FXの「3すくみ」ってどんな取引?すくみサヤ取り手法と3つの注意点を解説!

三すくみ(竦み)というと、日本では古くからヘビ、カエル、ナメクジの例があります。

これは三者が得意な相手、不得意な相手を対に持ち、お互いに身動きが取れなくなる状態のことです。

これはじゃんけんで考えると分かりやすいです。

  • グーはチョキに勝つがパーに負ける。
  • チョキはパーに勝つがグーに負ける。
  • パーはグーに勝つがチョキに負ける。

FXでも3すくみを利用して、サヤ取りする手法があります。

外国為替にはさまざまな通貨ペアがありますが、ここでは三大メジャー通貨である米ドル、ユーロ、円を例にすくみを解説していきます。

またすくみのサヤ取り手法から注意点、さらに簡単にすくみの自動売買(システムトレード)ができる方法までご紹介します。

三大メジャー通貨の3すくみ

それでは米ドル、ユーロ、円ですくみの例を見てみましょう。

ここでは仮にEUR/USDを買いとした場合、他通貨ペアのすくみは以下となります。

三大メジャー通貨(米ドル、ユーロ、円)の3すくみ例

  • EUR/USDの買い=ユーロを買って米ドルを売る(ユーロ買い・米ドル売り)
  • USD/JPYの買い=ドルを買って円を売る(米ドル買い・円売り)
  • EUR/JPYの売り=ユーロを売って円を買う(ユーロ売り・円買い)

各通貨で互いに「売り」「買い」をしているのがわかると思いますが、この3通貨ペアを保有している場合、両建てしている状態となります。

3通貨のパワーバランスが拮抗していてバランスが取れていたら、これが3すくみとなり、ポジションを持っていても利益・損失とならずに変わらないことになります。

※FXにはスワップポイントの付与・支払いが発生しますが、ここではスワップポイントはないものとして割愛して進めます。

続いて、各通貨の強弱をそれぞれ100%をベースとして見ていきましょう。

米ドル、ユーロ、円の強弱

米ドルの価値が20%上昇し、ユーロと円に変化がなければ以下のようになります。

米ドルの価値が上昇してユーロと円に変化がない場合

  • 米ドル:100%→120%
  • ユーロ:100%→90%
  • 日本円:100%→90%

FXはゼロサムゲーム(市場参加者の利益・損失の合計がゼロになる理論)ですから、市場全体で比例して価値が上下することはありません。

世界に3通貨しかないと考えるなら、総量は300で変化しないということです。

つまり米ドル、ユーロ、円それぞれが10%ずつ価値が上昇しても、実際にはそれぞれ100%で何も変わらないことになります。

3通貨全ての価値が上昇した場合

  • 米ドル:100%→110%→100%
  • ユーロ:100%→110%→100%
  • 日本円:100%→110%→100%

ただし実際にはクロス/円でも米ドルを介して取引が行われるため、ユーロ/円の取引には米ドルの値動きが反映される、ということは理解しておいてください。

すくみのサヤ取り手法

すくみの仕組みが分かりましたでしょうか。

それではトレードですが、「サヤ取り」と呼ばれる手法が用いられています。

サヤ取りにも色々な手法がありますが、メジャーなのは以下の手法です。

一般的なサヤ取りは、サヤが小さくなったら両建てし、サヤが広がったら決済する手法
一般的なサヤ取り手法のイメージ

相関性のあるオセアニア通貨(豪ドルとNZドル)を例にすれば、想定よりも価格差の開き(ギャップ)が小さくなったとき、この水準ならもっと乖離するだろうと判断してトレードする手法です。

