FXはいくらからできる?初期資金(最小5千円〜)から判断する初心者の始め方

FXを始めたいと考えているとき、最初にどのくらいの資金が必要なのかご存知ですか?

本やWebサイトによっても書かれていることはマチマチなので、『実際いくらからできるのかよく分からない』と感じている初心者の方も多いかも知れません。

それもそのはず、FXでは自分自身が取れる価格変動リスクによって、用意する資金が変わってくるからなのですね。

ではその価格変動リスクですが、これは初期資金と取引量のバランスが重要です。

しかしどれだけ頭ではわかっていても、実際に取引を始めないと「変動リスクを加味した初期資金と取引量」は理解しにくいと思います。

そこで、「いくらから始めれれるのか?」と最小資金から始めるのではなく、「初心者がFXをするのにいくらの資金があれば安心であるか」とした観点から、FXの初期資金について解説します。

【通貨単位ごと】最小でいくらから取引できる?

少額取引に対応するFXは、レバレッジを使えて24時間取引できるように、自由度の高い取引ができる金融商品です。

このうちレバレッジにスポットを当てると、レバレッジを効かせることで資金効率よく売買できる特徴があります。

以下、レバレッジ毎の取引例をご覧ください。

レバレッジ
の例
特徴
〜15倍以内
  • 取引手法:スキャルピングに限定
  • 少額取引可能だが、その場合は為替変動リスクが高いので小さな利益をコツコツ狙う
  • 高レバレッジならロスカットリスクが高いのでスピーディーな損切りが必要
  • *レバレッジ15倍以内で1Lot取引する場合:7万円以上が必要
〜10倍以内
  • 取引手法:スキャルピング〜デイトレードに対応
  • *レバレッジ10倍以内で1Lot取引する場合:10万円以上が必要
〜5倍以内
  • 取引手法:スキャルピング〜スイングトレードに対応
  • *レバレッジ5倍以内で1Lot取引する場合:20万円以上が必要
〜3倍以内
  • 取引手法:スキャルピング〜ポジショントレードに対応
  • 取引期間が長期ならそれなりの変動を想定して取引するため低レバレッジが必須
  • レバレッジに余裕があれば、デイトレなどで複数ポジションの保有ができる
  • *レバレッジ3倍以内で1Lot取引する場合:33万円以上が必要

* USD/JPY=100円のとき

FXではレバレッジを効かせることで、少額で取引を始めることができます。
この場合、大きな変動に耐えられずロスカットリスクが高くなるため、小さく損切りする必要があり、この場合の取引スタイルはスキャルピングに限定されます。

元手に余裕があれば低いレバレッジで取引できるため、スキャルピングからポジショントレードまで行うことができます。

USD/JPY=100円のときに1Lotの取引をする場合、100万円の元手で1Lot取引しても、4万円の元手で1Lot取引しても、取引額は同じです。

レバレッジの使い方には注意が必要ですが、レバレッジを効かせることで資金効率を高められるのがFXというわけです。

そして少額から取引をしたいなら、先に結論をいうと、1,000通貨の取引なら最小4,000円程度の入金でスタートできます。

1米ドル100円のとき、1,000通貨なら必要証拠金は約4,000円

しかし1,000通貨の取引をするとき、入金額を4,000円や5,000円のように極端に少額だとレバレッジが高くなります。
この場合、為替変動によるロスカットリスクが高くなるため注意しなければいけません。

こちらは、レバレッジとトレード手法の関係を理解できるように、かんたんにまとめたイメージです。

レバレッジのリスクとトレード手法の関係

ご覧のとおり、余剰資金が少なくなるほどレバレッジが高くなりトレード手法が限定されるため、少額で始めるには、取引量自体を下げなければいけません。

なかには1,000通貨よりも小さい1単位から取引できる業者もあり、松井証券のアプリなら100円もあれば取引を始められます。

しかし1通貨の取引は、損失リスクが限りなく少ないことに比例して、大きな変動があっても収益化は難しいのです。

少額から取引ができて、なおかつ利益を狙っていくなら、やはり1,000通貨からの取引がおすすめです。

まずは1,000通貨で始めよう!

