ロスカット、マージンコールでFX会社を比較!

FXで損失を守る2つの仕組みをしっかり理解していますか?

ひとつがストップロス注文(逆指値注文)で、もう一方が「ロスカット」と「マージンコール」です。

ロスカットとマージンコールの水準は各社ごとに異なります。

FXはレバレッジを効かせて自由度の高い取引ができますが、デイトレードなど短期売買であるほど、ロスカット水準はどのくらいであるかを知っておくことで、損失ラインをコントロールしやすくなります。

関連記事

FXでもっとも基本となる注文方法なのが、成行注文・指値注文・逆指値注文の3つ。3つの注文を使い分けできるようになれば、相場に合わせた臨機応変な売買が可能になりますので、きっちりと身に付けましょう。それぞれの注文方法の仕組みと、具[…]

【成行・指値・逆指値】FXの基本的な注文方法を理解しよう

まずは各社の違いを比べてみましょう。

ロスカット、マージンコールで比較

まずは各社のロスカット、マージンコールのルールをご覧ください。

FX会社名ロスカット水準ロスカット
手数料
マージンコール
(追証)
アラート
証拠金維持率が50%を下回ったら、全ポジションを強制決済。無料あり証拠金維持率が100%を下回ったとき
証拠金維持率が50%を下回ったら、全ポジションを強制決済。1万通貨毎/税込500円
南アランド/円とメキシコペソ/円は、10万通貨毎/税込500円
あり証拠金維持率が100%を下回ったとき
【L25 / L25mini】
有効証拠金が必要証拠金の20%を下回ったら、全ポジションを強制決済。加えて証拠金判定時刻(取引終了時刻10分前)に100%を下回ったら、全ポジションを強制決済。
【L25R/ L25Rmini】
有効証拠金が必要証拠金の100%を下回ったら、全ポジションを強制決済。
無料L25 / L25mini
が対応
【L25 / L25mini】
実効レバレッジが20倍以上(証拠金維持率が125%以下)になったとき
証拠金維持率が80%を下回ったら、全ポジションを強制決済。無料あり証拠金維持率が100%を下回ったとき
LINE FX有効比率が100%を下回ったら、全ポジションを強制決済。無料なしプレアラート:証拠金維持率が140%を下回ったとき
アラート:証拠金維持率が120%を下回ったとき
トライオートFX有効比率が100%を下回ったら、全ポジションを強制決済。無料なし有効比率が150%、120%を下回ったとき
シストレ24必要証拠金が有効証拠金の100%以上になったら、全ポジションを強制決済。無料なし必要証拠金率が80%を上回ったとき
【通常時】
証拠金維持率が50%を下回ったら、証拠金維持率が50%を上回るまで、損失の大きいポジション順に強制決済。
【証拠金判定時刻(15:30〜15:45)】
証拠金維持率が100%を下回ったら、証拠金維持率が100%を上回るまで、損失の大きいポジション順に強制決済。
無料ありなし
有効比率が100%を下回ったら、約定日時が古いポジション順に、ポジションごとに強制決済。無料なし有効比率が200%を下回ったとき
証拠金維持率が100%を下回ったら、全ポジションを強制決済。無料なし証拠金維持率が120%を下回ったとき
証拠金維持率が50%を下回ったら、全ポジションを強制決済。無料あり証拠金維持率が100%を下回ったとき
証拠金維持率が100%を下回ったら、全ポジションを強制決済。無料なし証拠金維持率が125%を下回ったとき
【ブロード25Sコース】
証拠金維持率が100%を下回ったら、全ポジションを強制決済。
【ブロード25、ブロード25MCコース】
証拠金維持率が20%を下回ったら、全ポジションを強制決済。
【ブロード20コース】
証拠金維持率が8%を下回ったら、全ポジションを強制決済。
【ブロード1コース】
証拠金維持率が1%を下回ったら、全ポジションを強制決済。
無料ブロード25MCコースが対応【ブロード25MCコース】
証拠金判定時刻のAM6:45(米・サマータイム中はAM5:45)に取引証拠金が100%を下回っているとき
証拠金維持率が60%を下回ったら、全ポジションを強制決済。無料あり証拠金維持率が100%を下回ったとき
証拠金維持率が50%、60%、70%、100%を下回ったら、全ポジションを強制決済。無料あり設定した証拠金維持率ごとのアラート水準を下回ったとき
有効比率が100%を下回ったら、約定日時が古いポジション順に、ポジションごとに強制決済。無料なし有効比率が200%を下回ったとき

