外為オンラインFX|初心者に使いやすい8つの理由と口座情報まとめ

GOOD FX FOR YOU

外為オンラインは1,000通貨単位に対応しているので、少額からFXを始めたい方にオススメ!

取引システムはシンプルながらも直感的に操作できる、初心者にも扱いやすいのが特徴。チャート機能も充実していて、比較チャートでは2つの通貨ペアを重ねて表示させることができます。
またリピート系自動売買「iサイクル注文」によって、手間をかけずに運用も可能です。

スマートフォンアプリ(iPhone/Android)、タブレットアプリ(iPadやAndroidタブレット)を使って出先でもスムーズに取引できます。
デモトレード対応に対応し、マーケット情報も豊富なので、FXの入門にもおすすめの業者です。
業界トップクラスの開催数を誇る無料セミナーは初心者にも分かりやすいと好評なので、都合の大方はぜひ参加をご検討ください。

外為オンラインでFXを始めよう。今なら口座開設+お取引で5,000円キャッシュバック。
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
1.0銭
原則固定
2.0銭
原則固定
3.0銭
原則固定
3.0銭
原則固定
6.0銭
原則固定
5.0銭
原則固定
5.0銭
原則固定
1.0pips
原則固定
通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
1,000
通貨単位
5千円 26
通貨ペア
26
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
外為オンラインの口座開設キャンペーン情報

キャンペーン期間中に新規で口座開設し、取引をして条件を達成すれば、今なら5,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

外為オンラインはどんな会社?

元AKB48・大島優子のCMで外為オンラインを知る方も多いのではないでしょうか。

大嶋優子のFX

ISホールディングスの中心的FX業者だけあって、同グループ企業のシステム会社「株式会社アイアンドエーエス」が開発した取引システムFX-ASP」が採用されています。
FX関係者の間では「i&AS系システム」(外為オンライン系とも言う)として知られており、これが外為オンラインFXの中核となる『初心者に使いやすいプラットフォーム』の代名詞となっています。なおIS系のFX会社にはFXブロードネット、アイネット証券、ライブスター証券があります。

スプレッドは他社より広めですが、スプレッド競争に参加するのではなく、企業精神として『高品質なセミナーや情報提供で、顧客の利益向上に努めていく』姿が伺えます。
なかでも外資系銀行で元チーフディーターを努めた「佐藤正和氏」による本社セミナーは外為オンラインの顔とも言える内容となっており、絶大な人気で連日賑わいを見せています。

外為オンラインの口座数は51万口座以上(2017年12月末)と、実は業者別の単独でみると国内第3位となるほどの多さです。顧客満足度の高さも顧客数に反映されているように、『FXをイチから本格的に学びつつ、初心者にも使いやすい取引ツール』こそが外為オンラインの真髄なのです。

外為オンラインのメリット

まずは外為オンラインの「8つの強み」を見ていきましょう。

  • 1,000通貨単位に対応しているので、少額から取引できる。
  • 「iサイクル注文」でほったらかし運用が可能!無料キャンペーンで手数料も有利。
  • PC取引ツールは不慣れなFX初心者にも使いやすい。
  • スワップポイントはそれなりに高い。
  • デモトレードに対応している。
  • 充実のセミナーは業界トップクラス。
  • 有名アナリスト、有名トレーダーのレポートが豊富。
  • 高金利通貨のトルコリラ/円、メキシコペソ/円が取引可能になった。(2018年11月5日〜)

まず取引単位ですが、通常の1/10となる1,000通貨単位に対応していますので、少額から取引を始められます。

取引単位を比較(2018年11月19日時点のレートで算出)
10,000通貨の業者
米ドル/円 45,200円 4,520円
豪ドル/円 33,100円 3,310円
トルコリラ/円 8,500円 850円
メキシコペソ/円 22,400円 2,240円

また高金利通貨ペア(トルコリラ/円、メキシコペソ/円)が新たに追加されました。新興国通貨は値動きが激しいので余裕のある証拠金で取引すべきですが、金額だけでいえば米ドル/円よりも少額で始めることも可能です。

iサイクル注文に関しては、長期に渡って初期手数料無料キャンペーンが継続しており、ランキングから選ぶだけの明快さが外為オンラインだけの特徴となっています。

なお、外為オンラインのスワップポイントは業界最高水準とまではいきませんが、上位に食い込む水準の高さとなっています。

外為オンラインのデメリット

  • スプレッドはFX業者の平均に比べると広い。

デメリットとしてはスプレッドがやや広いことが挙げられます。言い換えればデメリットはこれだけであるということ。
もちろんスキャルピングのような超短期売買には向かないため、こういったトレードをするならヒロセ通商など他社を選ぶのがベストな選択です。

外為オンラインと相性が良いのはデイトレ〜スイングトレードの中長期売買で、トレール注文にも対応しています。
佐藤正和さんのセミナーに参加すると分かるのですが、考え方としてはスイングトレード的な相場動向の見方を学ぶことができます。
また外為オンラインの各種コンテンツも中長期的な展望が多いです。
取引期間が短くなるほど退場者の多いFXですが、『中長期目線で大きな利ざやを狙う』なら、外為オンラインは学びながら取引できる環境が整っています。

取引ツールが直感的で使いやすい!

