外貨ex byGMOのiPadアプリ「外貨ex」の機能を詳しくご紹介!

外貨ex byGMOでは長らくCymoシリーズを提供してきましたが、現在「外貨ex」が最新のアプリとして提供されています。

廃止となってしまったiPad Cymo、Tablet Cymoを残念に感じていたユーザーも少なからずいるのではないでしょうか。

タブレット端末向けCymoシリーズと入れ替わるように、現在の外貨exアプリは2020年7月のアップデートにより、iPad専用アプリとして完全に最適化されました。
もちろん、Androidもタブレットに完全最適化されていますので、Androidユーザーもご安心ください。

それではiPadアプリの画面を例に、タブレット向け外貨exアプリの特徴をご紹介していきます。

iPad版外貨exのホーム画面

iPad版もスマートフォン版(iPhone/Android)も問わず、外貨exはスッキリと洗練されたデザインが特徴的です。

デフォルトのホーム画面では口座情報、プライスボード、チャート、ニュースが設定されており、表示・非表示のカスタマイズが可能です。

外貨ex byGMO iPadアプリのホーム画面
ホーム画面(縦)
外貨ex byGMO iPadアプリのホーム画面(横画面)
ホーム画面(横)

プライスボードでは監視している通貨ペアに絞って表示させたり、チャートでは任意の通貨ペアの時間足にすることも可能です。

アプリを起動して最初の画面になりますので、まずはお好みのホーム画面にカスタマイズしてみるのもいいでしょう。

「レート」で各通貨ペアの情報をチェック!

「レート」タブではプライスボードを一覧で閲覧でき、同時にスプレッドも確認できます。

3つの表示サイズからお好みで選択できますが、大サイズの場合は1分のラインチャートも見られます。

大サイズのプライスボードはティックチャート付き
プライスボード(大)
中サイズのプライスボード
プライスボード(中)

画面上部のベルマーク部分をタップすると、リミッター設定(レートアラート)の設定を行うことができます。

また「スワップ」タブでは、当日のスワップポイントも確認することができます。

外貨ex byGMOのiPadアプリでは当日のスワップポイントを確認可能
スワップポイント一覧

ホーム画面と同じく、通貨ペアの並び順は好きなように変更ができますので、よく取引する通貨ペアを上部に表示させてみるのもいいですね。

通常注文は通貨ペアをタップで行う

プライスボードで通貨ペアをタップすれば注文画面になります。

最初はリアルタイム注文が表示されますが、左にフリックか注文名のボタンをタップすれば、指値/逆指値注文、OCO注文、IFD注文、IFO注文に切り替えることができます。

iPadアプリ版外貨exのリアルタイム注文、リーブオーダー(指値/逆指値/OCO/IFD/IFO)の画面
新規注文画面

決済時はトレール注文を行うことも可能です。

また外貨ex byGMOのアプリは損失リスクをコントロールしつつ、利益を追求しやすい作りになっているのがポイントです。

注文画面の右上にある注文設定に進めば、「自動利食い」「自動損切り」「スリッページ」を任意の幅に設定できます。
自動利食いと自動損切りをセットしておけば、新規注文と同時に決済注文を入れることができます。

自動利食い・自動損切りなど注文設定が豊富
豊富な注文設定

これにより意図しないスリップによる約定を防ぎつつ、損失ラインを固めながら利益の追求を自動で行うことができます。

iPad版外貨exは、スキャルピングやデイトレードで利益の追求・損失のコントロールに力を発揮してくれるアプリとなっています。

高機能チャートで分析から売買まで自由自在

外貨exは高い完成度を誇るアプリですが、その一因を担っているのが高度な機能を有するチャートです。

テクニカル指標

テクニカル指標はトレンド系、オシレーター系合わせて全15種類が搭載されています。

分析が捗る多彩なテクニカル指標を搭載
チャート画面

トレンド系テクニカル指標

  • 単純移動平均線(SMA)
  • 指数平滑移動平均線(EMA)
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • スパンモデル
  • スーパーボリンジャー
  • エンベロープ
  • Pivot
  • GMMA