1通貨でも本番取引に変わりはありませんが、取引量が小さすぎて実践感覚を掴むというよりもデモトレード感覚だといえますね。

例えば、注文して、1円有利に動いてから決済したとしましょう。
(米ドル/円は変動が大きいときは1日で2〜3円動くこともありますが、変動が小さいときは1日で50pips以内となることもよくあります。)

取引量が100通貨なら100円が利益、1,000通貨なら1,000円が利益、10,000通貨なら1万円が利益となります。

100通貨なら約400円で米ドル/円の取引ができますが、極端に取引量が少ないと、せっかくの取引チャンスを逃してしまうことになるんですね。

つまり少額なら1,000通貨、資金に余裕があって大きな利益を狙うなら10,000通貨と、どちらかから始めるのがおすすめです。

10,000通貨の必要証拠金

FXで基本の取引単位が10,000通貨です。10,000通貨=1Lot(ロット)となります。

米ドル/円を例にすれば、レートが100円なら40,000円、110円なら44,000円が必要証拠金となり、これが取引で最低限必要な資金となります。

必要証拠金は、そのときの為替レートに応じて日々変動します。

必要証拠金の目安
米ドル/円のレート10,000通貨の
必要証拠金
90円36,000円
95円38,000円
100円40,000円
105円42,000円
110円44,000円
115円46,000円
120円48,000円

1,000通貨の必要証拠金

ほとんどのFX業者が1,000通貨に対応しており、1,000通貨対応業者なら少額から取引を始められます。

通常は1,000通貨=0.1Lotとなり、10,000通貨の1/10の金額で始められます。
(外為どっとコム、ヒロセ通商、JFXの場合、1,000通貨=1Lotとなります。)

1,000通貨の必要証拠金(米ドル/円)
米ドル/円のレート1,000通貨の
必要証拠金
90円3,600円
95円3,800円
100円4,000円
105円4,200円
110円4,400円
115円4,600円
120円4,800円

資金と取引量のバランスで損失リスク・利回りが変わる

FXでは、損失リスクを理解した上で、本当に安心できる初期資金を設定しなければいけません。

先ほど、1ドル100円のとき1万通貨なら4万円で取引できると記載しましたが、これではレバレッジ25倍でほぼ上限の水準により、すぐにロスカットされてしまいます。

そのためレバレッジが高めの場合、前述のとおり手法としては狭い値幅を狙うスキャルピングに限定されます。

以下は入金額ごとのレバレッジと、どのくらいまでの損失に耐えられるかを示す表です。

1ドル100円で10,000通貨を保有するとき(ロスカット水準100%)
入金額レバレッジ/
(証拠金維持率)
ロスカット
ライン
ロスカット
までの値幅
4万円25倍
(100%)
保有レート0
5万円20倍
(125%)
99円−1円
6.7万円15倍
(167.5%)
97.3円−2.7円
10万円10倍
(250%)
94円−6円
20万円5倍
(500%)
84円−16円
30万円3倍
(750%)
74円−26円
50万円2倍
(1,250%)
54円−46円
100万円1倍
(2,500%)
4円−96円

レバレッジ25倍では、保有レートから反対に動いただけでロスカット(強制決済)になります。

レバレッジが20倍より高くなると、保有ポジションがあると追加で新規注文できないなど弊害が多く、たった1円の値動きにも耐えられなくなります。

つまり上記例でいうと、5万円で始める場合、短期売買に限定され、複数ポジションは保有できず、レバレッジは常に最大20倍以下(証拠金維持率は250%以上)になるように運用することが必須です。

レバレッジが高いほど、注文レートに近い位置で強制的に決済されます。
つまり損失を抱えていて相場が反転しそうな場面でも、トレンド転換前に取引機会を失ってしまいます。

レバレッジ5倍程度まで下げられれば、16円の変動に耐えられます。
短期で16円は動きにくいですが、数ヶ月のトレンドでも10円、ときには20円は動くことから、レバレッジを5倍以内にすれば、中長期トレードができる設計となります。

反面、100万円の初期資金で得た利益と同様の金額を、10万円の初期資金で得られたら、少額で始めるほうが利回り(収益率)は高くなります。
ハイリスク・ハイリターンな運用をするのか、ローリスク・ローリターンな運用をするかは、自分自身でしっかりコントロールしていきましょう。

初心者おすすめの初期資金

それではトレードスタイルごとに、おすすめな資金目安をご紹介します。

短期トレード(10,000通貨、1,000通貨)

10,000通貨で短期トレードする場合
(1米ドル=100円、ロスカット水準100%)
  • 最低限5万円(レバレッジは20倍)
  • おすすめは*10万円(レバレッジは10倍)
  • 余裕があるなら15万円(レバレッジは7倍)

