RVIの見方・使い方【テクニカル指標・オシレーター系】

テクニカル指標・オシレーター系

こちらのページでは、RVIの見方・使い方について解説していきます。

 

RVI

RVIとはRelative Volatility Indexの略で、相対的なボラティリティ指数(相対的変動率指数)のことです。

名称の通り、相場のボラティリティ(変動率)が拡大しているか、縮小しているかを判断するのに使われています。

1993年、ドナルド・ドーシーによって開発されたRVIは、FXのほかに株式や先物のチャートでも使われています。

 

この指標はRSI(Relative Strength Index)を応用した計算式で算出されています。

RSIとはある一定期間でどのくらい値上がり・値下がりしたか、「絶対的な価格の変化」を示すオシレーター系のテクニカル指標です。

これに対し、RVIは「高値・安値の標準偏差」で算出されていることが大きく異なる点です。

 

RSIストキャスティクスモメンタムなどのよく使われているオシレーター系指標は価格から算出されているため、同じシグナルを出しやすい傾向があります。

RVIはこれらの「確認用指標」といった位置づけで、サブ的な役割で使うために設計されています。

RVIの見方と使い方を知ろう!

RVIのパラメーター(設定値)は、10日や14日がもっとも一般的に使われています。

RVIは「0」を基準として、通常1.0〜-1.0の間で推移する動きを見て、ボラティリティの方向性を判断していきます。

 

FX会社のツールによっては、「50」が基準となっていることもあり、この場合は100〜-100の間で推移します。

 

それでは、RVIのボラティリティの見方ですが、0ラインを基準にして売買タイミングを図っていきます。

■参考チャート:GMOクリック証券 [2016年2月〜3月頃 米ドル/円 4時間足]

RVIは0から上下どちらに推移するかでボラの拡大・縮小を判断

 

RVIが0より上に推移すれば、相場のボラティリティが拡大していると判断して、買いサイン

RVIが0より下に推移していれば、相場のボラティリティが縮小していると判断して、売りサイン

 

例えば、0ラインを下から上に大きく抜けてきたら、その時点で上昇トレンドが続いている場合が多いです。

このときの手法としては、トレンドラインのブレイクアウトや、保ち合いのブレイクを狙ったやり方をイメージすると分かりやすいかもしれません。

RVIとシグナルのクロスに注目!

シグナルラインは、RVIを平滑化させた移動平均線のことで、通常は4日周期が一般的です。

このシグナルラインとRVIラインに、ゴールデンクロス・デッドクロスをそのまま当てはめて使うことができます。

ゴールデンクロスは買いのシグナル、デッドクロスは売りのシグナルです。

 

RVIとシグナルのクロスで売買タイミングを判断

RVIラインがシグナルラインを上抜いたら、買いサイン

RVIラインがシグナルラインを下抜いたら、売りサイン

上のチャートを見ると、角度を持ってクロスするほど明確なトレンドとなっているのが分かりますね。

平均的には±0.4の範囲内で推移しやすい傾向がありますので、±0.2〜±0.4あたりで反転して、RVIがクロスしたらエントリー・エグジットの参考ポイントにしてみてください。

RVIの注意点は?

RVI単独での使用はおすすめではありません。

トレンド系の移動平均線、オシレーター系のRSIやストキャスティクスなどと併用して、分析力を高めていくようにしましょう。

【まとめ】RVIの売買サインなど

基本的な使い方をまとめました。

RVIの基本

他のオシレーター系指標のサブ的指標

シグナルラインはRVIラインを移動平均化させたもの

RVIラインが上がれば上昇トレンド

RVIラインが下がれば下降トレンド

RVIの買いサイン

RVIラインが0を上抜いたら買いサイン

RVIラインがシグナルラインを上抜いたら買いサイン

RVIの売りサイン

RVIラインが0を下抜いたら売りサイン

RVIラインがシグナルラインを下抜いたら売りサイン

各社のチャートを比較するなら、こちらのページもご覧ください。

各FX会社のチャートをさまざまな角度から徹底比較!

おすすめチャートのFX会社

GMOクリック証券のチャートはインストール不要のブラウザ版で、軽快ながらも高機能なのが魅力です!

GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券はFX取引高5年連続世界第1位!
低スプレッドに加えてスワップも高いので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。

洗練されていて操作性が抜群のスマートフォンアプリにより、外出先でもさまざまな注文を柔軟に行えます。また、Mac取引専用アプリを提供する数少ない会社なので、Macユーザーも安心です。

取引システムは、チャート上をクリックするだけで発注ができるので、チャンスを逃がすことなく売買が行えます!

無料のチャート分析ツールであるプラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標が用意されていて、デモ取引でも利用が可能。

24時間電話サポートに対応し、FXのニュース配信も多いので、GMOクリック証券なら初心者の方も安心してお取引ができます!


GMOクリック証券はFX取引高5年連続世界第1位。米ドル円のスプレッドは原則固定0.3銭。キャンペーン実施中。
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.2銭
原則固定
1.7銭
原則固定
1.8銭
原則固定
0.4pips
原則固定
通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
10,000
通貨単位
なし 19
通貨ペア
38
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設キャンペーン情報

2017年5月1日(月)~のキャンペーン期間中に新規でFX取引口座の口座開設をし、新規約定の取引数量に応じて、今なら最大30,000円をキャッシュバック!

12月限定!先着順で「ザイFX!×西原宏一が教える FXトレード戦略 超入門」をプレゼント!

キャンペーン期間:2017年12月1日(金)~2017年12月29日(金)

ザイFX!×西原宏一が教える FXトレード戦略 超入門

在庫がなくなり次第終了となりますので、ぜひお早めにお申込みください!

無料の口座開設をする

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!