注目のリピート系FXとは?基本の「キ」から注意点まで徹底解説!

今話題のリピート系FXとは?

近年FX業界で話題をかっさらっているのが、「リピート系FX」「リピート系注文」と呼ばれる注文方式を採用した発注システムです。ネットや口コミでリピート系FXに興味を持った方も少なくないと思いますが、注文方式の仕組みをしっかりと理解して始める必要があります。

こちらのページでは、リピート系FXにおける基本の「キ」から、メリット・デメリット、失敗しないための注意点をご紹介します。

リピート系は「裁量」と「シストレ」いいとこ取りの半自動売買!

リピート系FXは裁量取引とシステトレ、いいとこ取りの新感覚「半自動売買FX」

まず裁量取引とは、「買う」「売る」を自分自身で判断をする、通常のFX取引のことです。
裁量取引という言葉は聞き慣れないかも知れませんが、FXに参入するほとんどの方は、まず裁量取引から始めているのではないでしょうか。

続いてシストレ(システムトレード)が自動売買」のことで、取引システムが一定ルールに従って自動で売買を繰り返すというもの。
MT4(メタトレーダー4)が主流で、自動売買するにはEA(エキスパート・アドバイザー)と呼ばれる自動売買プログラムを稼働させます。MT4でパソコンの電源が入っていないときもEAを動かすには、VPSという仮想デスクトップを利用する必要があり、安いプランで月々2,000円ほどのコストがかかります。EAは自由度が高い反面、自作にはプログラミング言語を習得しなければならず、初心者向きではありません。

リピート系FXはちょうど裁量取引とシストレ、それぞれのいいとこ取りの「半自動売買」といった位置付けです。
裁量取引の仕組みで発注を行うことができ、シストレと同じく稼働をストップするまで売買を繰り返してくれます。
VPSを契約する必要もなく、かかるコストといえば「スプレッド」と「取引手数料」だけで、取引手数料に至っては業者によっては無料となっているところもあります。

リピート系注文の魅力とメリット

それでは「リピート系注文」の具体的な魅力とメリットを見ていきましょう。

一定ルールで自動で売買を繰り返してくれる

「リピート系」が指すように、一定ルールの注文をリピートさせる(=繰り返す)のがリピート系注文の特徴です。

以下は元祖リピート系注文を提供する、マネースクエアのリピート系注文「トラリピ」を例にすれば、どういった売買かが分かりやすいです。

ちなみに発注画面はこんな具合です。

マネースクエア(トラリピ)の発注画面

見てのとおり裁量取引と同じ感覚で発注でき、注文をレンジの範囲で継続させるため、為替が上下に動くたびに収益にすることができます。

3つの弱さをカバーしてくれる

リピート系FXは裁量トレードでなかなか克服できない、3つの弱さをカバーしてくれます。

  • メンタル(心、精神)
  • テクニック(技術)
  • フィジカル(体力)

まずは裁量トレードでのメンタルですが、ポジションを保有していて思惑の反対方向に動いたとします。
「このまま含み益がなくなってしまうのでないか」と心配になったり、「膨らむ含み損にどこまで耐えるべきか」といった心理的な弱さが出てしまいがちです。
後述しますが、リピート系注文は最初に含み損を抱える設計なのですが、裁量トレードに比べるとほったらかしの運用ができることから心理的な負担が少ないです。

続いてテクニックですが、裁量トレードの売買判断で失敗を繰り返し、自分自身のトレードに自身を持てない方も少なくないでしょう。
それもそのはず、どんなプロトレーダーであれ最初は初心者であり、何年間も積み重ねた実績があってこそ、勝率を上げられているわけです。裁量トレードでレベルアップを目指すにしても近道はなく、日々トレードで検証を繰り返し、成功体験を増やしていくしかありません。
ですがリピート系FXなら、こういった技術的な不安をしっかしカバーしてくれます。

裁量トレードにおいてもっとも陥りやすいのがフィジカル、つまり身体的な負担です。
事前にストップロスを入れておいても、保有ポジションが気になって夜ずっとPC画面に張り付いてしまったり、安心して寝られず睡眠不足になったり、通称「ポジポジ病」になって実生活にきしみが出るようでは元も子もありません。
どんなに健康的な生活をしようとしても、相場が動く深夜に夢中になるほど、それまでの生活リズムを崩しがちです。
その点リピート系FXなら「放置」できますので、規則正しい生活をしやすいのも大きなメリットです。

リピート系注文の仕組み

それではリピート系FXの仕組みをご紹介します。
仕組みもちろん業者ごとに異なりますが、まずはスタンダードな設計はどういったものか、見ていきましょう。

以下はマネースクエア「トラリピ」の売買イメージです。

例えるなら、為替相場を「点」のピンポイントではなく「面」を予想するトレードとなります。

漁でマグロの一本釣りを裁量トレードとするなら、リピート系FXは大網で小魚を狙っていくスタイル、といったところでしょうか。

リピート系FXには2タイプがあります。

まず基本形となるのが『レンジ相場型・リピート系FX』です。
予想するのは裁量トレードでいう「ここまで下がる・ここまで上がる」ではなく「レンジの変動幅」です。
一定間隔で、新規指値+決済指値(または決済逆指値)を複数仕掛け、それを何度も連続させることで、レンジ相場を注文を行き来するたびに収益となります。

