【ディナポリ・チャート式】MACDとストキャスティクスのコンビネーションを解説!

ディナポリ・チャートはDMA、MACD、ストキャスティクスと2つのフィボナッチを組み合わせたトレード手法です。

基本的にディナポリ・チャートはDMAとフィボナッチの組み合わせが主流ですが、MACDとストキャスティクスのコンビネーションもディナポリ氏の手法のひとつです。

このコンビネーションは足種に制限がなく、短期から長期から使えるやり方であり、とくにデイトレードではDMA単体よりも有効的であるとディナポリ氏は述べています。

それではディナポリ・チャート式のMACD、ストキャスティクスのコンビネーションをご紹介します。

通常のMACD、ストキャスティクスとの違い

基本的なパラメーターの違いは以下です。

MACDの違い
通常長期EMA:26、短期EMA:12、MACDシグナル:9
平滑化は単純移動平均で算出
ディナポリ版長期EMA:8.3896、短期EMA:17.5185、MACDシグナル:9.0503
平滑化はDMMA(二重指数移動平均)で算出
ストキャスティクスの違い
通常(MT4)%K:5、%D:3、SlowD:3
平滑化は単純移動平均で算出
ディナポリ版%K:8、%D:3、SlowD:3
平滑化は修正移動平均で算出

通常のMACDストキャスティクスはSMAベースで計算されますが、ディナポリ・チャートのMACDはDEMA、ストキャスティクスはMAV(修正移動平均線)で算出されます。特徴を一言でいうと、どちらも通常の設定に比べてなめらかになる計算式です。

またMACD、ストキャスティクスともに、一般的に使われがちな「25%」「75%」の反転で売買といった逆張りはしません。
ディナポリ氏の手法はあくまで順張りで、MACD、ストキャスティクスどちらもクロスを売買判断に使います。

ディナポリ・チャートでの考え方

それではコンビネーションの前に、この手法はどんな考え方で捉えていくのかをみていきましょう。

ディナポリ氏は、各テクニカル指標を以下のように例えています。

  • MACD=強いトレンド=大口の投資家
  • ストキャスティクス=弱いトレンド=小心者で腰の引けたプレイヤー
強いトレンド指標(MACD)
  • 悪材料を押し戻す力の有無を示す。
  • 明確なトレンドまでに時間がかかるが、一度トレンドに乗れば崩れにくい。
  • 少し崩れたら逃げてしまう腰の引けたプレーヤーは放っておき、大口の投資家に付いていく。
弱いトレンド指標(ストキャスティクス)
  • 腰の引けたプレーヤーの手の内を明かす。
  • 目先の天井に惑わされるプレーヤーは、相場が少し傾くとすぐに利食いや損切りをする。
  • この時こそが、腰の引けたプレーヤーからポジションを奪い取る絶好のチャンス。

つまりディナポリ氏は、強いトレンドのMACDと弱いトレンドのストキャスティックスを条件に、短期の押し目・戻りのシグナルとしています。

ストキャスティクスはシグナルが頻繁に発生することもあり、ディナポリ氏は流れるようになめらかな動きをするMACDをより信頼していると明言しています。

ではコンビネーションですが、単純に2つを組み合わせるだけではありません。
ディナポリ版MACD+ディナポリ版ストキャスティクスに加えて、フィボナッチ・リトレースメントも含む3つの組み合わせが条件となります。

コンビネーションによる売買ルール

MACD、ストキャスティクス、フィボナッチのコンビネーションは以下です。

足種は日足以上などの制約がなく、5分足や30分足でも利用可能です。

【ディナポリ・チャート版】MACD+ストキャスティクスの売買ルール
  • 上昇トレンド(MACDの買い、GC)上にある押し目(ストキャスティックスの売り、DC)を、フィボナッチ数列に基づく水準で買い。
  • 下降トレンド(MACDの売り、DC)上にある戻り(ストキャスティックスの買い、GC)を、フィボナッチ数列に基づく水準で売り。
  • 利食い・損切りのポイント設定には、フィボナッチ数列またはD-levelsで算出する。

※GC=ゴールデンクロス、DC=デッドクロス

つまり、MACDのクロス→ストキャスティクスのクロス→フィボナッチ・リトレースメントの38.2%でエントリー、といった流れとなります。

利食いはフィボナッチ・エクスパンションのほか、フィボナッチ・リトレースメントを組み合わせることもできます。

実際の売買例を見てみよう

順張りでの押し目・戻りを狙っていくので、まずはDMAで上昇トレンドであるか下降トレンドであるかを判断していきます。

こちらは上昇トレンドの例です。

MACDとストキャスティクスを使うにはまずトレンドを確認
DMAでトレンドを確認

 

上昇トレンドが確認できたら、まずはMACDのゴールデンクロスを探し、その後ストキャスティクスのデッドクロスを探します。

以下の矢印がそれぞれの条件に合致するポイントです。

上昇トレンドならMACDのGC、ストキャスティクスのDCを探す
上昇トレンドならMACDのGC、ストキャスティクスのDCを探す

 

最初にMACDがゴールデンクロスしているところを例に解説します。

ここでストキャスティクスがデッドクロスしている箇所の安値と高値に注目します。

フィボナッチ・リトレースメントで押し目買いを探る
フィボナッチ・リトレースメントで押し目買いを探る

 

AからBにかけてフィボナッチ・リトレースメントを描画した例です。

ちょうど38.2%を下抜けして反発しているところでエントリーします。
(画像では見にくいですが、下ヒゲが38.2%を下抜けしています。)

38.2%の下抜け後、反発でエントリー
38.2%の下抜け後、反発でエントリー

 

利食い目標をフィボナッチ・エクスパンションで探っていきます。

フィボナッチ・リトレースメントを描画したA→Bに続き、C安値の順番で描画した例です。

61.8%、100%、161.8%が利食いのターゲットとなります。

フィボナッチ・エクスパンションを利食い目標にする
フィボナッチ・エクスパンションを利食い目標にする

MACDのデッドクロスも売買判断に使うのもいいと思います。

わかりやすく見るために今回はDMAは表示させていませんが、DMAも合わせて分析するのがおすすめです。

 

基礎から学ぶ!ディナポリ・チャート徹底ガイド

下記の順番で記事を閲覧いただくと、ディナポリ・チャートを理解しやすいと思います。ぜひお役立てください。

  1. ディナポリ・チャートを使ったトレード手法を徹底解説!
  2. DMA(ズラした移動平均線)の見方・使い方
  3. 【ディナポリ・チャート式】MACDとストキャスティクスのコンビネーションを解説!(現在のページ)
  4. コンフルエンス/アグリーメントを徹底解説!【ディナポリレベルのトレード手法】
  5. ディナポリ・チャートの「シングル・ペネトレーション」を解説!
  6. ディナポリ・チャートの「ダブルレポ」を解説!

MT4チャートおすすめの会社

YJFX!の高性能分析ツール MT4チャート

「MT4を分析だけでもいいから使ってみたい」とお考えでしたら、YJFX!がおすすめです。

取引機能がない分析専用のMT4チャートを提供していますので、操作ミスによるご発注の心配もありありません。外部のインジケーターを使うのは自己責任ですが、複数インストールしても問題なく分析に使えます。

YJFX!のブラウザ版取引画面と併用すれば、MT4で分析しながら、通常の取引画面で発注できますので、取引機能がないのはそれほどネックにはならないのではないでしょうか。

YJFX!でMT4を使うには、口座開設後にマイページからダウンロードしてご利用ください。

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

【ディナポリ・チャート式】MACDとストキャスティクスのコンビネーションを解説!
最新情報をチェックしよう!