LINEで売買シグナルを通知できる3サービスをご紹介【完全無料】

FX業者のLINE公式アカウントを有効活用していますか?

全ての業者でLINE公式アカウントのサービスがある訳ではありませんが、業者によっては取引を有利に進められるサービスを提供しているところもあります。

そこで、今回はLINE上で売買シグナルの発生を通知してくれる完全無料のサービスをご紹介します。

各FX業者のLINE公式アカウント対応状況

まずはじめに、各社のLINE公式アカウントの対応やサービスの違いをご覧ください。

FX会社名公式アカウント名対応サービス
@linefx経済指標通知
急変動通知
キャンペーン通知
AIチャット
売買シグナル通知
松井証券(MATSUI FX)@netfx経済指標通知
指定レート通知
急変動通知
売買シグナル通知
@ctfx為替レート
チャート
為替ニュース
経済指標通知
指定レート通知
売買シグナル通知
ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)@fxtf24時間お問い合わせサービス
相場速報
キャンペーン情報
@min-fxキャンペーン情報
@fxbroadnetキャンペーン情報
@sec.dmm.com24時間お問い合わせサービス

こうしてみると、LINE公式アカウントを提供する業者はそんなに多くありません。

さらに売買シグナルを配信している業者は、LINE FX、MATSUI FX(松井証券)とセントラル短資FXの3社だけなんですね。

なぜこの機能にスポットを当てているかというと、為替ニュースや指定レート通知はPCやスマホアプリにもありますが、LINE公式アカウントの売買シグナル配信に相当する機能は、他のツールでは提供されていないからです。

LINE公式アカウントの追加方法

ご存知の方は多いかもしれませんが、LINE公式アカウントの追加方法をおさらいしておきましょう。

LINE公式アカウントの追加方法

LINEのホーム画面を開いたら、上部右側にある「人型のアイコン」をタップします。

続いてQRコードまたは検索をタップしましょう。(上記は検索の例です。)

IDを入力後、追加をタップで友だちに追加となります。

LINE売買シグナル配信の機能

それでは、LINE公式アカウントの売買シグナル配信は一体どんな機能なのか見ていきましょう。

LINE FXの場合

LINE FX公式アカウントのトーク画面を開き、メニューにある「売買シグナル通知設定」をタップしてください。

メニューの売買シグナル通知設定を開く

続いて「設定する」をタップしてください。

売買シグナルの設定するをタップ

表示された「売買シグナル通知設定」では、通貨ペアや取引種別(新規買い、新規売り、買いと売りの両方)取引スタイル(5分、15分、30分)を選択します。
※取引スタイルは短くするほど通知回数が多くなり、LINE FXは初心者には30分を推奨しています。

売買シグナル通知設定
詳細設定を開く(任意)をタップ

「詳細設定を開く(任意)」をタップすれば、勝率とテクニカル指標をお好みにカスタマイズできます。
※勝率のおすすめは70%以上と記載されており、また勝率が低いと通知回数が多くなるため、まずは70%で設定するのがおすすめです。

詳細設定の勝率とテクニカル指標
通知回数を確認後、「この条件で設定する」をタップ

ここまでの設定で、今後1ヶ月間でどのくらい通知されるか目安を見ることができます。
3,000件以上だと通知が行われず、またあまりにも通知回数が多いと売買シグナルの配信精度に期待できないため、通知回数がすくなくなるように再設定してみてください。

納得できる設定にできたら「設定する」をタップすれば設定完了となります。

売買シグナルランキングの閲覧も可能

LINE FXでは売買シグナルランキングの閲覧も可能です。
閲覧するには「売買シグナルランキング」をタップしてください。

売買シグナルランキングをタップ

そうすると「累積損益が高い順」「勝率が高い順」で上位50位までランキングで閲覧ができます。
「勝率が高い順」はこちらから変更可能です。

売買シグナルランキング
勝率が高い順への変更方法

画面下にある「条件変更」から通貨ペア、足種、取引種別、テクニカル指標を変更することもできます。

「条件変更」から通貨ペア、足種、取引種別、テクニカル指標を変更可能

先ほどのランキングから各シグナルをタップすれば、詳細画面に遷移します。

売買シグナル詳細
売買シグナル詳細
シグナルチャートシミュレーション
シグナルチャートシミュレーション
シミュレーション結果
シミュレーション結果

シグナル配信の条件を閲覧できるとともに、シグナルチャートシミュレーションでは過去の売買タイミングを確認できます。
また条件による損益グラフ、売買履歴、期間内における結果などのシミュレーションを確認することもできます。