*米ドル/円が110円のとき、レバレッジ10倍で取引するなら11万円が必要となります。

スキャルピング、デイトレードといった1日のうちに取引を完結させる取引なら、中長期トレードよりも少ない金額でスタートできます。

しかし業者によっては、ロスカット水準が120%の場合はわずかな値動きで強制決済となってしまいます。

始めたばかりのときに多くの含み損を抱えてしまったり、立て続けに損失となってしまう可能性も考慮すると、やはり10万円を用意しておくと安心です。

注意点としては、初期資金が少ないとレバレッジが高くなり、少ない変動であっても損失となるリスクが高くなってしまうことです。

資金によって変わってきますが、少額で始めるなら損失は「−20pips」「−30pips」程度を損失上限の目安にしてみてください。
これ以上の含み損が発生するときは、相場にトレンドが発生している可能性も高く、高レバレッジであるほどロスカットリスクが高まります。

また損失が確定してもそのまま取引せず、いったん口座の資産はどのくらいか確認しておきましょう。
その時点で証拠金が少ない場合、そのまま取引するとロスカットリスクが高い状態なので、再度入金してレバレッジを一定に保つようにしてください。

「こんなに証拠金を用意できないけど、FXを始めたい!」とお考えでしたら、1,000通貨なら少ない資金で取引を始められます。

1,000通貨で短期トレードする場合
(1米ドル=100円、ロスカット水準100%)
  • 最低限5千円(レバレッジは20倍)
  • おすすめは1万円(レバレッジは10倍)
  • 余裕があるなら1.5万円(レバレッジは7倍)

※余裕があるなら1.5万円と記載していますが、2〜3万円、もしくは5万円もあれば短期トレード/中長期トレードを意識せず安心して取引できます。

中長期トレード(10,000通貨、1,000通貨)

中長期のトレードはレバレッジ5倍以内、可能ならば3倍以内がひとつの目安となってきます。

10,000通貨で中長期トレードする場合
(1米ドル=100円、ロスカット水準100%)
  • 最低限20万円(レバレッジは5倍)
  • おすすめは30万円(レバレッジは3倍)
  • 余裕があるなら50万円(レバレッジは2倍)

1,000通貨対応のFX業者なら、少ない資金であっても中長期トレードを行えます。

1,000通貨で中長期トレードする場合
(1米ドル=100円、ロスカット水準100%)
  • 最低限2万円(レバレッジは5倍)
  • おすすめは3万円(レバレッジは3倍)
  • 余裕があるなら5万円(レバレッジは2倍)
短期トレード・長期トレードどちらにせよ、「自分は1回のトレードで損失をいくらまでガマンできるか」を基準に考えると、レバレッジに見合った初期資金を割り出すことができます。

取引量ごとに、初心者でもいくらなら安心した設計でFXを始められるのか、理解いただけましたでしょうか。

例えば10万円から始めても、2万通貨へと取引量を上げたらレバレッジが上がっていき、ロスカットラインも現在レートに近くなります。

そのため取引量を上げていくなら、入金額を増やしたり保有ポジションを減らすなどしてレバレッジを調整しなければいけません。
どうしても少額から取引したい方は、必ず複数の注文ができず、ロスカットとなるレートを把握しておく必要がある手間がかかります。

いくらでロスカットされるか気にするのが面倒だったり、追加で注文できないのがストレスなら、やはり元手を増やして取引量を小さくし、レバレッジを低くすることが必須となります。

こうした元手の違いによってレバレッジや取引スタイルは変化しますが、どんな取引をするとしても、ロスカットとなるの前の段階で、ストップ注文で損切りを指定しておくことが大切です。

関連記事

FXのもっとも基本な注文方法は「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3種類です。3つの注文を使い分けできるようになれば、相場に合わせた臨機応変な売買が可能となり[…]

【成行・指値・逆指値】FXの基本的な注文方法を解説!

 

必要証拠金、レバレッジ、ロスカットまでの値幅計算は、下記ページの計算機をご利用ください。

関連記事

証拠金とレバレッジの概念はどんなものなのか、FX初心者にはちょっと分かりにくいですよね。FXは日本語で外国為替証拠金取引といいます。この「証拠金取引」というル[…]

【FX入門】証拠金とレバレッジの仕組みを解説!

