モメンタムの見方・使い方【テクニカル指標・オシレーター系】

テクニカル指標・オシレーター系

こちらのページでは、モメンタムの見方・使い方について解説していきます。

モメンタム

モメンタム(Momentum)は直訳すると「勢い」「はずみ」のことで、相場の勢いや強弱を分析するオシレーター系の代表的なテクニカル指標です。

モメンタムは先行指標と呼ばれていて、同じオシレーター系であるMACDやCCIも先行指標の部類となります。

先行指標は値動きを予測するものではなく、ローソク足に先行してシグナルが現れやすい指標のことですが、確実なものではありませんのでご注意ください。

 

このモメンタムは、相場の勢いが加速したトレンドのある方向性に追随してエントリーしますので、オシレーター系ではあるものの、基本的には順張り指標となりますが、逆張りでも使えます。

 

計算式は、当日の終値から直近n日の終値を引いて算出される非常にシンプルなもので、短期的な分析に有効的となっています。

計算式

モメンタム = 当日の終値 - 直近n日の終値

n日は、日足であれば10日がポピュラーで20日、25日も使われています。

モメンタムの見方と使い方を知ろう!

まず、モメンタムは0(ゼロ)が強弱の基準となります。

つまり、0以上なら強気相場、0以下なら弱気相場と判断していきます。

 

もっとも基本的な使い方ですが、0の上抜け・下抜けを売買のシグナルとする方法です。

参考チャート:GMOクリック証券 米ドル/円 日足 2016年2月〜6月頃

モメンタムの売買シグナル

モメンタムが0を上抜いたら、上昇の勢いが強いと判断して買いサイン。

モメンタムが0を下抜いたら、下降の勢いが強いと判断して売りサイン。

 

そして、モメンタムが0を抜いた方向性に上昇・下降が継続していれば、そのトレンドは勢いがあることになります。

モメンタムでトレンドの強さを判断する

0を上抜き、さらに上昇していればトレンド継続を示唆する。

0を下抜き、さらに下降していればトレンド継続を示唆する。

 

モメンタムが頻繁に0を交差するときはシグナルとして機能しなくなりますので、注意が必要です。

 

モメンタムが頻繁に0を交差するときは注意

GMOクリック証券のプラチナチャートプラスは「シグナル」という線も表示されていますが、これはモメンタムの平均線です。

シグナルラインの傾きで、トレンドの方向性を見ていくやり方がベターです。表示できないチャートが大半なので、使ってみたい方はGMOクリック証券がおすすめです。

モメンタムの傾きでトレンドの強弱を判断する

為替レート自体が上昇・下降しているものの、上昇・下降していたモメンタムの傾きが緩やかになってきたら、上昇力・下降力が弱まっていることを示します。

価格は上昇しているが、モメンタムの上昇が緩やかになってきたら上昇力が弱まっている。

価格は下落しているが、モメンタムの下落が緩やかになってきたら下降力が弱まっている。

 

こういった相場のときは、順張りではなく逆張りや押し目買い、戻り売りが有効的な局面となったりします。

モメンタムを逆張りに使う手法

逆張りを仕掛けるときは、一定の変動幅で推移するレンジ相場のときです。

 

売られすぎの水準で反転したら買いサイン。

買われすぎの水準で反転したら売りサイン。

 

買われすぎや売られすぎの水準ですが、モメンタムはストキャスティクスやRSIのように±100%の範囲で推移する指標ではありませんので、極端に上がったり下がった地点を目安にしてみてください。

ローソク足とモメンタムのトレンドライン分析手法

ローソク足にトレンドラインを描き、ブレイクアウトを狙った手法は一般的に行われていますが、モメンタムでもトレンドラインで分析することができます。

参考チャート:GMOクリック証券 米ドル/円 日足 2016年3月〜5月頃

ローソク足とモメンタムのトレンドライン分析

ローソク足、モメンタムともに高値(安値)を更新したら、その後さらにトレンドが続く可能性が高くなります。

両方にトレンドラインを描いて同じ方向にブレイクアウトしたら、信頼性はより高まり、勢いは加速していると判断ができますね。

モメンタムのダイバージェンス

為替レートとモメンタムが乖離する動きを見せたら、トレンドの終焉か転換となる可能性が高まります。

価格とモメンタムの動きが逆行する現象(ダイバージェンス)が現れたら、トレンド転換を示すシグナルとなります。

このダイバージェンスは、オシレーター系のテクニカル指標のみに出現するもので、信頼性は高いとされています。

参考チャート:GMOクリック証券 米ドル/円 日足 2015年11月頃

モメンタムのダイバージェンス

価格の安値は更新しているが、モメンタムが上昇していれば買いサイン。

価格の高値は更新しているが、モメンタムが下落していれば売りサイン。

モメンタムの注意点は?

モメンタムを順張りで使うにあたり、ダマシが多くなることもしばしばあります。

比較的短期での分析が想定されていることから、突発的な変動の影響を受けやすいことがその理由です。

日足などの長い時間足で分析をする、モメンタムの設定期間を長くする、トレンド系の指標を併用するなどして、ダマシを極力排除して分析するようにしてください。

【まとめ】モメンタムの売買サインなど

基本的な使い方をまとめました。

モメンタムの基本

モメンタムでは相場の勢いや強弱を分析する。

0を抜けた方向に継続して推移すれば、強いトレンドを示す。

価格は上昇(下降)しているが、モメンタムが緩やかになったらトレンドの弱まりを示す。

モメンタムの買いサイン

モメンタムが0を上抜いたら、上昇の勢いが強いと判断して買いサイン。(順張り)

売られすぎの水準で反転したら買いサイン。(逆張り)

価格の安値は更新しているが、モメンタムが上昇していれば買いサイン。(押し目買い)

モメンタムの売りサイン

モメンタムが0を下抜いたら、下降の勢いが強いと判断して売りサイン。(順張り)

買われすぎの水準で反転したら売りサイン。(逆張り)

価格の高値は更新しているが、モメンタムが下落していれば売りサイン。(戻り売り)


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!