DMM FXでデモトレード!デモ取引ツールの特徴・使い方をご紹介!

デモトレード専用アプリやPC向けデモ取引ツールを提供しているDMM FXなら、練習しながらFXを始められます。

DMM FXで利用できるデモトレードツールをご紹介しつつ、デモトレードの始め方までご紹介します。

DMM FXのデモ口座概要

まずはデモ口座のサービス概要から見ていきましょう。

仮想資金500万円
デモ口座の期限3ヶ月
対応端末スマートフォンアプリ
タブレット
PC取引ツール
レバレッジ最大25倍
ロスカット証拠金維持率が50%を下回った場合
デモ取引時間
※FX口座に準じる。
月曜日AM7:00~土曜日AM6:50
(夏時間 土曜日AM5:50まで)
下記時間はメンテナンスにより、取引不可。
土曜日12:00~18:00
デモ取引
不可時間
土曜日12:00~18:00

関連リンク:DMMFX STANDARD 操作マニュアルDMMFX PLUS 操作マニュアルDMMFX PLUS 操作マニュアル

DMM FXでは、全ての取引ツール(PC、スマホアプリ、タブレット)がデモトレードに対応しています。

ニックネームを決めて、メールアドレスさえ用意すれば最短1分で登録完了となりますので、手軽に始められるのもポイントです。

デモ口座の開設時点で、仮想資金500万円でのスタートとなり、残念ながら初期資金の変更はできません。
しかし純資産額が50万円を割り込むと自動的に500万円が入金されますので、さまざまな手法を試すことができます。

通常、デモ口座の有効期限は1ヶ月の会社が多いです。
しかしDMM FXでは3ヶ月と長く設定されているので、長期的に練習できるのもメリットです。
有効期限が過ぎても、ニックネームとメールアドレスを再設定すれば、何度でも始められます。

レバレッジは口座に入っている資金(証拠金)に対し、どのくらいのポジションを保有しているかで変動します。
とくに初心者の方は、デモトレードの段階でレバレッジの仕組みを理解しておくようにしてください。

DMM FXのデモトレード対応ツール

PC向けの取引ツールでは、ビギナー向けに「DMMFX DEMO / STANDARD」があります。

こちらのデモ取引ツールは、iPadなどのタブレットからアクセスしても使うことができます。

DMMFX DEMO / STANDARD

 

このほかPC向けデモ取引ツールとして、「DMMFX DEMO / PLUS」も用意されています。

こちらは高機能版の位置付けであり、本格的なトレードを体験してみたい方は、こちらのデモ取引ツールもお試ししてみてください。

DMMFX DEMO / PLUS

 

スマートフォンではデモトレード専用アプリ「DMMFX VIRTURL」が用意されています。

iPhoneアプリ、Androidアプリどちらも提供しているので、OSに関わらず利用可能です。

スマホアプリ「DMMFX VIRTURL」

どのツールも本取引口座と同じ操作で使えますので、実際の取引に向けてお試ししていきましょう。

さっそくデモ口座を開設しよう!

それでは、デモ口座の開設方法を説明します。

DMM FX公式キャンペーンサイトから、「DMM FX」のロゴをクリックして本サイトに移動します。

 

▼上部メニューの「デモ取引」へと進み、「デモ口座を申し込む」のボタンをクリックします。

「デモ取引」→「デモ取引を申し込む」をクリック

 

お申込みフォーム画面になったら、利用規約、個人情報の取扱いを読んでチェックを入れます。

利用規約、個人情報の取扱いを読んでチェック

 

ニックネーム、メールアドレス、パスワードを入力し、「確認画面へ」をクリックします。

ニックネーム、メールアドレス、パスワードを入力し、「確認画面へ」をクリック

 

確認画面で問題なければ「登録する」をクリックします。

「登録する」をクリック

 

デモ口座のお申込み手続きが完了となります。
そのままホームページに進んでもいいですが、先にメールの受信ボックスを確認しましょう。

デモ口座のお申込み手続き 完了画面

 

下記がDMM FXから届くメールの例です。

先ほど自分で入力したパスワードのほかに「ログインID」も記載されています。

このログインIDとパスワードを各デモ取引ツールに入力すれば、デモトレードを始めることができます。

届いた受信メールにあるログインIDをメモする
各取引ツールはメール内にあるURLから起動可能

各ツールは、メールにあるURLから進めば起動することもできます。

DMM FX・デモ口座の注意点

DMM FXのデモ口座は、万能ではないことは理解して始めるようにしましょう。

デモ環境と本番環境の違い
本番口座デモ口座
プレミアチャート
CFD口座
DMM FX デモ口座「2つ」のデメリット
  1. PC用の分析チャート「プレミアチャート」を利用できない。
  2. CFD取引はデモ口座に非対応。レートやチャートの閲覧、取引は本口座のみ。

まずデモ口座では、DMM FXが誇る分析専用の高機能チャート・プレミアチャートを使うことができません。

プレミアチャートの比較機能
プレミアチャートは比較機能など便利な機能を搭載!

