EMAはSMAよりも直近の値動きに反応する!

テクニカル指標・トレンド系

SMAとともに「2大移動平均線」とも言える、EMA(指数平滑移動平均線)の見方・使い方について解説していきます。

 

 

FX会社のチャートではSMAとEMAはほぼ利用できますので、このどちらかを使用するトレーダーが多いかと思います。

同じ移動平均線ですが、EMAはSMAをベースとして、より直近の値動きに反応するのが特徴です。

なぜ直近の価格を重視しているのかと言うと、「過去の値動きを少し軽視して、直近の値動きを重視した方が、より高精度な分析に期待ができる。」という考え方が、このEMAの元となっています。

つまり、SMAよりも売買サインを早く確認できることを得意としているのが、このEMAです。

日本国内ではSMAの人気が高いですが、海外ではEMAやWMAの方がよく利用されています。

まずは、それぞれの得意・不得意を知った上で使うことが大切です!

また近年では、EMAがベースである12本の移動平均線を表示させるGMMAも人気があります。

SMAとEMAの違いは?

SMAは、過去の一定期間における、終値の平均値ですが、EMAは一定期間の直近の値をより重視しています。

以下チャートで、SMAとEMAの動きの違いを見ていきましょう。

SMAは緑色、水色がEMAで、どちらも21日で設定しています。

参考チャート:外為どっとコム

EMAとSMAの違い

それでは、画像の中心付近のレートに注目してください。価格が大きく上下に変動している様子が分かるかと思います。

このとき、水色のEMAの方が早く、上昇・下落した方向に反応しているのが確認できますね。

【各移動平均線の長所・短所】
SMA 長期的なトレンドの方向性を見るのに有効的。
直近の値動きによる売買サインが遅れがち。
EMA SMAよりも、直近の値動きに早く反応する。
大きな変動のときやレンジ相場のときは、ダマシが多い。
WMA 直近の値動きを重視していて、過去の値動きを軽視している。
緩やかな上昇・下降局面に有効的。
大きな変動のときやレンジ相場のときは、ダマシが多い。

EMAの見方と使い方を知ろう!

移動平均線は共通で、短期線・中期線・長期線の重なり具合や、それぞれの移動平均線はどのくらい乖離(かいり)しているかを見て、トレンドの方向性や転換点を見極めていきます。

トレンドの方向性ですが、移動平均線が上昇していれば上昇トレンド、移動平均線が下降していれば下降トレンドと判断することができます。

また移動平均線の売買サインとして有名なシグナルとして、ゴールデンクロスとデッドクロスがあります。

ゴールデンクロス
ゴールデンクロス

 

デッドクロス
デッドクロス

 

この売買サインは移動平均線であれば全て共通ですので、SMAもEMAも見方は全く同じです。

詳しくはゴールデンクロスとデッドクロスの記事も合わせてチェックしてみてください。

EMAの注意点は?

EMAは「SMAよりも直近のレートを重視」しています。

そのため、SMAが苦手とする現在のレートにEMAは早く反応するのがメリットなのですが、その分ダマシも多く発生してしまいます。

トレンドの発生には反応が早いのですが、レンジ相場となると反応の早さがデメリットとなり、誤った売買のサインを掴んでしまうこともあります。

移動平均線は期間が短くなればなるほどダマシは多くなり、期間が長くなるほど大きなトレンドを教えてくれます。

EMAを使うなら、SMAと併用して違いを見たり、EMAは短期線・中期線・長期線それぞれを見て分析をしていくことが無難です。

SMAやEMAの長期線を利用して、短期的な値動きのダマシに引っかかりにくい分析を行なっていきましょう。

 

一口に移動平均線と言っても、短期売買のデイトレードで長期の移動平均線を売買タイミングに使ったり、長期売買のスイングトレードで短期の移動平均線で長期的なトレンドを見るのは、実にナンセンスですよね。

トレード期間に最適な移動平均線の使い方、というのは本当に大事なことです。

多くのトレーダーが意識するポイントほど大きな転換点になりやすいので、移動平均線はそういった価格帯での動きに注目していきましょう。

【まとめ】EMAの売買サインなど

基本的な使い方をまとめました。

EMAの基本

上昇しているEMAよりも、レートが上で推移していれば上昇トレンドであり、EMAをサポートライン(支持線)として見ることができる。

下降しているEMAよりも、レートが下で推移していれば下降トレンドであり、EMAをレジスタンスライン(抵抗線)として見ることができる。

長期線で相場のトレンドを見ながら、短期線で売買のタイミングを図る。

EMAの買いサイン

短期線が長期線を下から上に抜いたら、買いサイン(ゴールデンクロス)。

安値圏でEMAが下降から上昇へと反転したら、買いサイン。

EMAの売りサイン

短期線が長期線を上から下に抜いたら、売りサイン(デッドクロス)。

高値圏でEMAが上昇から下降へと反転したら、売りサイン。

各社のチャートを比較するなら、こちらのページもご覧ください。

各FX会社のチャートをさまざまな角度から徹底比較!

おすすめチャートのFX会社

外為どっとコムならブラウザ版、インストール版どちらにも対応!さらに相場予測に役立つ、顧客の注文ボリュームや通貨の変動率をチェックすることができます。

外為どっとコム「外貨NEXTネオ」

* FX4部門において2年連続No.1の外為どっとコムは、業界最多11種類の注文方法を用意!
最狭水準のスプレッド、1,000通貨対応、デモ取引OKとバランスの良さで選ぶならココ!

外貨ネクストネオは約定スピードが早く、チャートから発注・取消ができるため、短期売買に向いています。

FX口座数は40万口座以上と業界トップクラスを誇り、自己資本規制比率が高く、24時間電話サポート(23時から翌朝7時まではお電話でのご注文の受付のみ)もあるので初心者も安心して取引ができます!

また、一般的に両建ては推奨されるものではありませんが、実は外為どっとコムでは、全ての通貨ペアにおいてスワップポイントは買いと売りが同額の一本値で提供されています。つまり、両建て時のスワップ差分が発生しないのが、外為どっとコムの特徴です。

スワップポイントは高く、トルコリラ/円は高水準のスワップが付与しますので、長期トレーダーも嬉しいですね。

取引システムはリッチアプリ版とブラウザ版がありますが、どちらも軽快に動作しますので、両方共試してみて、自分に合った方を選ぶといいでしょう。

オンラインセミナーのほか、外為どっとコム本社で毎月トレーダーのレベルに合わせた会場セミナーも参加費無料で開催していますので、外為どっとコムなら学びながらステップができます!


外為どっとコムは米ドル円0.3銭、豪ドル円0.7銭と業界最狭水準のスプレッド

* FX「取引ツールの使いやすさ」「お客様サポート体制」「情報量」「システムの安定性」の4部門。
『FX取引者におけるFX会社イメージ調査(2015年6月時点)』
(企画:株式会社外為どっとコム 調査機関:株式会社クロス・マーケティング)

スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.3銭
*原則固定
0.4銭
*原則固定
1.0銭
*原則固定
0.6銭
*原則固定
1.0銭
*原則固定
1.7銭
*原則固定
1.8銭
*原則固定
0.3pips
*原則固定

* 例外あり

通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
1,000
通貨単位
なし 20
通貨ペア
17
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の口座開設キャンペーン情報

2017年12月30日(土)取引終了時までのキャンペーン期間中に、新規で口座開設し、取引条件を達成すれば最大50,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料で外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の口座開設ができます!

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!