外為オンラインのPC取引ツールとスマホアプリ

外為オンラインの取引ツールは、初心者でも直感的に使いやすいオールインワンシステムです。
高機能なブラウザ版となっており、パソコンにソフトをインストールすることなく、カスタマイズできるのが魅力!

FXは取引方法だけではなく、「取引ツール」の使い方も身に付ける必要があります。
初めてのFXですべて同時に身につけようとすると、これが大きなストレスとなってしまうことも珍しくありません。

操作に慣れない方が、いきなりプロと同じ取引ツールを使おうとすると、使い方を覚えることだけで大きな負担となってしまいます。

外為オンラインの取引ツールなら、ストレスがかからず、最初から取引に集中できるのが大きな強みとなります。1,000通貨対応により、少額から取引できるのも外為オンラインの強みです。

比較チャート、チャート上で発注できる高機能チャート

取引ツールと同様、外為オンラインチャートもまた直感的で扱いやすく、機能面においても申し分ない仕上がりとなっています。

操作性で注目となるのが、チャート上で発注できる機能です。
チャート上で右クリックすれば、水平線と注文レートが表示されます。
これを上下に動かして発注できるため、チャートに描いたトレンドラインに合わせて、直感的に判断して注文するといったことも可能です。

⇒外為オンラインチャート

ディールスコープで顧客のポジション動向がわかる!

ユーザーのポジション動向をグラフ化したツールが「ディールスコープ」です。

ディールスコープ

このツールを使えば、ポジション数(買い・売り・買いと売りの差)とそれぞれの人数が見れるため、他のトレーダーはどっちの方向で注文しているかが一目瞭然となります。

通常、ポジション動向が見れるツールは「45%・55%」などとパーセンテージでしか見れない場合が主流ですが、ディールスコープならより細かなデータを取得できるのが強みです。
外為オンラインは口座数が多いので、多くのユーザーのポジション動向を見極める上で、非常におすすめできる業者です。

iサイクル注文で手間をかけずに利益を狙える

iサイクル注文は、外為オンラインのリピート系注文です。
リピート系注文は「ここで買い」「ここで売り」といった判断を自分で行わないため、なかなかFXに時間が取れない方と相性のいい自動売買です。

設定した変動幅内で、自動発注を繰り返す「iサイクル注文」

コンピューターが自動で発注することから、感情的なトレードで損切りが苦手でしたら、iサイクル注文を検討する価値は大いにあるでしょう。

リピート系注文はいくつかの業者から提供されていますが、外為オンラインなら有利な取引コストで注文を行うことができます。

\ 新規口座開設者は、90日間取引手数料が無料! /

外為オンライン「iサイクル注文」の手数料無料キャンペーン

⇒iサイクル注文

他社では通貨ペア、リピート幅、損切り幅等を手動で設定しなければいけませんが、外為オンラインでは好成績のランキングから選ぶだけなので、圧倒的にかんたんな仕組みなのも魅力です。

外為オンライン

スマートフォンアプリ

PC版と同じく、スマートフォンアプリも分かりやすくてシンプルな画面構成となっています。
ただシンプルなだけという訳でもなく、トレンドラインを引いたり、1タップで発注できたり、レートアラートが設定できたりと、取引に必要な機能は揃っています。

ニュース配信は3社とそれなりに多く、スマホアプリ経由でiサイクル注文をすることも可能となっています。

⇒外為オンラインのiPhone/Androidアプリ

⇒外為オンラインのiPadアプリ

FX・リピート系どちらもデモトレードに対応

外為オンラインのデモトレードはスマートフォン・タブレットに対応し、リピート系iサイクル注文も対応!

