FXで利益を得るために欠かせない「買い注文」「売り注文」の仕組みを解説!

FX取引で利益になる仕組み 買い注文と売り注文を知ろう!

これからFXにチャレンジしてみたいけど、売買の仕組みがイマイチ分からない方もいらっしゃるでしょう。

とくに「新規売り注文」に関しては、「空売りして買い戻す」とはいったいどんな売買をするのか、疑問に感じる方も少なくないかもしれません。

そんなFX入門者のために、「買い注文」「売り注文」によって利益になる仕組みをご紹介します。

目次

FXは「買い」でも「売り」でも利益になる

FXの利益になる仕組みは、商売と一緒で「安く仕入れたものを高く売る」ことが基本となります。

もちろん他の投資商品である株取引も同様で、安く買って高く売れば利益になります。

上昇しているときは買いで利益、下落しているときは売りで利益にできる

FXも仕組みは同じですが、他の投資にはないFXならではの魅力として、「買い」からの注文に加えて、「売り」からの注文も可能な点が挙げられます。

売りからの注文というのは、高い価格で売ってから安い価格で買い戻すということです。

例えば、友人に時計を10万円で売ったとしましょう。
不要になった友人から4万円で買い戻したら、6万円の利益になりますよね。

FXの売りは、こういった仕組みだと思ってください。

FXは買い/売りどちらからでもOK!
  • パターン①:安く買って、高く売れば利益になる。(新規買い・決済売り)
  • パターン②:高く売って、安く買い戻せば利益になる。(新規売り・決済買い)

為替が円高に動いていても、円安に動いていても、どちらにも売買のチャンスがあるのがFXの特徴であり、魅力でもあるのです。

買い注文から利益を得る場合

(例)為替レートが円安方向に動くと予想するとき
  1. 1ドル=100円で、米ドルを買います。(買い注文)
  2. その後予想通りに円安に動いた後、1ドル=105円で米ドルを売ります。(売り注文)
新規買い注文し、決済売り注文で利益を得る方法
買い注文で利益を得る例

上記のように、自分の予想通りに為替レートが円安に推移してから決済すれば、買い注文で利益を得ることができます。

ただし予想とは逆に下落してしまい、新規買い注文より下の価格で決済すれば損失となります。

FXでは10,000通貨が基本的な取引単位となります。

スプレッド、スワップポイントを除外して考えると、10,000通貨の取引で買いを行い、1円分上昇してから決済すれば1万円の利益となります。
もし10,000通貨で新規注文後に5円分がプラスに推移して決済すれば、5万円の利益となります。

売り注文から利益を得る場合

株式の世界では「空売り」とも呼ばれており、売りからの注文は理解しにくいイメージがあるかもしれません。

しかし難しく考える必要はありません。

例えば、友人に時計を10万円で売ったとしましょう。そののち4万円で買い戻したら6万円の利益になりますよね。
FXの売りはこういった仕組みです。

例)為替レートが円高方向に動くと予想するとき
  1. 1ドル=105円で、米ドルを売ります。(売り注文)
  2. その後予想通りに円高に動いた後、1ドル=100円で米ドルを買います。(買い注文)
新規売り注文し、決済買い注文で利益を得る方法
売り注文で利益を得る例

上記のように、自分の予想通りに為替レートが円高に推移してから決済すれば、売り注文で利益を得ることができます。

ただし予想とは逆に上昇してしまい、新規売り注文より上の価格で決済すれば損失となります。

売り注文を実際の画面で見てみよう

GMO外貨のスマホアプリで売り注文の例をご覧ください。
以下はもっともかんたんな、ワンタッチ注文の画面です。

ここで買いたいと判断するときは「買」をタップします。そうすると注文が約定(成立)します。

注文が約定すると、スプレッド分が実質の取引手数料となります。
スプレッドが0.2銭であれば、10,000通貨の取引なら、以下のようにマイナス20円からのスタートとなります。