オシレーター系テクニカル指標

  • ストキャスティクス
  • MACD
  • RCI
  • RSI
  • DMI(ADX)
  • CCI

今人気のスパンモデル、スーパーボリンジャーも搭載しており、トレンドが分かりやいと評判のGMMA(複合型移動平均線)も使えるのはかなり心強いのではないでしょうか。

分割チャートで値動きを一気にチェック

多くのFX業者では簡易的な分割チャートが多いですが、外貨ex byGMOではチャート1〜チャート4まで、4つの画面が用意されています。
しかもそれぞれ1画面・2画面・3画面・4画面から任意で4パターンを保存することができます。

つまり4分割チャートを4画面に設定すれば、最大で16チャートを表示させることが可能です。

外貨ex byGMOのiPadアプリ版「外貨ex」に搭載された4分割チャート
4画面×最大4分割チャート

同一通貨ペアで異なる時間軸(1分足、60分足、日足、月足)が最初の設定になっており、4分割チャートなら複数の時間軸からトレンドを確認しやすいですね。

このほか、注目している複数通貨ペアを同じ時間軸で表示させれば、チャンスの通貨ペアを探すような使い方もできますね。

ライン描画が高機能

描画ツールはトレンドライン、チャネルライン、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメントが対応しています。

マグネット機能で狙った位置に正確にライン描画が可能
豊富な描画ツールを搭載

そして描いたラインは時間足を変更しても表示できる仕様です。
これにより、日足で引いたサポートラインを1時間足で売買判断するといった使い方も可能です。

時間足を変更してもトレンドラインを見れるのは、外貨ex byGMO以外ではGMOクリック証券、JFXなどのアプリに限定されていることからも、業界屈指の高機能アプリなのです。

また外貨exにはマグネットモードが搭載されており、狙ったローソク足のヒゲにマグネットで吸い付くように、ピンポイントでライン描画が可能です。

FX業界のアプリで「トレンドラインの描きやすさ」は業界最高峰との声も多いです。
スムーズなタッチ操作でトレンドラインを描ける部分に注目して使ってみてください。

チャートを見ながら発注

リアルタイム注文、ワンタッチ注文、指値注文など、どの注文方法もチャートを見ながら発注ができます。

チャートを見ながら発注を行うことができる
チャート発注に対応

このほかチャート上でラインを動かして、直感的に発注することもできます。

以下はIFO注文の例ですが、指値・逆指値注文、OCO注文、IFD注文も対応しています。

指値ライン、逆指値ラインをチャート上で動かして直感的に注文できる
発注レートを直感的に指定可能!

チャート上で発注する場合、指値ライン、逆指値ラインを上下に動かして価格を決められるため、どの位置で注文するのか視覚的に判断することができますね。

分割チャートではラインを動かして発注ができないため、チャート選択画面で「1画面+注文」を選択すると、発注が可能です。

ワンタッチ注文はスキャルピングと相性バツグン

外貨exアプリでのスキャルピングに一押しの注文方法が「ワンタッチ注文」です。

スキャルピングに最適なワンタッチ注文を搭載
ワンタッチ注文

ワンタッチ注文なら、保有ポジションを決済しながらドテンで反対方向のポジションを保有できるように、スピーディーに売買できる魅力を備えています。

なおワンタッチ注文を使う場合でも、事前に自動損切りを設定しておくと、もしものときの保険になるのでおすすめです。

2つの注文の違いは?