各社の基本スペック情報

FX会社名米ドル/円
米ドル/円スプレッド
通貨単位通貨ペア数キャッシュ
バック
0.2銭1,000
通貨単位
*1
30
通貨ペア
0.32最大
302,000円
*2
0.2銭1,000
通貨単位
24
通貨ペア
0.30最大
300,000円
0.1銭1,000
通貨単位
20
通貨ペア
0.11最大
110,000円
0.2銭10,000
通貨単位
20
通貨ペア
0.30最大
300,000円
0.2銭1,000
通貨単位
29
通貨ペア
0.05最大
50,000円
0.2銭10,000
通貨単位
21
通貨ペア
0.20最大
200,000円
0.2銭1,000
通貨単位
23
通貨ペア
0.05最大
5,000円
1.0銭1,000
通貨単位
26
通貨ペア
0.15最大
150,000円
0.2銭1,000
通貨単位
26
通貨ペア
0.06最大
60,000円
0.2銭10,000
通貨単位
約100
通貨ペア
0.05最大
50,000円
0.2~
1.9銭
1,000
通貨単位
38
通貨ペア
最大
101,000円
トライオートFX0.3銭1,000
通貨単位
17
通貨ペア
最大
50,000円
FX会社名米ドル/円
米ドル/円スプレッド
通貨単位通貨ペア数キャッシュ
バック
スプレッド取得・記載日:2022年9月1日
※掲載スプレッドは原則固定(例外あり)ですが、市場急変時や流動性が低下している状況では拡大する場合があります。
※参考:LINE FXのスプレッド一覧ページ
*1 ロシアルーブル/円のみ10,000通貨。
*2 対象期間:口座開設月から翌々月末まで。
※FXプライム byGMOは現在、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、トルコリラ/円のスプレッド原則固定を休止しています。

最小10,000通貨の業者

FX業界で大人気の業者といえば、口座数や取引量でトップ争いを繰り広げているGMOクリック証券DMM FXです。

2社ともに共通で1,000通貨に対応しておらず、最小取引単位は10,000通貨となっています。

最小取引単位が「10,000通貨」の業者

  • GMOクリック証券
  • DMM FX

取引スタイルの目安として、10万円の資金があれば1万通貨でデイトレードを行うことができます。
どちらの業者もスマホアプリの使いやすさで定評があり、デイトレードとの相性が抜群です。

10,000通貨からFXを始めれば、ガツガツと利益を狙っていくことができますね。

GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券|FX取引高世界第1位

GMOクリック証券はスプレッドが狭くスワップポイントは高いので、短期売買〜長期売買まで幅広く対応します。

操作性が抜群のスマートフォンアプリにより、外出先でも多彩な注文を柔軟に行えます。数少ないMac取引専用アプリを提供する会社なので、Macユーザーも安心ですね。
チャート上をクリックするだけで発注できる高機能取引システムにより、チャンスを逃がすことなく売買が行えます!

高機能チャート分析ツールであるプラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標が用意されていて、デモ取引でも利用が可能。
24時間電話サポートに対応し、FXのニュース配信も多いので、GMOクリック証券なら初心者の方も安心してお取引ができます!

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

GMOクリック証券、DMM FXはアプリが使いやすく人気の業者なので、とくに短期売買にはおすすめです。
しかしながら10万円の資金でスイングトレードをしたいなら、1,000通貨に対応する業者を選びましょう。

1,000通貨から取引できる業者

1,000通貨対応の業者なら、少ない資金からでもレバレッジを下げられることから、損失リスクを抑えたトレードが可能です。

スワップ目的のポジションを保有しつつデイトレードをするように、10万円の資金であっても、複数ポジションを保有する戦略もできます。

最小取引単位が「1,000通貨」の業者

  • みんなのFX
  • FXプライム byGMO
  • 外貨ex byGMO
  • 外為オンライン
  • LINE FX など複数業者が対応

みんなのFXFXプライム byGMO外貨ex byGMOLINE FXなど、FXクイックナビの掲載業者ではGMOクリック証券とDMM FX以外は1,000通貨に対応しています。

外貨ex byGMO

外貨ex byGMO|FX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック

安心感を求めるなら、GMOインターネットグループのFX業者、外貨ex byGMOで決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「外貨ex」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

対象通貨ペアの取引に応じて、毎月キャッシュバックを受け取れることも、外貨ex byGMOならではの魅力です!

こちらから無料で外貨ex byGMOの口座開設ができます!

LINE FX

ETF、投資信託と続き、LINE証券による第3弾のサービスとして始動したのがLINE FX!

スマートフォンアプリ(iPhone/Android)はシンプルで使いやすさに優れており、初心者でも直感的に売買できるのが魅力です。

メッセージアプリ「LINE」との連携が抜群で、「経済指標発表」「指定レート通知」のほか、大きな値動きを知らせる「相場変動通知」をLINE上で知らせてくれます。

業界最狭水準のスプレッドとともに、スワップポイントが極めて高く、南アフリカランド/円、トルコリラ/円でスワップ狙いのトレードにイチオシの業者です。

こちらから無料でLINE FXの口座開設ができます!