これを3すくみで考えると、「通貨ペアAと通貨ペアBがこの水準なら、通貨ペアCは売り方向に進むだろう」といった判断材料に使っていく形ですね。

ここまで3すくみを例に解説しましたが、さらにポンドを加えて4すくみ、豪ドルを加えて5すくみといった形で応用していくことができます。

通貨の強弱と相関はチャートで分析

今どの通貨が強いのか、弱いのかを判断するには、「変動率」と「相関分析」を搭載したチャートが便利です。

こちらはマネックス証券マネックストレーダーFXに搭載された比較チャートです。

上部のチャートでは通貨ペアごとの変動率をが示されます。

マネックストレーダーFXの比較チャート
マネックストレーダーFXの比較チャート

相関分析では、2つの通貨ペアごとの相関関係を見られます。

もともとユーロ/円は米ドル/円に相関しやすい通貨ペアですが、右下の丸で囲った箇所で分かるように相関性が下がってきています。

2つのチャートで、ユーロが強く、米ドルが弱くなってきていることが分かると思います。

すくみでは、行き過ぎたユーロ高・米ドル安はいずれ戻るだろうと判断してトレードに生かすことができます。

すくみを狙ったトレードの注意点

すくみを狙ったサヤ取り手法にもデメリットが存在します。

  • 多くの証拠金が必要になる。
  • 両建てすれば、スプレッドが2倍発生する。
  • 両建てによりスワップポイントで不利になる。

サヤ取りは両建てしたり、さまざまな通貨ペアの保有をして利益を狙っていく手法です。

ポジションサイズが大きくなることに比例して、そのぶん証拠金が必要になってきますし、コストとしてスプレッドもかかります。

また両建てすると、買いスワップポイントと売りスワップポイントを合計するとマイナスになることもデメリットとなります。

サヤ取り手法には、こういった注意点が存在することを理解した上でトレードを始めるようにしてください。

すくみサヤ取り自動売買ならトライオートFXがかんたん

すくみでサヤ取りを狙うトレード手法は、裁量取引で継続していくのはかんたんではありません。

それもそのはず、マーケットが変化するたびに取引チャンスを探していく必要があり、マーケットにおける通貨のパワーバランスも一定ではないからです。

例えば米ドル、ユーロ、円の価値がそれぞれ100%で3すくみだとしても、米ドル1強がこの先加速したら、米ドル140%、ユーロ80%、円80%の比率がスタンダードとなることも考えられます。

そこで便利なのがインヴァスト証券の自動売買「トライオートFX」です。

選ぶだけのかんたん自動売買|トライオートFX

トライオートFXでは、過去のシミュレーションなど色々な項目で自動売買のパフォーマンスをチェックしながら、中長期的に利益を狙うことができます。
また自動売買のパフォーマンスが落ちても、そのときに合った自動売買にかんたんに切り替えることができます。

関連記事

インヴァスト証券「トライオートFX」 インヴァスト証券の主軸サービスとなるトライオートFX! 数あるリピート系FXにおいて業界最狭水準のスプレッド。 自動売買セレクトで選ぶだけのかんたん設計! 収[…]

選ぶだけのかんたん自動売買|トライオートFX

すくみならトライオートFXのハイブリッド

トライオートFXの自動売買ではサヤ取りを狙える設計となっており、すくみでもっともおすすめなのが通貨分散型の「ハイブリッド」です。

自動売買セレクトのハイブリッド
自動売買セレクトのハイブリッド

ハイブリッドの基本は「4すくみ」や「6すくみ」で、すくみが増えるほど為替変動の影響や通貨ペアごとの売買タイミングが分散されるため、為替変動によるリスクが抑えられた商品設計が魅力です。

円安・円高に影響されやすい通貨ペアといえば、米ドル/円が筆頭ですよね。
これに円の動きによる値動き限定的で同じように動きやすい正相関の豪ドル/NZドルやユーロ/英ポンドを組み合わせることで、色々なマーケットに対応するチームを編成するイメージです。

例えば、ハイブリッドの「ハイブリッド_米ドル/円_ユーロ/英ポンド_豪ドル/NZドル」を例にします。

米ドル/円の相場が軟調でも、米ドル/円の影響が少ないと考えられるユーロ/英ポンド、豪ドルの相場が動いていれば、こちら通貨ペアで利益を狙っていくことに期待ができる設計となっています。

直近でもなかなかのパフォーマンスを見せていますので、すくみに注目したトレードをしたいなら、インヴァスト証券のトライオートFXがおすすめです。

トライオートFX

インヴァスト証券の大人気FXサービスとなるトライオートFXは、低スプレッドで1,000通貨から取引可能!
裁量FX、リピート系注文対応口座であり、ETF(日経225など株価指数に連動する金融商品)と組み合わせてポートフォリオ化もできる、他社にはない設計が魅力!

プラットフォーム上では選択するだけのかんたんシステムで、リピート注文やポートフォリオ化したシストレができます。
裁量取引が苦手でも安心、取引をプログラムに全てお任せできるので、手軽に売買を自動化したい方におすすめのサービスです。

インヴァスト証券 トライオートFXの口座開設キャンペーン情報

2020年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+トライオートFXの取引条件達成で、最大120,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でインヴァスト証券「トライオートFX」の口座開設ができます!

通貨ペア間の強弱を狙った「すくみ」のサヤ取り手法
最新情報をチェックしよう!