両建てしない注文方式のワンタッチ注文に対し、リアルタイム注文は両建て型の注文方式です。

ワンタッチ注文で1Lotを買ってから1Lot売れば、ポジションは決済され保有ポジションがない状態となります。
リアルタイム注文で1Lotを買ってから1Lot売れば、買いポジションが1Lot、売りポジションが1Lotある状態となり、「ポジション」タブから決済を行えます。

そのためスキャルピングのような超短期売買をするなら、直感的な感覚で売買できるワンタッチ注文がおすすめです。

iPadアプリ「外貨ex」は豊富な情報が魅力

FXの情報収集で肝となってくるのが、マーケット情報です。

外貨ex byGMOではマーケットニュースや経済指標以外にも、注文状況を見れたり、著名人のレポートが豊富なので、最新の相場情報を収集しやすいアプリとなっています。

マーケットニュースはFXi24を配信

外貨ex byGMOのマーケットニュースでは、DZHフィナンシャルリサーチ社の「FXi24」が配信されています。

iPadアプリ版外貨exのマーケットニュース
マーケットニュース
インターバンクオーダーも配信されている
オーダー状況の例

FXi24は配信数の多さが魅力であることはもちろん、「インターバンクオーダー」「サポート・レジスタンス」「テクニカルポイント」といった実践に役立つニュースが配信されていることもポイント。

マーケットニュースに目を向ければ、今どの価格に注目すればいいのかすぐに判断することができます。

視認性に優れた経済指標

経済指標は多くのFXアプリに搭載されていますが、外貨exは視認性が優れているので、重要指標をひと目で見つけられます。
重要度は3段階で、重要度:中なら黄色、重要度:大なら赤で示され、日時や国で絞り込みもできます。

経済指標は色分けによって重要指標を判断しやすい
経済指標

後述しますが、経済指標はプッシュ通知が可能です。
絶対に経済指標を見逃したくないなら、「プッシュ通知設定」で経済指標通知をONにしておきましょう。

みんなのオーダーが便利

みんなのオーダーは、外貨ex byGMOを使っているトレーダーの注文状況(指値・逆指値)をグラフ化したものです。

つまり、発注しているがまだ約定されていない注文のボリュームを見て、トレードに役立てていくことができます。

iPadアプリ版・みんなのオーダー(指値・逆指値注文状況)
指値・逆指値注文状況
iPadアプリ版・みんなのオーダー(売買比率)
売買比率
iPadアプリ版・みんなのオーダー(残ポジション)
残ポジション

このほか売買比率(各通貨ペアの前営業日の売買比率で、約定済み・未約定、新規・決済問わず全注文データ)や、残ポジション(保有ポジションのショート・ロングの割合)も閲覧できます。

他のトレーダーはどんなトレードしているのか分析すれば、現時点で有効な売買戦略を考えていくことができますね。

各種レポートで最新相場を学べる

プレミアムレポート内では、さまざまなレポートが日々配信されています。

著名投資家のレポートを閲覧可能
各種レポートが豊富
  • ウィークリーレポート:外貨ex byGMOのマーケットチームが前週を振り返りながら今週の注目を解説。
  • スペシャルレポート:遠藤寿保氏、竹内典弘氏、松崎美子氏、大橋ひろこ氏、西原宏一氏といった有名投資家、講師によるレポート

レポートの閲覧は会員限定ですが、特にスペシャルレポートは最新マーケットの考察がとても参考になります。

外貨ex byGMOの通知機能は業界トップクラス!

iPadアプリ「外貨ex」はプッシュ通知機能が充実しているのが特徴です。

プッシュ通知機能とはiPad上に通知させる機能のことで、アプリにログインしていなくても、プッシュ通知設定させ行っていれば情報を受け取ることができます。

リミッター通知、相場変動通知、経済指標通知を搭載
プッシュ通知が豊富!

外貨exでは「メニュー」→「プッシュ通知設定」から設定を行うことができ、iPadでプッシュ通知させるにはiPadの「設定」→「外貨ex」→「通知」と進み、通知を許可すればロック画面、通知センター、バナーから任意の形式で表示が可能となります。

外貨ex byGMOでは約定通知やお知らせだけではなく、リミッター通知、相場変動通知、経済指標通知にも対応しています。
プッシュ通知機能でリアルなマーケットを知ることができるため、普段忙しい方にとって使いやすい機能だといえます。