デモトレードが用意されている業者では、利用期間は1ヶ月で設けられている場合が主流です。
またリピート系注文がデモトレードに対応している業者は多くありません。

外為オンラインなら無期限でデモトレードできるため、注文方法を試すとしても、焦らずに自分のペースで練習できます。
リピート系注文のイメージが沸かない方は、まずはデモでお試しすると、全体像がつかみやすいのでおすすめです。

初心者に一押し!会場セミナーが多く、分かりやすい

外為オンラインのFXセミナー

顧客の教育に力を入れていることが、開催数の多い会場セミナーに現れていることからも、外為オンラインは顧客の教育に力を入れている会社です。

レベルに合わせた、多彩なセミナーを開催

6段階のレベルに合わせたFXセミナー

セミナー人気の秘密は、レベルに合わせたセミナーを受講できる点にあります。
当サイトやFX入門書で基本を学ばれた方でしたら、レベル3以上がおすすめです。

超初心者向けセミナーも用意

ゼロからはじめる!シリーズ

「ゼロから始める!シリーズ」では初心者向けに、パソコン取引システム、iPhoneアプリ/Androidアプリの操作説明セミナーも開催しています。

全国各地でセミナーを開催

全国FXセミナー

東京の本社の多いFX業者ですが、地方でもセミナーを開催している業者は多くありません。
しかし外為オンラインの全国FXセミナーでは、東京本社以外の各地でも無料セミナーを開催しています。

  セミナー開催都市
北海道 札幌
東北地方 仙台
関東地方 横浜、大宮、宇都宮、高崎、静岡、浜松
中部地方 名古屋、新潟、長野
近畿地方 大阪、神戸、京都
中国地方 広島、岡山
九州地方 福岡

佐藤アナリストのセミナーが大人気

アナリスト佐藤のFXセミナー

ある程度取引方法が理解できた方は、外為オンライン本社のセミナールームで開催される「アナリスト佐藤の中上級者向けセミナー」の参加をご検討ください。
佐藤氏のセミナーは分かりやすさが好評を得ており、遠方から参加される方も多いのが特徴です。

「FXは難しいと思っていたけれど、よりFXの感覚がつかみやすくなった。」との声も多いので、時間に余裕のある方は参加を検討してみてはいかがでしょうか。
他社ではオンライン型のセミナーが多いですが、外為オンラインは会場型のセミナーを用意いているため、講師への質疑応答やコミュニケーションが可能なのが、対面によるセミナーの魅力です。

外為ラボで有名アナリストのレポートが読める!

外為ラボのFXレポート

外為オンラインの注目コンテンツが外為LAB.(外為ラボ)です。

外為ラボでは柾木利彦氏(マーフィー)をはじめ、有名アナリストによるマーケットレポートを無料で閲覧できます。
経験則のあるアナリスト陣によるレポートですので、とても読み応えがあります。ファンダメンタルズを学ぶ情報源として、ぜひ活用してみてください。

外為オンラインの詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類 FX、くりっく365
口座開設手数料 無料
口座維持手数料 無料
取引手数料 無料
(オフセット注文®のみ新規注文約定時に手数料が発生)
入金手数料 クイック入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料 無料
お取引開始までの期間 お申込み後、3〜5営業日
本人確認書類の提出方法 Webアップロード、メール、FAX、郵送
外為オンラインの取引条件
最大レバレッジ 個人口座:1〜25倍
法人口座:通貨ペアごとに毎週変動
ロスカット L25Rコース:証拠金維持率が100%以下となった場合
L25コース:証拠金維持率が20%以下となった場合
取引時間 米国標準時間:月曜日AM7:00~土曜AM6:55
米国夏時間:月曜日AM7:00~土曜AM5:55
最大注文数量 500万通貨
外貨入出金
外貨調達(受け渡し)
注文タイプ 成行 / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFDO / トレール / 成行+OCO / リバース(途転)/ iサイクル注文® / サイクル2取引™
チャートから発注
メールサービス 約定通知 / レートアラート / ロスカットアラート / 経済指標(FX Wave)
取引ツール詳細 Windowsブラウザ
Macブラウザ
AndroidアプリAndroidタブレットアプリ
iPhoneアプリiPadアプリ
docomo携帯アプリ
デモトレード
売買シグナル
無料FXセミナー
会社情報
会社名 株式会社外為オンライン
登録番号 関東財務局長(金商)第276号
所在地 〒100-6224
東京都千代田区丸の内1-11-1
設立 2003年4月28日
資本金 3億円(平成26年12月10日現在)
口座数 518,484口座(2017年12月末)
自己資本規制比率 550.8%(2018年9月末)
信託保全 三井住友銀行
みずほ信託銀行

外為オンライン
の特徴まとめ

  • 初心者にも安心、1,000通貨単位に対応しているので少額からFXができる!
  • iサイクル注文なら、普段忙しい方でも自動で利益を狙える。
  • スワップポイントが高いので、中長期的なトレードにも向く。
  • 著名なアナリストによるマーケットレポートが充実しており、口座開設者は会員限定レポートの閲覧ができる。
  • 外為オンライン本社で開催されている会場セミナーは、佐藤正和氏の解説が分かりやすいと好評。
無料の口座開設をする

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!