MACDは、トレンドも見れる万能型の指標!

テクニカル指標・オシレーター系

こちらのページでは、MACDの見方・使い方について解説していきます。

MACD

FXでも人気のテクニカル指標である「MACD」は、Moving Average Convergence / Divergence の略称で、マックディーと呼ばれています。

このMACDは、1960年代にアメリカ人のジェラルド・アペル氏が考案した分析指標です。

それぞれには、

Moving Average = 移動平均線
Convergence = 収束
Divergence = 発散

という意味があり、日本語では「移動平均収束発散法」と呼びます。

移動平均線の縮みや、拡がりを計って分析していく、といったイメージでしょうか。

 

さて、ここでピンときた方もいらっしゃるでしょう。

移動平均線との名がつくように、MACDはEMA(指数平滑移動平均線)がベースなので、オシレーター系としては珍しく、トレンド系指標のように相場の方向性を判断する使い方ができます。

EMAはSMA(単純移動平均線)を改良してできた移動平均線で、SMAよりも直近の値動きに敏感に反応します。

そのため、MACDはトレンドの方向性を測りやすい特徴があります。

「売られすぎ・買われすぎ」を判断する他のオシレーター系に比べると、MACDはやや異質な存在ですが、精度の高い分析ができると評判の良い指標なのです。

それでは、MACDの見方から学んでいきましょう。

"MACD"と"シグナル" 2つの線

MACDの基本は、「MACD」と「シグナル」の2本線です。

MACDとシグナル、2本の線

MACDはEMAがベースと言いましたが、簡単に説明するとこのような計算式となります。

MACD = 短期線(12EMA) - 長期線(26EMA)

例えば短期線を120円、長期線を119円とすれば、その差は+1円となり、それがMACDとしてチャート化されます。

 

またシグナルはMACDを平均化させた線なので、他の指標と同じく、ゴールデンクロス・デッドクロスの見方ができます。

シグナル = MACDの単純移動平均線

つまり、動きの敏感なMACDを短期線、シグナルを中期線と置き換えて、分析することができます。

MACD2(MACDヒストグラム)について

MACD2は、MACDとシグナルがどのくらい乖離しているかをヒストグラム(棒グラフ)にしたもので、トレンドの勢いや強さを表します。

MACD2(MACDヒストグラム)

MACD2 = MACD - シグナル

MACDヒストグラム、OSC(MACDオシレーター)、乖離とも言われたりします。

使い方はいたってシンプルで、縦軸が長いほどトレンドは強気相場、短いほどトレンドは弱気相場、また0から上が上昇トレンド、0から下が下降トレンドと判断できます。

そして、下から上に逆転したら買いサイン、上から下に逆転したら売りサインとなります。

MACD2は、全ての業者のチャートで表示されるものではなく、MT4(メタトレーダー4)や外為どっとコム、GMOクリック証券、ヒロセ通商のPCチャートやスマホアプリで使うことができます。

MACDの見方と使い方を知ろう!

MACDは、短期線(12EMA)と長期線(26EMA)の価格が同じとき、MACDのラインはかならず0ラインに位置します。

(EMAとMACDのパラメーターは同じ12、26であることが条件となります。MACDの初期設定はほとんどがこの設定となっています。)

価格が同じということは、2つの線が、必ずゴールデンクロスかデッドクロスをしていることになりますよね。

 

分かりやすく、12EMA、26EMAとMACDの位置関係を見てください。

12EMAと26EMAとMACD

MACDに先行性があると言われている秘密が、ここにあります。

つまり、0ラインの位置が売買サインのポイントとなります。

MACDが、0ラインから上下どちらの方向に抜けたかを見て、現在は上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかを確認していきましょう。

まずは、このトレンドの方向性を見るやり方が、MACDの基本となります。

MACDの売買サインはクロスの位置が要

それではMACDの売買サインを見ていきましょう。

0ラインが、上昇トレンドか下降トレンドの境目となりますので、0ラインの上か下の位置でゴールデンクロスかデッドクロスすれば、MACDの売買サインとなります。

0ラインより下でMACDがシグナルを上抜いたら、買いサイン。

0より上でMACDがシグナルを下抜いたら、売りサイン。

クロスの角度で信頼性を計る

MACDとシグナルは、2つの線がどのような角度でクロスしているか、という部分にも注目してみましょう。

参考チャート:外為どっとコム [2015年9月25日頃 米ドル/円 4時間足]

MACDとシグナルがクロスする角度

このように、MACDとシグナルが交差によってできた、角度のある山(谷)になるほど、売買サインとしての信頼性が高くなります。

 

急な角度で、山または谷が形成されたら、これからトレンドが反転するかもしれないと、あらかじめ心構えしておくといいですね。

MACDの注意点は?