アプリの外貨exでワンタッチ注文の例

※FXでは2Wayプライスという仕組みによって、異なる売りレート、買いレートが提供されています。
この差額をスプレッドといいます。

続いて「売」をタップすると決済は完了となります。

ワンタッチ注文では、さらに決済前にさらに買い注文を追加したいときは「買」を再度タップすれば、追加で1万通貨を買いで保有することができます。

FXには取引に役立つ注文がたくさんある

FXで基本的な注文方法となるのが、成行注文、指値注文、逆指値注文の3種類です。

成行注文

今すぐ注文したいときは成行注文を使います。

成行注文
成行注文の例

先ほどのGMO外貨のワンタッチ注文をご紹介しましたが、成行注文を進化させた注文といった形です。
すぐ注文したいときに発注するやり方ですので、成行注文はスキャルピングデイトレードでよく使う注文方法です。

指値注文

指値(さしね)注文は今よりも有利なレートで待ち伏せして、あらかじめ発注しておく注文方法です。

買い指値注文
買いの指値注文の例
売り指値注文
売りの指値注文の例

例えば今後上昇すると考えるとき、一時的に下がったところで注文したいときに使います。
今のレートが100円で上昇すると考えるなら、99.8円で指値注文をするイメージです。

新規注文だけではなく、決済注文の利食いにも使うことができます。

逆指値注文

逆指値注文は、今より不利なレートであらかじめ発注しておく注文方法です。

売り逆指値注文で決済して損切り
決済・売りの逆指値注文の例 ①損切り
売り逆指値注文で決済して利益確定
決済・売りの逆指値注文の例 ②利益確定

基本的な使い方としては決済注文で使います。

例えば、上昇すると考えて100円のときに買ったポジションが、現在含み損だとしましょう。
99円を撤退ラインと考えるとき、99円に決済の逆指値注文入れておき、もし予想に反して下落したら、損切りするイメージです。

または100円のときに買いで保有して、今105円で含み益になっているとしましょう。
このまま利益を狙いつつ、利益を確保するために決済の逆指値注文を入れておき、もし下がったら104円で決済して利益確定する使い方もできます。

このほかにも逆指値注文は、新規注文時にブレイクアウトを狙ったトレードで使うことも可能です。

基本的な注文方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

このほかにOCO注文やIFD注文、IFD-OCO注文もありますが、これらはすべて指値注文と逆指値注文の組み合わせです。

ですから、指値注文と逆指値注文の仕組みさえマスターすれば、こういった複合注文もかんたんに理解して活用することが可能です。

FXでは目的に合わせた注文方法を活用することで、事前に有利な価格で発注しておいたり、損失をあらかじめ限定させることができます。

どれもFX取引に役立つので、これらの注文をしっかり覚えておきましょう!

初心者におすすめのFX業者

外為オンライン

知識を見方につければ、FXはやさしい。外為オンラインで手に入れる、知識と経験。

外為オンラインは1,000通貨単位に対応しているので、少額からFXを始めたい方におすすめの業者です。

また人気のリピート系自動売買「iサイクル2取引」なら、手間をかけずに利益を狙うことができます。

取引システムはシンプルながらも直感的に操作できる、初心者にも扱いやすいのが特徴です。
スマートフォンアプリ(iPhone/Android)、タブレットアプリ(iPad/Androidタブレット)と充実のモバイルアプリもうれしいポイントです。

デモトレードにも対応しており、マーケット情報も豊富なので、FXの入門にも向いています。

業界トップクラスの開催数を誇る無料セミナーは初心者にも分かりやすいと好評なので、ご都合のいい方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

\ こちらから無料で「外為オンライン」の口座開設ができます! /

口座開設は最短5分、口座維持費等の費用は一切かかりません。

GMO外貨

GMO外貨|FX口座開設+お取引で最大55万円キャッシュバック

安心感を求めるなら、GMOインターネットグループのFX業者、GMO外貨で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「外貨ex」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

対象通貨ペアの取引に応じて、毎月キャッシュバックを受け取れることも、GMO外貨ならではの魅力です!

\ こちらから無料で「GMO外貨」の口座開設ができます! /

お申込みは最短5分、口座維持費等の費用は一切かかりません。

FX取引で利益になる仕組み 買い注文と売り注文を知ろう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次