YJFX!のiPhone/Androidアプリ「FX Cymo」の機能を詳しくご紹介!

Cymo(サイモ)は、2009年11月にFX業界に先駆けてリリースされた経緯のある、高機能トレードツールです。当時からの利用者も多く、顧客満足度が極めて高いのがCymoの特徴です。
それでは「FX Cymo」のスペックを見ていきましょう!

※こちらのページではiPhone Cymoで解説していますが、Android版も基本的に同様です。

YJFX!から新アプリ「外貨ex」がリリースされました!とくにチャート機能が大幅にパワーアップしています。
新アプリの機能や特徴はこちらの記事で解説しています。

関連記事

かねてよりウワサされていたYJFX!の新スマホアプリですが、2020年5月31日、ついにリリースされました。iPhone、Androidともに対応しています。PC版の取引ツールと同じ名称の「外貨ex」ですが、新スマホアプリの名に[…]

YJFX!のiPhone/Androidアプリ「外貨ex」特集!

FX Cymoのプライスボード(レートパネル)

スマートフォン版のCymoでは、大・中・小の3サイズからレートの表示形式を選択することができます。
上部中央にある「SWAP」をタップすると、その日のスワップポイントも見られます。

YJFX!のスマホ版Cymoのプライスボード
プライスボードは表示サイズを変更可能!
YJFX!のスマホ版Cymoのスワップ一覧
スワップポイントが見れる!

アプリ上でスワップポイントの確認ができる点も、高スワップを提供するYJFX!ならではの注目すべきポイントです。

Cymoは直感的に注文ができる!

直感的に注文できるのもYJFX!のアプリの魅力です。
操作にさえ慣れてしまえば、短期売買に役立つ強力なツールとなります。

新規注文(新規リアルタイム注文)

プライスボードから売買したい通貨ペアをタップすると、新規注文ができます。このときのデフォルトの注文画面が、以下にあるリアルタイム注文の画面です。

FX Cymoでは「新規リアルタイム注文」「新規指値・逆指値注文」のタブから注文種類を選んで発注を行います。

新規リアルタイム注文とは、他社でいうところの成行注文に「独自の付加機能」をもたせた注文方法と考えると分かりやすいです。

例えば新規リアルタイム注文で「買い」のあと、新規リアルタイム注文で「売り」をすると、それぞれのポジションを保有した状態となります。
つまり「両建て」が有効となる注文となります。
決済するときは、新規注文後の遷移先の決済画面か、注文一覧から決済ができます。

YJFX!のスマホ版Cymoの新規注文画面。注文名を意識することなく、直感的操作で注文できる。
新規注文画面
ワンタッチ注文設定では、あらかじめ注文単位から利食いポイント・損切りポイントをセットできる。
ワンタッチ注文設定

「自動利食い損切り」にチェックを入れると、あらかじめプラスなら◯◯pips、マイナスなら◯◯pipsとセットしておいた設定で同時に決済注文の発注ができるのもポイント。利益も損失も直感的にコントロールしやすいのが特徴です。

「続けて決済注文も入力する」にチェックを入れて発注すると、発注と同時に決済画面となります。
このようにスキャルピング、デイトレードなどスピードが肝心となる売買に有利な機能が盛り込まれています。

指値・逆指値注文を選び、「指値」「逆指値」両方に価格を指定するとOCO注文となります。

「指値」「逆指値」の片方に入力をすれば、IFD注文・IFO注文も可能です。

ワンタッチ注文で即時発注ができる!

