FXは18才や未成年、無職や海外在住でも口座開設できる?

FX口座開設の審査基準ですが、それぞれの会社ごとに定められています。

これは金融先物取引業協会のルールに基づいて決まっているので、各社に多少の違いはあるものの、基本的には同じような審査基準となっています。

FXの審査は正直厳しくはありませんので、通常の成人の方でしたら、ある1社で口座開設ができたら他の会社でも問題なく審査が通ると考えても大丈夫でしょう。

それでは、職業(無職・フリーター・主婦など)や年齢(18歳などの未成年など)、国籍(日本人、海外在住の日本人、外国人)等の条件ごとに、審査基準を満たしているかを詳しく解説していきます。

未成年、18才、高校生、大学生の方

FXの口座開設基準は、基本的に満20才以上となっています。
大学生の場合、20才になっていればお申し込み基準を満たしているので、お申し込みができます。
そのため、高校生など未成年や19才の方はお申し込みができません。

ただし、18才以上20才未満の未成年でも口座開設できる業者が4社あります。

業者ごとに条件に違いはありますが、未成年がFXのお申し込みをする際には、親など法定代理人の同意書が必要になる場合が多いです。

「なかなか親には同意してもらえなそう」と考える方は多いかも知れません。

しかしSBI FXトレードなら1通貨から取引できるため、数円でポジションを保有することができます。
この場合、たとえ大きく変動しても損失リスクは限りなく低い一方で、大きな収益を上げるにも不向きです。

メリットとしては100円でも入金すれば、無理なく本番取引の緊張感を持ちつつ取引できる点にあります。

さらに口座開設すれば500円を受け取ることができるため、ノーリスクで取引をスタートできます。

FXの基本となる1万通貨で取引をする場合、必要証拠金は4〜5万円が必要になり、ロスカットリスクを抑えるには元手で数十万円を用意しなければいけません。

最初に500円を受け取った時点でレバレッジが低い状態のため、1通貨で取引すれば為替変動の影響をほとんど受けません。
そのため、少額から始められるSBI FXトレードは、未成年にもっとも適した業者といえます。

SBI FXトレードの場合

まずSBI FXトレードですが、18歳以上20歳未満でも、法定代理人(親)の同意書があれば口座開設ができます。
もし20才未満でも結婚している方であれば、同意書は不要で口座開設を行えます。

未成年ですが口座開設はできますか?

FX取引及び積立FXは満18歳以上で口座開設基準を満たしているお客さまであれば口座開設は可能です。

尚、法定代理人から書面による未成年の取引に関する同意書、法定代理人であることを証する書面(親権者全員と未成年者ご本人の続柄が記載された戸籍謄本)及び法定代理人の本人確認書類(住民票以外)を郵送にて提出していただく必要があります。

引用元:よくある質問|SBI FXトレード

関連記事

SBI FXトレード 業界最小1通貨、約4円から取引できるFX業者! 取引数量ごとに異なるスプレッド配信システムを採用。 米ドル/円[…]

最初の一歩はSBI FXトレードと共に。

トレイダーズ証券(みんなのFX、LIGHT FX)の場合

トレイダーズ証券はみんなのFX、LIGHT FXと2つのFXサービスを展開していますが、どちらの業者も高校生は口座開設ができません。

18才以上で20才未満で、なおかつ高校生でない場合、法定代理人の同意書があれば口座開設を行えます。

口座開設に制限はありますか?

満20歳未満または80歳以上の方は開設できません。
ただし、個人口座に限り、高校生を除く「法定代理人による同意がある18歳以上」および「婚姻している18歳以上」の方は開設可能です。

引用元:よくあるご質問|みんなのFX

関連記事

みんなのFX 全29通貨ペアにおいて業界最狭水準スプレッドを提供! 高金利通貨を含め、全通貨ペアのスワップポイントが高い! ヒートマ[…]

みんなのFX|みんかぶFX総合部門 スプレッド部門第1位

 

口座開設に制限はありますか?

満20歳未満または80歳以上の方は開設できません。
ただし、個人口座に限り、高校生を除く「法定代理人による同意がある18歳以上」および「婚姻している18歳以上」の方は開設可能です。

引用元:よくあるご質問|LIGHT FX

関連記事

LIGHT FX LIGHT(気軽)に始められる、トレイダーズ証券のFX! 業界最高水準を誇るスワップポイントを提供! 低スプレッド[…]

LIGHT FX|みんかぶFX年間ランキング スワップ部門2年連続第1位

外為どっとコムの場合

外為どっとコムの場合はSBI FXトレードと同様です。
18才以上20才未満で結婚していない方は、法定代理人の同意書があれば口座開設ができます。

18才以上20才未満でも、既婚者であれば同意書不要で口座開設ができます。

口座開設申し込みに年齢制限はありますか?

