スマホアプリ(iPhone/Android)でFX!【2017年最新】

スマートフォンでFX

スマートフォンでFX取引をしよう!

スマホなら手軽にレートやチャートをチェックできて、出先でもサクッと取引ができちゃいます。

FX業者は必ずといっていいほどスマホアプリをリリースしていますので、口座開設した業者の取引アプリは必ずインストールしましょう。

 

FXのスマホアプリは日々機能が追加されて、どんどん高機能に進化しています。そのため、最近ではスマホでしか取引しないトレーダーも増えてきています。

スマホはいつでも持ち歩くものですから、自分に合ったFX業者を選びたいのが本音ですよね。

 

それでは、スマホを中心としたトレードにおすすめなFX業者の選び方をご紹介します。

FXアプリを端末別(iPhone/Android)で比べる

iPhoneアプリ・Androidアプリで比較したい方はこちらのページをどうぞ。

FX業者のアプリレビュー記事はこちら!

各FX業者が提供をしているスマホアプリの機能・特徴・スペックは以下ページでご覧ください。

「基本スペック」と「スマホアプリの性能」の2点に注目!

ここで言う基本スペックというのはスプレッドの狭さ、1,000通貨対応といったFX業者の基本となる取引条件のことです。
根本となる部分ですので、まずは自分の条件に当てはまっているか確認しましょう。

スマートフォン対応業者の『スプレッド(米ドル円)』

スプレッドが狭い業者
0.27銭
  • マネックスFX(〜10,000通貨)
  • SBI FXトレード(〜10,000通貨)
0.3銭
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • DMM FX
  • ヒロセ通商
  • FXトレード・フィナンシャル
  • みんなのFX
  • FXブロードネット
  • JFX
スプレッドの狭さが中程度
0.6銭
  • FXプライム byGMO
1.0銭
  • 外為オンライン
  • セントラル短資FX

※SBI FXトレード、FXトレード・フィナンシャル以外は原則固定、例外あり。

マネックスFXは11,000通貨以上は0.5銭、SBI FXトレードは10,001通貨以上は0.29銭〜となります。

スマートフォン対応業者の『取引単位』

ほとんどの業者が1,000通貨(0.1lot)から取引ができます。

1円変動した場合、0.1lotの取引なら千円、1lotの取引なら1万円の利益になります。

1通貨〜
  • SBI FXトレード
1,000通貨〜
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • FXトレード・フィナンシャル
  • みんなのFX
  • FXブロードネット
  • JFX
  • FXプライム byGMO
  • 外為オンライン
  • セントラル短資FX
  • マネックスFX
10,000通貨〜
  • GMOクリック証券
  • DMM FX

取引単位が少ないほど稼ぎになりにくく、1,000通貨はあくまでも超初心者向けといった位置づけです。もちろん最初から1lotで取引する初心者の方もたくさんいます。GMOクリック証券とDMM FXはアプリの完成度が高く高機能なので、その点も考慮して検討するのがいいでしょう。

FXアプリの性能はココに注目!

取引に役立つ機能を比較してみましょう。

FX会社 /
アプリ
レート
更新頻度
プッシュ
通知
レート
アラート
値動き
予測機能
チャート上
で発注
チャート
最大分割
テクニカル
指標
ライン
描画
アプリ
から入金
1秒 経済指標 - 4 11 -
1秒 経済指標 - 4 14
1秒 経済指標 - 4 14
1秒 - - 4 18
リアル
タイム
- - 4 23
リアル
タイム
- - - 1 16
1秒 - - 1 14 -
1秒 - - 1 14 -
1秒 - - - 1 18
リアル
タイム
- - - - 1 30 -
3秒 - - 4 15 -
リアル
タイム
- - - 4 7 -

※外為オンライン、FXブロードネット、外為ジャパンはiPhone版のスペックを記載。(それ以外の業者は、iPhone版・Android版のスペックは共通です。)

それでは各項目ごとに注目すべき機能をご紹介します。

レートの更新頻度

レートの更新頻度とは、表示される価格がどれくらいの時間で更新されるの早さのことです。通常、レート更新は1秒・3秒・5秒と選択することができたりします。

最近では、1秒もかからずにレート・チャートを「リアルタイム」で表示するアプリも台頭してきました。

超高速で価格が変化するGMOクリック証券の「FX DASH」

リアルタイム更新で価格が表示されるGMOクリック証券のスマホアプリ「FX DASH」

レート更新が早いほどスマホの電池が消耗しやすいですが、スキャルピング・デイトレードにおいて、的確なタイミングで売買するには更新頻度が早いリアルタイム更新のアプリがおすすめです。

プッシュ通知

プッシュ通知とは、iPhone・Androidで通知される機能のことです。

注文約定をプッシュ通知する業者は多いですが、これに機能性をもたせたアプリは多くはありません。

DMM FX、ヒロセ通商、JFXのアプリは、経済指標の「予想」「結果」を通知してくれますので、うっかり発表のタイミングを見逃すこともありません。

ヒロセ通商 LION FXの場合は、「メニュー」→「PUSH通知設定」から設定ができます。

経済指標の予想・結果が音(バイブ)で分かる!