※有効比率と証拠金維持率の違いですが、会社ごとに呼び名が違うだけで大差はありません。

ロスカット、マージンコールをかんたんに解説

ロスカットとマージンコールについて、先におさらいしておきましょう。

マージンコールとロスカットの仕組み

まずロスカットですが、損失が膨らんで一定の証拠金水準を下回ったとき、FX業者側のシステムで強制決済することです。
ロスカットは最低限のルールなので、どの業者でも必ず採用されています。

一方でマージンコール(Margin Call)ですが直訳すると「証拠金の呼びかけ」です。
追証(追加証拠金)を英語にしただけで、意味は全く同じです。
「もうすぐロスカットになるよ。ロスカットされたくないなら証拠金を追加してね。」
という警告がマージンコールです。
会社によってはロスカットアラート、プレアラートとも呼ばれています。

追証がないということは、「猶予期間がない」イメージです。
例えばロスカット水準が100%なら、100%を割った時点で強制ロスカットにとなります。

追証がある業者もロスカット水準が100%だとしましょう。
ロスカット水準の100%を下回ったとしても、
「当日中などの指定時刻までに追加入金すれば、いきなりロスカットはしませんよ。」
というのが、追証なのですね。

紛らわしいことに

  • マージンコールによるロスカット前の警告通知
  • 追証

どちらもマージンコールと呼ばれている点です。

そのため、ヒロセ通商は一定の証拠金維持率を下回ったとする警告は届くものの、
追証はないので(指定時刻までの入金猶予がなく強制決済される)、マージンコールという言葉自体が誤解を生みやすい原因なのです。

そのため上記表ではロスカットアラートで記載しています。

追証あり、追証なしの違い

ヒロセ通商の場合(追証なしの例)

追証がないFX会社(ロスカット水準:100%)

証拠金維持率が200%を切りました。入金ポジション決済をしてください。強制決済させないなら入金してください。
(ロスカットアラート)

証拠金維持率が100%を割ったので、強制決済します。
(ロスカット)

YJFX!の場合(追証ありの例)

追証がないFX会社(ロスカット水準:50%)

証拠金維持率が100%を切りました。当日の24時まで入金かポジション決済をしてください。強制決済させないなら入金してください。
(ロスカットアラート)

24時を過ぎた段階で入金がされておらず、証拠金維持率が回復していないので、強制決済します。
または、24時の前に証拠金維持率が50%を割ったので、強制決済します。
(ロスカット)

追証のあり・なし【まとめ】

追証なし=自動で強制決済
追証あり=指定時刻まで入金の猶予がある

が追証の有無の違いとなります。
ロスカットアラートが届く状況では証拠金維持率が著しく低いので、追証の有無に関わらず、損失をほったらかしにしない運用を普段から心がけていきましょう。

そして追証の有無以上に重要ともなってくるのが、ロスカット水準です。

ロスカット水準100%・20%の違い

まずはロスカット水準20%のイメージをご覧ください。

追証がないFX会社(ロスカット水準:20%)

ロスカット水準による特徴
ロスカット水準100%20%
ロスカットのタイミング早い
(ロスカットされやすい)
遅い
(ロスカットされにくい)
ロスカット後の残金多い少ない