リミッター通知で狙ったレートがわかる

リミッター通知は、指定価格に達したことを知らせてくれる機能です。

各社のリミッター通知には主に「アプリを起動中だけ通知するタイプ」と「メールで通知するタイプ」がありますが、前者の場合はアプリを立ち上げていないと通知されないのがデメリットです。

iPadアプリ版外貨exに搭載されたリミッター通知
リミッター通知

外貨exではリミッター通知を行ったのち指定レートに達したら、登録しているアドレスにメールで届くとともに、iPadアプリでプッシュ通知され、iPadの通知センターにもレートが表示されます。
通知センターに届いたお知らせをタップすれば、そのままアプリが起動してチャート画面になるため、スピーディーな取引が可能です。

相場変動通知で収益チャンスを逃さない

iPadアプリの外貨exには、指定レートを通知するリミッター通知、経済指標通知だけではなく、「相場変動通知」も搭載しています。

経済指標通知

各経済指標の速報を通知。(重要度が高・中・低ごとに選択が可能)

相場変動通知

直近15分以内に、25pips以上レートが変動すれば通知。(米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円が対象)

経済指標通知を搭載するアプリは多いですが、相場変動通知が搭載されているアプリは少なく貴重な存在です。

アプリでレバレッジコースの変更も可能

これはiPadアプリではなかなか見かけない機能なのですが、実は外貨ex byGMOは「固定レバレッジ」という仕組みを採用している業者です。

通常レバレッジは証拠金(入金額)と取引量によって変動しますが、レバレッジを定めておくことで、初心者には不慣れなレバレッジのコントロールがしやすくなります。

レバレッジは最大1倍・10倍・25倍から選べる
選べるレバレッジコース

標準ではレバレッジは最大25倍ですが、最大1倍か最大10倍に変更することが可能です。

レバレッジのコントロールに自身がない方は、外貨ex byGMOから始めるのがいいかも知れませんね。

外貨ex byGMOのiPadアプリの魅力

短期売買のしやすい注文画面と、抜群の高機能と操作性を誇るチャートがiPadアプリ版・外貨exの最大の魅力です。

iPhoneなどのスマートフォン向けアプリに比べると、高性能でありつつ日々バージョンアップが行われているiPadアプリはかなり限られているのが現状です。

iPadならではの大画面を生かして高度な分析・取引を直感的にを行いたいなら、外貨ex byGMOが今もっともおすすめの業者です!

外貨ex byGMOのスプレッド、スワップポイント、取引ツール、特徴などの基本スペックは下記ページをご覧ください。

関連記事

外貨ex byGMO 安心感が抜群、外貨ex byGMOは最高水準の取引環境を提供する業者! 低スプレッド・高スワップポイントで納得のスペ[…]

外貨ex byGMO|社名変更記念キャンペーン|最大39,000円キャッシュバック

iPadアプリ「外貨ex」のスペック一覧

注文種類リアルタイム注文(スピード注文)、指値・逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文、ワンタッチ注文、トレール注文
その他:全決済、通貨毎全決済機能 など
チャートタイプローソク足、平均足
足種Tick、1分、5分、15分、30分、60分、2時間、4時間、日、週、月
レート更新時間リアルタイム
テクニカル指標
[トレンド系]
テクニカル指標
[オシレーター系]
チャートから発注
スワップポイントの表示
マーケット情報FXi24、経済指標カレンダー
プレミアムレポート(みんなのオーダー、各種マーケットレポート)
トレンドライン描画
トレンドライン、平行ライン(チャネルライン)、垂直ライン(バーティカルライン)、水平ライン(ホリゾンタルライン)、フィボナッチ・リトレースメント
アプリからの入出金
指定レート通知アラート
自動ログイン
外貨ex byGMO

外貨ex byGMO|社名変更記念キャンペーン|最大39,000円キャッシュバック

安心感を求めるなら、GMOグループのFX業者、外貨ex byGMOで決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、外貨ex byGMOならではの魅力となっています。

外貨ex byGMOの口座開設キャンペーン情報

2021年9月25日(土)〜 2021年12月21日(火)のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大39,000円をキャッシュバック!

こちらから無料で外貨ex byGMOの口座開設ができます!