ポジショントレードの取引方法とメリット・デメリットを解説!

FXの長期売買が「ポジショントレード」という手法になります。

スイングトレードよりもさらに長期のトレードとなり、特徴としてはキャピタルゲインにあたる「為替差益」、インカムゲインにあたる「金利差益」の両方でリターンを狙っていくことができます。

ガツガツと小さな利益を積み重ねていくのではなく、為替変動の大きな動きによる利益をまったりと狙っていくような、穏やかな性格といったイメージです。

それではポジショントレードの手法からコツ、売買のポイントをご紹介します。

ポジショントレードとは?

ポジショントレード、スワップトレードの取引回数と取引期間

こちらの画像を見ると分かるように、FXでは取引期間によって、大きく4つの取引方法に分けれれます。

超短期のスキャルピング、短期のデイトレード、中期のスイングトレード、そして長期がポジショントレードとなります。

ポジショントレードは、数週間から数ヶ月、長ければ数年ポジションを保有して、主に為替差益による利益を「順張り」で狙う手法です。
しかしながら保有する通貨ペアやポジション方向によっては、スワップポイントによる収益を積み重ねることができるのも、ポジショントレードならではの特徴です。

ポジショントレードと同様に、長期トレードにはスワップトレードもあります。

ポジショントレードは為替差益を主軸に狙っていくのに対し、スワップトレードは金利差益を主軸として狙っていくのが大きな違いとなります。

ポジショントレードの利益や足種は?

ポジショントレードで目標とするpipsは、そのときの相場によって変化すると思います。

おおよその目安としては、スイングトレード寄りで数週間の期間なら100pips以上を目指していきます。

数ヶ月以上〜年単位での保有になる場合は、1,000pips以上の値幅を狙うことも可能となってきます。

1,000pipsというと、対円の通貨ペアでいえば「10円の値幅」ですから、1万通貨の取引でも、1回のトレードで10万円以上の利益を目指すことができます。

このように数あるFXの取引方法においても、ポジショントレードもっとも長期となります。

チャートの表示期間ですが、おおよそ数週間のトレードなら日足以上、数ヶ月〜年単位のトレードなら週足と年足がベースとなります。

ですのでトレンド方向は年足で見つつ、「週足を基本」として使っていき、新規でのエントリー・決済のイグジットといった実際の売買タイミングは日足で判断することができます。

長期でトレードするにあたり、短期的な含み損を許容するためにも、最低「レバレッジは5倍以内」で運用するようにしてください。

目標利益、チャートの期間【まとめ】
  • 数週間のトレード:100pips以上を狙う。
  • 数ヶ月以上のトレード:1,000pips以上も狙える。
  • チャートの足種:週足、月足(売買判断で日足も使える。)
  • レバレッジ:5倍以内

ポジショントレードと相性がいい通貨ペア

ポジショントレードで相性がいいのは、ボラティリティー(価格変動の度合い)が低くて、流動性が高い通貨ペアです。

つまり取引量が多くて、安定した値動きを見せる通貨ペアを指し、「ユーロ/米ドル」「米ドル/円」が該当します。

長期トレードではファンダメンタルズ要因として情報収集が重要となってきますが、この2通貨ペアならニュースが多く、マーケット情報を得られやすいことも特徴です。

ある程度のFX経験がある方には、米ドル/円に比べても変動が大きい「ユーロ/円」「ポンド/円」などのクロス円で、より大きな変動幅を狙っていくスタイルも人気があります。

ポジショントレードで重視したいのが、トレンドが発生したら長期でトレンドが継続しやすい通貨ペアであるかです。

もっとも人気の米ドル/円でトレンドが続くのがベストですが、どちらも有事の際には買われやすい傾向があります。

FXには高金利通貨(新興国通貨)、北欧通貨、香港ドル、シンガポールドルなどがありますが、これらを除くメジャー通貨(米ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン)の組み合わせから、取引する通貨ペア探しをするのがおすすめです。

この8通貨の組み合わせからトレンドが出ていて、なおかつスワップポイントが付与される通貨ペアが好ましいです。
しかしスワップポイントを気にしすぎると、エントリーするポジション方向が限定されてしまいます。
あくまでもスワップポイントはオマケ程度で捉え、いかに大きなトレンドに乗れるかを主軸に考えるようにしてください。

相性がいい通貨ペア【まとめ】
  • 初心者におすすめ:米ドル/円、ユーロ/米ドル
  • 中級以上で変動重視:クロス円など
  • 基本:米ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフランの組み合わせでトレンド傾向の通貨ペアを探す。