「経済指標連動チャート」「比較チャート機能」「チャート上でレート通知」といった高度な機能を使えるのが、プレミアチャートの特徴です。

プレミアチャートには取引ツールのチャートにはない機能が多く、異なる視線で分析を行えるのがメリットです。

またDMM.com証券ではCFDも取り扱っており、このDMM CFDはFX同様に低スプレッドで取引できるのが魅力です。
しかしDMM CFDにはデモトレードがありません。

いくらFXの取引といっても、NYダウや日経225など株価指数や金の値動きを見ていくことも重要となってきます。

CFD口座はFX口座と同時に開設できるので、CFDのチャートも見ていくなら本番口座を用意しておきましょう。

これからDMM FXで始めるのでしたら、事前にしっかりと取引環境を整えておくようにしてください。

デモ口座開設と同時に本番口座も開設しておき、デモトレードで練習しつつ、プレミアチャートで多彩な分析や、CFD銘柄の値動きに注目する使い方がおすすめです。

取引ツールが動かないとき

「PCでデモ口座(本番口座)を起動させたいけど動かない。」という声もよくあります。

もし取引ツールを開けなかった方は、以下の動作環境をご確認ください。

DMMFX STANDARDの動作環境
DMMFX STANDARDの動作環境
DMMFX PLUSの動作環境
DMMFX PLUSの動作環境

Windowsの場合、デフォルトブラウザであるMicrosoft Edgeで古いバージョンだと起動時にエラーが起こりやすいです。

これに該当する方は、OSを最新バージョンにアップデートして再び取引ツールを起動すれば、基本的には動作するはずです。
Windows7 、Windows8.1をご利用の方は、推奨ブラウザのGoogle Chromeを利用するようにしてください。

なお当方はMac環境でDMMFX PLUSを使っておりますが、Safariでも全く問題なく利用できています。

デモトレードツールの使い方

それでは、デモ取引ツールの使い方をご紹介します。

基本的にはPC/スマホアプリともに、本番用と同じ操作方法で使うことができます。

特に初心者向けの「DMMFX DEMO / STANDARD」はシンプルな画面ですので、注文方法さえ分かっていれば、難しいことは一切ありません。

以下が、デモ取引画面の例です。

DMMFX DEMO / STANDARDを起動したときのサンプル画面
DMMFX DEMO / STANDARDを起動したときのサンプル画面

画面右側「注文パネル」の注文タイプがストリーミングなら、このままレートパネルの「売」「買」をクリックすれば新規注文ができます。

FIFOをONにすれば、新規注文後にポジション照会で決済することなく、レートパネルの「売」「買」をだけで売買を完結させることもできます。

このほか注文タイプで切り替えることで、他の注文方法での発注も可能です。
デモ口座はどんな操作をしても失敗しませんので、たくさん触って使い方をマスターしていきましょう。

FXの注文方法はこちらの記事で解説しています。

関連記事

FXではさまざまな注文方法がありますが、場面に合わせて注文を使い分ければ、より戦略的なトレードに役立ちます。こちらのページでは、基本的な注文方法(成行注文、指値/逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFDO注文、トレール注文、ストリ[…]

FXの注文方法を解説!

 

詳しい操作説明は、DMM FXの公式マニュアルもご覧ください。

 

\ スマホアプリ版の操作や機能は、こちらの記事でも解説しています。 /

とにかくデモ環境でツールに慣れること

デモトレードはあくまでも、

  • ツールの使い方に慣れるため
  • 注文方法を試すため
  • 手法を検証するため

に使うべきです。

デモトレードでなんとなく上手く行ったからといって、同じ感覚で本番トレードをしてはいけません。

仮想資金であればメンタルに負担はありませんが、実際のお金でトレードすると緊張感もずいぶん変わってきます。

DMM FXのデモトレードは500万円です。
しかし実際にスタートするときは500万円よりも低い金額で始める人が大半でしょう。

同じ取引量であっても口座資金が少ないほどレバレッジが高くなるので、デモトレードで上手くいった戦略や手法が同じように通用するとは限りません。

DMM FXでは仮想資金を変更ができませんが、取引ツールには「シミュレーション機能」が備わっています。
デモ口座に慣れたら、本番取引ではシミュレーション機能を使ってロスカット水準などを確認しながら取引を進めていきましょう。

あくまでもデモ口座は「取引やツールに慣れるために使うべき」ということをしっかり理解しておいてください。

何はともあれ最初はデモトレードにチャレンジして、たくさん取引ツールに触れてコツコツと使い方を身につけていきましょう。

DMM FX

DMM FX

ローラのCMでおなじみのDMM.com証券は、ついに *FX口座数国内第1位を獲得!

DMMFXの魅力はなんといっても、常に業界トップクラスの低スプレッドです。
デイトレードで取引コストを抑えるなら、DMMFXがおすすめです。

29種類のテクニカル指標を搭載するプレミアチャートは、FX以外の銘柄(株価指数や金など)と値動きを比較することが可能。連動しているタイミングを見つけられれば、先取りして予測できるかも知れませんね!
取引通信簿という無料のツールが用意されており、こちらは自分の過去の取引データをグラフで見て、自分のトレードの傾向を判断して次の売買戦略に活用することができます。

また平日早朝のメンテナンスを廃止したため、平日は完全24時間の取引が可能になりました!

DMM FXの口座開設キャンペーン情報

最大200,000円キャッシュバックの詳細は公式サイトでご確認ください。

こちらから無料でDMM FXの口座開設ができます!

DMM FXで始めるデモトレード
最新情報をチェックしよう!