ダイバージェンスの見方と使い方を解説

こちらのページでは、ダイバージェンスの見方・使い方について解説していきます。

 

まずダイバージェンス(Divergence)の意味ですが、日本語で逆行現象のことを指します。

ダイバージェンスの特徴として、MACDやストキャスティクス、RSIなど一部のオシレーター系テクニカル指標のみに出現することが挙げられます。

 

例えば、「レートの高値は切り下がってきているが、オシレーター系指標の高値は切り下がってきている」こういった現象がダイバージェンスです。

ダイバージェンスはさほど多くは見られず、もし現れたらチャート分析の信頼性が高まりますので、基本的な見方をしっかり覚えておくと便利です。

 

こちらのページではMACDのダイバージェンスを例として、具体的な使い方をご紹介していきます。

 

各テクニカル指標のダイバージェンスは、下記ページも参考にしてみてください。

ダイバージェンスは "トレンド反転" を示唆

ダイバージェンスが出現したら、上昇トレンドから下降トレンドへの転換、下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示唆する売買シグナルです。

相場の天井や大底を見つけて売買判断したいときに、ダイバージェンスが生きてきます。

ダイバージェンスの買いサイン

ダイバージェンスの買いサインは、「ブリッシュ・ダイバージェンス」「強気のダイバージェンス」「強気の乖離」とも言われます。

相場の大底圏を示唆するシグナルですので、下降トレンドのときに買いサインを探していきます。

 

ダイバージェンスの買いサイン
  • レートの安値と安値を結ぶ。
  • オシレーター系の安値と安値を結ぶ。

 

下降トレンドのとき、レートの安値は切り下がっているものの、オシレーター系の安値が切り上がっていれば、大底圏であることを示唆します。

ダイバージェンスの売りサイン

ダイバージェンスの売りサインは「べアリッシュ・ダイバージェンス」「弱気のダイバージェンス」「弱気の乖離」とも言われます。

相場の天井圏を示唆するシグナルですので、上昇トレンドのときに売りサインを探していきます。

参考チャート:外為どっとコム[ユーロ/米ドル 日足]

ダイバージェンスの売りサイン
  • レートの高値と高値を結ぶ。
  • オシレーター系の高値と高値を結ぶ。

 

上昇トレンドのとき、レートの高値は切り上がっているものの、オシレーター系の高値が切り下がっていれば、天井圏であることを示唆します。

ヒドゥン・ダイバージェンスは "トレンド継続" を示唆

ヒドゥン・ダイバージェンス(Hidden Divergence)は、「隠れダイバージェンス」や「リバーサル」「リバーサルシグナル」などとも呼ばれています。

ダイバージェンスはトレンド反転を表すのに対して、ヒドゥン・ダイバージェンスは現在の勢いがさらに加速する、トレンドの継続を表す売買シグナルとなります。

ヒドゥン・ダイバージェンスの買いサイン

上昇トレンドのとき、ヒドゥン・ダイバージェンスが発生してさらにトレンド継続するときのパターンです。

トレンドラインの引き方は、ダイバージェンスの買いサインと一緒ですが、上昇トレンドか下降トレンドか、また、それぞれの安値が逆方向に動くことが違いとなります。

 

ヒドゥン・ダイバージェンスの買いサイン
  • レートの安値と安値を結ぶ。
  • オシレーター系の安値と安値を結ぶ。

 

上昇トレンドのとき、レートの安値は切り上がっていて、指標の安値が切り下がっていれば、トレンド継続のサインとなります。

ヒドゥン・ダイバージェンスの売りサイン

下降トレンドのとき、ヒドゥン・ダイバージェンスが発生して、下降がさらに続く相場のときのパターンです。

ダイバージェンスの売りサインと同じく高値同士にトレンドラインを引きますが、上昇・下降トレンドか、また、それぞれの高値が逆方向に動くことが違いとなります。

 

ヒドゥン・ダイバージェンスの売りサイン
  • レートの高値と高値を結ぶ。
  • オシレーター系の高値と高値を結ぶ。

 

下降トレンドのとき、レートの高値は切り下がっていて、指標の高値は切り上がっていれば、トレンド継続のサインとなります。

ダイバージェンスの注意点

まず、 ダイバージェンスが有効的なのは「トレンド相場」だけです。

レンジ相場では一切効果を発揮しませんので注意しましょう。

 

また、ダイバージェンスが発生したからといって、必ずしもトレンドが反転したり、継続するというものでもありません。

非常に強いトレンドのときは、ダイバージェンスが発生したにも関わらず、レートが高値(安値)を更新することもあります。

仮にこのタイミングで注文したとすれば、トレンドの反対方向にエントリーしてしまうことになってしまいます。

 

信頼性が高いシグナルであるものの、移動平均線で分析することと、逆指値で損切りを入れて損失を最小限に留める工夫をすることが大切です。

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

無料の分析ツール

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!