ダマシの少ないことで知られるMACDですが、注意点もあります。

 

相場の変動が少なく横ばいで推移しているときは、シグナルも上下に動かず横ばいに推移します。

このような相場のときは、MACDとゴールデンクロス・デッドクロスしても、シグナルに角度がないのでダマシとなる確率が高くなってしまいます。

 

また時間足にも注意しましょう。

MACDは日足、週足と期間を長くすれば、売買サインの反応は遅くなるものの、信頼性は高くなります。

30分足などの短い期間ほどダマシも多くなりますので、短期トレードの場合は、複数の期間でチェックすることと、他の指標との併用でダマシを見極めていきようにしていきましょう。

ダイバージェンス発生は天井・大底の目安に

ダイバージェンスは、直訳すると逆行現象と言い、「価格とMACDが逆に動く」ことを指します。

オシレーター系指標に発生するこのダイバージェンスは、MACDのほかに、RSIやストキャスティクスにも現れたりします。

 

MACDにかぎり、ダイバージェンスの発生は少なめなのですが、その分、他指標のダイバージェンスに比べると信頼性が高い、とした見方をする方が多く見受けられます。

 

それではMACDのダイバージェンスを見てみましょう。

参考チャート:外為どっとコム [2015年2月〜4月頃 ユーロ/円 日足]

MACDのダイバージェンス

ベアリッシュ・ダイバージェンス(弱気の乖離)
上昇トレンドにおいて、価格は切り上がって推移しているが、MACDは切り下がってきている状態のこと。

ブリッシュ・ダイバージェンス(強気の乖離)
下降トレンドにおいて、価格は切り下がって推移しているが、MACDは切り上がってきている状態のこと。

やや中級者向けではありますが、ダイバージェンスは相場のトレンド反転を示唆するサインですので、しっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

ダイバージェンスは2つの山(谷)に注目!

ダイバージェンスが発生したら、MACDとシグナルの交差でできた「山と山」や「谷と谷」も相場を予想するためのヒントとなります。

MACDで天井圏を分析する

このように、価格は切り下がっているものの、「右の谷」よりも「左の谷」が低いときは、大底圏での強いトレンド反転を示唆します。

 

反対に、価格は切り上がっているものの、「右の山」よりも「左の山」が高いときは、天井圏での強いトレンド反転を示唆します。

MACD2でダイバージェンスを見る方法もある

これは、「投資苑」の著者であるアレキサンダー・エルダー博士が得意とするやり方で、これは価格とヒストグラムのダイバージェンスを見る、逆張り手法となります。

 

しかし、以下チャートでは強いトレンドにより、ダイバージェンスが発生してもなお、価格は上昇を続けたのが見て取れますね。

参考チャート:外為どっとコム [2014年11月〜12月頃 米ドル/円 日足]

価格とMACDヒストグラムのダイバージェンス

このように、非常に強いトレンド相場では効果的ではない場面もありますので、注意も必要です。

MACDの利益確定ポイントは?

トレンドやクロスを見て、よいタイミングでエントリーしたが、なかなか利確できない状況に陥ることもありますよね。

「ゴールデンクロスで買い注文し、デッドクロスで利確を待っていたが、クロスサインの時点では決済タイミングが遅く、利幅が小さくなった。」なんてこともあります。

 

そんなときは、MACDとシグナルが乖離する部分を見ていくと決済の目安にしやすいです。

まず、大きな価格変動が起こると、クロスしたMACDとシグナルは乖離します。

ここでは、拡大した乖離幅のピーク時に注目してください。

参考チャート:外為どっとコム [2015年6月〜7月頃 ユーロ/円 日足]

MACDの決済ポイント

乖離幅がピークまで拡大し、その後わずかでも縮小すれば、その後MACDは反転することの予兆となります。

「乖離幅が縮小した時点」を決済の目安にすると、大きな利幅に期待ができますので、ぜひ参考にしてみてください。

一口メモ

あらかじめ、MACDが0の上下どちらに位置するか、トレンドの方向性を見極めておくようにしましょう。

【まとめ】MACDの売買サインなど

基本的な使い方をまとめました。

MACDの基本

MACDとMACD2は、0ラインより上で上昇トレンド、0ラインより下で下降トレンドと判断できる。

MACDとシグナルは、交差の角度が深いほど信頼性が高まる。反対に角度が浅ければ、信頼性は低くダマシも多くなる。

MACDの買いサイン

MACDが0ラインを下から上抜いたら、上昇トレンドの始まりを示唆する。(12EMAと26EMAのゴールデンクロス)

0より下でMACDがシグナルを上抜いたら、買いサイン。

MACD2が、下から上に逆転すれば買いサイン。

MACDの売りサイン

0より上でMACDがシグナルを下抜いたら、売りサイン。

MACDが0ラインを上から下抜いたら、下降トレンドの終焉を示唆する。(12EMAと26EMAのデッドクロス)

MACD2が、上から下に逆転すれば売りサイン。

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

無料の分析ツール

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!