保ち合いのチャートパターン一覧

保ち合い(もちあい)とは、相場が上昇・下降している時の途中や、上昇から下降、または下降から上昇への転換点で出現する、一定のレンジで動く状況を指します。

保ち合いは、正しくは中段保ち合いと呼ばれ、そのうち端が三角形になるパターンは三角保ち合いと呼ばれます。

それでは保ち合いによるチャートパターンを見ていきましょう。

特に重視したいチャートパターンにを表示しています。

ボックス型

ボックス型のチャートパターンの特徴ですが、平行なサポートラインとレジスタンスラインの範囲内で保ち合い、その後一方方向にブレークアウトとなる形状となります。

箱のような形で推移する形状のため、ボックス型と呼ばれます。

上昇ボックス型

上昇ボックス型

上昇ボックス型は、上値と下値の並行な範囲内でレンジを繰り返した後、上放れするパターンです。

 

下降ボックス型

下降ボックス型

下降ボックス型は、上値と下値の並行な範囲内でレンジを繰り返した後、下放れするパターンです。

フラッグ型

フラッグ型のチャートパターンの特徴ですが、ボックス型のような一定幅で、上方向か下方向に保ち合う形状となります。

旗のように見えることから、フラッグ型と呼ばれます。

上昇フラッグ型

上昇フラッグ型

上昇フラッグ型は、上値、下値ともに切り下がりながら、上放れするパターンです。

 

下降フラッグ型

下降フラッグ型

下降フラッグ型は、上値、下値ともに切り上がりながら、下放れするパターンです。

ペナント型

ペナント型をはじめ、三角保ち合いは割りと判断しやすいチャートパターンです。

時間足の期間が長く、なおかつ上下どちらかにブレイクできない期間が長いほど、ブレイク後は溜め込んだエネルギーにより、反動で大きく動きやすいと言われています。

上昇ペナント型

上昇ペナント型

上昇ペナント型は、上値は切り下がり、下値は切り上がったのち、上放れするパターンです。

レートが大幅に上昇した直後に見られやすいです。

 

下降ペナント型

下降ペナント型

下降ペナント型は、上値は切り下がり、下値は切り上がったのち、下放れするパターンです。

レートが大幅に下落した直後に見られやすいです。

逆ペナント型

逆ペナント型は、ペナント型とは反対に収縮した保ち合いが拡大していく形状となります。

逆・上昇ペナント型

逆・上昇ペナント型

逆・上昇ペナント型は、上値は切り上がり、下値は切り下がりながら上放れするパターンです。

 

逆・下降ペナント型

逆・下降ペナント型

逆・下降ペナント型は、上値は切り上がり、下値は切り下がりながら下放れするパターンです。

上昇三角型、下降三角型

上昇、下降三角型保ち合いの特徴は、ペナント型の一方のラインが水平になっている形状となります。

上昇三角形型

上昇三角型

上昇三角形型は、水平なレジスタンスラインに対し、下値が切り上がっていくパターンです。

英語では、アセンディング・トライアングル・パターン型と言います。

 

下降三角形型

下降三角形型

下降三角形型は、水平なサポートラインに対し、上値が切り下がっていくパターンです。

英語では、ディセンディング・トライアングル・パターン型と言います。

ウェッジ型

ウェッジ型のチャートパターンは、見極めが難しいとされています。

上昇ウェッジ

上昇ウェッジ型

上昇ウェッジ型は、上値、下値ともに切り上がりながら、下放れするパターンです。

 

下降ウェッジ

下降ウェッジ型

下降ウェッジ型は、上値、下値ともに切り下がりながら、上放れするパターンです。

下降トレンドから上昇トレンドに転換する前に現れやすい。

ダイアモンド・フォーメーション

ダイアモンド・フォーメーションは、非常に珍しいチャートパターンで、見極めが難しいとされています。

上昇ダイアモンド・フォーメーション

上昇ダイアモンド・フォーメーション

上昇ダイアモンド・フォーメーションは、ひし形を形成後、上値を上放れするパターンです。

 

下降ダイアモンド・フォーメーション

下降ダイアモンド・フォーメーション

下降ダイアモンド・フォーメーションは、ひし形を形成後、下値を下放れするパターンです。

保ち合いのチャートパターンまとめ

このように、保ち合いのチャートパターンはたくさん存在します。

レンジ相場にはボックス型の動きでチャートが推移したり、トレンドの転換としてペナントや三角型などの三角保ち合いになる場面もよくあります。

このように、上値と上値や、下値と下値を結んでトレンドラインを用いたチャート分析ですが、時間足を5分など短くし過ぎるとその分ダマシも多く発生しますので、長めの時間足で分析した方がダマシも少なくなります。

またプロトレーダーは通常、「15分足と日足」など、複数の時間足を見て分析を行います。

1つの時間足のみで目先の動きにとらわれるのではなく、複数の時間足を使い、広い視点を持って分析するようにしましょう。

また相場のトレンドを見るためには、移動平均線を使ったり、その売買サインであるゴールデンクロス・デッドクロスグランビルの法則も活用するといいでしょう!

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

無料の分析ツール

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!