トレンドラインの見方と引き方をマスターしよう!

チャートで高値と高値どうし、もしくは安値と安値どうしを結んだ線のことを、トレンドラインを言います。

トレンドラインは、現在の相場が上昇傾向か、下降傾向かを掴むため、また、相場の転換点を探し、売買タイミングを図るためにも使います。

トレンドラインを引くことによって、現在どのように推移しているのかを一目で判断することができ、右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンド、上下に平行にラインが引けるならレンジ相場となります。

トレンドラインは2つある

トレンドラインには、サポートラインとレジスタンスラインの2つがあります。

安値と安値を結んだ線のことを、サポートラインと呼びます。

反対に、高値と高値を結んだ線のことを、レジスタンスラインと呼びます。

また、ここでは分かりやすく2つに分類していますが、実際のチャートでは、それまでサポートラインとして機能していた線が、下抜けた瞬間にレジスタンスラインになったりもします。

サポートラインの見方

安値と安値を結んでできるサポートラインは、日本語では支持線と言います。

サポートライン

参考チャート:外為オンライン

安値をサポートするかのごとく、サポートラインによって下値を支えることからサポートラインと呼ばれます。

サポートラインの売買サイン

サポートラインの売買サインとなるポイントは、レートがサポートラインをブレークした(下回った)ときです。(※上の画像の矢印の位置)

それまで下支えしてきたサポートラインを下に割れば、下値を支える支持力が弱まったとも判断ができます。

レジスタンスラインの見方

高値と高値を結んでできるレジスタンスラインは、日本語では抵抗線と言います。

レジスタンスライン

参考チャート:外為オンライン

高値への抵抗として、上値を支える線であることから、レジスタンスラインを呼ばれます。

レジスタンスラインの売買サイン

レジスタンスラインの売買サインとなるポイントは、レートがレジスタンスラインをブレークした(上回った)ときです。(※上の画像の矢印の位置)

それまで上支えしてきたレジスタンスラインを上に抜ければ、上値を支える抵抗力が弱まったとも判断ができます。

トレンドラインの引き方

トレンドラインの引き方ですが、まずは思った通りに何度も何度も描くのが、上達の第一歩です!

失敗してもすぐに書き直せばいいだけですし、繰り返し練習しているうちに、自然と上手に描けるようになるでしょう。

トレンドライン描画は "接点と時間足" がポイント

例えば、複数の安値を結んでサポートラインを書くとします。

このとき、安値となる接点が3つ以上あると、よりそのトレンドラインの信頼度が高くなります。

トレンドラインへの接点となる安値(高値)が3つ、4つ、5つと増えるにつれ、そのラインはなかなか突破が難しいとされ、突破した場合はより強い力が働いたことにより、大きく抜けた方向に推移したりします。

またトレンドラインを引くときの注意点ですが、あまり短い足種で描かないことです。

1分足や5分足などの短い足種の場合、レートのブレが大きいので、すぐにラインを抜けたり割ったりします。

つまり、トレンドラインを引くときは、日足など時間軸が長くなるほど、その分信頼性も高くなりますので、最初のうちは日足あたりから始めてみるといいでしょう。

ヒゲはトレンドラインに収めるべき?

トレンドラインを引くときのありがちな疑問ですが、ローソク足のヒゲがトレンドラインに「収めるべき」か「多少はみ出しても気にしない」のどちらが正しいのか、と思う方もいらっしゃるかと思います。

このヒゲですが、一般的には、トレンドラインからはみ出ない方が良いとされています。

なぜかというと、ヒゲを収めた方がより信頼度が高くなるからです。

きれいに収められないこともありますが、出来るだけヒゲは収めて描くことを意識するとよいでしょう。

ヒゲを収めない方がラインをブレークするタイミングは早まりますが、少しでも分析の精度を上げることを考えてみてはいかがでしょうか。

しかし、プロのトレーダーでも意見が分かれたりと、どちらが正しいという訳でもありません。

相場急変時はヒゲが長く伸びたりしますので、そのようなときは、今後転換となるかも知れないと予測しておくことが大切です。

ヒゲは出来る限り収めるようにしつつ、ラインをブレークするタイミングを監視する方が重要だと言えます。

ライン分析は他にも色々ある

ここで紹介した以外にも、ラインを描くことによって分析する手法には、実にさまざまな種類があります。

詳しくはこちらの記事、保ち合いのチャートパターン一覧も参考にしてみてください。

これらの売買パターンは知っているのと知らないのでは、売買のチャンスが到来したとき、すぐに対応できるか、気付かずにスルーしてしまうかの分かれ道となってしまいますので、この機会にしっかり身につけるといいでしょう!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!