売買シグナルが設定条件に達したら、LINE公式アカウントから以下のようなメッセージが届きます。

LINE FX公式アカウントの売買シグナル通知例
売買シグナル通知例

この通知にある「建玉/照会を開く」をタップすればFXアプリを起動でき、「シグナル詳細を見る」をタップすれば、通知条件を確認することが可能です。

後述するMATSUI FX、セントラル短資FXのように、LINE FXでは売買シグナルランキングから設定を行うことはできません。

もしランキングにある特定のシグナルを受け取りたい場合は、設定画面でテクニカル指標を個別に設定しましょう。
またランキング上位には勝率50%以下のシグナルもあるように、勝率を50%などにある程度下げることで任意のシグナルを通知させることができます。。

MATSUI FX、セントラル短資FXの場合

2社のツールは基本的に使い方は同じですので、MATSUI FXを例に解説します。

トーク画面を開いたら、メニューにある「通知設定」→「売買シグナル通知」と進みましょう。

通知設定→売買シグナル通知と進む

そうすると売買シグナルは累積損益のランキング順に一覧で表示されます。

MAAATSUI FXの売買シグナル

任意のストラテジー(テクニカル指標の売買シグナルに基づいた売買条件)をタップすると、ストラテジーの詳細画面となります。

MAAATSUI FXのストラテジー詳細

シグナル発生条件をタップすると、どんな条件によって売買シミュレーションされているのか確認できます。

どのように利食い、損切りを行っているか、しっかり確認しておきましょう。

シグナル発生条件をしっかり確認

続いて「チャート」タブをタップしてみてください。

売買シグナルをチャートで確認

MATSUI FXの場合は「買い条件」「売り条件」をタップすると、そのストラテジーに用いられているテクニカル指標が表示されます。

ストラテジーごとに発生した売買シグナルは画面下部にある矢印で判断できるため、どんなタイミングで売買をしているのか確認できますね。

買い条件/売り条件にチェックで売買シグナルのテクニカル指標が表示

以下は最初の一覧画面ですが、ストラテジー検索へ進むと任意の条件で検索ができます。

チェックで売買シグナルをLINEで通知できる

気になるストラテジーにチェックを入れると、LINEのプッシュ通知で知ることができるので、シグナル発生のタイミングを逃しません。

取引チャンスを逃さずに捉えるためにも、ぜひ有効活用していきましょう。

3社のLINE売買シグナル配信を比較

おそらく開発元が同じため3社のLINE売買シグナル配信は似ていますが、機能面において違いがあります。

LINEの売買シグナル配信には、どれくらい通貨ペア、テクニカル指標が対応しているのか見ていきましょう。

FX業者名通貨ペアテクニカル
指標
足種
(シミュレーション期間)
取引種別利食い・
損切り
5
通貨ペア
21
種類
5分足(過去約10日間)
15分足(過去約30日間)
30分足(過去約60日間)
新規買い➝決済売り
新規売り➝決済買い
テクニカル指標毎
松井証券(MATSUI FX)5
通貨ペア
7
種類
1時間足(2000本, 約4ヵ月)
4時間足(500本, 約4ヵ月)
新規買い➝決済売り
新規売り➝決済買い
途転
利食い:20pips
損切り:50pips
5
通貨ペア
5
種類
30分(3000本, 約3ヵ月)
1時間(3000本, 約6ヵ月)
2時間(3000本, 約1年)
新規買い➝決済売り
新規売り➝決済買い
途転
指定なし

以下は同じ日の画面ですが、3社の売買シグナル一覧画面を見ると、累積損益や勝率に違いがありますね。
LINE公式アカウントの売買シグナルランキングを比較
これはストラテジーのシミュレーション期間(バックテスト期間)や利食い・損切りのルールの違いによるものです。

現状、この3社しかこういったサービスは提供していませんので、両方ともチェックして自分に合ったストラテジーを探して見るのもいいいでしょう。

※松井証券、セントラル短資FXのランキングでは、チェックしたら通知で売買タイミングを教えてくれるだけで、勝手に売買されるわけではありませんのでご安心ください。

自分に合ったストラテジーをLINEで通知させ、売買シグナルの発生を逃がすことなく取引に役立ててみてはいかがでしょうか。

LINE FX

LINE FX1周年記念|新規口座開設+取引で最大55,000円オトク!