ワンタッチ注文は、自動的に新規・決済を選択し、リアルタイム注文(スリッページが無制限なら成行)で発注する注文方法です。チャートを見ながらワンタッチ注文もできます。

YJFX!のスマホ版Cymoのワンタッチ注文。新規/決済を意識することなく即時発注ができる。
ワンタッチ注文
チャートを見ながらワンタッチ注文が可能!
ワンタッチ注文+チャート

例えば、ポジション保有時の反対方向の売買であれば決済となり、ポジションがなければ自動的に新規注文となる仕組みです。

ワンタッチ注文は、リアルタイム注文と異なり両建てにならないため、よりスキャルピング向きの注文といえます。

1Lotで「買い」をタップ後、そのまま「売り」をタップすれば、ひとつの画面で新規注文から決済注文まで完結します。
また1Lotで「買い」をタップ後、2Lotで「売り」をタップすれば、ドテン注文となり1Lot売りポジションを保有した状態となります。

注文方法の名称にこだわらず、直感的操作で発注できるのもCymoの魅力です。

チャートはライン描画に対応!チャート発注もOK

テクニカル指標はトレンド系4種類、オシレーター5種類を搭載しています。

10種類以上を搭載する業者も多いですが、基本的なテクニカル指標は揃っており、人気のスーパーボリンジャー、スパンモデルにも対応します。。

FX Cymoのチャート
FX Cymoのチャート

注目すべきはトレンドライン描画機能です。マグネット機能により、狙ったローソク足の位置に正確に線を引くことができるため、より完成度の高いFXアプリへと仕上がっています。

Cymoはトレンドライン描画に対応。マグネット機能できれいにラインを引ける!
マグネット機能でライン描画しやすい!
FX Cymoで描画したフィボナッチ・リトレースメント
フィボナッチに対応!
FX Cymoはチャートを見ながら直感的に発注できる。
チャートを見ながら発注できる!

チャート右上にある「注文」をタップすれば、チャートを見ながらスピーディーに発注することも可能です。

唯一無二!他社の追従を圧倒する、充実のプッシュ通知機能

プッシュ通知とは、ログインしていなくてもお知らせを表示してくれる機能です。

このプッシュ通知機能の充実が、Cymoの最大の特徴です。

指定価格に達したことを知らせてくれるリミッター通知、相場変動通知、経済指標の速報値など、さまざまな情報を知らせてくれますので、普段忙しい方にも安心のサポート機能です。

リミッター通知

自分で設定したレートに達すれば、プッシュ通知とメールで通知。

相場変動通知

直近15分以内に、25pips以上レートが変動すれば通知。(米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円が対象)

経済指標通知

各経済指標の速報を通知。(重要度が高・中・低ごとに選択が可能)

自分で指定したレートをプッシュ通知で受け取れる!
リミッター通知
プッシュ通知設定画面
プッシュ通知設定画面

経済指標通知では、公表されたデータがリアルタイムに通知されます。受け取る経済指標は3つの重要度に分かれていますが、目安はこのようになります。

  • 重要度・高:米国雇用統計など
  • 重要度・中:米国前週分新規失業保険申請件数など
  • 重要度・低:米国建設支出など

大きなイベントだけに注目したいなら、プッシュ通知するのは重要度が高い経済指標だけでも良さそうですね。
こちらがプッシュ通知の例です。

変動幅が大きくなるとリアルタイムに通知!経済指標も通知で知ることが可能。
プッシュ通知例

FX Cymoは自分に必要な情報を選んで受け取ることができるプッシュ通知が豊富なので、狙ったタイミングでチャンスを逃がすことなく取引に生かすことができます。

アプリひとつで、スムーズに情報収集できる!

メニューの「ニュース」では、FXi24、経済指標、プレミアムレポートの閲覧ができます。

FXi24ではリアルタイムなマーケット情報が配信されており、経済指標では当日を含んだ前後1週間分のデータをチェックできます。

FXi24ではタイムリーな為替ニュースを配信。
マーケットニュース
マーケットニュースでは経済指標も配信!
経済指標データ
プレミアムレポートで、ピボットポイントをかんたんチェック!
プレミアムレポート

Cymoの本命ともいうべき機能がプレミアムレポートです。

口座開設した会員限定のマーケットレポートなのですが、「ここを抜けたら上昇/下落しやすくなるであろう。」とされる価格帯が、チャートに画像を交えて毎日公開されています。どのレートに注目すべきなのかが分かりやすく、トレードの参考として役立つ、非常に便利なコンテンツとなっています。

オーダー状況ツール「みんなのオーダー」が見れる!

