GMMAの見方・使い方【テクニカル指標・トレンド系】

テクニカル指標・トレンド系

こちらのページでは、GMMAの見方・使い方について解説していきます。

GMMA

GMMA(Guppy Multi Moving Average)は、オーストラリアの株式トレーダーであり、アナリストでもあるダリル・ガッピー氏が考案したテクニカル指標で、複合型移動平均線とも呼ばれています。

そのまま「ジー・エム・エム・エー」と読みますが、「ガンマ」と言う方もいます。

 

移動平均線を2〜3本表示させて分析する方は多いと思いますが、GMMAは12本のEMAを一気に表示しているので、ビジュアル的にもインパクトのあるチャートです。

12本のGMMAは短期線と長期線各6本ずつ、2つのグループに分けられ、通常は短期線がブルー、長期線がレッドで表示されます。

 

それぞれの概要は以下です。

短期GMMA(ブルーのライン)

  • 6本の日数は「3日・5日・8日・10日・12日・15日」
  • 短期GMMAは「短期間における投機筋の売買動向」として考える。
  • 大きな流れのトレンドにおける、短期的な価格推移を表す。

長期GMMA(レッドのライン)

  • 6本の日数は「30日・35日・40日・45日・50日・60日」
  • 長期GMMAは「長期間における投資家の売買動向」として考える。
  • 大きな価格トレンドの方向性や強弱の判断にする。

ガッピー氏の検証結果によって12本がこの日数となっているため、パラメーターはデフォルトのままでいいと思います。

 

GMMAは使い方さえマスターすれば、視覚的にもトレンドの方向性や強弱が見やすいため、中〜長期のトレンドの方向性を捉えて、順張りをするのに役立つでしょう。

 

移動平均線はクロスや傾きで分析をします。

GMMAでもクロスや傾きでトレンドの方向性や反転を探りますが、ボリンジャーバンドのように束の拡大・縮小を見て分析できるのが特徴です。

GMMAの見方と使い方を知ろう!

長期GMMAでトレンドを測る

GMMAの見方として、6本の長期線をトレンドラインに置き換えて考えると分かりやすいです。

 

単純に長期が上向きで上昇トレンド、下向きで下降トレンドとなります。

参考チャート:ヒロセ通商

GMMAは長期が上向きで上昇トレンド
GMMAは短期が下向きで下降トレンド
GMMAが横ばいならトレンドがない

長期線が上下どちらの方向を向いているかで、買いと売り、どちらの戦略で臨めばいいかを判断する基準となります。

 

長期が下に位置し、上向きなら上昇トレンド

長期が上に位置し、下向きなら下降トレンド

長期と短期、どちらも横ばいで推移していたら、トレンドのない相場

束の幅や間隔でトレンドの強弱を見る

トレンドの強弱は、束の幅を見て測ることができます。

線と線の間隔が広く、束が大きいほどトレンドが強いことを表します。

 

それぞれの束を単独でトレンドを見るにあたり、短期と長期どちらでも使えますが、長期で見たほうがより信頼性は高くなります。

 

GMMAは6本の幅でトレンドの強弱を図る

 

6本の幅が広ければ、トレンドが強い

6本の幅が狭ければ、トレンドが弱い


また、短期と長期、2つの束の間隔でトレンドを見ることもできます。

 

GMMAは2の束間隔でトレンドの強弱を図る

 

短期と長期、2つの束同士の間隔が広ければ、トレンドが強い

短期と長期、2つの束同士の間隔が狭ければ、トレンドが弱い

短期と長期の間隔が拡がってきて、ローソク足が直近の高値を上にブレイクアウトしたら、買いでエントリーするポイントに活用できます。

ビッグウェーブがきたら、12本の位置が鮮明に!