もうひとつが『トレンド相場型・リピート系FX』です。
違いとしては、決済トレールで利益を追従するため、上昇・下降トレンドがあるときはトレンド相場型のほうが大きな利益となりますが、一定レンジで推移するときはレンジ相場型のほうが利益が大きくなります。

このようにリピート系FXは、相場の大きな流れで捉えていくスタイルなので、裁量トレードが苦手な方と相性がいい注文機能となっています。

リピート系FXのデメリット

リピート系FXにはメリットだけではなく、もちろんデメリットも存在します。
あらかじめ、裁量トレードに比べて不利となる点も理解しておきましょう。

設計上、発注後に含み損を抱えやすい

リピート系FXのベースはIFD注文(IF-Done注文、イフダン注文)です。
上昇予想でおさらいすると、「100円まで下がったら買い、100.50まで上がったら利益確定する。」といった流れです。

リピート系注文 買いのイメージ

現在レートより安く買い、買ったときよりも高く売り戻す注文を、均等なpips間隔で発注するのですが、まず決済注文が約定するには、その前に新規注文が約定しなければいけません。
新規注文が複数約定するときは、レートが下落して最初の注文が約定し、そのままレートが下落するごとに注文が約定していく流れとなります。
つまりナンピン買いをしているのと同じなんですね。

まとめると短期的には「下落局面」で新規注文が全て発注され、その後の反転による「上昇局面」で決済注文が約定していきます。
つまり利益になるには、最初に含み損となることが前提となっている仕組みなのです。

とはいえ短期的な値動きに惑わされず、長期的な収益を目指すのがリピート系FXの原点です。リピート系FXで運用するときは、証拠金をしっかり用意してロスカットされない運用をすることと、細かい値動きに翻弄されないことが大切です。

原則、裁量取引よりも証拠金が必要

リピート系FXは注文本数が10本、20本と増えるにつれ、必要証拠金が大きくなります。

リピート系注文では、注文本数が多くなるほど初期資金が必要になる!

そのかわり提供している全ての業者は1,000通貨に対応しており、1注文が1,000通貨なら20本の発注で20,000通貨となります。

買い方向を予想するとしたとき、含み損が膨らむ方向で次々に新規注文が入っていきますので、余裕のある証拠金で挑まなければいけません。

証拠金を抑えて挑戦したいなら、1回の発注で1本がリピートするYJFX!のリピートトレール注文を候補にしてみてはいかがでしょうか。

業者によっては取引手数料が発生する

リピート系FXは、顧客側はかんたんな操作で何度も注文を行えますが、取引システム的には多くの取引が行われ、業者側のサーバーでは多くの注文処理が行われるため、裁量取引に比べるとコストがかかりがちです。

その理由により、取引手数料を徴収するカラクリとなっています。

■インヴァスト証券 トライオートFXの取引手数料

インヴァスト証券 トライオートFXの取引手数料

この辺をもったいないと感じるかは個人の考え方によりますが、リピート系FXを長期で継続しているトレーダーが多く、提供業者は顧客数も伸びていることから、わずかなコストにとらわれることなく収益化できているトレーダーが多いと想定できます。

「なぜ取引手数料がかかるの?」と始めてから不安にならないためにも、あらかじめ手数料はかかるものと理解しておきましょう。

なお外為オンラインとFXブロードネットは、新規口座開設後の90日間は取引手数料無料のキャンペーン中です。キャンペーン終了後も、片道分が無料となっていますので、今ならそれほど手数料が負担になりません。
マネースクエアはトラリピの取引手数料無料になりました。

このように以前に比べるとコスト面の負担はかなり少なくなってきていますので、正直それほど意識するレベルではないと言えます。

リピート系注文で失敗しないためにすべきこと

まず取引を始めるときは、下記の順番から決めていきましょう。

  1. 取引通貨ペアを決める。
  2. 想定変動幅を決める。
  3. 注文間隔を決める。

この流れをもとに、失敗しないために注意したいことを具体的に解説します。

リピート系注文と相性のいい通貨ペアを選ぼう

FX入門者が取引する通貨ペアといえば、やはり米ドル/円ですよね。
米ドル/円がリピート系FXに適しているかというと、そのときの相場によっては相性がいいときもあれば、他の通貨ペアが効果的なときもあります。

リピート系FXと相性がいい通貨ペアの条件はこちらです。

  • 長期的にレンジ相場を形成していること。
  • 長期的にレンジの上下幅が広くないこと。
  • 短期的に上下に動きやすい傾向があること。

該当する通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、ユーロ/米ドルです。
なかでも長期的にレンジ相場となりやすく、短期的に上下に動くことで注文が入りやすく、証拠金が低いカナダドル/円、豪ドル/円、NZドル/円がおすすめです。
また豪ドルとNZドルは相関性があるため、レンジは一定の上下幅で推移しやすいことから、豪ドル/NZドルはリピート系FXで人気があります。

逆にトルコリラ/円のように長期的に下落している通貨ペアは、お世辞にも相性がいいとはいえません。

どの通貨ペアがリピート系FXに適しているかは相場状況によって変わってきますので、各社のリピート系コンテンツにあるランキングに注目してください。
外為オンラインの特設コンテンツでは、毎週ランキング形式で成績のよい通貨ペアが掲載されています。
iサイクル研究室 決済損益のランキング - 外為オンライン

マネースクエアではログイン後、「トラリピ1クリック」へ進むと、そのときのパフォーマンスに期待ができるトラリピの設定を1クリックで発注ができます。

想定変動幅と注文間隔が重要!

