香港ドルでほぼ固定されています。
つまり、米ドルが上昇・下落する値動きに比例して推移することが、香港ドルの特徴なのです。

香港は1国2制度のもと、中国の特別行政区として管轄されていますので、米ドルほどではありませんが、人民元の価格変動も値動きへの影響要因となります。
また中国株(とくに香港市場に上場している中国株)が大きく上昇すれば、香港ドルの上昇に繋がることもあります。

このように二国間の影響を強く受ける香港ドルですが、以前は米ドルよりもやや高水準金利が推移する特徴があったため、安定した二国間の金利差をスワップ狙いする手法が一部の投資家に人気がありました。
しかし近年(特に2017年以降)ではアメリカよりも金利が低くなったことで、こういった取引はあまり行われなくなりました。

また連動性があることから、米ドルのリスク回避として買われることもあります。
ドルペッグ制のデメリットとして、香港の経済状況に関わらず、アメリカの金融政策に追従させた政策を行わなければいけないことです。
この先ペッグ制が廃止される可能性は低いですが、中国の経済成長とともに、今後も継続するか廃止されるのか、その動向には注目が集まっています。

香港ドル/円の値動き傾向は?

強い相関性があるため「香港ドル/円」と「米ドル/円」は、ほぼ同じような値動きをします。
香港ドル/円の取引をするなら、米ドル/円の動きに注目していくことが大切です。

ただ、米ドル/円にが100pips動いたとしても、香港ドル/円は10〜20pips程度の変動であったりと、変動幅が小さいです。
逆に言うと、値幅が小さいことはロスカットリスクの低さに繋がります。

為替差益で大きな利益を追求しにくい特徴ではあるものの、香港ドル/円の必要証拠金は米ドル/円の1/4程度(1,000通貨であれば1lot = 約1,000円)と低いことから、初心者は低資金から始めやすいと言えます。

香港ドルの変動要因について

香港ドルの大きな変動要因は米ドルですが、中国の経済指標もまれに影響を与えることもあります。
米・雇用統計やFOMC政策金利発表など、アメリカの重要度の高い経済指標が香港ドルの主な変動要因となります。

今後ペッグ制が廃止となった場合には、中国の経済指標により注目するようにしましょう。

 

両国の経済指標を詳しく知りたい方は、下記ページもご参考にどうぞ。

香港ドルの取引に向いているFX会社は?

香港ドル/円はFXプライム byGMO、YJFX!など一部の業者で提供されています。

しかし香港ドル/円に関しては、スプレッドが広いわりにスワップポイントは低く、値動きは激しくないので、正直トレードするメリットはそれほど感じられないかも知れません。
例えば、2011年〜2015年中頃にかけて米ドル円は約76円〜125円まで変動しましたが、そのときの香港ドル/円は10円〜16円と限定された値動きでした。
政策次第では今後の動向に期待したいところです。

また以前、スイスフランはユーロにペッグしていた時期もあり、許容変動幅の上限・下限を狙ったトレードが一部の投資家に人気がありました。
同様のトレードを香港ドルでしようとすると、変動幅が大きくないことから為替差益狙いにはやや不向きであると考えられます。
しかしながらトレードする際には、1米ドル = 7.75〜7.85香港ドルの上限・下限に注目しつつ、低スプレッド業者を利用するのがおすすめです。

FX会社名通貨単位最小通貨単位
香港ドル/円
スプレッド
香港ドル/円
スワップポイント
(香港ドル/円、買い)
1,000
通貨単位
1,000
通貨単位
2.0銭0円
1,000
通貨単位
10,000
通貨単位
1.8銭8円
1,000
通貨単位
10,000
通貨単位
3.0銭9円
1,000
通貨単位
1,000
通貨単位
2.8銭8円
1,000
通貨単位
1,000
通貨単位
2.0銭0円
10,000
通貨単位
10,000
通貨単位
2.8銭0円

データ取得日:2020年6月23日(スワップポイントは1万通貨あたりの金額を記載)
※FXプライム byGMOのスプレッドはスイス/円、ユーロ/米ドルは例外あり、左記2通貨ペア以外は原則固定(例外あり)。その他の業者は原則固定スプレッド。

おすすめFX会社をご紹介!

香港ドル/円の取引をするなら、低スプレッドでスワップポイントを高水準で提供しているみんなのFXがイチオシです。

みんなのFX

トルコリラ/円、メキシコペソ/円など高金利通貨の最高水準スワップがみんなのFXの特徴!
長期的なスワップポイントの受け取りにイチオシの業者です。

スプレッドは業界最狭水準であり、約定率も高いので、デイトレードなど短期売買から中期売買にも向いています。1,000通貨単位から取引できますので、少額からスタートすることも可能です。

取引ツールには売買比率・価格分布(オープンオーダー)を搭載!どちらの方向でエントリーすればいいのか参考にするのもいいでしょう。
口座開設すれば、FX/シストレ/バイナリーオプション3つの取引ができるのも魅力。オンラインセミナー「みんなの金トレ」でFXを1から学べる環境が整っているのもポイントです。

みんなのFXの口座開設キャンペーン情報

2020年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大50,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でみんなのFXの口座開設ができます!

 

もし米ドル/香港ドルのトレードをするなら、低スプレッドのYJFX!がおすすめです。

YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年12月12日(木) 〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

香港の通貨「香港ドル(HKD)」の特徴と値動きの特徴
最新情報をチェックしよう!