FXチャート分析の基本は移動平均線

こちらのページでは、移動平均線の基礎から見方、使い方について解説していきます。

 

チャート分析にはさまざまなやり方がありますが、FX初心者の方がこれからチャート分析を始めるなら、もっともスタンダードであり、重要なテクニカル指標である移動平均線から学ぶといいでしょう。

移動平均線は、FXのみならず株取引でも広く利用されていますので、これから投資を行っていく上で、使い方を身に付けることは必須項目だと言えます。

移動平均線とは

まず移動平均線の概要について見ていきましょう。

移動平均線とは、「過去の一定期間の為替レートの平均値」を表すテクニカル指標です。

 

FX会社のチャート設定では5、10、13、21、25、50、75、90、200などの期間が選択でき、例えば5日であれば「過去5日間の終値のレートの平均値」として表されます。

過去の一定期間の平均値としてチャートに表示させる移動平均線ですが、それぞれの期間ごとに短期移動平均線、中期移動平均線、長期移動平均線と呼ばれます。

一般的には短期が5日、中期が13日、長期が21日などと初期設定されていますが、長期目線での売買なら期間を長くしたりと、自分に合った期間を探してみるのもいいでしょう。

 

一言メモ

移動平均線を使って売買のポイントを探る手法に、グランビルの法則があります。これを編み出したジョセフ・E・グランビルによって、移動平均線は広く利用されるようになりました。

メジャーな移動平均線にはSMA、EMA、WMAがある

移動平均線にはSMA、EMA、WMA、GMMAなどがありますが、この中でも、特にSMAがよく使われています。

  • SMA(単純移動平均線)
    • もっとも基本的な移動平均線。通常、移動平均線というとこのSMAを指します。
    • 過去チャートの平均値から計算されるので、直近の値動きからはやや遅れますが、大きなトレンドを見るのに適しています。

  • WMA(加重移動平均線)
    • より直近の値動きを重視させた指標です。
    • レンジ相場や乱高下しているときはには適していませんが、緩やかな相場では効果を発揮します。

  • EMA(指数平滑移動平均線)
    • WMAよりもさらに直近の価格に比重を置いた移動平均線です。
    • 直近の値動きに敏感に反応するので、SMAよりもトレンドの転換を早めに確認ができます。

  • GMMA(複合型移動平均線)
    • WMAを12本表示させた移動平均線です。
    • 複数の移動平均線を用いて、相場の方向性や売買シグナルを捉えようとするのが特徴です。

 

移動平均線は英語で「Moving Average」といい、投資家の方は頭文字をとってMAと呼んだりします。例えば、21日のSMAであれば21MAと略されます。

移動平均線の見方

移動平均線の見方として、上昇しているのか、下降しているのか、またその角度も判断材料とされています。

ここがポイント!

移動平均線が上向きの状態で、ローソク足の上に推移すれば上昇トレンドと判断する。

移動平均線が下向きの状態で、ローソク足の下に推移すれば下降トレンドと判断する。

ローソク足が移動平均線を上抜いて買いサインと見る。

ローソク足が移動平均線を下抜いて売りサインと見る。

サポートライン、レジスタンスラインの目安にする。

また移動平均線を使った有名は売買サインに、グランビルの法則から成るゴールデンクロス・デッドクロスがあります。
ゴールデンクロスとデッドクロスの売買サインは分かりやすいので、初心者のチャート分析にもおすすめです。

 

オシレーター系テクニカル指標のMACDはEMA(一般的に、12日と26日)を使った指標です。MACDも売買ポイントを探る指標として人気があり、EMAがベースなだけにトレンドを見るのに利用することもできます。


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!