取引通貨ペアを決めたら、想定変動幅と注文間隔を決めていきます。

とくに想定変動幅は「価格変動リスク」にも直結するので重要です。

■外為オンラインチャート(米ドル/円 日足 2018年8月〜2019年8月)

想定変動幅は過去どのくらいの期間を参照するかで決める

どのくらいの期間で取引するかをざっくり決めたら、その期間内で上下の変動幅はどのくらいあるかに注目してください。

米ドル/円で直近1年間の変動を例に見てみましょう。

■通貨ペア毎のレート変動幅 アイネット証券

通貨ペアごとのレート変動幅(過去3ヶ月〜過去10年)

過去3ヶ月の変動は5.1円、1年間の変動は9.5円だったことが確認できますね。

■想定変動額と注文値幅から見た必要資金の目安

想定変動額と注文値幅から見た必要資金の目安

このように、注文間隔が狭いほど多くの注文を入れられるため必要資金が多くなり、注文間隔が広いほど注文本数が少なくなるので必要資金も少なくなります。

初期資金を多く用意できない方は注文本数を少なくする必要がありますが、「100銭」のように広くするとなかなか注文が約定しにくくなります。
このあたりはご自身の予算感で調整していくようにしてください。

レバレッジとロスカットラインを把握して資金管理を徹底する

レバレッジは低いほど価格変動リスクを抑えられ、価格が予想の反対方向に動いても強制ロスカットされにくくなります。
極力リスクを抑えるならば、レバレッジ5倍以内を目指すことをおすすめします。

リピート系注文はレバレッジを抑えることが大切!

こちらは外為オンラインの例ですが、どの業者でもレバレッジは取引画面内で必ず確認することができます。

またロスカットラインを把握しておくことも大事です。

ひとつひとつの注文は、何pipsくらい反対に動いたらストップロス(損切り)となるかは、とくに値動きが逆行しているときは確認しておきましょう。
またあまりにも短期間でストップロスが続くようなら、強制ロスカット前に売買方向の見直しを十分検討してください。

強制ロスカットレートは以下の方法で確認できます。

対円通貨ペアの場合

(有効証拠金 − ロスカット値)÷ *ポジション数量 = 強制ロスカットレート

*対円以外は(ポジション数量 × 米ドル/円レート)で試算可。

マネースクエアで口座開設したユーザーなら、「トラリピ運用試算表」のシミュレーションでロスカットレートを試算できます。

マネースクエアのトラリピ運用試算表

リピート系FXを長期にかけて利益を積み重ねれば、口座内の資金が増えてレバレッジが下がっていくのも魅力。そうすると強制ロスカットのラインも下がっていくため、より細かい値動きに翻弄されない運用ができるようになっていきます。

相場に合ったリピート系FXを使い分けよう

前述の通り、リピート系FXにはレンジ相場型とトレンド相場型があります。

現在の注文が相場に適していないと判断できるなら、ほかのリピート系FXを稼働させた方がより効果的です。
相場の転換を待ち続けることで取引機会を失うくらいなら、そのときの相場に見合った注文を稼働させたほうが、取引チャンスを失わずに済むからです。

 

レンジ相場のときに決済トレールにすると、高値掴み(安値掴み)をしてしまいがちで、レンジ相場の天井(大底)で反転するほど含み損が大きくなります。

逆にレンジ相場を想定しているときに、レンジを抜ける大きな変動があれば、レンジ相場型のリピート系FXでは注文が入らず、収益機会を失ってしまいます。

各リピート系FXの種別
会社名 トレンド相場型 レンジ相場型
iサイクル2取引 サイクル2取引
トラッキングトレード -
- リピートトレール注文
オートレール -
トライオートFX
(スワッパー)
トライオートFX
(コアレンジャー)
トラリピ
(決済トレールあり)
トラリピ
(決済トレールなし)
- 連続予約注文
ループイフダン -
- みんなのリピート注文

相場のトレンドが変わっても、外為オンライン、インヴァスト証券、マネースクエアなら、同一口座内で注文の変更ができるため、柔軟に対応します。

なお外為オンラインのiサイクル2取引には「買い」「売り」を自動で判断し、トレンド転換となったら売買方向を自動切替してくれる機能があるため、長期的なトレンド追従と相性がいいのもポイントです。

各社のリピート系FXを比較するなら、こちらのページをご覧ください。


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!

\ 最新記事のお知らせはツイッター( @fx_quicknavi)で配信しています。お気軽にフォローしてください! /