スマホ版LION FXで経済指標アラートを設定する方法
選んだ重要度に合わせて、経済指標が届く!

ちなみにこのヒロセ通商のLION FXは、端末の音量をオンにしておくと「ガオ~」とライオンの鳴き声で知らせてくれるのですが、人前だと周りの人がびっくりするくらいリアルなので音量にはご注意ください。(笑)

レートアラート

レートアラートとは、自分で指定したレートでアラート(通知)ができるサービスです。ターゲットメールとも呼ばれています。

DMMFXのレートアラート機能

DMMFXでしたら「メニュー」→「設定」→「一般設定」の手順で設定ができます。

スマホ版DMMFXでレートアラートを設定する方法
指定価格に達すると、プッシュ通知やメールでお知らせ!

レートアラートは『この価格で注文しようかな』と考えるときに便利です。「手仕舞い」「損切り」の検討に使えますので、スマホでデイトレードかスイングトレードをするなら積極的に活用したい機能です。

値動き予測機能

値動き予測機能とは、将来の値動きを予測するサービスのことです。

PC版ではいくつかの業者でサービスが提供されていますが、FXの取引アプリ自体に搭載されているのはFXプライム byGMOのみです。口座開設しなければ全機能の利用ができませんので、くれぐれもご注意ください。

FXプライム byGMOのPRIMEアプリSに搭載されている「ぱっと見テクニカル」

アプリで未来の価格を予測!FXプライム byGMOのぱっと見テクニカル

初心者の分析サポートツールともなるので、持っておいて損はないFXアプリのひとつです。

チャート上で発注

これは名称通り、チャートを見つつそのまま注文ができる機能をもたせた、というものです。

GMOクリック証券「FX DASH」はチャートを見ながら即発注ができる!

スピード注文の代名詞といえば、GMOクリック証券のFX DASH!

チャートと発注画面が別々だと、チャートを見れずに注文することになり、レートパネルの数字からしか価格の変化が判断できません。

チャート上での発注は、刻一刻と変化するマーケットに対応できることから、短期売買に向いています。

チャート最大分割

スマホはパソコンよりも画面が小さいので、原則1つの画面で1つのチャートが基本です。

4分割チャートを搭載している業者だと、このように4つのチャートを同時に閲覧ができます。

4分割チャートはDMMFXの視認性が抜群に良い!

DMM FXのスマートフォンアプリは4分割チャートを搭載!

使い方としては、「同一通貨ペアで異なる時間足を表示させて売買タイミングを判断する」「同一時間足で異通貨ペアを表示させて通貨の相関を判断する」といったやり方がおすすめです。

テクニカル指標

さまざまなテクニカル指標を駆使して分析したい方は、テクニカル指標の多い業者がおすすめです。

移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表といった主要なテクニカル指標はほとんどの業者で使えますので、ポピュラーなものしか使わないのであれば、さほど気にする必要はないでしょう。

テクニカル指標の搭載数は、MT4(FXトレード・フィナンシャル)が30種類と豊富に取り揃えています。

世界標準のFX取引ツールであるMT4のiOS版

MT4のスマートフォンアプリは30種類のテクニカル指標が利用可能!

ライン描画

ライン描画はトレンドラインや水平線を引ける機能のことで、レジスタンス・サポートの判断がしやすくなります。

FX DASHは描画オブジェクトで人気のフィボナッチを搭載!

スマホでフィボナッチを使うならGMOクリック証券!

高機能でいえば、狙った位置に正確にライン描画ができ、フィボナッチも搭載するGMOクリック証券のFX DASHがおすすめです。

アプリからの入金

「ロスカットに備えて入金額を増やしたい」「チャンスだからすぐ入金したい」こんなときにアプリ経由で入金ができると、出先のスマホトレードでとても重宝します。

FXトレード・フィナンシャルはMT4なのでアプリ経由で入金できませんが、WEBブラウザからアクセスすればスマホからも入金ができます。

DMMFXは380行対応なので地方銀行もOK。スマホでクイック入金できます。

DMM FXは380行のクイック入金に対応!

スマホでFX取引のまとめ

ここまでご紹介した機能面をベースに検討すれば、きっとあなたに最適な取引アプリが見つかるはずです。

 

高機能アプリとしては、FX取引高で世界1位・2位を争うGMOクリック証券とDMM FXの2社がダントツで完成度が高いです。

次いでヒロセ通商、JFX、SBI FXトレード、FXプライム byGMOも使い勝手がよく考えられているインターフェイスに定評があります。

 

各社それぞれ特徴があり、完璧なFXアプリは存在しませんので、複数者のアプリを併用してそれぞれの強みを生かす使い方もおすすめです。


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!