ポジショントレードと相性が悪い通貨ペア

ポジショントレードでも相性が良くないのは、保有によってマイナススワップが大きい方向となる通貨ペアです。
例えば米ドル/トルコリラのように、トルコリラ安によって長期で上昇トレンドといえど、マイナススワップが大きいと、せっかくの為替差益がスワップポイントの損失によって大きく減ってしまいます。
マイナススワップ方向でトレンドが発生しているなら、マイナススワップを差し引いても利益が出るかも考えなければいけません。
基本的には、マイナー通貨でマイナススワップ方向のポジションを保有するのは非推奨です。

そしていくらスワップポイントが高くても、トルコリラ/円などをロングポジションで保有するのはあまりおすすめできません。
マイナー通貨はスワップポイントの高さが魅力である反面、長期的に通貨安となりやすい性質もあるからです。

やはりポジショントレードは、メジャー通貨の組み合わせで行うのがおすすめです。

相性が悪い通貨ペア【まとめ】
  • 高金利通貨:トルコリラ/円、南アフリカランド/円など
  • マイナー通貨:北欧通貨、香港ドル、シンガポールドル、人民元など
  • 高金利通貨はトレンドであってもマイナススワップに注意。

ポジショントレードのメリット

  • まったりと大きなトレンドを狙うため、多忙な会社員にも取り組みやすい。
  • 短期売買のように、チャートに張り付かなくてよい。
  • 短期的な値動きに翻弄されない。
  • レバレッジを低くするため、短期売買に比べて強制ロスカットのリスクが低い。
  • 少ないトレードでも、為替差益、金利差益(スワップポイント)の両方で大きな利益を狙える。

ポジショントレード最大のメリットは「手間のかからなさ」です。

これにより普段お勤めの方にも取り組みやすく、チャートと長時間にらめっこせず、短期的な値動きに惑わされることもありません。

保有期間が長いことで、多少の損失を許容するために最大5倍程度までレバレッジを下げる必要があります。

レバレッジを低くして運用することから、強制ロスカットしにくくなり、短期間で元手を失うリスクも低くなる点もポイントです。

たった1回のトレードでも、上手くトレンドにさえ乗れれば、為替レートの変動とスワップポイント、両方で大きな利益を得られることは、ポジショントレードならではの醍醐味です!

ポジショントレードのデメリット

  • レバレッジを低くするため、短期売買より元手が必要になる。(1,000通貨なら少額から取引可能。)
  • デイトレードなど短期売買に比べると、資金効率が良くない。
  • 大きな利益を狙える反面、売買判断が遅れやすいため、損失が大きくなる可能性もある。
  • 逆に動いたとき、適切に損切りができないと、ダラダラと中長期にかけて損失を抱えてしまう。
  • 必ずしもトレンド方向でスワップポイントを受け取れるわけではない。
  • 天底でポジションを保有するのは至難の業である。
  • ファンダメンタルズ要因も重視する必要がある。

ポジショントレードは必然的にレバレッジを下げなければいけません。
これによりレバレッジ効果を活かしにくいため、短期売買よりも元手が必要になり、資金効率の面でも劣ります。

※ただし1米ドル100円として、10万円を入金して1,000通貨の取引ならレバレッジ1倍となるため、1,000通貨対応のFX業者なら少額取引ができます。

大きなデメリットとしては、大きなトレンドを見ていくことから、短期売買よりも売買判断が遅れやすいことで含み損も大きくなりやすいです。

低レバレッジによって含み損の許容範囲は広いことから、適切に損知りできないと、ずっと損を抱えたままになりやすい点にも注意すべきです。

またいくらトレンド相場であっても、そのポジションがスワップポイントの受け取り側とは限りません。
とはいえ多くの先進国は低金利ですので、トレンドの大きな波に乗れたらマイナススワップは充分相殺できます。
ポジショントレードでは「スワップポイントは二の次」と捉えておきましょう。

テクニック面でいえば、相場の天底(天井・大底)をピンポイントで捉えるのは、かんたんではありません。
天底はめったに出現しませんし、天底でのエントリーは「落ちるナイフを掴みにいくようなとき」であり、精神的にもヒヤヒヤする局面だからです。
そのため、明快にトレンド転換を判断できてからエントリーした方が、ポジショントレード向きといえます。

短期トレードと異なり、ポジショントレードではファンダメンタルズ要因から中長期の先行きを見ていく必要があります。
ファンダメンタルズが苦手で、テクニカル分析中心でトレードしていきたい人にとっては、デメリットと感じるかも知れません。