証拠金の損失をより守るなら、100%などのロスカット水準が高い口座が有利です。
ロスカット水準が20%に比べると、損失が膨らむ前の段階で強制決済されるため、ロスカット後の口座資金は20%よりも多いです。
つまり急な大暴落・大暴騰があったときに有利な設計となっています。

一方で損失を許容しつつ、ギリギリまでロスカットさせたくないなら、ロスカット水準が低い口座が有利です。
ロスカット後の口座資金は100%ほど多くありませんが、含み損に耐えやすい設計となっています。

上限レバレッジギリギリの少額でFXを始めると、どちらの水準にせよ、わずかな値動きで強制決済されてしまいます。
ですが少ない証拠金で始めたい方には、強制決済されにくいロスカット水準20%の口座はメリットが大きいと言えそうです。

 

証拠金維持率については、こちらのページも合わせてどうぞ。

関連記事

FXはあまりにも少ない金額から始めてしまうと、ロスカットにさらされるリスクが高くなりがちです。保有ポジションの反対方向に想定外に動いたら、いつロスカットされるのかとソワソワしてしまいますが、証拠金維持率に目をかけておけば、ロスカット[…]

証拠金維持率の目安|ロスカットリスクを抑える適正な水準を解説!

ロスカットはあくまでも最後の砦

実際には証拠金を多めに用意して、逆指値注文で損失が膨らまないように損切り(ストップロス)を入れてさえおけば、ロスカット水準や追証の有無にこだわる必要はありません。

ロスカットルールは最後の砦のようなものです。

そこまで損失が拡大しないように、事前に撤退ラインを決めておくことが本当に大切なプロセスです。

損失リスクは「逆指値注文」でしっかりコントロールしましょう。

ロスカットされにくい口座なら、外為オンライン

少額からFXを始めたいなら、外為オンラインの「L25コース」「L25 miniコース」がおすすめです。

外為オンラインのL25コースとL25Rコースの違い
L25コース(L25 miniコース)はロスカット水準が20%と低く、通常のロスカットに加えて「証拠金判定」という仕組みを採用しています。
これは1日1回朝の判定時に、その日の取引証拠金以上の資金が口座に入っていなければ強制決済というものです。

例えばその日の取引証拠金が4万円なら、4万円を下回っていたらロスカットされる形となります。
つまり含み損が膨らんでいるときは朝を迎える前に追加で入金する必要がありますが、10万円でドル円を1lot(4万円)保有しても、最大9.2円の下落まで耐えられます。

デフォルトはロスカット水準が100%の口座です。20%にしたいなら取引画面で「設定」→「コース追加」の手順で進めてください。

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

追証なしの安全設計なら、ヒロセ通商

ヒロセ通商など「国内業者の追証なし」は、「海外系FX業者のゼロカットシステムによる追証なし」とは仕組みが異なります。

LION FX(ヒロセ通商)は追証なし

  • 国内:追証なしは「追加で証拠金の入金を求めず、一定の維持率を割ったらロスカット」
  • 海外:追証なしは「証拠金以上の損失が発生してもマイナスがなく、ゼロでカットするシステム」

日本の法律では顧客の損失を業者側が補填するのは禁じられているので、国内業者はゼロカットを採用することはできません。
とはいえサービスや税制面でおすすめなのは国内業者です。

ヒロセ通商は有効比率が200%を下回ったときにアラートで警告があり、有効比率が100%を下回ったらロスカットとなります。
他社に比べて早い段階で警告があり、猶予がなくロスカットとなるため、意図しない大暴落・大暴騰に対処しやすく、わかりやすい仕組みです。

LION FX(ヒロセ通商)のアラート、ロスカットの仕組み

ロスカット時には一度に全ポジションが全決済されるのではなく、新規約定が古い注文順に決済されていくのもポイントです。

こちらから無料でヒロセ通商「LION FX」の口座開設ができます!

ロスカット、マージンコールでFX会社を比較!
最新情報をチェックしよう!