2018年9月20日にプレミアムレポートに新機能が追加され、分析機能がより強化されました。

アプリで他トレーダーの指値・逆指値の注文状況を見れる「みんなのオーダー」を閲覧できる!
みんなのオーダーを閲覧可能!

これはどの価格帯に注文が多く入っているかを確認できる、というもの。値動きの分岐となりうる価格帯を知るのに役立ちます。

ウィジェット機能でサクッとレートチェック!

ウィジェットとは、アプリを起動せずに情報を取得できる機能のことです。

ウィジェット対応FXアプリを提供している業者はかなり少ないですが、YJFX!ならiPhone版、Android版どちらも完全対応しています。

FX Cymoはウィジェット対応!アプリを起動せずにレートをチェック可能。
ウィジェット表示例
設定からウィジェットに表示させる通貨ペアを選べます。並び順も変更可能。
表示通貨ペアも自由自在!

アプリを起動することなく、スマホのホーム画面でかんたんにレートの閲覧ができるので便利です。

表示通貨ペアの設定も可能で、ウィジェットをタップすれば、そのままアプリの起動も可能となっています。

iPhone/Android版Cymoのおすすめ機能【まとめ】

スマホ版Cymoで優れているのは、最短タップでスピーディーな発注ができる点です。

さらに自動利食い・損切り機能があり、約定レートから何pipsの地点で決済するのか同時に発注できるため、リスクコントロールしつつ利益の追求が可能です。レートを入力する必要がないので、煩わしさもありません。

短期的な売買との相性でいえば、15分以内に25pips以上動いたら通知される「価格変動通知」を使うのもおすすめです。

 

YJFX!のスプレッド、スワップポイント、取引ツール、特徴などの基本スペックは下記ページをご覧ください。

関連記事

YJFX!「外貨ex」 抜群の知名度による安心感!大手ヤフーグループのFX会社! 低スプレッド・高スワップポイントで納得のスペック! 1,000通貨対応なので、少額から始められる。 新スマホアプリ[…]

JUMP with you! YJFX!

Cymo(iPhone版/Android版)のスペック一覧

注文種類リアルタイム注文 / ワンタッチ注文 / 通貨毎全決済注文 / リーブオーダー(指値、逆指値、IFD、OCO、IFO、IFD-OCO注文) / ワンタッチ全決済注文 / 全決済注文 / トレール注文成行注文 / 2Way(両建て)注文 / 決済トレール注文 / 自動利食い・損切り設定 / マーケット注文
(※以下はモバイル版取引画面のみ)
ドテン(途転)取引 / 成行決済注文 / ワンタッチOCO注文 / 自動トレール注文 / ワンタッチトレール注文
チャートタイプローソク足 / 平均足
足種Tick / 1分 / 5分 / 15分 / 30分 / 60分 / 2時間 / 4時間 / 日 / 週 / 月
レート更新時間リアルタイム
テクニカル指標
[トレンド系]
テクニカル指標
[オシレーター系]
チャートから発注
スワップポイントの表示
マーケット情報FXi24 / 経済指標カレンダー
プレミアムレポート(テクニカルレポート2種類と、マーケットレポートの閲覧が可能。)
トレンドライン描画トレンドライン / 平行ライン(チャネルライン) / 垂直ライン(バーティカルライン) / 水平ライン(ホリゾンタルライン) / フィボナッチ・リトレースメント
アプリからの入出金
指定レート通知アラート
自動ログイン
YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」

JUMP with you! YJFX!

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年12月12日(木) 〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

YJFX!のiPhone/Androidアプリ「FX Cymo」特集!
最新情報をチェックしよう!