LINE FXのLINE公式アカウントは、短期売買に役立つ5分足や15分足が用意されていることが他社にはない特徴といえます。

さらにテクニカル指標が豊富なので、お好みの売買シグナルで設定しやすいこともポイントです。

ランキングにある売買シグナルをピンポイントで通知させることができないため、ランキング機能を活用したいなら松井証券かセントラル短資FXのLINE公式アカウントも併用してみてください。

対応
通貨ペア
[5通貨ペア]

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • トルコリラ/円
対応
テクニカル指標
[21種類]
  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • パラボリック
  • エンベロープ
  • 高値安値移動平均線
  • RSI
  • ストキャスティクス
  • スローストキャスティクス
  • RCI
  • サイコロジカルライン
  • DMI
  • MACD
  • モメンタム
  • ROC
  • Williams %R
  • CCI
  • 直近高値安値
  • カギ足
  • ポイント&フィギュア
  • 新値足
対応足種5分足、15分足、30分足
取引種別新規買い➝決済売り
新規売り➝決済買い
利食い・
損切り
テクニカル指標毎
ストラテジーの
シミュレーション期間
5分足:過去約10日間
15分足:過去約30日間
30分足:過去約60日間

こちらから無料でLINE FXの口座開設ができます!

MATSUI FX

松井証券(MATSUI FX)|100円から取引できる。はじめるための、あんしんFX

松井証券「MATSUI FX」のLINE売買シグナルでは、高金利通貨で人気のあるトルコリラ/円が対応しているのが特徴です。

LINE FXの公式アカウントと異なり、松井証券ではランキングからお好みの売買シグナルを選ぶだけで、かんたんにシグナル発生を通知できるのが魅力です。

売買シグナルの発生をLINEで通知するには連携が必要ですので、あらかじめ口座開設しておいてください。

なおMATSUI FXでは、LINE公式アカウントから1タップでFXアプリを起動できるため、シグナル発生から自分自身で発注するまで、スピーディーに行えることも魅力です。

対応
通貨ペア
[5通貨ペア]

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • トルコリラ/円
対応
テクニカル指標
[7種類]

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • MACD
  • RSI
  • RCI
  • DMI
対応足種1時間足、4時間足
取引種別新規買い➝決済売り
新規売り➝決済買い
途転
利食い・
損切り
利食い:20pips
損切り:50pips
ストラテジーの
シミュレーション期間
1時間足:2000本(約4ヵ月)
4時間足:500本(約4ヵ月)

こちらから無料で松井証券「MATSUI FX」の口座開設ができます!

セントラル短資FX

今注目のメキシコペソ/円ならセントラル短資FX

セントラル短資FXのLINE売買シグナルは、シミュレーション期間が長いため、高パフォーマンスに期待ができます。

1時間足のストラテジーは過去6ヶ月間、2時間足は過去1年間がバックテストの期間となっており、長期間にかけて勝率が高く累積損益が多いストラテジーなら、FX取引の収益化にも多いに役立つでしょう。

このほかセントラル短資FXにはみらいチャートという売買シグナルアプリもあり、口座開設すればこちらも無料で使うことが可能です。

双方を併用して、効率的に売買タイミングを攻略してみてはいかがでしょうか。

対応
通貨ペア
[5通貨ペア]

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
対応
テクニカル指標
[5種類]

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • RSI
  • スローストキャスティクス
  • MACD
対応足種30分足、1時間足、2時間足
取引種別新規買い➝決済売り
新規売り➝決済買い
途転
利食い・
損切り
指定なし
ストラテジーの
シミュレーション期間
30分:3000本(約3ヵ月)
1時間:3000本(約6ヵ月)
2時間:3000本(約1年)

こちらから無料でセントラル短資FXの口座開設ができます!