日本国内に居住する18才以上80才以下の方を対象としています。

また、未成年者のお申込みは、口座開設手続きに必要な書類が異なりますので、「20歳未満のお客様の口座開設」をご参照ください。
引用元:よくあるご質問|外為どっとコム

関連記事

外為どっとコム 低スプレッドで約定スピードが早いので、短期売買と相性抜群! 少額から取引OK、露ルーブル/円以外が1,000通貨対応![…]

創業からお客様第一主義を貫きFX一筋19年|外為どっとコム

無職、アルバイト、主婦の方

FXは無職やアルバイトの方でも口座開設は可能です。

そのかわり、保有資産が少ないと基準を満たしていないと判断されて審査に落ちることもあります。

審査基準については、こちらの記事も合わせてどうぞ。

関連記事

「FXの審査が通らなかったらどうしよう。」「口座開設したかったが、断られた、拒否された。」こういったお悩みを抱えた方はは以外に多いかと思います。こ[…]

FX口座開設の審査基準 審査通過に向けて注意したい3条件
関連記事

バイナリーオプションのお申込みをして審査落ちしてしまっても、悲観することはありません。審査が通らなかった原因を探り、次のお申込みへの対策として取り入れていきましょ[…]

バイナリーオプションの審査に落ちる?審査通過に向けて2点を見直そう

外国籍の方

日本に在住している外国籍の方は、ほとんどの日本国内のFX会社で口座開設のお申し込みができます。

お申し込みの際には、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書、住民票で在留期限内・有効期限内のもの、いずれか1点の提出が必要です。

ただし、米国籍で日本在住者は注意が必要です。

アメリカではFATCA(外国口座コンプライアンス法)といって、アメリカに住む人々がアメリカ国内での租税回避を防ぐための法律が、世界中の全ての金融機関に対して定められています。

例えばGMOクリック証券では、米国籍の方は口座開設不可とはっきり開示しています。

当社では次の条件のすべてを満たすお客様に限り口座開設のお申し込みを受け付けております。

  1. 個人のお客様であること
  2. 日本国内にお住まいであること
  3. お客様の年齢が満20歳以上であること
  4. 当社の定める各種規程、約款、ルール等に同意いただけること
  5. インターネットの利用環境が整っていること
  6. 日本語でのコミュニケーションが取れること
  7. お客様ご自身のメールアドレスをお持ちであること
  8. 取引に必要となるお客様の個人情報を正確にご提供いただけること
  9. 口座開設にあたり、各種書面の電子交付に同意していただけること
  10. お客様本人の名義で取引していただけること
  11. 金融商品取引のリスクについて十分に理解していただいていること
  12. 証券会社にお勤めではないこと
  13. 米国籍保有者および米国居住者ではないこと

引用元:口座開設受付・申込基準|GMOクリック証券

このほか多くのFX会社でも、米国籍の方は口座開設ができません。

海外在住の日本人の方

海外在住者の方は、ほとんどの会社で口座開設できません。

しかし一部で対応している業者もあり、JFXとヒロセ通商は海外在住者の方でも口座開設が可能です。

JFXの場合

海外に住んでいてマイナンバーカード(個人番号カード)を持っていない場合でも口座開設はできますか?

できます。
海外在住のお客様は個人番号カード(マイナンバーカード)がなくても口座開設が可能です。

ただし、国によっては法律でFX取引を禁止している場合もございますので、
予めご滞在国の法律をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。

引用元:よくある質問 Q&A|JFX

関連記事

JFX 小林芳彦氏率いるJFXは、ヒロセ通商の100%子会社。 スキャルピング公式OK!スキャルパー歓迎で取引制限なし! スプレッド[…]

JFX|スキャる?|JFXならMT4も使えます

ヒロセ通商の場合

海外在住ですが、口座開設はできますか?

できます。
ただし、国によっては法律で禁止されている場合もございますので、予め滞在国の領事館等でご確認ください。

引用元:よくある質問 Q&A|ヒロセ通商

関連記事

ヒロセ通商「LION FX」 オリコン顧客満足度ランキングでFX専門業者 5年連続1位の実力! スキャルピング公式OKなので、短期売買との[…]

ヒロセ通商|2021年オリコン顧客満足度ランキング第1位

2社ともに注意点として、先ほどのアメリカのように、国によっては法律で禁止されている場合もありますので、滞在国の領事館などにお問い合わせするようにしてください。