ポジショントレードの手法

前述したように天底でのエントリーは難しいです。
そのためポジショントレードでは押し目買い・戻り売りが基本的な手法となります。

どちらもトレンド発生後、一時的に有利なレートになったときにエントリーする手法です。

押し目買い
押し目買いの例
戻り売り
戻り売りの例
  • 押し目買い:上昇トレンドのとき、一時的に下がった調整局面の安値で買うこと。
  • 戻り売り:下降トレンドのとき、一時的に上がった調整局面の高値で売ること。

トレンドが継続していて押し目や戻りのチャンスが訪れたら、ポジションを買い増し(売り増し)で追加する機会となります。

 

このほかにブレイクアウト手法があります。

こちらは水平レジスタンス、水平サポートの転換点をブレイクアウトしたときにエントリーする手法となります。

レジスタンスレベルラインのブレイクアウト手法
ブレイクアウト手法
サポートレベルラインのブレイクダウン手法
ブレイクダウン手法

下方にブレイクしたときは正しくはブレイクダウンといいますが、一般的には総称してブレイクアウト手法と呼ばれています。

押し目買い・戻り売りに比べると利幅は少なくなりますが、ブレイクアウト後にエントリーするやり方は精度にも期待できるため、初心者にもおすすめです。

 

押し目買い・戻り売りは移動平均線を使ったテクニックもあります。

以下ディナポリ・チャートの記事ではDMAという移動平均線で解説していますが、一般的な移動平均線でも使うことができます。

関連記事

ディナポリ・チャートってご存知ですか?アメリカの有名な投資家、ジョー・ディナポリが考案したトレード手法であり、現代のトレーダーに多大な影響をもたらしたといっても過言ではないでしょう。ディナポリ・チャートは奥が深く、いきなり全[…]

ディナポリ・チャートを使ったトレード手法を徹底解説!

ポジショントレードのポイント

ポジショントレードに限ったことではありませんが、必ずストップロス(逆指値注文)を入れるようにしましょう。

押し目買い・戻り売りの場合はサポート・レジスタンスの外側にストップロスを置きます。
ブレイクアウト狙いの場合は直近高値・直近安値を参考に決めることができます。

低レバレッジの場合はストップロスを置かない選択も可能ですが、万が一の暴落・暴騰に備えるためにも、設定しておくことをおすすめします。

ポジショントレードは取引期間がもっとも長期のトレード手法となりますので、スプレッドの狭さはさほど重視する必要はありません。

FXプライム byGMOなどマーケット情報が豊富な業者を選び、ファンダメンタルズ要因を探りやすい環境を整えておくのがおすすめです。

ポジショントレードはトレンドが続いているときに真価を発揮しますので、トレンドロスのときはリピート系注文を使ってレンジ相場を攻略するやり方もできます。

ポジショントレードおすすめの会社

FXプライム byGMO「選べる外貨」

安定性の高いサーバーと約定力100%により、FXプライム byGMOはデイトレードとの相性が抜群です。
またFX業界トップクラスを誇るマーケット情報は、中〜長期売買にも役立ちます。

強靭な取引システムとともに、1クリックで発注できる高速注文により、狙ったレートで必ず約定します。
値動きが激しいときでも抜群の約定力なので、雇用統計など相場急変時のトレードにもおすすめ。

高機能チャート「プライムチャート」は売買シグナルをチャート上で見られます。音声通知もできるので、チャンスを見逃すこともありません。
未来のレート予測分析ツール、ぱっと見テクニカルが利用できるのも魅力!チャート分析が苦手な初心者にも使いやすく、口座開設さえすれば無料で使うことができます。

FXプライム byGMOの口座開設キャンペーン情報

2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)取引終了時までに新規口座開設+取引条件達成で、最大505,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外貨」の口座開設ができます!

外為オンライン

外為オンラインは1,000通貨単位に対応しているので、少額からFXを始めたい方にオススメ!

取引システムはシンプルながらも直感的に操作できる、初心者にも扱いやすいのが特徴。チャート機能も充実していて、比較チャートでは2つの通貨ペアを重ねて分析ができます。
またリピート系自動売買「iサイクル2取引」によって、手間をかけずに運用も可能です。

スマートフォンアプリ(iPhone/Android)、タブレットアプリ(iPadやAndroidタブレット)を使って出先でもスムーズに取引できます。
デモトレード対応に対応し、マーケット情報も豊富なので、FXの入門にもおすすめの業者です。

業界トップクラスの開催数を誇る無料セミナーは初心者にも分かりやすいと好評なので、都合のいい方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

外為オンラインの口座開設キャンペーン情報

キャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大150,000円をキャッシュバック!

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

長期で為替差益を狙う、ポジショントレード徹底解説!
最新情報をチェックしよう!