GMMA12本のEMAの期間は、短期の3日から長期の60日になるにつれて徐々に数値が大きくなりますよね。

はっきりとしたトレンドが出現すると、12本は上下がきれいな序列で並びます。

 

GMMAは上昇トレンドのとき、昇順になる

上昇トレンドのときは、12本が上から順番に、短期(3日)→長期(60日)と昇順(小→大)となります。


GMMAは下降トレンドのとき、降順になる

下降トレンドのときは、12本が上から順番に、長期(60日)→短期(3日)と降順(大→小)となります。

 

短期の移動平均線ほど、相場に敏感に反応します。長期も含めて12本が順番になったとしたら、相場の方向性がはっきりしてきたことを示唆します。

上手くトレンドに乗ることができれば、大きな利益を追求できるチャンスとなります。

2つの束がねじれたり、クロスしたらトレンド転換を示唆

通常SMAやEMAであれば、2本がクロスするときはよくあります。

これがGMMAとなると、そうそう起こる現象ではありません。

GMMAのクロスというのは、まず短期がねじれて、両者がクロスし、その後長期がねじれることになるからです。

 

短期がねじれて、すぐに長期もねじれれば、トレンド転換の可能性はより高くなります。

 

GMMAは束がねじれたり、クロスしたらトレンド転換を示唆

 

上昇局面であれば、このような流れとなります。

短期同士のゴールデンクロス → 短期と長期のゴールデンクロス → 長期同士のゴールデンクロス

 

このように、連続してすぐ逆転する場面は多くありません。

下落がしばらく続いた相場の場合なら、短期が長期を上抜いたら、上昇トレンドへの反転を示唆するシグナルとなります。

 

言い換えれば、短期がねじれて長期に近づいてきたら、トレンドの終焉が近いと判断ができます。ポジションを保有している方は、決済のタイミングに応用できるでしょう。

長期が短期を跳ね返したら、押し目買い・戻り売りの目安に

短期GMMAが長期GMMAに重なってきたら、「そろそろトレンド転換が近いのかな。」と想定するかと思います。

 

GMMAは長期が短期を跳ね返したら、押し・戻りの目安

このとき、短期が長期に跳ね返されたら、それまでのトレンドが継続していることを示唆します。ブレイクアウトだとタイミングは遅れますが、信頼性は高いといえます。

 

下降トレンドの場合だと、「価格は上昇しかけたものの、再び下落する流れ」になりますので、戻り売りが有効的な局面となったりします。

GMMAの注意点は?

GMMAは短期での売買にも使うこともできますが、あまりおすすめではありません。

移動平均線は日数が短くなるほど、ダマシが多くなるからです。

 

そこでおすすめなのが、1時間足日足を使うやり方です。

 

日足でトレンドをしっかり確認してから、その後に1時間足でチャートを見ます。このとき、1時間足でも日足と同じトレンドが出ていたら、シグナルの信頼性は高いといえます。

異なった時間足でトレンドに相関が見られたら、自ずとロング・ショートどちらの方向にエントリーすべきかが明確となりますね。

GMMAが利用できるFX会社

GMMAが使えるFX会社は限られています。

FXプライム byGMOヒロセ通商JFXFXTF MT4FXブロードネットのチャートツールで利用ができます。

【まとめ】GMMAの売買サインなど

基本的な使い方をまとめました。

GMMAの基本

長期が上向きで上昇トレンド、下向きで下降トレンド。

短期、長期ともに横ばいならトレンドがない状態。

各6本の幅が広ければトレンドが強く、狭ければトレンドが弱い。

短期と長期の束間隔が広ければトレンドが強く、狭ければトレンドが弱い。

短期がねじれて長期と近づいてきたら、トレンド終焉を示唆するので決済を意識する。

GMMAの買いサイン

短期GMMAが長期GMMAを上抜き、レートが直近高値を更新したら、買いサイン。

上昇トレンドのとき、下落した短期GMMAを長期GMMAが上に跳ね返したら、押し目買い。

GMMAの売りサイン

短期GMMAが長期GMMAを下抜き、レートが直近安値を更新したら、売りサイン。

下降トレンドのとき、上昇した短期GMMAを長期GMMAが下に跳ね返したら、戻り売り。

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

無料の分析ツール

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!