スウェーデンクローナ(SEK)の特徴と値動きの傾向

スウェーデンの通貨「スウェーデンクローナ」の特徴を解説します。

スウェーデンの基礎データ

ユーロとの相関性と、今後避難通貨として存在感を高められるかが注目!

スウェーデンクローナ
正式名称 スウェーデン王国
首都 ストックホルム
中央銀行 スウェーデン国立銀行
通貨単位 スウェーデンクローナ(sek)、(Öre,補助単位)
* 主要輸出国 ノルウェー、ドイツ、英国、フィンランド、デンマーク
* 主要輸入国 ドイツ、ノルウェー、オランダ、デンマーク、英国

* 貿易量の多い国順 2014年のデータ

値動きの
大きさ
情報量の
豊富さ
金利の
高さ

スウェーデンクローナの特徴を知ろう!

スウェーデンの風景

スウェーデンはEU加盟国ですが、自国の通貨が使われています。
ノルウェーと同じく高福祉国家のスウェーデンですが、政治や経済は安定していることから、実はヨーロッパではFXで人気のある通貨です。

VOLVO(ボルボ)やエリクソンを代表とするように、産業としては自動車や機械、電子機器などの製造業が盛んです。
ほかに有名どころだとIKEAやH&Mもスウェーデン発祥で、世界的に事業を展開する大企業の多い国です。

まずスウェーデンクローナの最大の特徴として、ユーロ相場との相関性の高さが挙げられます。
隣国のノルウェーは豊富に産出される天然資源が貿易の柱となっていますが、スウェーデンは製造業による貿易が中心となります。
近隣諸国との貿易に依存度が高い経済構造によって、ユーロ圏の経済動向に引率されやすいのです。

近年のスウェーデンの社会動向ですが、国策として進めた移民政策によって、欧州圏からの移民や、中東の紛争をきっかけに受け入れたイスラム圏からの難民による事件が起こるなど、社会問題になりつつあります。

また、以前にスイスフランショックありましたが、それ以降ユーロやスイスフランに不安要素があるたびに、財政状況が健全なスカンジナビア通貨(ノルウェークローネ、スウェーデンクローナなど)が、新たなリスク回避の避難通貨として注目されやすくなってきています。

そしてスウェーデン中央銀行によって、インフレ率の回復と通貨の上昇を抑制するため政策金利の引き下げが続いています。2011年11月は1.75%でしたが、年々利下げが行われて、2015年2月に初のマイナス金利となり、2016年2月にはマイナス幅を拡大させて-0.5%となりました。

スウェーデンクローナの取引をするなら、有事や欧州経済、政策金利の動向にも注目していきましょう。

スウェーデンクローナ/円の値動き傾向は?

スウェーデンは欧州の主要市場であるドイツと時差がありません。
そのため、ドイツのフランクフルト市場が動き始める、日本時間の15:00位から値動きが大きくなる傾向があります。

ロンドン市場が始まると、さまざまな通貨の変動は一段と大きくなっていきます。

FX市場の中心となる取引時間

FXではどの通貨ペアも、基本的にはロンドン市場とニューヨーク市場が重なる21:00〜2:00位が値動きがもっとも激しい時間帯です。

スウェーデンクローナの取引なら、夕方15:00以降は同国や欧州圏の経済指標を意識しつつ、深夜は米ドルやユーロの動向に気をつけていきたいところです。
とくにユーロ相場とは相関性が高いので、ユーロ/円(EUR/JPY)とスウェーデンクローナ/円(SEK/JPY)の連動性に注目していきましょう。

スウェーデンクローナの変動要因について

スウェーデンの経済指標は、スウェーデン中銀政策金利発表、消費者物価指数(CPI)、GDPが変動要因となりやすく、標準時間で15:00〜16:30頃に発表されています。

ドイツやユーロ圏、イギリスの経済指標はスウェーデンクローナの値動きに大きな影響を与えますので、主要な指標のスケジュールは把握しておくと売買に役立ちます。

 

スウェーデンクローナの取引に向いているFX会社は?

スウェーデンは現在マイナス金利導入国ですので、スワップ金利はほとんどつきません。ユーロ/クローナに至っては、買い・売りどちらで保有してもスワップは日々マイナスとなります。
そのためトレードはデイトレか、為替差益を狙ったトレードとなります。

クローナはマイナー通貨ですから、取引できるFX業者はほとんどありません。外為どっとコム、ヒロセ通商、サクソバンク証券で取引することができます。

ヒロセ通商ではクローナ/円のスプレッドは* 2銭~3.4銭となっており、珍しくユーロ/クローナも取り扱っていますが、こちらのスプレッドはかなり広いです。
外為どっとコムでも提供されていて、クローナ/円のスプレッドは* 1.9銭と業界最狭水準の狭さなので、デイトレードもしやすいでしょう。

スウェーデンクローナの取引なら、この3社から選ぶのがおすすめです。

* 2019年1月21日時点のスプレッドとなります。

おすすめFX会社をご紹介!

「外為どっとコム」はデイトレに役立つツールが充実!

FXは外為どっとコム 米ドル/円0.3銭、トルコリラ/円1.9銭、メキシコペソ/円0.5銭

「豊富なツール」業界最大級のマーケット情報」が外為どっとコムの強み! 1,000通貨対応、デモ取引も可能です。

低スプレッド・約定スピードの早さを生かした短期売買から、業界最高水準のスワップポイントで中〜長期売買までオールマイティーに対応します。自己資本規制比率が高く、サポート体制も万全ですので初心者も安心の業者です。

オンラインセミナー「マネ育」のほか、本社のある東京汐留で会場セミナーを開催していますので、外為どっとコムなら学びながらステップができます!

スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.3銭
*原則固定
0.6銭
*原則固定
1.1銭
*原則固定
0.7銭
*原則固定
1.4銭
*原則固定
1.7銭
*原則固定
1.8銭
*原則固定
0.5pips
*原則固定
通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
1,000
通貨単位
なし 20
通貨ペア
17
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の口座開設キャンペーン情報

2019年4月1日〜(終了日未定)のキャンペーン期間中に新規で口座開設し、マイナンバー登録で1,000円、1万円以上の入金でさらに1,000円キャッシュバック!このほか取引条件の達成で、最大102,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料で外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の口座開設ができます!

参考リンク(外部サイト)

スウェーデン基礎データ | 外務省


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!