数秒〜数分の「超」短期売買、スキャルピングの取引方法を解説!

1回の利益は小さめだけど、こつこつと売買を行って利益を積み上げる!という取引方法のスキャルピング。

では、具体的にスキャルピングとはどういった取引なのか見ていきましょう。

コツコツ利ざやを稼ぐのがスキャルピング

スキャルピングの取引回数と取引期間

スキャルピングは、FXの取引方法のなかで一度のトレードにかかる時間が最も短く、1取引あたりの利益幅も比例して小さいのが特徴です。

スキャルピングは、おおよそ数pipsから10pips程度の為替変動による差益を狙う手法です。

何度も売買を行い、小さい利益どんどんを積み重ねるイメージなのが、このスキャルピングとなります。

商売でいうところの、薄利多売に例えると分かりやすいかも知れません。

スキャルピングは取引時間が極端に短いことから、売買のタイミングには集中力が必要ですし、ここぞと思った時に注文と決済をしますので、判断力の早さが明暗の分かれ道となります。

自分の思惑と反対方向に動いた場合も同じく、素早く損切りをしなければいけません。

スキャルピング向きの時間帯

スキャルピングは一度の利益幅が小さいので、基本的には値動きのある時間帯に取引したほうがいいです。
しかし初心者があまりにも値動きが激しいときに取引をすると、自分の思惑と反対方向に動いたときには大きな損失となってしまいます。
値動きが極めて激しいときはスプレッドも拡大しやすくなりますので、慣れないうちは夜〜深夜のトレードであったり、雇用統計など値動きが激しい時には取引しないのも一つの手です。

そしてFXはどの手法であろうと、値動きが大きいときに売買した方が稼げるのは事実です。

しかしスキャルピングに限り、取引画面に張り付いてトレードする必要があり、値動きの規則性を狙って売買を繰り返していく特徴があります。
例えば米ドル/円でしたら、東京時間(おおよそ9:00〜17:00)はその日のトレンドに沿ってなだらかに推移したり、一定レンジで動きやすい傾向もあり、夕方→夜となるにつれ欧州勢の動きや経済指標、NYダウなどさまざまな要因が重なって複雑な動きを見せたりします。

そのため、これからスキャルピングに挑戦するなら、日中の米ドル/円から始めてステップアップしていくのがおすすめです。

もちろん何度も取引するほど「スプレッドは取引コスト」として積み重なりますので、出来る限りスプレッドが狭い会社を選ぶようにしてください。

スキャルピング向きの通貨ペア

レートは一定の規則性をもって推移していきます。
スキャルピングは、数秒から数分にかけて、一方方向に動く範囲を狙ってトレードします。

通貨自体の流通量が低いと、急激にレートが変化しやすいことから、こういった通貨ペアはスキャルピングには適していません。流通量の多いメジャー通貨を選ぶのがポイントです。
メジャー通貨のなかでも取引量が多い米ドル、ユーロ、円は三大メジャー通貨と呼ばれています。

メジャー通貨とマイナー通貨
メジャー通貨米ドルユーロ
ポンド、豪ドル、NYドル、スイスフラン、カナダドル
マイナー通貨上記以外の通貨ペア

スキャルピングをするなら、流通量が多い3通貨の組み合わせの「米ドル/円」「ユーロ/円」「ユーロ/米ドル」から始めるのがおすすめです。

スキャルピングの手法やチャートなど

スキャルピングは超短期売買ですので、例えば政策金利の変更に伴うといった、長期的なファンダメンタルズの影響はぼぼ受けません。
そのかわり大きく変動しやすい政策金利発表や重要指標の発表直後は変動しやすいので、スキャルピングで絶好のトレードタイミングとなります。

指標発表直後は勢いを持って一方方向に推移しやすいため、トレンド方向に乗るのが得策です。
しかし雇用統計発表時などは、上昇後にすぐ下落するように、短期間で反転するケースもあるので注意しましょう。

スキャルピングで使うテクニカル指標ですが、相場反転のタイミングを予測して取引するならオシレーター系のテクニカル指標やボリンジャーバンドを用いて、1分足や5分足など短めの足種をいくつか見ながら売買するやり方が人気です。

逆にトレンドに沿った動きで売買をするなら、移動平均線などのテクニカル指標も利用するのもいいでしょう。
特にボリンジャーバンドは、順張り・逆張りどちらでも使うことができ、スキャルピング・トレーダーによく利用されているテクニカル指標です。

またスキャルピングではTick(ティックチャート)という専用のラインチャートも使われています。
ティックチャートとは1分足よりも更新が早く、レートが変更されるごとにラインが描かれるのが特徴です。
ティックチャートはどのFX会社でも利用できますので、ぜひ試してみてください。

スキャルピングのポイント

  • 注文から利益確定・損切りまでが数十秒〜数分の取引なので、瞬発的な判断力が必要。
  • 値動きが全くない時間帯は、利益になりにくい。
  • 逆に値動きが激しすぎる状況では、慣れないうちは取引しない。
  • 初心者は、米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドルあたりが無難。
  • 1日に何度も売買するので、低スプレッドの会社を選ぶと売買コストを抑えられる。
  • やみくもに取引するのではなく、テクニカル分析を用いてトレンド、レンジを判断してトレードすること。

 

各社のスプレッドは、こちらのページで詳しくご紹介しています。

関連記事

デイトレードなどの短期売買において、もっとも重要となるのがスプレッド。2020年現在では、米ドル/円0.2銭が狭い水準として各社揃っています。短期売買で収益に繋げやすくするなら、有利なスプレッドを提供する低コストのFX会社を選びまし[…]

FX12通貨ペアのスプレッドを徹底比較!

スキャルピングおすすめの会社

実はスキャルピングは全てのFX会社で行えるわけではなく、スキャルピングを禁止して規制を設けているところも存在します。
スキャルピング規制の背景には、およそ個人の裁量取引では不可能となる、1秒間に数千回の売買をプログラムで売買するシステムによるものです。
個人の裁量取引で売買する程度であれば基本的には問題ないのでしょうが、悪質なケースだと口座凍結されることもあります。

そのため「スキャルピング公式OK」と掲げるヒロセ通商JFXで始めると、後々トラブルになる心配がありません。

2社ともにスプレッドが狭く、取引コストの面でも有利な業者です。

ヒロセ通商「LION FX」

LION FXだからできる!業界最高水準高スワップポイント!

ヒロセ通商はスキャルピングOKで、業界最高水準のスワップポイントも魅力。

FX業界で随一ともいえる、豊富なキャンペーンを開催しており、達成しやすい条件であることからも注目されています。また取引するほどもらえる食品キャンペーンも顧客から大人気!

低スプレッド&高速約定とスピーディーな売買ができるので、短期売買との相性も抜群です。

ヒロセ通商の口座開設キャンペーン情報

好条件のおすすめ口座開設キャンペーン!

2020年3月1日(日)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+ポンド/円片道15万通貨以上の取引で5,000円をキャッシュバック!(最大50,000円)

こちらから無料でヒロセ通商「LION FX」の口座開設ができます!

YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」
YJFX!|ヤフーグループのFX|期間最大27,000円キャッシュバック実施中!

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらTポイントを貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年12月12日(木) 〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

数秒〜数分の「超」短期売買 スキャルピングの取引方法を解説!
最新情報をチェックしよう!